Google広告 突然の不承認に対処した記録【マルウェア誤検知?】

何事も興味を持つと首をつっこんでしまうKiryuです(^^)

実は、このブログは Google 広告(旧 Google Adwords)に出稿していた時期があります。別に広告を出す必要も無いのですが、好奇心からのお遊びです。

ところが、あるとき「お前のサイトは不正なソフトウェアを配布しているッ!」と言われて広告をストップされてしまいました。

もちろん身に覚えの無いことだったので、ビックリ。この記事では、その時の私の対処方法と顛末についてまとめてみたいと思います。

結論だけ先に言うと、不正なソフトウェアは発見されず、広告も承認ステータスに戻りました。そのことから、単に Google 広告側の誤検知だったのでは?と思っています。以下、参考にされてみてください。

スポンサーリンク

Google広告 不承認通知メールが来た

Google から届いたメールの件名は「Google 広告アカウント: 広告の不承認」というものでした。

本文を公開したいところですが、そのまま載せるのは問題もありそうです。要旨のみ掲載します。

  • あなたの広告またはキーワードに不承認となったものがある
  • Google のポリシーに準拠するように修正されるまで、あなたの広告は掲載されない
  • 不承認となった理由は「許可されないコンテンツ」である。具体的には、「不正なソフトウェアをホスティングまたは配布」していることである
  • 違反を繰り返すと広告アカウントを停止することもありえる

不正なソフトウェアを配布って…(^^;) もちろん、私が意図的にそんなことをすることはありません。

でも、知らないうちに自分のサイトがマルウェアに感染していることも、絶対に無いとは言い切れない。

WordPress プラグイン Wordfence で調査など

当ブログは WordPress で運営しています。

私と同じような状況になった方が、Google 広告の公式コミュニティに投稿していました。

こちらのスレッドの主の方も WordPress の利用者で、マルウェアを発見して除去し、無事に解決できたようです。除去したファイルは下記。

  • wp-feed.php
  • wp-tmp.php
  • wp-vcd.php

上記を参考に、私も調査を行うことにしました。まずは目視で wp-include フォルダ内に上記ファイルが無いかどうかを確認しました。結果は、無し。

続いて、WordPressのプラグイン Wordfence で WordPress 全体をスキャンしました。結果、問題は検出されませんでした。

これ以上どうにかするスキルは無いので「う~ん?」と困った挙句、1日放置しました。現実逃避です。笑

いつの間にか広告が承認へ戻った

放置した後、Google 広告にログインしてみました。(不承認の通知をもらった後、ログインするのはこの時が初めて)

ところが、ステータスが「不承認」となっている広告が見当たりません。普通に承認済の広告しか無い様子。

あれ??

不承認を承認に戻したことを通知するメールは、届いていませんでした。どうなっているんだろう。

Google サポートとのやり取り

わけが分からないので、Google 広告のメッセージフォームから、次の趣旨のメールを送信しました。

  • ○月○日に不承認の通知をもらった
  • 現在不承認の広告は見当たらないため困惑している
  • 説明をお願いしたい

丁寧なお返事がきました。内容は以下。

  • Google 広告は、広告が不承認になると自動で通知を送信する
  • お客様の広告は「悪質なソフトウェアまたは望ましくないソフトウェア」により不承認になった後、自動再審査を経て承認となったものである
  • ご心配かけました

いまひとつ納得できなかったため、追撃を送信。

  • 一時的にであってもなぜ不承認となったのか教えてほしい
  • 自分でも調査したが不正は見つからなかった
  • 今後のためにも原因を知りたいのでもう少し情報が欲しい

再度丁寧なお返事が来ました。

  • 審査基準の詳細は開示できない
  • 「悪質なソフトウェアまたは望ましくないソフトウェア」を一時的に検知した例を参考にしてほしい (URL1) (URL2)

参考URLは、当ブログとは無関係のウェブページでした。

アクセスしてみたのですが、1つ目はサーバ応答無し、もう1つはテキストで「sas_noad = true;」とだけ書かれたページで、何のことやら…。

これ以上は情報を得られなさそうと判断。やり取りは上記で終えました。

結論:要するに誤検知?

結局何だったんだろう?と考え続けたのですが、今も確たることは分かりません。

ただ、速やかに承認に戻されていたということから考えれば、Google 広告側の誤検知だったんじゃないのかなと思っています。

(「いや、実際にあなたのサイトでは不正なことが起きている」と思われる方は、ぜひ教えてください)

もし私と同様に「不正なソフトウェアをホスティングまたは配布」していると言われて広告を停止されてしまったら、誤検知の可能性も視野にいれておくと良いかなと。

なお、Google 広告のサポートの方は、きちんとメッセージを返してくれます。どこまで情報を教えてくれるかは別問題ですが、問い合わせてみるのもひとつの手ですね。

その他の参考リンク

私と同様の通知をもらった方々の記事を紹介します。

私はたまたますぐに解決できましたが、なかなか解決に至らないケースもあるようですね。

ひとつ気が付いたのですが、不承認が来るまでの経過には2パターンあるように思います。

私自身は「当初は審査に問題無く通って出稿されていたところ、ある日突然不承認の通知が届いた」というケースでした。一方、上記リンク先を見ていくと、「最初の審査の段階からマルウェアを指摘され、その後も審査を通過できない」というパターンもあるようです。

いずれにしても、原因がはっきりとつかめず、広告も承認されない状態が続いてしまうと、手の打ちようが無くてキツいですよね…。

余談ですが、Google 広告ではなく Search Console で警告が来ることもあるという記事を見かけました。

何にしても、Google 神様からのお告げは、あまり嬉しいものではありませんねー(^^;)

今回はこの辺で。あなたの問題解決に少しでもお役に立てば、幸いです。

コメント