Edgeをキーボード操作で起動する3つの方法【Windows10アプリ起動ショートカットキーなど】

Edgeをキーボード操作で起動する3つの方法

Windows使用歴約20年のKiryuです。

今回はウェブブラウザMicrosoft Edgeをキーボード操作で起動する方法を3つ紹介します。

ショートカットキーを使う感覚でEdgeを起動でき、便利です。

参考にしてみてください。

スポンサーリンク

【方法1】アプリ起動ショートカットキーの登録・使用

Edgeをキーボード操作で起動する方法の1つめは「アプリ起動ショートカットキーの登録・使用」です。

Windowsには、既定ではEdgeを起動するショートカットキーがありません。でも、Edgeを起動するためのキーの組み合わせを手動で登録できます。(※管理者権限が必要)

以下、Edgeを起動するショートカットキーとして CtrlAltE を登録する例を見ていきましょう。

  1. Edgeのファイルの場所を開く

    スタートメニューの中にある「Microsoft Edge」を右クリックします。「その他」→「ファイルの場所を開く」を順にクリックします。

  2. Edgeのプロパティを開く

    Programsフォルダが開きます。「Microsoft Edge」を右クリックし「プロパティ」をクリックします。

  3. 「ショートカットキー」の欄をクリック

    「Microsoft Edgeのプロパティ」ウィンドウが開きます。「ショートカット」タブの「ショートカットキー」の欄をクリックします。文字入力カーソルが現れます。

  4. Edge起動ショートカットキーを登録

    キーボードの E を押すと、入力欄に「Ctrl+Alt+E」と表示されます。「OK」を押します。

  5. 管理者権限で続行

    「これらの設定を変更するには管理者の権限が必要です」というメッセージが表示されます。「続行」をクリックします。

以上でショートカットキーの登録は完了です。

CtrlAltE でEdgeが起動するはずですので、確認してみてください。

スポンサーリンク

【方法2】ファイル名を指定して実行

Edgeをキーボード操作で起動する方法の2つめは「ファイル名を指定して実行」です。

「ファイル名を指定して実行」でEdgeを起動する手順を見ていきましょう。

  1. Windowsキー+R

    キーボードの Windows を押したまま R を押します。

  2. ファイル名を指定してEdgeを実行

    画面左下に「ファイル名を指定して実行」が現れます。そのまま「msedge」と入力し Enter を押します。

上記の手順でEdgeが起動しますので、試してみてください。

スポンサーリンク

【方法3】検索ボックスで起動

Edgeをキーボード操作で起動する方法の3つめは「検索ボックスで起動」です。

検索ボックスを使ってEdgeを起動する手順を見ていきましょう。

  1. Windowsキー+S

    キーボードの Windows を押したまま S を押します。

  2. 検索ボックスでEdgeを起動

    検索ボックス(ここに入力して検索)が起動します。そのまま「edge」(またはmsedge)と入力します。上部に「Microsoft Edge マイクロソフト推奨のブラウザー」と表示されたことを確認して Enter を押します。

上記の手順でEdgeが起動しますので、試してみてください。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

今回はMicrosoft Edgeをキーボード操作で起動する方法を3つお伝えしました。

やり方を復習すると、次の通りです。

方法1. アプリ起動ショートカットキーの登録・使用
Edge本体のプロパティで CtrlAltE 等のショートカットキーを登録する
以降、登録済みのキーを打つことでEdgeが起動する
方法2. ファイル名を指定して実行
WindowsR
Edgeと入力して Enter
方法3. 検索ボックスで起動
WindowsS
Edgeと入力して Enter

ちなみに、Edgeを閉じる際は AltF4 で終了できますよ。

以上、参考になれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました