PowerPoint「このスライドのみ」画像で保存するVBAマクロ

PowerPoint「このスライドのみ」画像で保存するVBAマクロ

VBA大好きKiryuです(*^o^*)

この記事ではPowerPoint(パワポ)で選択中のスライドを画像で保存するVBAマクロを紹介します。

というのも、手作業だと次のような手順が必要になるんです。

ファイル>名前を付けて保存>保存先とファイル名とファイル形式を指定>「このスライドのみ」を押下

毎回これをやるのは本当に面倒ですよね…

そこで、一連の流れを一撃で終えるVBAマクロを書いてみました。

参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「このスライドのみ」画像で保存するパワポVBAマクロ

下記を実行すると、「このスライドのみ」つまり現在選択中のスライドのみを、PNG形式で保存します。

Sub Sample1()

    ActiveWindow.View.Slide.Export "C:\Users\Kiryu\Desktop" & "" & _
        "slide.png", "PNG"

End Sub

コピペするだけでも動作するはずです。

ただしC:\Users\Kiryu\Desktopというところはデスクトップのパスを指定しています。

ご自身の環境や保存したい場所に合わせて書き換えてください。

INFO

このVBAを実行したとき「保存しますか?」とかのダイヤログは出ません。

同名のファイルがあるときは強制的に上書きします。

応用編

上記のVBAマクロの応用編です。

JPG形式で保存する

ファイル名と引数をJPGに変えると、JPG形式で保存できます。

Sub Sample2()

    ActiveWindow.View.Slide.Export "C:\Users\Kiryu\Desktop" & "" & _
        "slide.jpg", "JPG"

End Sub

ファイル名にスライド番号を入れる

ファイル名にスライド番号を入れたいときは次のようにします。

Sub Sample3()

    ActiveWindow.View.Slide.Export "C:\Users\Kiryu\Desktop" & "" & _
        "slide" & ActiveWindow.View.Slide.SlideIndex & ".png", "PNG"

End Sub

デスクトップの場所を自動で探して保存する

「保存先を書き換えるのは面倒。とにかくデスクトップに保存されればよい」という場合は、次のものをコピペすればOKです。

Sub Sample4()

    '変数を宣言
    Dim wsh As Object
    Dim desktop As String
    
    'デスクトップの場所を取得
    Set wsh = CreateObject("WScript.Shell")
    desktop = wsh.SpecialFolders("Desktop")

    '編集中のスライドをPNGで保存(スライド番号つき)
    ActiveWindow.View.Slide.Export desktop & "" & _
        "slide" & ActiveWindow.View.Slide.SlideIndex & ".png", "PNG"

End Sub

デスクトップのパスはPCごとに違いますが、上記のコードであればマクロ側でデスクトップの場所を取得してくれます。

この記事のまとめ

この記事ではPowerPointで選択中のスライドを画像で保存するVBAマクロをご紹介しました。

「このスライドのみ」を画像で保存という作業を繰り返し実施する場合は、ご紹介したVBAマクロを使ってみてください。

また、VBAマクロをクイックアクセスツールバーにボタンとして登録しておくと、便利だと思います。

今回の内容がお役に立てば嬉しいです。

コメント