Excelでセル結合・結合解除ができないときの原因3つと対処法

Excelでセル結合・結合解除ができないときの原因3つと対処法

Excel使用歴約20年のKiryuです。

今回はExcelでセル結合・結合解除ができないときの原因と対処法をお伝えします。

Excelを使っていると、まれに「セル結合のボタンの色が薄くなって、押せない(グレーアウトしていて選択できない)」という事態に陥ります。

エクセル セル結合のボタンの色が薄くなる(グレーアウト)

こうなるとセルの結合や結合解除ができません。

セル結合はいつもなら「セルの書式設定」>「配置」から設定することもできますが、こちらも使えなくなります。

エクセル 「セルの書式設定」でセル結合不可

セル結合・結合解除ができなくなる原因は3つ。「ブック共有設定」「テーブル書式設定」「シート保護設定」のいずれかです。

この記事では3つの原因について説明しつつ、セル結合・結合解除ができるようにするための解決方法をお伝えします。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

【原因1】ブックの共有が設定されている

Excelでセル結合や結合解除ができない原因の1つめは、「ブックの共有設定」です。

「ブックの共有」が設定されていると、ブック全体でセルの結合・解除ができなくなります。

ブックの共有が設定されているかどうかは、Excelの上部のファイル名のところを見るとわかります。

エクセル ブックの共有が設定されている

[共有]と表示されているときは、ブックの共有が設定されています。

セル結合・結合解除ができるようにするためには、次の手順で共有設定を解除すればOKです。

  1. エクセル 「校閲」タブをクリック

    「校閲」タブをクリックします。

  2. エクセル 「ブックの共有を解除」をクリック

    「ブックの共有を解除」をクリックします。

  3. ※Excelのバージョンによっては「校閲」タブ内に「ブックの解除」がありません。その場合は「校閲」タブ内の「ブックの共有」をクリックします。開いたダイヤログボックスの「編集」タブで「複数のユーザーによる同時編集と、ブックの結合を許可する」のチェックを外します。「OK」→「はい」の順にクリックします。

以上の操作でブックの共有の設定が解除され、セル結合ができるようになります。

INFO

ちなみに、ブック共有を設定していると、セル結合・結合解除以外にも次のことができなくなります。

  • セルの挿入・削除
  • 条件付き書式の追加・変更
  • データの入力規則の追加・変更
  • ハイパーリンクの挿入・変更
  • グラフの作成・変更
  • ワークシートの削除
  • ワークシートの保護・保護解除
  • ブックの保護・保護解除、etc.

したがって、「ブック共有の設定によってセル結合だけが特別に制限される」のではなく、「ブック共有の設定によってもたらされるいくつもの制限事項の1つにセル結合・結合解除がある」というのがより正確な理解です。

【原因2】テーブルとして書式設定されている

Excelでセル結合や結合解除ができない原因の2つめは、「テーブル書式設定」です。

一定のセル範囲がテーブルとして書式設定されていると、その範囲を含むようなセル結合や結合解除ができなくなります。

テーブルというのは、こういうものです。

エクセル テーブルの例

上の画像のような「表」に見えるところでセル結合ができない場合は、テーブル書式設定の可能性を疑いましょう。

セル結合・結合解除ができるようにするためには、次の手順でテーブル書式設定を解除すればOKです。

  1. エクセル テーブル部分をどこでも良いのでクリック

    テーブル部分をどこでも良いのでクリックすると、「デザイン」タブが現れます。

  2. エクセル 「範囲に変換」をクリック

    「デザイン」タブ内の「範囲に変換」をクリックします。

  3. エクセル 「はい」をクリック

    「テーブルを標準の範囲に変換しますか?」というメッセージが出ます。「はい」をクリックします。

以上の操作でテーブル書式設定が解除され、セル結合・結合解除ができるようになります。

【原因3】シートが保護されている

Excelでセル結合や結合解除ができない原因の3つめは、「シート保護」です。

シートが保護されていると、セルの結合ができなくなります。

シートが保護されているかどうかを確認するには、「校閲」タブを見ます。

エクセル 「校閲」タブに「シート保護の解除」という項目がある

「校閲」タブに「シート保護の解除」という項目がある場合は、シートが保護されています。

セル結合・結合解除ができるようにするためには、次の手順でシート保護を解除すればOKです。

  1. エクセル 「シート保護の解除」をクリック

    「校閲」タブの「シート保護の解除」をクリックします。

  2. エクセル 「OK」をクリック

    パスワードを入力し「OK」をクリックします(解除用パスワードが設定されている場合のみ)。

以上の操作でシート保護が解除され、セル結合・結合解除ができるようになります。

この記事のまとめ

今回はExcelでセル結合・結合解除ができない時の原因と対処法について解説しました。

復習すると、セル結合・結合解除ができない原因と対処法は次の通りです。

【原因1】ブックの共有が設定されている
「校閲」タブ内の「ブックの共有の解除」をクリックし、共有設定を解除する
【原因2】テーブルとして書式設定されている
「デザイン」タブ内の「範囲に変換」をクリックし、テーブル設定を解除する
【原因3】シートが保護されている
「校閲」タブ内の「シート保護の解除」をクリックし、シート保護を解除する

以上、参考になれば嬉しいです。