BackSpace・Deleteを自作ショートカットキーで代用する方法【Windows10】

BackSpace・Deleteを自作ショートカットキーで代用する方法

Windows使用歴約20年のKiryuです。

今回はBackSpace・Deleteを自作ショートカットキーで代用する方法をお伝えします。

というのも、BackSpaceキーとDeleteキーって、よく使う割にキーの位置が遠いので、押しにくいですよね。

BackSpaceキーとDeleteキーは遠くて押しにくい

文字をちょこっと消したいだけなのに、ホームポジションをガッツリ崩さなければ小指が届きません。つらい…

私は「何とかもう少し楽に押すことはできないか」と考えて、次のようなショートカットキーを自作して使うことにしました。

変換キー+セミコロン(;)
BackSpaceの動作(カーソルの左側の文字を消す)
変換キー+コロン(:)
Deleteの動作(カーソルの右側の文字を消す)

ちょうど「Ctrl+C/V」でコピー・貼り付けをするように、「変換キー+セミコロン/コロン」でBackSpace・Deleteするわけです。

変換キー+セミコロン/コロン

CtrlやAltではなく変換キーを使うというところに違和感があるかもしれませんが、変換キーを使っておけば他のWindowsのショートカットキーと競合することがないというメリットがあります。また、変換キーはスペースキーの右隣にあるので親指で簡単に押せるというのも魅力的です。

上記のショートカットキーをしばらく使ってみたところ、今では非常に効率よく文字の削除ができるようになりました。もっと早くやっておけばよかった!

以上を踏まえて、この記事ではBackSpace・Deleteの代わりになるショートカットキーを自作する手順を紹介します。また、セミコロン・コロン以外のキーを使いたい人もいると思うので、そうする方法も共有します。

スポンサーリンク

押しにくいBackSpace・Deleteをショートカットで代用する方法

押しにくいBackSpace・Deleteを「変換キー+セミコロン/コロン」で代用するには、AutoHotkeyというフリーウェアを導入します。

AutoHotkeyは、ちょっとしたプログラムのようなものを自分で書いて読み込ませることで自分好みのショートカットキーを作れるという、便利なソフトです。

ちょっとしたプログラム(スクリプト)は、コピペできるものを以下で示していきます。

それでは、BackSpace・Deleteを「変換キー+セミコロン/コロン」で代用する手順を見ていきましょう。

AutoHotkeyをインストールする

はじめに、AutoHotkeyを公式サイトからダウンロードし、インストールします。

ふつうのソフトウェアと同じようにインストールするだけです。簡単ですし、すぐに終わります。

次の記事に画像を交えてインストールのやり方をまとめています。必要に応じて参考にしてください。

AutoHotkeyのインストール・アンインストールと私が実践している使い方
AutoHotkeyのインストール方法とアンインストール方法を画像を交えて解説します。私自身のAutoHotkeyの使い方についても具体例を挙げています。

スクリプトを作成する(コピペでOK)

次に、スクリプトを作成するためスタートメニューの「Windows アクセサリ」の中にある「メモ帳」を開きます(ほかのテキストエディタでも問題ありません)。

「Windows アクセサリ」の中にある「メモ帳」を開く

次のスクリプトをメモ帳にコピペします。

;「変換+セミコロン/コロン」が押されたらバックスペース・デリートが押されたことにする
vk1C & vkBB:: Send,{Blind}{BS}
vk1C & vkBA:: Send,{Blind}{Delete}

メモ帳の「ファイル」→「名前を付けて保存」をクリックして任意の場所に保存します。

メモ帳の「ファイル」→「名前を付けて保存」をクリックして任意の場所に保存

保存時の注意点は以下。

  • ファイル名はなんでもいいです。ただし拡張子を .ahk としてください。
  • 文字コードはUTF-8を選択してください。

保存すると「H」と書かれたアイコンで表示されます。

「H」と書かれたアイコン

スクリプトを実行する(ダブルクリックするだけ)

最後に、スクリプトを実行するため.ahkファイルのアイコンをダブルクリックします。ダブルクリックを避けたい場合は、.ahkファイルを右クリックしてRun Scriptをクリック、でもOKです。

.ahkファイルを右クリックしてRun Script

特に警告などが出てこなければ、成功です。

次のショートカットキーが機能するかどうか、確認してください。

変換+セミコロン(;)
BackSpaceキーを押したのと同じ動作
変換+コロン(:)
Deleteキーを押したのと同じ動作

BackSpace・Deleteを「変換キー+セミコロン/コロン」で代用する手順は以上です。

スポンサーリンク

セミコロン・コロンを使う理由

変換キーを使うのはともかく、なぜセミコロンとコロンなのかと疑問に思われるかもしれません。

実は私は矢印キー(←↓↑→)を「変換キー+文字キー」で代用することもやっており、その文字キーとしてHJKLを使っています。

「変換+Hで左矢印キー」「変換+Jで下矢印キー」「変換+Kで上矢印キー」「変換+Lで右矢印キー」

他のキーではなくHJKLを使っている理由は、矢印キーの記事でも述べましたが次の3点です。

  • HJKLはホームポジションからほぼ指を動かさなくていい
  • HJKLを使うことでカーソル移動用の文字キーを右手に集約できる
  • HJKLを使ったカーソル移動キーバインドはテキストエディタviでも採用されており、一般的である

上記を前提にしつつ、「右手だけでカーソルを移動しつつ文字を削除したい」「しかも指の移動距離は最小限にしたい」と考えると、HJKLの右隣に並んでいるセミコロン・コロンが最適解だという結論に至りました。

HJKLの右隣に並んでいるセミコロン・コロンが最適解

以上が、セミコロン・コロンを使っている理由です。

INFO

念のため付け加えると、BackSpaceにセミコロンを、Deleteにコロンを割り当てていますが、なぜ逆でないのかというところにも理由があります。

Windowsでは、BackSpaceはカーソルの「左側」を削除し、Deleteはカーソルの「右側」をするキーです。

一方でキーボード上のセミコロンとコロンの位置関係を見ると、セミコロンが「左」にあってコロンが「右」にあるという配置になっています。

そこでBackSpace・Deleteの削除の方向とセミコロン・コロンの位置関係を対応させて「BackSpace=変換キー+セミコロン」「Delete=変換キー+コロン」としておけば、ショートカットキーとして記憶しやすくなると思われるため、そのような割り当てにしています。

スポンサーリンク

セミコロン・コロン以外を使いたい場合

変換キーと組み合わせるキーをセミコロン・コロン以外にしたい場合は、先のスクリプトのvkBBvkBAを他の文字キーに置き換えることができます。

たとえば、HとDを使いたい場合は次のようにします。

;「変換+文字キー」が押されたらBackSpace・Deleteが押されたことにする
vk1C & H:: Send,{Blind}{BS}
vk1C & D:: Send,{Blind}{Delete}

こちらの内容で.ahkファイルを保存してダブルクリックすると、「変換キー+H」でBackSpaceの動作を、「変換キー+D」でDeleteの動作をするようになります。

スポンサーリンク

「変換キー+セミコロン/コロン」の注意点と対応方法

注意点として、今回紹介したスクリプトをAutoHotkeyで実行すると、スクリプトが動いている間は変換キーのもともとの機能が失われてしまいます。

つまり、「変換キー+文字キー」が有効な間は「変換キーが使えない」のです。

もともと変換キーをほぼ使わないという人は問題ないと思います。

でも、私などはときどき「一度確定した文字列を選択して、再変換する」ということをやりたいので、変換キーが使えないと少し不便です。

そこで、スクリプトの最後に次の2行を追記することで対応しています。

;「変換キー+スペースキー」が押されたら変換キーの動作をする
vk1C & Space:: Send,{Blind}{vk1C}

上記を追記した後に、改めて.ahkファイルをダブルクリックします。その後は変換キーの本来の動作(再変換)を「変換キー+スペースキー」がやってくれます。

スポンサーリンク

PC起動時の自動実行を設定する

AutoHotkeyのスクリプトは、PCを再起動したり電源を切ったりすると、終了してしまいます。つまり、電源OFFの度に「BackSpace・Deleteのショートカット」は無効になります。

PC起動時に毎回自動でスクリプトを実行するには、.ahkファイルのショートカットファイルを作り、スタートアップフォルダに配置しておけばOKです。

詳しい手順は次の記事でまとめています。

PC起動時にAutoHotkeyのスクリプトを自動で実行する方法
Windows 10 PCを起動したときに毎回.ahkファイルを手作業で実行するのは面倒です。自動化しましょう。
スポンサーリンク

この記事のまとめ

hands with a keyboard

今回は「BackSpace・Deleteの代わりに変換キー+セミコロン/コロンを使う方法」をお伝えしました。

手順を復習すると、次の通りです。

  1. AutoHotkeyをインストールする
  2. スクリプトを作成する(コピペでOK)
  3. スクリプトを実行する(ダブルクリックするだけ)

BackSpace・Deleteは「変換キー+セミコロン/コロン」に置き換えて、生産性アップを目指しましょう。

自作した削除用ショートカットに慣れてきたら、同じのやり方で「矢印キー」や「Home・PageDown・PageUp・End」といったキーを「変換キー+文字キー」で代用してみてください。さらに作業がはかどります。

矢印キーは押しにくい!「変換キー+文字キー」で代用する方法【ショートカット自作・Windows 10】
矢印キー「←↓↑→」でカーソルを動かすのはやめて、「変換キー+HJKL」で動かしましょう。作業が爆速化します。
Home・PageDown・PageUp・Endを「変換キー+文字キー」で代用する方法【ショートカット自作・Windows 10】
Home, PageDown, PageUp, Endの代わりに「変換キー+YUIO」を使いましょう。作業が爆速化します。

「無変換キー」でCtrlキーを代用するのもおすすめです。

Ctrlキーは押しにくい!無変換キーで代用する方法【Windows 10】
「Ctrl+C」でコピーするのはやめて、「無変換キー+C」でコピーしましょう。作業が爆速化します。

以上参考になれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました