ワードプレス・ドクターの評判は?使ってみたら凄く良かったので紹介

WordPress運用7年目のKiryuです。

2021年10月、私が管理しているWordPressサイトであるトラブルが起きました。どうしても自力で解決できなかったためワードプレス・ドクターというWordPress専門の有償サービスを利用したのですが、迅速・丁寧な対応でとても良いサービスでした。

利用から半年ほど経過しましたが、トラブルの再発もなく快適にWordPress運用を続けられており、ありがたい限りです。他方、私のようにWordPressのトラブルに見舞われ「外部の業者に相談したいけど依頼先で迷ってる」という人も多いのではないかと思います。

そこで今回は私が利用したワードプレス・ドクターの紹介と、依頼から解決までの経緯ワードプレス・ドクターを選んだ理由などをお伝えします。WordPressのことで困っている方や専門業者を探している方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ワードプレス・ドクターとは

ワードプレス・ドクターはWordPressのトラブル対応・カスタマイズ・保守等を代行してくれる有償のサービスです。公式サイトから引用します。

ワードプレスのサイトの事ならなんでもご依頼ください

ワードプレス・ドクターでは、ワードプレス(他社様製作サイト、個人製作サイトも可)の移行や復旧、カスタマイズ、トラブル対応、解決等ワードプレスに関するタスクならなんでもお受けします。また、月額課金プランでの保守契約もサイト単位で行っています。

要するにWordPressの何でも屋さんです。個人で立ち上げたWordPressサイトにも対応してくれる会社ってあまり無いように思います。

運営会社は?

ワードプレス・ドクターは株式会社BLUE GARAGEが運営しています。BLUE GARAGE公式サイトによると概要は次の通りです。

社名
株式会社BLUE GARAGE
代表者
Taro Kudo
従業員数
9名
資本金
1000万円
所在地
東京都港区麻布1-5-8
主要サービス
グラフィックデザイン・映像制作、ワードプレス・ドクター等

Twitterの評判は?

この記事を書くにあたってTwitterでの評判を探してみました。実際に利用した人のツイートをリストアップします。

利用した人のツイートは数は少ないのですが見つかります。そして上記のように評判はそこそこ良いように思います。私が調べた限り、使ったけど悪かったという趣旨のコメントはありませんでした。

INFO

Cocoon製作者のわいひらさんはワードプレス・ドクターの記事に助けられたようで「マジで助かった。次何かWPトラブルがあったら、このワードプレス・ドクターに依頼する」と言及していました。

WordPressで起きたトラブルと解決まで

参考までに、私が今回遭遇したWordPressのトラブルと、ワードプレス・ドクターに相談して解決するまでの経緯を記します。

サイトが激重

2021年10月の後半、私が個人で管理しているあるWordPressサイトを開こうとすると、真っ白な画面に遷移し10秒以上待たされることがあると気が付きました。ずっとその状態ではなく、唐突に正常化し、しばらくするとまた異常になることを繰り返していました。

10秒以上待たされる問題が起きているのは管理画面・公開ページ・プレビューページなど全てのページでした。ただ幸い一般ユーザーがサイトを訪問した際はキャッシュプラグインが生成したキャッシュが素早く表示されていました。

つまり表示遅延の問題は主として該当ウェブサイトを管理者としてログインした状態で見たときに顕在化する状態でした。

自己解決できず

それまでWordPressのトラブルには自分で対処できていたので、今回もできるだろうと思って以下の調査や対応を行いました。

  • 同一サーバー上の他の管理サイトを点検。問題無し
  • サーバーにSSH接続しロードアベレージを確認。問題無いように見える
  • プラグインWP-Optimizeでデータベースの最適化を実施。改善なし
  • サーバーのエラーログを確認。見慣れないエラーが出ていたので対処するが、表示遅延の改善なし
  • サーバーのアクセスログを確認。不信なアクセスがあったので拒否設定を実施するが、表示遅延の改善なし
  • WordPressテーマに付属していたやや特殊な機能をOFF。改善なし
  • WordPressプラグイン全停止。改善なし
  • サーバー会社に問い合わせ。特に手がかりは得られず、等々

異常が起きるタイミングを見計らって1週間ほど自分なりに手を尽くしたのですが、全く解決に至らず。おそらくデータベース関連の問題だろうと推測しましたが、データベースに関する知識がほぼ無いため手詰まりとなりました。

その間、一般ユーザーの平均ページ読み込み時間がじわじわと長くなってきていました。サイト訪問時には基本的にはキャッシュが素早く返されているものの、キャッシュが切れたページに初回のアクセスがあった際は表示遅延が起きているためと思われます。

これ以上は待てないと思い、初めて外部サービスへの依頼を決意しました。

ワードプレス・ドクターに相談、正式に依頼

週末(金曜か土曜。どちらだったか失念)の夜間にワードプレス・ドクターの依頼フォームで見積もり依頼を送信しました。

週が明けた月曜日の午前中に回答が来ました。作業内容と見積り金額を確認し、先方に渡すIDとパスワードの準備をして、その日の夜には正式に対応を依頼(申し込み)しました。

対処していただき今日まで正常

正式依頼をした日の翌日(火曜)の夜11時頃に作業完了の通知が届きました。早い!スピード感に驚きました。

作業完了通知には担当していただいた技術者の方からのコメントが記載されていました。内容は表示遅延の原因と今回の作業内容、加えて今後のアドバイス(この点に気を付ければ再発しないはずという趣旨の助言)までいただきました。

サイトにログインして確認してみたところ、確かに表示遅延が無くなっていました。とはいえたまたま表示遅延がおさまっているだけかもしれません。しばらく様子を見させていただくことにしました。

その後10日ほど経過を見ましたが、再発がなかったので納得し、支払いをしました。そして半年経った今日まで、全く問題ありません!

ワードプレス・ドクターを選んだ理由

私がワードプレス・ドクターを選んだ理由を整理すると、次の2点でした。

  • 似た事例が紹介されていた
  • 悪い評判が無かった

1点目。表示遅延の解決方法を検索していたとき私の状況と似た事例が見つかり、それが載っていたのがワードプレス・ドクターの公式サイトでした。同じような事象であればこの業者へ依頼すると早く解決するだろうと思い、外部へ依頼する際の第一候補としていました。

2点目。その当時もTwitterで評判を確認しました。少数ですが使ってみて良かったとのツイートがあったこと、そして悪いコメントが無かったことからワードプレス・ドクターに決めました。

なおスキルシェアリングサービス(コ○ナラ等)でも個人の方がやっているWordPressトラブル対応サービスはあると思うのですが、今回は万が一トラブルが拡大したときの対処のしやすさを重視し、個人ではなく会社に依頼しようと考えました。

ワードプレス・ドクターで良かったこと

実際に使ってみて「ワードプレス・ドクターに依頼して良かった!」と思っています。理由は次の3点。

対応が迅速
見積もり依頼から回答までが早かった。正式依頼から作業完了までのスピード感も良かった
丁寧な対応・説明
見積もり時は窓口担当者とやり取りしたが丁寧でわかりやすかった。作業をされた技術者さんのコメントも簡潔明瞭で理解しやすい内容だった
状況確認後の後払い
ワードプレス・ドクターは成功報酬を謳っており、支払い期限は作業完了から数週間後に設定されていた。実際に10日間様子を見て安心・納得したうえで料金を支払うことができた

料金はいくらだったの?

具体的な金額を書くとご迷惑になるかもしれないので伏せます(すみません)。ただ、専門の会社に依頼しますので激安とはいきません。

とはいえ、ここまで素早く対応してもらえて、自分ではどうにもならなかった問題を完全に解決してもらえて、今後について助言をもらえて、しかも後払いで良いのなら、個人的には「喜んで支払います!ありがとう!」と思える金額でした。

INFO

ワードプレス・ドクター公式サイトの中段以降に料金の相場・作業工数の記載があるので、そちらも参考にしてください。

ワードプレス・ドクターの利用の流れ

ワードプレス・ドクターを利用する手順は次の通りです(今は変わっているかもしれませんので、参考程度に)。

  1. WordPress関連タスクご依頼・ご相談フォームで依頼概要を伝えます(見積り無料)。私の場合は「現在の問題点」「問題が最初に発生した時期」「原因として思い当たること」「解決のために自分で試したこと」をわかる範囲で細かく書いて送信しました。

  2. ワードプレス・ドクターから見積作成完了の通知メールが来ます。通知メールにはワードプレス・ドクター上の特設ページのURLとパスワードが記載されています。見積りの内容確認や先方とのやり取りはその特設ページ上で行います。

  3. 特設ページで正式に依頼します。その際はワードプレス・ドクターから求められた情報も提供します。私の場合はWordPress管理者としてログインできるID・パスワードとサーバーのFTPのID・パスワードを伝えました。何を伝えるかは状況によって変わると思います。
  4. 数日後、作業完了のお知らせがメールで届きます。特設ページにて作業内容と支払い期限を確認します。

  5. 問題が無ければ支払い期限内に支払いを実施します。

ワードプレス・ドクターの利用の流れは以上です。

この記事のまとめ

今回はワードプレス・ドクターにWordPressのトラブル解決を依頼して助かった話をお伝えしました。

初めて外部サービスにトラブル対応を依頼しましたが、とても丁寧で素早い対応で、非常に満足しました。「今後も自分の手に負えないトラブルがあったらワードプレス・ドクターに相談しよう」と思っています。

あと、それまで「WordPressで解決できない技術的な問題が起きたらどうしよう?」といつも不安だったのですが、対応を依頼できる相手が見つかったので精神的に楽になりました。

WordPressの専門家にトラブル対応を依頼したいときはワードプレス・ドクターをぜひ検討してください。おすすめします。

以上、参考になれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました