インターネットの文字や画像が小さくなった時の対処法【Windows 10】

インターネットの文字や画像が小さくなった時の対処法

Windows使用歴約20年のKiryuです。

インターネットを見ていたら、突如として文字や画像など画面内のものが全て小さくなって、戸惑ってしまうことがあります。

いつもならこのくらいの大きさのはずですが、

いつもの大きさ

次の画像のようにページ全体が縮小して表示されるんです。

異常時の大きさ(小さくなる)

急に見慣れない画面になるので、少し焦ってしまいますよね。

でも、落ち着いて対処していけばきっと元に戻ります。

今回はインターネットの文字や画像が小さくなった時の対処法を複数、わかりやすく紹介しますので、ぜひトライしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

インターネットの文字や画像が小さくなった時の対処法

インターネットの文字や画像が小さくなった時の対処法は、3つあります。

対処法1
Ctrl を押しながらマウスのホイールをくるくる回す
対処法2
Ctrlキ を押しながら を押す
対処法3
拡大率変更機能で調整する

以下で画像を交えて手順を解説します。簡単そうだと感じるものから順に試していただければと思います。

Ctrlキーを押しながらマウスのホイールをくるくる回す

インターネットの文字サイズが小さくなった時の対処法の1つめは「Ctrl を押しながらマウスのホイールをくるくる回す」です。

次の手順でやってみてください。

  1. マウスのポインタを重ねる

    マウスのポインタ(矢印)をインターネットの画面に重ねます(どこでもOK)。

  2. Ctrlを長押し

    キーボードの Ctrl を長押しします。

  3. ホイールを回す

    Ctrl を押したまま、マウスのくるくる回転する部分(スクロール ホイール)を手前の方向に回します。

  4. 回転に合わせて文字や画像のサイズが大きくなる

    回転に合わせて文字や画像のサイズが大きくなっていくことを確認します。

ちなみに、文字サイズを小さくするにはマウスのホイールを手前ではなく向こう側に回転させればOKです。

Ctrlキーを押しながら「+」キーを押す

インターネットの文字サイズが小さくなった時の対処法の2つめは「Ctrl を押しながら を押す」です。

次の手順でやってみてください。

  1. マウスのポインタを重ねてクリック

    マウスのポインタをインターネットの画面に重ねて、どこでも良いので1回クリックします。

  2. Ctrl+「+」

    キーボードの Ctrl を押したまま、 を何度か押します。

  3. +を押すごとに文字や画像のサイズが大きくなる

    を押すごとに文字や画像のサイズが大きくなっていくことを確認します。

ちなみに、文字・画像のサイズを小さくするには Ctrl を押したまま「-」(マイナス)を押せばOKです。

Ctrlを押したまま「-」

また、文字・画像のサイズを標準の大きさにするには Ctrl を押したまま「0」を押せばOKです。

Ctrlを押したまま「0」

拡大率変更機能で調整する

インターネットの文字サイズが小さくなった時の対処法の3つめは「拡大率変更機能で調整する」です。

拡大率変更機能の見た目や扱い方は、お使いのブラウザ(インターネットを見るためのソフトウェア)がどれなのかによって少しずつ変わります。

以下で各々を示しますので、ご自身の環境と合致しそうなものを試してみてください。

Internet Explorerの場合

「表示」→「拡大」を順にクリック(IE)

「表示」→「拡大」を順にクリックし、任意の拡大率を選びます。標準の大きさは「100%」です。

(そもそも「表示」が見当たらないときは、最初にキーボードの Alt を押すと出てきます。)

Microsoft Edgeの場合

「ズーム」のところにある「+」や「-」をクリック(Edge)

右上付近にある「…」をクリックし、「ズーム」のところにある「+」や「-」をクリックすると拡大率を変更できます。標準の大きさは「100%」です。

Google Chromeの場合

「ズーム」のところにある「+」や「-」をクリック(Chrome)

右上付近にある縦書きの「…」をクリックし、「ズーム」のところにある「+」や「-」をクリックすると拡大率を変更できます。標準の大きさは「100%」です。

Mozilla Firefoxの場合

表示」→「ズーム」を順にクリック(Firefox)

「表示」→「ズーム」を順にクリックし、「拡大」「縮小」「等倍」のいずれかをクリックします。「等倍」をクリックすると標準の大きさになります。

(そもそも「表示」が見当たらないときは、最初にキーボードの Alt を押すと出てきます。)

インターネットの文字サイズが小さくなった原因は?

そもそも、どうして突然文字・画像の大きさが変わってしまったのでしょうか。再発するとイヤなので、原因についても知りたいですよね。

次のことが原因として考えられます。

  • 無意識のうちに Ctrl を押したまま を押してしまった
  • 無意識のうちに Ctrl を押したままマウスのホイールを手前に回してしまった

無意識のうちにそんなことするかな?と思うかもしれませんが、キーボードやマウスを色々に操作していると、誤ってやってしまう可能性があります。

もし思い当たることがあれば、今後は少しだけ意識して操作してみましょう。

* * *

他の可能性として、「キーボードの Ctrl キーが壊れつつある」ということも考えられます。

Ctrl キーの調子が悪くなると、1回カチッと押しただけなのに、押しっぱなしにしているときの信号がパソコン本体に伝わることがあるんです。

Ctrl 押しっぱなし信号」が出ているときに、たとえば画面をスクロールしようと思ってマウスのホイールを回すと、意図せず文字・画像の大きさが変わってしまう結果になります。

キーボードは長く使っているとどうしても傷みますので、Ctrl キーの劣化・不具合がありそうなら、買い替えも検討する必要があるでしょう。

この記事のまとめ

今回はインターネットの文字や画像が全て小さくなった時の対処法をお伝えしました。

対処法を復習すると、次の3つです。

対処法1
Ctrl を押しながらマウスのホイールをくるくる回す
対処法2
Ctrl を押しながら を押す
対処法3
拡大率変更機能で調整する

以上、参考になれば嬉しいです。