【コピペ可】文字・数字を繰り返し入力するExcel VBAマクロ

【コピペ可】文字・数字を繰り返し入力するExcel VBAマクロ

Excelの資格を2つ持ってるKiryuです(*^o^*)

今回は繰り返し入力を支援するExcel VBAマクロを3つ共有します。

VBAのエディタにコピペするだけで簡単に利用できます。

特に3番目に紹介する「対話型」のVBAマクロは、質問に答えるだけで任意の文字列や数字を下方向または右方向に繰り返してくれる便利な機能を持っているので、色々なシーンで使えると思います。

参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

下方向に繰り返し入力するマクロ

はじめに、下方向に繰り返し入力するExcel VBAマクロです。

実行例とコードを以下に示します。

エクセルVBAマクロ 下方向に繰り返し入力する

Sub repeat01()

    Dim i
    
    For i = 1 To 10
        ActiveCell.Cells(i, 1) = "ぽよ~ん"
    Next i
    
End Sub

このVBAマクロを実行すると、現在選択しているセルから順に下方向に「ぽよ~ん」を10回繰り返して入力します。

繰り返しの文字列を変えたいときは、コードの「ぽよ~ん」のところを他の文字列や数字に変えていただければOKです。

繰り返しの回数を変えたいときは、「For i = 1 To 10」の10のところを他の数値に変えていただければOKです。

右方向に繰り返し入力するマクロ

次に、右方向に繰り返し入力するExcel VBAマクロです。

実行例とコードを以下に示します。

Sub repeat02()

    Dim i
    
    For i = 1 To 10
        ActiveCell.Cells(1, i) = "ぽよ~ん"
    Next i
    
End Sub

このVBAマクロを実行すると、現在選択しているセルから順に右方向に「ぽよ~ん」を10回繰り返して入力します。

繰り返しの文字列を変えたいときは、「ぽよ~ん」のところを他の文字列や数字に変えていただければOKです。

繰り返しの回数を変えたいときは、「For i = 1 To 10」の10のところを他の数値に変えていただければOKです。

対話しながら繰り返し入力できるマクロ

最後に、対話しながら繰り返し入力できるExcel VBAマクロです。

実行例とコードを以下に示します。

Sub repeat03()

    Dim i As Long
    Dim j As String
    Dim str As String
    Dim ans As Integer
    
    str = InputBox("繰り返したい文字や数字は?", "確認")
    If str = "" Then Exit Sub
    
    Do
        j = InputBox("繰り返したい回数は?(半角数字で入力)", "確認")
        If j = "" Then Exit Sub
    Loop Until IsNumeric(j)
    
    ans = MsgBox("下方向に繰り返す場合「はい」、右方向に繰り返す場合「いいえ」を選択", vbYesNoCancel, "確認")
    
    If ans = vbYes Then
        For i = 1 To j
            ActiveCell.Cells(i, 1) = str
        Next i
    ElseIf ans = vbNo Then
        For i = 1 To j
            ActiveCell.Cells(1, i) = str
        Next i
    End If
    
End Sub

実行すると「繰り返したい文字や数字は?」「繰り返したい回数は?」と質問されます。

回答した通りに繰り返し処理が実行されます。

繰り返しの方向は「下」「右」に対応しています。

この記事のまとめ

今回は文字・数字を繰り返し入力するExcel VBAマクロをご紹介しました。

簡単なプログラムですが、使い方次第で普段の作業の省力化が大いに図れると思います。

以上、参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
PC
キリュログ