Excelで同じ文字を繰り返し入力する方法【作業効率アップ】

Excelで同じ文字を繰り返し入力する方法

Excel使用歴約20年のKiryuです。

今回はExcelで同じ文字を繰り返し入力する方法を紹介します。

ひとくちに「同じ文字を入力する」といっても、何通りかのケースが考えられます。

①1つのセル内に同じ文字を繰り返し入力する
エクセル 1つのセル内に同じ文字を繰り返し入力
②隣接する複数のセルに同じ文字を繰り返し入力する
エクセル 隣接する複数のセルに同じ文字を繰り返し入力
③飛び飛びのセルに同じ文字を繰り返し入力する
エクセル 飛び飛びのセルに同じ文字を繰り返し入力
④入力済みの文字列の一覧から選択して繰り返し入力する
エクセル 入力済みの文字列の一覧から選択して繰り返し入力

それぞれの手順をわかりやすく解説していきます。

ちなみに、Wordだと「F4」キーや「Ctrl+Y」で文字の繰り返し入力ができますが、Excelではできません

この記事で説明するやり方はその代わりにもなると思いますので、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

1つのセル内に同じ文字を繰り返し入力する方法

1つのセルの中に同じ文字列を何度も入力したい場合はREPT関数リピートかんすうを使います。

たとえば「ぽよ~ん」という文字を3回繰り返して「ぽよ~んぽよ~んぽよ~ん」と書きたい場合は次のようにします。

  1. エクセル 1つのセル内に同じ文字を繰り返し入力する方法 REPT関数入力

    セルに =REPT("ぽよ~ん", 3) と入力します。

  2. エクセル 1つのセル内に同じ文字を繰り返し入力する方法 エンターキーで確定

    エンターキーを押して確定すると、1つのセルの中に「ぽよ~ん」を繰り返し入力できます。

上の例からわかるように、REPT関数は次の書式をとります。

REPT(文字列,繰り返し回数)

文字列の部分はダブルクオーテーションでくくるので、単に「ぽよ~ん」とするのではなく「"ぽよ~ん"」と書くのがポイントです。

隣接する複数のセルに同じ文字を繰り返し入力する方法

隣り合っているセルに同じ文字を繰り返し入力したい場合は、マウスをドラッグするだけでできます。

たとえば「ぽよ~ん」という文字を下方向に繰り返し入力したい場合は、次のようにします。

  1. エクセル 隣接する複数のセルに同じ文字を繰り返し入力する方法 文字列確定

    「ぽよ~ん」と入力して、エンターキーを押して文字列を確定します。

  2. エクセル 隣接する複数のセルに同じ文字を繰り返し入力する方法 ポインタをセル右下に近づける

    マウスのポインタ(白い十字)をセルの右下に近づけます。

  3. エクセル 隣接する複数のセルに同じ文字を繰り返し入力する方法 ポインタが黒十字に変化

    マウスのポインタがセルの右下と重なったとき、白い十字から黒い十字に変化したことを確認します。

  4. エクセル 隣接する複数のセルに同じ文字を繰り返し入力する方法 マウスで下方向にドラッグ

    マウスで下方向にドラッグします。

  5. エクセル 隣接する複数のセルに同じ文字を繰り返し入力する方法 完了

    マウスのボタンから指を離すと、下方向に隣接しているセルに繰り返し「ぽよ~ん」が入力されます。

同じことは下方向だけでなく、上下左右どの方向にもできます。

ちなみに、この機能は「オートフィル(AutoFill)」と呼ばれていて、エクセルで最も使われる機能の1つです。

ちなみにオートフィルというと難しそうな感じもしますが、「オート(自動)でフィル(埋める)」というそのまんまの言葉です。

飛び飛びのセルに同じ文字を繰り返し入力する方法

飛び飛びのセル、つまり「必ずしも隣接していない複数のセル」に同じ文字列を入力したい場合は、ちょっとだけ上級の操作が必要です。

たとえば5個の飛び飛びのセルに「ぽよ~ん」と入力したい場合は次のようにします。

  1. エクセル 飛び飛びのセルに同じ文字を繰り返し入力する方法 離れたセルを選択

    最初に、Ctrlキーを押したまま飛び飛びのセルを1つずつクリックして、5個のセルを選択します。選択し終わったらCtrlキーはいったん離してOKです。

  2. エクセル 飛び飛びのセルに同じ文字を繰り返し入力する方法 文字列確定

    5個目のセルに「ぽよ~ん」と入力し、Enterキーを1回だけ押して文字列変換の有無のみ確定します。

  3. エクセル 飛び飛びのセルに同じ文字を繰り返し入力する方法 Ctrl+Enter

    直後にCtrlキーを押したままEnterキーを押してセルを確定すると、選択していた5つのセルに「ぽよ~ん」が入力されます。

入力済みの文字列の一覧から選択して繰り返し入力する方法

あまり使われていない機能ですが「入力済みの文字列の一覧から選択して繰り返し入力する方法」もありますので紹介します。

  1. エクセル 入力済みの文字列の一覧から選択して繰り返し入力する方法 シフト表の例

    たとえば上のようなシフト表を作っているとします。「Aさん」「Bさん」「Cさん」が縦方向に入力されています。

  2. エクセル 入力済みの文字列の一覧から選択して繰り返し入力する方法 Alt+↓で一覧を表示

    この3人のいずれかの名前を入力する作業を繰り返したいときは、「Altキー」を押したまま「↓」キーを押します。すると、入力済みの文字列の一覧が現れます。

  3. エクセル 入力済みの文字列の一覧から選択して繰り返し入力する方法 一覧から選択

    一覧の中から入力したい文字列を選択します。

  4. エクセル 入力済みの文字列の一覧から選択して繰り返し入力する方法 完了

    クリックまたはEnterキーで確定すると、選択した文字列がセルに入力されます。

なお、この方法は次のような制約があります。

  • 縦方向のみ有効で、横方向には使えない
  • 入力済みの文字列と入力対象セルの間に空白セルがある場合は使えない(上の例だと「12時台の担当者」を空白セルのままにして「13時台の担当者」を入力するのは不可)
  • 数値に対しては使えない

なので、使う場面は限られてくるかもしれません。

この記事のまとめ

今回は「Excelで同じ文字を繰り返し入力する方法」として、次の4つを紹介しました。

1つのセル内に同じ文字を繰り返し入力する方法
REPT関数を使う
隣接する複数のセルに同じ文字を繰り返し入力する方法
オートフィルを使う
飛び飛びのセルに同じ文字を繰り返し入力する方法
Ctrl+Enterでセルを確定する
入力済みの文字列の一覧から選択して繰り返し入力する方法
Alt+↓

以上、参考になれば嬉しいです。