無変換キー+FBPNで「Mac風カーソル移動ショートカット」を作る方法【Windows 10】

無変換キー+FBPNで「Mac風カーソル移動ショートカット」を作る方法

PCでの作業が大好きなKiryuです(*^o^*)

今回はWindows 10でMac風カーソル移動ショートカットキーを作る方法を紹介します。

Macのカーソル移動ショートカットキー(キーボードショートカット)として想定しているのは、これです。

Control+F
カーソルを右に移動
Control+B
カーソルを左に移動
Control+P
カーソルを上に移動
Control+N
カーソルを下に移動
Control+A
カーソルを行頭に移動
Control+E
カーソルを行末に移動

いわゆる矢印キー(十字キー)を使うとホームポジションが崩れてしまうため、それを避けるため上記のキーを使っている人も多いのではないかと思います。

Windows 10には既定ではこういったカーソル移動用キーバインドがないのですが、今回紹介するやり方で同じようなものを実現できます。

なお「MacのControlキー」の代用として「WindowsのCtrlキー」を使おうとすると、Windowsにもともとあるショートカットキーと競合するなど、問題が起きがちです。

そこでこの記事では、スペースキーの左隣にあって親指で押しやすい「無変換キー」を修飾キーとして使います。

(その他のキーを使う方法についても後で少し触れます。)

簡単ですので、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

無変換キーを使ったMac風カーソル移動ショートカットの作り方

Windows 10でMac風のカーソル移動ショートカットキーを作るには、AutoHotkeyというフリーウェアを導入します。

AutoHotkeyは、ちょっとしたプログラムのようなものを自作して読み込ませることで自分好みのショートカットキーが作れるという、便利なソフトです。

ちょっとしたプログラム(スクリプト)は、コピペできるものを以下で示していきます。

それでは、Mac風のカーソル移動ショートカットキーを作る手順を見ていきましょう。

AutoHotkeyをインストールする

はじめに、AutoHotkeyを公式サイトからダウンロードし、インストールします。

ふつうのソフトウェアと同じようにインストールするだけです。

次の記事に画像を交えてインストールのやり方をまとめています。必要に応じて参考にしてください。

AutoHotkeyのインストール方法・アンインストール方法
AutoHotkeyのインストール方法とアンインストール方法を、スクリーンショットを交えて解説します。

スクリプトを作成する(コピペでOK)

次に、スクリプトを作成するためスタートメニューの「Windows アクセサリ」の中にある「メモ帳」を開きます(ほかのテキストエディタでも問題ありません)。

「メモ帳」を開く

次のスクリプトをメモ帳にコピペします。

;無変換キーと文字キーで上下左右に移動
vk1D & F::Send,{Blind}{Right}
vk1D & B::Send,{Blind}{Left}
vk1D & P::Send,{Blind}{Up}
vk1D & N::Send,{Blind}{Down}

;無変換キーと文字キーで行頭・行末に移動
vk1D & A::Send,{Blind}{Home}
vk1D & E::Send,{Blind}{End}

メモ帳の「ファイル」→「名前を付けて保存」をクリックして任意の場所に保存します。

任意の場所に保存

保存時の注意点は以下。

  • ファイル名はなんでもいいです。ただし拡張子を .ahk としてください。
  • 文字コードはUTF-8を選択してください。

保存すると「H」と書かれたアイコンで表示されます。

「H」と書かれたアイコン

スクリプトを実行する(ダブルクリックするだけ)

最後に、スクリプトを実行するため.ahkファイルのアイコンをダブルクリックします。ダブルクリックを避けたい場合は、.ahkファイルを右クリックしてRun Scriptをクリック、でもOKです。

.ahkファイルを右クリックしてRun Script

特に警告などが出てこなければ、成功です。

次のショートカットキーでカーソル移動ができるかどうか、確認してください。

無変換+F
右に移動
無変換+B
左に移動
無変換+P
上に移動
無変換+N
下に移動
無変換+A
行頭に移動
無変換+E
行末に移動

無変換キーを使ったMac風カーソル移動ショートカットの作り方は以上です。

INFO

スクリプトを実行すると、スクリプトを終了するまでの間は無変換キーのもともとの機能が失われてしまいますのでご注意ください。

無変換キーはほとんど使わない、という人が多いと思います。そういう人は上記のやり方で問題ないです。

無変換キーの使用頻度が高い方は、下記の「無変換キー以外を使う方法」についても検討してみてください。

無変換キー以外を使う方法

ここまでは無変換キーを修飾キーとしていましたが、それ以外のキーを修飾キーにすることもできます。

変換キーを使う

Spaceキーの右側にある「変換キー」を修飾キーにしたい場合は、.ahkファイルの内容を次のスクリプトにしてください。

;変換キーと文字キーで上下左右に移動
vk1C & F::Send,{Blind}{Right}
vk1C & B::Send,{Blind}{Left}
vk1C & P::Send,{Blind}{Up}
vk1C & N::Send,{Blind}{Down}

;変換キーと文字キーで行頭・行末に移動
vk1C & A::Send,{Blind}{Home}
vk1C & E::Send,{Blind}{End}

無変換キーと変換キーを両方使う

無変換キーと変換キーを両方使いたい場合は、.ahkファイルの内容を次のスクリプトにしてください。

;無変換キーと文字キーで上下左右に移動
vk1D & F::Send,{Blind}{Right}
vk1D & B::Send,{Blind}{Left}
vk1D & P::Send,{Blind}{Up}
vk1D & N::Send,{Blind}{Down}

;無変換キーと文字キーで行頭・行末に移動
vk1D & A::Send,{Blind}{Home}
vk1D & E::Send,{Blind}{End}

;変換キーと文字キーで上下左右に移動
vk1C & F::Send,{Blind}{Right}
vk1C & B::Send,{Blind}{Left}
vk1C & P::Send,{Blind}{Up}
vk1C & N::Send,{Blind}{Down}

;変換キーと文字キーで行頭・行末に移動
vk1C & A::Send,{Blind}{Home}
vk1C & E::Send,{Blind}{End}

CapsLockキーを使う

残念ながら、AutoHotkeyの不具合によりCapsLockキーを修飾キーにすることはできません。

解決方法もあるにはあるのですが、AutoHotkeyと合わせてChangeKeyという別のソフトウェアを導入する必要があります。

そのやり方は他の多くの人が紹介していますので、ググってみてください。

PC起動時の自動実行を設定する

AutoHotkeyのスクリプトは、PCを再起動したり電源を切ったりすると、終了してしまいます。つまり、電源OFFの度にMac風ショートカットキーは無効になります。

PC起動時に毎回自動でスクリプトを実行するには、.ahkファイルのショートカットファイル(Macでいうエイリアス)を作り、スタートアップフォルダに配置しておけばOKです。

詳しい手順は次の記事でまとめています。

PC起動時にAutoHotkeyのスクリプトを自動で実行する方法
Windows 10 PCを起動したときに毎回.ahkファイルを手作業で実行するのは面倒です。自動化しましょう。

この記事のまとめ

今回は「無変換キーでMac風カーソル移動ショートカットを作る方法」をお伝えしました。

手順を復習すると、次の通りです。

  1. AutoHotkeyをインストールする
  2. スクリプトを作成する(コピペでOK)
  3. スクリプトを実行する(ダブルクリックするだけ)

Macを使うときと同様、Windowsでもホームポジションを崩すことなくカーソルを移動して、効率よく作業を進めていきましょう。

以上、参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
PC
キリュログ