職歴なしのアラサーはどうすればいい?私が人生を逆転できた方法【再現性あり】

職歴なしのアラサーはどうすればいい?私が人生を逆転できた方法

職歴なしの20代後半から人生をやり直し、現在は職歴十分な30代半ばのKiryuです。

今回はこんな疑問に答えます。

社会人経験が無いまま30代が目前に迫ってきた。このままズルズル行きたくない!自立した人間になりたので、アドバイスをしてほしい

実社会で働いた経験がないままアラサーになると、焦る気持ちばかりが募ってしまいますよね。私自身もかつては職歴なしの状態でしたが、少しずつ人生を変え、最終的に大手ホワイト企業に入社できたことを前回の記事でお伝えしました。

アラサー職歴なしだった私の末路とは?少しずつ前進し好転できた理由【ブラックからホワイトへの道】
職歴の無いまま20台後半~30代前半を迎えた人の末路はどんなものでしょうか。元・アラサー職歴なしの私が、自分自身の過去と現在について書いてみました。現状を変えていきたい方はぜひ参考に。

今回は私の経験をもう少し整理したいと思います。私が実践してきたことの中から本当に重要な部分だけを抽出し、具体的で誰にでも真似できる人生逆転の方法として提示します。

なお私は「逆転できた!」と思えるまでに約6年かかったのですが、さすがに時間をかけ過ぎた感が否めません。もっと短い時間で人生を好転させる方法もありますので、その点も含めてお伝えします。参考にしてみてください。

職歴なしからどうすれば人生逆転できるのか

先に触れたように、私は「職歴なしのアラサー」から「ホワイトな大企業の正社員になる」という人生の大逆転を実現しています。その道のりを整理すると次の3つのステップにまとめられます。

ステップ1
ブラック企業で正社員の職歴を作る
ステップ2
グレーな企業に正社員として転職する
ステップ3
ホワイト企業に正社員として転職する

各ステップは単純な内容で、あなたも取り組むことができるものです。以下で詳細をお伝えしていきます。

【ステップ1】ブラック企業で正社員の職歴を作る

私はまず正社員としての職歴を1つ作ることを強く意識して最初の就職活動を行いました。なぜ職歴を意識したかと言うと「正社員の職歴ができれば、その後のステップアップはやさしいはずだ」と考えたからです。

30歳近い年齢で正社員の職歴が無い人(かつての私)は他人からは「社会性が欠けていて、どうにもならない人」だと見られてしまいます。そのため会社員として雇ってもらうのは非常にハードルが高いです。

これに対して、30歳くらいの年齢であっても1社でも正社員の職歴があれば「一応働いた経験のある人」として評価してもらえるのではないか。会社員として雇われやすくなるのではないか。

つまり、もし正社員の職歴を1つ作ることができれば、その後は転職を繰り返すことでステップアップし人生を好転させていくことができるはず。こういった推測から私は「まずは形だけでも構わないから正社員の職歴を」と考えたのでした。

とはいえアラサーで職歴なしの人を正社員として雇ってくれる会社は基本的にはありません。そこが悩ましいところなのですが、そんな厳しい現実にもたったひとつだけ例外があります。

それはブラック企業です。ブラック企業であれば職歴なしのアラサーであっても雇ってくれる可能性は大いにあります。なぜならブラック企業はすぐに人が辞めてしまい恒常的に人手が不足しているからです。

当時の私は「正社員として職歴が作れるなら多少ブラックであっても目をつぶろう」と考えていました。最初から自分の理想をすべてかなえることは難しい。だから働く環境や条件のことは妥協したのです。

何が何でも正社員になり職歴を1つ履歴書に書けるようになる。そのためにはブラック企業を利用すればいい。これが私の人生逆転の最初のステップでした。

【ステップ2】グレーな企業に正社員として転職する

私はブラック企業に入社し、半年で退職しました。その後はたった1つの職歴を武器にしてブラック以外の求人を探して応募するようにしました。その結果、ブラックではないがホワイトとも言いがたいグレーな会社に正社員として転職することに成功しました。

グレーな会社にしばらく勤めた後、再び転職活動を始めました。私は2つの職歴を武器にして、より良い会社の求人を探して応募しました。その結果ホワイトに近いグレーな中小企業に正社員として転職できました。

要するに「正社員の職歴があれば、その後のステップアップはやさしいはずだ」という私の読みは当たったのです。職歴なしのときには見向きもされなかったのに、職歴があるだけで色々な会社の書類選考に通って面接に呼ばれるようになりました。

自分でも驚いた例を挙げると、UR賃貸でよく知られている独立行政法人都市再生機構の書類審査と1次面接に通ったりもしました。2次面接は通過できず不採用に終わったのですが、職歴によってチャンスが広がったことは確かです。

以上のように、手に入れた正社員としての職歴を最大限に活用して、より良い会社に自分を売り込み、環境を移していく。これが私の人生逆転の2つめのステップでした。

【ステップ3】ホワイト企業に正社員として転職する

ブラック企業やグレー企業で数年の社会人経験を積んだ私は最後の仕上げとして完全にホワイトな企業の正社員求人に応募しました。

このときの私は「自分はブラックな場所やグレーな場所にはとどまらない。絶対にホワイトな会社で働く」という強い意志で転職活動を行いました。

気持ちは荒々しいですが、活動自体はスムーズに進みました。というのも、この段階まで来ると、転職活動にも慣れっこになってしまっていたからです。筆記試験は自分なりの方法で対策できますし、面接でも自分が何を話すべきかは理解できています。

それまでの積み重ねを活かすことで、私はこれまで2社のホワイト企業に勤めることができました。どちらも大企業で名前がよく知られており、素晴らしく働きやすい環境がそこにはありました。

職歴と経験を最大限に活用して、ホワイト企業の中途採用枠をつかみに行く。これが私がとった人生逆転の3つめのステップでした。

ブラック企業をショートカットする方法

以上のように、私はブラック企業・グレー企業を経てホワイト企業に至ることができました。でも、人によっては「一時的とはいえブラック企業に勤めるのは避けたい」と思われるかもしれません。

確かにブラック企業に勤めると朝から深夜まで働かされたり、不条理なことが色々とあるので消耗します。ブラック企業を回避しつつ正社員としてのキャリアを積んでいけるならそれが理想です。

そんな都合の良いことができるのかというとできると私は思っています。というのも就職弱者向けの就職支援サービスがあるからです。次の記事で紹介しています。

職歴なしの20代・30代におすすめの就職支援サービス3選
職歴が無い20代・30代であってもチャンスはつかめます。就職支援サービスからスタートし、未来を切り開いていきましょう。

就職支援サービスは次のような特徴を持っています。

  • アラサーのフリーターなど「就職・転職市場で不利な人々」を対象に無料で就職支援をしている
  • 正社員の求人のみを紹介している
  • 独自の基準で求人を精査し、ブラック企業は除外している

つまり就職支援サービスを利用すると、職歴が無いアラサーの人でもはじめからブラック企業を避けつつ正社員になるための就職活動をすることが可能です。

私が通ってきたステップで言うなら、ステップ1の「ブラック企業で正社員の職歴を作る」は省略し、ステップ2の「グレーな企業に正社員として転職する」からスタートできてしまいます。

それまでの積み重ねが無くても「グレーな中小企業」や「ホワイトよりのグレー企業」で正社員としてのキャリアをスタートし、経験を積んだ後に「ホワイトな大企業」に移行するプランを描けるのです。

私自身は就活を始めた段階では就職弱者向けの就職支援サービスのことをよく知らなかったため、残念ながら利用できませんでした。そのため人生を逆転するのに6年もの時間がかかってしまっています。

就職支援サービスを知ることができたあなたは、ぜひ使ってみてください。ブラック企業で消耗することを避けつつ、私がかけたよりもずっと少ない時間で自分の未来を変えていくことができるはずです。

おわりに:一発逆転より「じわじわ逆転」を狙おう

bluesky and lake

今回は私が人生を逆転した方法について整理してお伝えしてきました。その方法を復習すると次の通りです。

ステップ1
ブラック企業で正社員の職歴を作る
ステップ2
グレーな企業に正社員として転職する
ステップ3
ホワイト企業に正社員として転職する

ポイントはドカンと一発逆転を狙うのではなく、ある程度時間をかけてじわじわと逆転していくことです。

最初から完璧なホワイト大企業に就職しようと思っても、門前払いにされて終わります。まれにそういうやり方で成功する人もいますが、まぐれ当たりに再現性はありません。

そこで「働く環境や給料を段階的に良くしていく」という実現可能な戦略をとりましょう。正社員雇用にこだわりつつ「ブラック」→「グレー」→「ホワイト」と就職・転職を繰り返すのです。

就職支援サービスを使って効率化する場合も「グレーな中小企業」→「ホワイトの大企業」と階段を上っていくイメージで前進します。

まずは自分が攻められそうなところから攻めて、徐々に上を目指す。このやり方ならロジカルで無理がなく、再現性は高めです。ぜひこの記事を参考に取り組んでみてください。あなたの人生逆転を応援しています。

以上、参考になれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました