パソコンの起動時に特定のサイトを開く方法【Windows 10】

パソコンの起動時に特定のサイトを開く方法

Windows使用歴約20年のKiryuです。

「朝の最初の作業と言えば、パソコンの電源を入れてニュースサイトと仕事関連のサイトを開いてチェックすること」

そんな人は手間を少しでも減らすため「パソコン起動時に、あらかじめ指定しておいたウェブサイトが自動的に開く」ように設定してみてはいかがでしょうか。

わずかとはいえ手動のルーティン作業が無くなって、浮いた時間を他の有意義なことに使えますよ。

以上を踏まえて、今回はWindows 10 PCの起動時に特定のサイトを開く方法をお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パソコン起動時に特定のサイトを開く方法

パソコン起動時に特定のサイトを開くよう設定するには、次の手順を実施します。

  1. パソコンの起動時に開きたいサイトのショートカットをデスクトップに作る
  2. ショートカットをスタートアップフォルダに入れる

以下、「パソコン起動時にYahooニュースのトップページを開く例」で説明します。

起動時に開きたいサイトのショートカットをデスクトップに作る

はじめに、簡単な手順でサイトのショートカットを作成します。

  1. ヤフーニュースへアクセスします。

  2. 画面上部の「news.yahoo.co.jp」の左側に錠前(鍵)のアイコンがあるので、それをデスクトップにドラッグします。ショートカットが自動的に作成されます。
    ※Internet Explorerの場合は、錠前ではなく水色のeのマーク()です。

ショートカットをスタートアップフォルダに入れる

スタートアップフォルダの場所はかなりわかりにくいため、「ファイル名を指定して実行」という特別な機能を使ってフォルダを開きます。

  1. Windows を押しながら R を押します。デスクトップ左下付近に「ファイル名を指定して実行」のウィンドウが現れます。

  2. shell:startupと入力して Enter を押します。

  3. スタートアップフォルダが開きます。

  4. 先に作っておいたショートカットをスタートアップフォルダにドラッグします。

パソコン起動時に特定のサイトを開く設定の手順は以上です。

パソコンを再起動して、目的のサイトが自動的に開くかどうかを確認してみてください。

この記事のまとめ

今回はパソコンの起動時に特定のサイトを開く方法をお伝えしました。

最後に補足です。上の例ではパソコン起動時に1つのサイトだけを開くように設定したのですが、実はもっと多くのサイトを開くこともできます。

パソコン起動時に2つ以上のサイトを自動で開きたい場合は、必要な数だけショートカットを作成して、それらをスタートアップフォルダに入れていただければOKです。

毎日の繰り返し作業はパソコンに任せて、自分にしかできない創造的な仕事に注力していきましょう!