繰り返し入力を瞬時に自動化するExcel技術のまとめ

繰り返し入力を瞬時に自動化するExcel技術のまとめ

Excelの資格を2つ持ってるKiryuです(*^o^*)

毎日Excelを開いて、同じような文字・数字を何度も何度も入力していると、だんだん消耗してしまいますよね。

そこで今回は繰り返し入力を瞬時に自動化するExcel技術のまとめをお伝えします。

具体的な内容としては、繰り返し入力の効率化・自動化に役立つ6つの記事の要点と、各記事へのリンクのまとめです。

業務の効率化に役立ちそうな記事を見つけたら、リンク先を読んでいただき、入力工数削減の参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

繰り返し入力の基本(文字の繰り返し)

文字列を繰り返し入力する機会は多くあります。

ただ、ひとくちに「文字列を繰り返す」といっても、少なくとも次の4つのパターンがありそうです。

①1つのセル内に同じ文字を繰り返し入力する
エクセル 1つのセル内に同じ文字を繰り返し入力
②隣接する複数のセルに同じ文字を繰り返し入力する
エクセル 隣接する複数のセルに同じ文字を繰り返し入力
③飛び飛びのセルに同じ文字を繰り返し入力する
エクセル 飛び飛びのセルに同じ文字を繰り返し入力
④入力済みの文字列の一覧から選択して繰り返し入力する
エクセル 入力済みの文字列の一覧から選択して繰り返し入力

Excelで同じ文字を繰り返し入力する方法の記事では、これら4パターンの繰り返し入力を攻略できるExcelの基本知識を紹介しています。

1つのセル内に同じ文字を繰り返し入力する方法
REPT関数を使う
隣接する複数のセルに同じ文字を繰り返し入力する方法
オートフィルを使う
飛び飛びのセルに同じ文字を繰り返し入力する方法
Ctrl+Enterでセルを確定する
入力済みの文字列の一覧から選択して繰り返し入力する方法
Alt+↓
Excelで同じ文字を繰り返し入力する方法【作業効率アップ】
エクセルで同じ文字を繰り返し入力する手順をパターン別に紹介します。単一セルや隣接セルはもちろん、隣り合っていない複数のセルに一気に入力することも可能です。

繰り返し入力の基本(数字の繰り返し)

Excelでは、文字だけでなく数字を繰り返し入力する機会も多いものです。

たとえば「1, 2, 3, 4」のような連番を何度も繰り返したり、「5, 128, -10, 0」のような連番でない数字の並びを繰り返したりする場合があります。

Excelで同じ数字の並びを繰り返し入力する方法の記事では、数字の繰り返し入力の初級編として「Ctrl+オートフィルを使う方法」を紹介し、

エクセル 初級編「オートフィルを使う方法」

上級編として「MOD関数を使う方法」を紹介しています。

エクセル 数式を表示

Excelで同じ数字の並びを繰り返し入力する方法【簡単】
エクセルで「1,2,3,4」のような連番を繰り返し入力する方法を紹介します。「5,128,-10,0」のような不規則な数字列にも対応。

繰り返し入力を効率化するショートカットキー

Excelを使ってシフト表・日報・売上台帳といったものを作成していると、「ちょっとした繰り返し作業をもう少しだけ楽にしたい」と思うことがよくあります。

例えば…

  • 既に入力した文字列と同じものを、一覧から選んで入力したい
  • 1つ上のセルをサクッとコピペしたい
  • 1つ左のセルをサクッとコピペしたい
  • 現在日付や現在時刻をサクッと入力したい
  • オートSUMをサクッと入力したい
  • 直前の操作を何度も繰り返したい
  • 書式設定ウィンドウをサクッと開きたい

上記のことは、キーボード上の2つ前後のキーを組み合わせることで簡単に実現できます。

たとえば、現在日付は「Ctrl+;」を押すだけで一瞬で入力できます。

こういったショートカットキーを、繰り返し入力の効率が爆上がりするExcelショートカット23選でまとめましたので、ぜひ読んでみてください。

繰り返し入力の効率が爆上がりするExcelショートカット23選
繰り返し同じ文字列を入力したり、日付・時刻を入力したり、右クリックで何度も書式を変更していませんか?ショートカットキーで効率を改善しましょう。

* * *

Excelのショートカットキーの中でも、直前の操作を繰り返す「F4キー」は特に便利です。

しかしながら、あらゆる操作を繰り返せるわけではなく、繰り返せない操作もあります。

直前の操作を繰り返し実行できるF4キーとは?の記事でF4キーの機能をまとめました。

繰り返し入力のショートカットキーを極めたい方は目を通してみてください。

【Excel裏技】直前の操作を繰り返し実行できるF4キーとは?
文字色・塗りつぶし色の変更や行の挿入・削除といった操作を繰り返し実行できるF4キーについて解説します。

繰り返し入力を半自動化できる関数

関数を使いこなすことができれば、繰り返し入力は「半自動化」と言えるレベルにまで効率化できます。

Excel関数を使って繰り返し入力の手間を劇的に減らす方法の記事では、3つの関数の使いどころを具体例とともに解説しています。

REPT関数
評価を★の数で表示するエクセル 評価素点を星の数で表現
VLOOKUP関数
初級編:商品名で検索して単価データを取り出すエクセル オートフィルで他のセルにも単価を表示する
応用編:商品名をn回縦方向に繰り返すエクセル 縦方向への繰り返しの例
MOD関数
社員番号を使って社員を4グループに分けるエクセル 4つのグループに分ける
Excel関数を使って繰り返し入力の手間を劇的に減らす方法
同じ文字列を手作業で繰り返し入力するのは、手間がかかりますしミスの元です。素早く正確に繰り返すための3つの関数を紹介します。

繰り返し入力を完全自動化するVBAマクロ

繰り返し入力は、ExcelのVBAマクロでほぼ完全に自動化することができます。

文字・数字を繰り返し入力するExcel VBAマクロの記事では、任意の文字列や数字を一瞬で繰り返し入力するVBAマクロのコードを紹介しています。

エクセルVBAマクロ 下方向に繰り返し入力する

紹介している中でも「対話型」のVBAマクロは、質問に答えるだけで任意の文字列・数字を下方向または右方向に繰り返す機能を持っており、使い方次第で大幅な作業の効率化を図れるはずです。

【コピペ可】文字・数字を繰り返し入力するExcel VBAマクロ
文字列や数字の繰り返し入力はプログラムに任せましょう。対話型を含めた3つのExcel VBAマクロを共有します。

この記事のまとめ

今回は「繰り返し入力を瞬時に自動化するExcel技術のまとめ」をお伝えしました。

各記事で紹介しているテクニックを習得し、業務を少しでも楽に・簡単に進めていきましょう。

以上、参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
PC
キリュログ