「アラサーで職歴なし」は人生終わり。でも第二の人生はスタートできる

職歴なしアラサーの就職

元・職歴なしのアラサー杉山貴隆です。今回はこんな悩みに答えます。

フリーターをしたりニートをしたりしているうちに、アラサーになってしまった。こんなはずじゃなかったのに。人生詰んだ…

定職に就くことなく20代後半から30代前半くらいの年齢になってしまうとつらいですよね。

同年代の友人・知人はちゃんと働いて、結婚して家庭を持っていたりします。自分の人生とはあまりにも違っていて、考えれば考えるほど「なぜ自分はこんなにみじめな状態なんだろう」と悲しくなります。

私もかつて自分の夢を追いかけていたので、人並みには働いていませんでした。20代後半になって「その夢は実現しない」と悟り「もう自分の人生は終わりだな」と感じました。

それから数年。私は今、割とハッピーです。

なぜ私は幸せだと思えるのでしょうか。この記事では社会に出ることなくアラサーになってしまった人がどうすれば少しでも幸せになれるのかを私の実体験からお伝えします。

人生が終わったら第二の人生を始めればOK

まともな仕事に就かずに30歳近い年齢になってしまうと、確かに人生は一回終わってしまいます。でも悲観しなくて大丈夫です。第二の人生は全く問題無く始められますから。

もちろん他の人のように20代を働いて過ごしたわけではありませんから、彼らと同じタイミングで良い給料をもらったり、結婚したりするのは難しいです。確かにその意味では「人生終わり」だと言っても良いでしょう。

でも悲しいとか辛いと感じるのは他人と比べてしまうからです。一般的な人生をあゆんでいった人々と比べるから自分が不幸せな気がしてしまいます。

まずは他人と比較することをやめましょう。あなたの人生はあなたの人生です。今から自分なりに行動を始めて、少しずつ新しい未来を作っていけばいいじゃないですか。

私は実際にそうしています。他人のことは本当にどうでもよいと思っていて「これからの自分の人生をどう生きるか?」「自分はどう幸せになっていくか?」に意識を向け、エネルギーを集中するのみです。

「他人は他人、自分は自分」と気持ちを切り替えれば第二の人生を気持ちよくスタートできますよ。

最初の1社が見つかればどうにでもなる

第二の人生を有意義に過ごすために、生活に必要なお金は自分で稼がなくてはなりません。そこで最初の勤め先を見つけましょう。「職歴なしのアラサー」から「職歴のあるアラサー」になるんです。

同じアラサーでも「職歴が無いアラサー」と「職歴があるアラサー」とではだいぶ違う感じがしますよね? 実際、1社でも職歴があれば社会人経験がある人として周囲も認めてくれます。

1回働いたことがあるだけで、その後の人生がスムーズに流れるようになります。なのでまずは1社勤めることが当面の目標だと考えてください。

私自身は「雇ってくれるなら多少ブラックでも構わないし、キツい仕事でも構わない」と考えて就活をしました。とにかく社会人として働く経験が手に入ることを重視しました。

その結果ある会社に採用してもらえたのですが、そこは見事にブラック企業でした。黒そうな会社を意識的に避けなかったので不思議はありません。

私はブラック企業に勤めることで精神的にも肉体的にもボロボロになり、半年で退職しました。長く勤められなかったのは残念ですが、正社員として働いた経歴は手に入りました。

その後は「社会人の経験がある人」として転職活動ができたため、仕事探しの難易度は格段に下がりました。事実、初の就職から約6年間で正社員として5社もの会社に勤めたほどです。

転職するごとに会社のホワイト度が上がっていきました。今では日本を代表する大手企業の子会社で正社員として勤めています。

苦しいのは最初の1社が見つかるまでです。それさえ乗り切れば、段階的に人生は楽になっていきます。この記事の末尾最初の1社を見つけるのに役立つ情報を紹介します。そちらも参考にしてみてください。

第二の人生をゲームのように楽しむ

第二の人生はゲームのように楽しむことができます。というのも「職歴が無いアラサー」の社会的地位はかなり底のほうですよね。さらに下に行こうと思っても行けないくらいだと思います。

この状況は言い換えれば「底辺の状態からいかにして這い上がるか?」「どうやってお金を稼いで幸せになろうか?」と戦略を練って成り上がるゲームをやっているのと同じです。

職歴が無いまま20代後半を迎えた私は、その後数年間「勤める会社のホワイト度を上げるゲーム」を続けてきました。

その結果、現在は100%ホワイトな会社に勤めています。サラリーマンとして月に20日くらい働き、残業もありますが残業手当ももらうことができ、それなりに貯金もできています。

その一方で、この生活もそのうち手放したいと思っています。何年も会社勤めをやってみて分かったのですが、私は会社員として働くというのがそもそもあまり向いていないようです。

最近の私はフリーランスとしての生き方を模索しています。会社員としてではなく自分の腕と頭で稼ぐ個人事業主にシフトチェンジしたいのです。

フリーランスになった後、うまくやっていけるのかは分かりません。でも挑戦したいと思います。自分の第二の人生をもっと楽しいゲームにしたいので。

あなたも30代から始める人生を自分の力で攻略していってください。難易度は低くないですが、根気よくやれば結果は出ます。そうしたら少しずつ幸せを感じられるようになるはずです。

この記事のまとめ

woman and sunrise

今回は「職歴なしのアラサーになっても第二の人生をスタートできる」ことをお伝えしました。

先に触れたように大変なのは最初の1社を見つけるまでの間です。そこさえクリアできれば自分の進みたい方向に比較的楽に進んでいくことができます。

応援していますので、ぜひあなたも第二の人生を切り開いてください。

このブログでは職歴の無いアラサーのあなたが最初の1社を見つけるための方法を私の経験からお伝えしています。例として次の記事をチェックしてください。

職歴なしの20代・30代におすすめの就職支援サービス2選
職歴が無い20代・30代であってもチャンスはつかめます。就職支援サービスからスタートし、未来を切り開いていきましょう。
職歴なしのアラサーが就職する方法を3ステップで解説【実体験から語る】
今まで一度も定職に就かずに20代後半~30代前半になってしまったあなたへ。職歴なしのアラサーでも就職して働くことは可能です。私の実体験をもとに、効率の良い方法についてお伝えします。
職歴なしのアラサーが志望動機に書くべきこと・絶対書いてはいけないこと【具体例で解説】
志望動機で悩んでいる20代後半から30代前半のあなたへ。「書くべきこと」「書いてはいけないこと」を分かりやすく説明します。本文に記載した具体例をぜひ参考に。

当ブログ以外の情報源として、就職・転職情報メディア「キャリア図鑑」学歴・職歴不問カテゴリの記事も役立つと思います。

以上、参考になれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました