Windows10でカーソル移動・文字削除のショートカットキーを自作して作業を効率化する方法

Windows10でカーソル移動・文字削除のショートカットキーを自作して作業を効率化する方法

PC作業が大好きなKiryuです(*^o^*)

Windows10でカーソルを移動するために矢印キー(方向キー)を使うと、右手のホームポジションが崩れてテキスト編集等の作業効率が下がってしまいます。

また、BackSpaceやDeleteも、よく使う割にホームポジションから離れた位置にあり、タッチタイピング(ブラインドタッチ)しづらい感じです。

そこで私はホームポジションを保てる「カーソル移動のショートカットキー」「文字削除のショートカットキー」を自作して使用しています。

これに慣れるとテキスト入力がかなりはかどるのでおすすめです。

今回は「私が自作して使っているカーソル移動・文字削除の自作ショートカットキー」を紹介し、「ショートカットキーの自作方法」も合わせてお伝えします。

自作といっても簡単な手順でできますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

私が使っている自作ショートカットキー

私が矢印キーの代わりに使っている自作ショートカットキーは次の通りです。

矢印キーの代わりに使っている自作ショートカットキー

左に移動
変換+h
下に移動
変換+j
上に移動
変換+k
右に移動
変換+l

右手の親指で「変換」キーを押して、親指以外の指でhjklのアルファベットのキーを押します。

これならホームポジションを完全に保てます。

※hjklを使うことに違和感を持つ人もいるかもしれませんが、技術屋さんが使うVimというテキストエディタのショートカットキーでhjklが使われているので、それを参考にしています。

INFO

ちなみに、テキスト編集のときだけでなく、たとえばブラウザのスクロールとか、Excelのセル移動、デスクトップのファイルを選択するときなど、矢印キーを使う場面ならいつでも使えます。

また、Shiftキーと組み合わせて使うと、Shift+矢印キーと同じ効果が得られます(選択部分の拡張など)。

* * *

さらに「Home」「PageDown」「PageUp」「End」についても次のショートカットキーを自作して使っています。

「Home」「PageDown」「PageUp」「End」の代わりに使っている自作ショートカットキー

Home(行頭へ移動)
変換+y
PageDown
変換+u
PageUp
変換+i
End(行末へ移動)
変換+o

hjklの上に並んでいるyuioを使っています。

テキスト編集時に特に使う機会が多いのは行頭へ移動するときの「変換+y」(Home)と、行末へ移動するときの「変換+o」(End)です。

この2つと最初に紹介した4つとを併用すると、カーソル移動が非常にスムーズになります。

* * *

最後に、文字削除の「BackSpace」「Delete」の代わりになるショートカットキーとして、次のものを自作して使っています。

「BackSpace」「Delete」の代わりに使っているショートカットキー

BackSpace(左側を削除)
変換+;
Delete(右側を削除)
変換+:

こちらもホームポジションを崩すことなく文字の削除ができます。

カーソル移動のショートカットキーと併用することで、爆速でテキスト編集ができるようになります。

カーソル移動ショートカットキーを自作する

カーソル移動ショートカットを自作しましょう。

具体的なやり方ですが、AutoHotkeyという無料のソフトウェアにスクリプトを実行させることで、自作ショートカットが実現します。

スクリプト実行なんていうと難しそうに思えますが、コピペとダブルクリックだけで大丈夫です。

手順はざっくり言うとこんな感じ。

  1. AutoHotkeyをインストールする
  2. スクリプトファイルを作成する(コピペするだけ)
  3. スクリプトファイルを実行する(ダブルクリックするだけ)

以下で順番に説明します。

AutoHotkeyをインストール

フリーウェアのAutoHotkeyをインストールします。

AutoHotkey
Free keyboard macro program. Supports hotkeys for keyboard, mouse, and joystick. Can expand abbreviations as you type them (AutoText).

※インストールは普通のやり方でやれば大丈夫です。わからない場合はGoogle検索してみてください。解説ページがたくさん出てきます。

スクリプトファイルを作成・保存

デスクトップなど任意の場所にテキストファイルを作成します。

デスクトップなど任意の場所にテキストファイルを作成

テキストファイルに次のスクリプトをコピペします。

ショートカット作成用スクリプト

vk1C & h:: Send,{Blind}{Left}
vk1C & j:: Send,{Blind}{Down}
vk1C & k:: Send,{Blind}{Up}
vk1C & l:: Send,{Blind}{Right}

vk1C & y:: Send,{Blind}{Home}
vk1C & u:: Send,{Blind}{PgDn}
vk1C & i:: Send,{Blind}{PgUp}
vk1C & o:: Send,{Blind}{End}

vk1C & vkBB:: Send,{Blind}{BS}
vk1C & vkBA:: Send,{Blind}{Delete}

コピペしたらいったん保存してください。

保存し終わったら、ファイル名を test.ahk に変更します(拡張子が.ahkになっていれば他の名前でもOK)。

ファイル名を変更

「拡張子を変更すると、ファイルが使えなくなる可能性があります。変更しますか?」と警告が出ますが、「はい」で構いません。

拡張子の警告

ファイル名を確定するとファイルのアイコンが「H」に変わります。

ファイル名を確定するとアイコンが変わる

スクリプトを実行

test.ahkをダブルクリックすると、AutoHotkeyが起動してスクリプトが実行されます。

といっても画面に変化はほとんどなく、右下あたりに緑色の「H」のアイコンが現れるだけです。

AutoHotkeyのアイコン

これでショートカットキーが使えるようになりました。

次のキーの組み合わせでカーソル移動ができるようになっているか確認しましょう。

左に移動
変換+h
下に移動
変換+j
上に移動
変換+k
右に移動
変換+l
Home(行頭へ移動)
変換+y
End(行末へ移動)
変換+o
BackSpace(左側を削除)
変換+;
Delete(右側を削除)
変換+:

以上で完了です。

なお、自作したショートカットキーを使い慣れるまで、少し時間がかかると思います。

頑張って1~2週間続けてみてください。

今までよりもずっと快適にカーソル移動・文字削除ができるようになるはずです。

自作ショートカットを自動で使えるようにする

上記の方法だけだと、PCの電源を入れるたびにスクリプトファイルをダブルクリックして実行する必要があります。

ちょっと面倒なので、PC起動時に自動で実行するように設定しましょう。

次の手順を実施します。

  1. .ahkファイルのショートカットを作成する
  2. スタートアップフォルダに移動する

以下で説明していきます。

.ahkファイルのショートカットを作成する

test.ahkファイルを右クリックして、「ショートカットの作成」をクリックします。

test.ahkファイルを右クリックして、「ショートカットの作成」をクリック

ファイルのショートカットができます。

test.ahkファイルのショートカット

スタートアップフォルダに移動する

作成したファイルのショートカットを、スタートアップフォルダに移動します。

ファイルをスタートアップフォルダに移動

スタートアップフォルダの場所はこちら。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

※「ユーザー名」のところはご自身のユーザー名に変えてください。

以上を実施すると、PC起動時にtest.ahkファイルが自動で実行されます。

注意点

今回紹介した方法を実行すると、「変換」キーの本来の機能は失われてしまいます。

私自身は「変換」キーは全く使っていないので困らないのですが、使っている人はゴメンナサイm(_ _)m

INFO

「変換」キーの機能を元に戻すには、緑色の「H」の上で右クリックし、「Exit」を選びます。

AutoHotkey終了方法

そうするとAutoHotkeyが終了して「変換」キーの機能が戻ります。

この記事のまとめ

今回はWindows10でカーソル移動・文字削除が素早くできるショートカットキーと、その自作方法をお伝えしました。

手順をまとめると次の通りです。

  1. AutoHotkeyをインストールする
  2. スクリプトファイルを作成する(コピペするだけ)
  3. スクリプトファイルを実行する(ダブルクリックするだけ)

ホームポジションを保てるショートカットキーでカーソル移動と文字削除ができると、作業効率がグンとアップしますよ。

以上参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
PC
キリュログ

コメント