Excelセル結合のショートカットは無い!代わりの方法を解説【結合解除も同様】

Excelセル結合のショートカットは無い!代わりの方法を解説【結合解除も同様】

Excel使用歴約20年のKiryuです。

今回はExcelのセル結合のショートカットについて解説します。

結論から言うと、Excelにはセル結合のショートカットキーはありません!

残念ながら、「Ctrl+C」みたいな通常のショートカットは存在しないのです…。

でも、安心してください。代わりの方法を使えば楽にセル結合を実行できます。

以下でおすすめのやり方をいくつか紹介しますので、気に入ったものを使ってみてください。

INFO

この記事では主に「セル結合」を話題にしていますが、「セルの結合解除」も同様です。

つまり、結合解除に関してもショートカットキーはありません。また、下記で説明する代わりの方法が使えます。

スポンサーリンク

おすすめの方法①「F4で繰り返す」

Excelでセル結合を実行できるおすすめの方法の1つめは、「F4キー」です。

F4キーの位置

Excelにおいて、「F4キー」は「直前の操作を繰り返す」機能を持っています。

なので、いったん通常の操作でセル結合をした後に、新たにセルを選択してF4キーを押せば、再びセル結合を実行できます。

次のような感じです。

  1. エクセル セルを選択

    セルを選択します。

  2. エクセル 「セルを結合して中央揃え」でセル結合を実行

    上部のメニュー「セルを結合して中央揃え」でセル結合を実行します。

  3. エクセル 別のセルを選択

    別のセルを選択します。

  4. エクセル F4キーを押すと「セルを結合して中央揃え」が繰り返される

    F4キーを押すと「セルを結合して中央揃え」が繰り返され、選択していたセルが結合されます。

すごく簡単ですよね。ショートカットキーの代わりの方法の中では一番簡単にできるので、おすすめです。

* * *

F4キーの機能は「直前の操作を繰り返す」というものです。

そのため、セル結合を実行した後に他の操作(たとえば文字色の変更)を行った場合は、F4キーでセル結合を再実行することはできません。

この場合、F4キーを押すと後に実行したほうの操作が繰り返されてしまいますので、注意しましょう。

INFO

ただし、上記には例外もあります。

セル結合を実行した後、どこかのセルに文字を入力し確定しただけであれば、そのあとF4キーでセル結合を再実行できます。

F4キーについてもっと詳しく知りたい場合は、次の記事を読んでみてください。

【Excel裏技】直前の操作を繰り返し実行できるF4キーとは?
文字色・塗りつぶし色の変更や行の挿入・削除といった操作を繰り返し実行できるF4キーについて解説します。

おすすめの方法②「専用ボタンを作る」

Excelでセル結合を実行できるおすすめの方法の2つめは、「専用ボタンを作る」です。

Excelでは、特定の機能を持ったボタンを自作できます。こんな感じです。

エクセル セル結合専用ボタン

そして、このボタンはクリックで押せるだけでなく、キーボード上の簡単な操作で何度でも押せるんです。

一度ボタンを作ってしまえば、短いキー操作だけでセル結合を実行できるというのがポイントです。

次の手順でボタンを作れます。

  1. エクセル クイックアクセスツールバーのユーザー設定 その他のコマンドをクリック

    Excelの保存ボタンの右のほうにある▼ボタンをクリックし、「その他のコマンド」をクリックします。

  2. エクセル 「クイック アクセス ツールバー」のプルダウンメニューで「すべてのコマンド」を選択

    「Excelのオプション」画面が開きます。「クイック アクセス ツールバー」のプルダウンメニューで「すべてのコマンド」を選択します。

  3. エクセル 「セルを結合して中央揃え」を選択

    「セルを結合して中央揃え」を選択します(必要に応じて「セルの結合」「セル結合の解除」「横方向に結合」も選べます)。「追加」をクリックします。

  4. エクセル 「OK」をクリック

    右側に「セルを結合して中央揃え」が表示されたことを確認し、「OK」をクリックします。

  5. エクセル クイックアクセスツールバーにアイコンが現れた

    クイックアクセスツールバーにアイコンが現れていればボタン作成は成功です。

作ったボタンをキーの組み合わせで押すには、次の手順を実施します。

  1. エクセル セルを選択

    セルを選択します。

  2. エクセル Altキーを1回押して離す

    Altキーを1回押して離すと、ボタンに重なるように数字が表れます(この例では「4」)。

  3. エクセル 数字キーを押すとセル結合が実行される

    キーボードで該当の数字キー(この例だと「4」キー)を押すと、自作したボタンが押されたことになり、セル結合が実行されます。

このように、一度ボタンを作った後は「Alt→4」といった簡単な操作でセル結合を何度でも繰り返せます。

ショートカットキーの代わりの方法の中では最も少ない手順でセルを結合できますので、おすすめです。

INFO

ちなみに、「Alt→4」のような「上部メニュー上のコマンドを実行するための一連のキー」には名前があって、「アクセスキー」と総称されています。

以下でも、出てきます。

その他の方法「ちょっと長めのアクセスキーを使う」

Excelでセル結合を実行できるその他の方法は、「ちょっと長めのアクセスキーを使う」です。

さっき見たような専用ボタンは作りたくない、でもキーボードの操作でセル結合を実行したい…という場合もきっとあるでしょう。

そういうときは、「Alt→H→M→C」という一連のキー操作でセル結合を実行できます。

次のような感じです。

  1. エクセル セルを選択

    セルを選択します。

  2. エクセル タブメニューに重なるようにアルファベットが現れる

    Altキーを1回押して離すと、タブメニューに重なるようにアルファベットが現れます。「ホーム」のところに「H」があるので、キーボードで「H」を押します。

  3. エクセル キーボードで「M」を押す

    各種メニューの上にアルファベットが現れます。セル結合のところに「M」があるので、キーボードで「M」を押します。

  4. エクセル キーボードで「C」を押す

    セル結合のメニューが開きます。「セルを結合して中央揃え」のところに「C」があるので、キーボードで「C」を押します。

  5. エクセル セルが結合されたことを確認

    以上の操作でセルが結合されたことを確認します。

Alt→H→M→Cで実行できるのは「セルを結合して中央揃え」です。

その他のセル結合もアクセスキーを使って実行できます。次の一覧にまとめておきます。

Alt→H→M→C
セルを結合して中央揃え
覚え方:Alt→Home→Merge→Center
Alt→H→M→A
横方向に結合
覚え方:Alt→Home→Merge→Across
Alt→H→M→M
セルの結合
覚え方:Alt→Home→Merge→Merge
Alt→H→M→U
セル結合の解除
覚え方:Alt→Home→Merge→Unmerge

* * *

この方法は、先に紹介した「自作した専用ボタンをAlt→4で押す」の方法よりもキー操作の回数が多いです。

なので、それほどオススメの方法というわけではありません。

ただ、自作ボタンを気軽に作れない環境(社内の共用PC等)で作業するときなど、活躍するシーンもあると思います。

この記事のまとめ

今回は「Excelセル結合のショートカットは無い!代わりの方法を解説」というテーマでお伝えしました。

代わりの方法を復習すると、次の通りです。

①F4で繰り返す
いったん通常の操作でセル結合をした後に、新たにセルを選択してF4キーを押す
②専用ボタンを作る
クイックアクセスツールバーにセル結合専用のボタンを作った後、「Alt→4」で実行する
③ちょっと長めのアクセスキーを使う
「Alt→H→M→C」でセル結合を実行する

ちなみに、②や③の方法でセルを結合した後、さらに「F4」キーでセル結合を繰り返すこともできますよ。

以上、参考になれば嬉しいです。