Excelアドインの追加(インストール)と実行ボタンの登録・表示方法

Excelアドインの追加(インストール)方法と実行ボタンの登録・表示方法

Excel使用歴約20年のKiryuです。

今回は配布されているExcelのアドイン(追加機能)を自分のExcelにインストールする方法を解説します。

Excelの画面をクリックして進んでいくだけの作業で、難しくはありません。

なお、アドインのインストール後は「アドインを簡単に実行できるボタン」を作っておくと、アドインの使い勝手が良くなります。

エクセル アドインを簡単に実行できるボタン

そこで、画面上部の「クイックアクセスツールバー」にアドイン実行ボタンを登録・表示する方法も紹介します。

参考にしてみてください。

INFO

※以下のスクリーンショットはExcel 2019のものですが、2007・2010・2013・365でも概ね同じかと思います。

※Excelアドインの実体はいわゆる「マクロ」と同じものです。1つ以上のマクロを詰め合わせパックにして、配布しやすい形式に変換したものを「アドイン」と呼んでいます。Excel 2007以降、Excelアドインの拡張子は .xlam です。

※信頼できる配布元からのアドインのみダウンロード・インストールしてください。アドインはプログラムなので、あなたのPCやデータに悪影響を及ぼすこともあります。

スポンサーリンク

Excelアドインの追加(インストール)方法

Excelのアドインは、専用のフォルダの中に保存すればインストールできます。

ただし、フォルダの場所が少し分かりにくいです。

Excelの画面内で探していき、保存する手順を以下で説明します。

アドインtestAddin.xlamをインストールする、という例で見ていきましょう。

  1. エクセル アドインファイルをデスクトップ等に保存

    アドイン配布サイトからアドインファイルをダウンロードして、デスクトップ等に保存します。

  2. エクセル 右クリックで「コピー」

    ファイルを選択して、右クリックで「コピー」をクリックします(後でアドイン保存用フォルダに貼り付けるためです)。

  3. エクセル 「ファイル」をクリック

    Excelを起動して「ファイル」をクリックします。

  4. エクセル 「オプション」をクリック

    「オプション」をクリックします(「オプション」が見当たらないときは「その他」>「オプション」の順でクリックします)。

  5. エクセル 「アドイン」の「設定」をクリック

    「オプション」ウィンドウが開きます。左側のメニュー内の「アドイン」をクリックし、下部のプルダウンが「Excel アドイン」となっていることを確認して「設定」をクリックします。

  6. エクセル 「参照」をクリック

    「アドイン」ウィンドウが開きます。「参照」をクリックします。

  7. エクセル フォルダ内で右クリックして「貼り付け」

    アドイン保存用フォルダが表示されます。フォルダ内で右クリックして「貼り付け」をクリックします。

  8. エクセル 「OK」をクリック

    先にコピーしたアドインファイルを貼り付けできたことを確認して、「OK」をクリックします。

  9. エクセル 「OK」をクリック

    「アドイン」ウインドウに戻ります。今貼り付けたアドインの名前が表示され、チェックボックスにチェックが入っていることを確認して「OK」をクリックします。(testAddinという名前がTestaddinに変わってしまいますが、気にしないで大丈夫です。)

以上でインストールは終わりです。

アドイン実行ボタンを登録・表示する方法

Excelのアドインは、インストールしただけでは使い勝手が悪い場合があります。

画面上部の「クイックアクセスツールバー」に登録し実行ボタンとして表示しておくと、いつでも好きな時にアドインを実行できます。

エクセル アドイン実行ボタン

以下、そのやり方を説明します。

  1. エクセル クイックアクセスツールバーのユーザー設定 その他のコマンドをクリック

    Excelの保存ボタンの右のほうにある▼ボタンをクリックし、「その他のコマンド」をクリックします。

  2. エクセル プルダウンメニューで「マクロ」を選択

    「Excelのオプション」画面が開きます。「クイック アクセス ツールバー」のプルダウンメニューで「マクロ」を選択します。アドインに含まれているマクロの名前(この例ではtestMacro01~03)が一覧で表示されます。

  3. エクセル 登録したいマクロをクリックし、「追加」をクリック

    クイックアクセスツールバーに登録したいマクロをクリックし、「追加」をクリックします。
    ※このように「アドイン名」ではなく「マクロ名」で指定する必要があります。どのマクロ名を選択するのが適切かわからない場合は、アドイン作成者に確認する必要があります。

  4. エクセル 「OK」をクリック

    右側にマクロ名が表示されたことを確認し、「OK」をクリックします。

  5. エクセル クイックアクセスツールバーにアイコンが現れていれば成功

    クイックアクセスツールバーにアイコンが現れていれば成功です。次回からはこのボタンを押すだけでアドインを実行できます。
    ※正確に言うと、ボタンを押すことによりアドイン内のtestMacro01が実行されます。

INFO

【補足情報】

マクロ名を選択して「追加」した後、「OK」を押す前に「変更」をクリックすると、クイックアクセスツールバーに表示されるボタンアイコンを変更できます。

エクセル ボタンアイコンを変更できる

この記事のまとめ

今回はExcelアドインの追加(インストール)方法と実行ボタンの登録方法を解説しました。

ポイントを復習しておきましょう。

アドインの追加(インストール)方法
専用の保存フォルダにアドインのファイル(.xlam)を保存する
実行ボタンの登録・表示方法
クイックアクセスツールバーの設定画面でマクロ名を選択し追加する

以上、参考になれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました