NumLockキーが無い/効かない!確実にオン・オフを切り替える方法【Win10】

NumLockキーが無い/効かない!確実にオン・オフを切り替える方法

Windows使用歴約20年のKiryuです。

パソコンのキーボードにはNumLockというキーがあり、このキーがONになっているかOFFになっているかによって他のキーの挙動が変わります。

ところがパソコンによってはNumLockキーが見つからなかったり他のキーと共用になっていたりして、思うように有効化または解除できないことがあります。

そこでこの記事ではWindows10 PCでNumLockキーが無い/効かないときでも確実にオン・オフを切り替える簡単な方法をご紹介します。試してみてください。

スポンサーリンク

NumLockのオン・オフを確実に切り替える方法

NumLockキーが見つからない場合や効かない場合にオン・オフを切り替えるには次の手順を実施します。

  1. Windows+R

    デスクトップ画面でWindowsキーを押したまま R を押します。

  2. ファイル名を指定して実行

    画面左下に「ファイル名を指定して実行」ウィンドウが現れます。入力欄にosk(オーエスケー)と半角英字で入力しOKをクリックします。

  3. 「オプション」キーをクリック

    数秒待つと横長の「スクリーンキーボード」が現れます。スクリーンキーボード上の「オプション」キーをクリックします。

  4. 「テンキーを有効にする」にチェックを入れてOKをクリック

    「オプション」ウィンドウの上段「テンキーを有効にする」にチェックを入れてOKをクリックします。

  5. NumLockをクリックして切り替える

    スクリーンキーボードの右下付近に「NumLock」キーが現れます。「NumLock」キーをクリックしてON・OFFを切り替えます(青のときはON)。

  6. スクリーンキーボードが不要になったら右上の「×」で閉じます(閉じた後もNumLockのON・OFFは持続します)。

NumLockキー切り替えの手順は以上です。

補足として、スクリーンキーボードを何度も使う場合はタスクバーにピン留めしておくと良いと思います。

タスクバーのアイコン上で右クリックして「タスクバーにピン留めする」を左クリックするとピン留めできます。

OSKをタスクバーにピン留め

ピン留めしておけばいつでもスクリーンキーボードを起動できて便利です。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

NumLock key

今回はNumLockキーが無い/効かない場合のオン・オフ切り替え方法をご紹介しました。

ちなみにoskOn Screen Keyboard(オンスクリーンキーボード、画面上のキーボード)という意味です。

NumLockキーで困ったときはoskをお試しください。

以上、参考になれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました