フォーサイトの3つの再受講支援制度について解説

フォーサイトの3つの再受講支援制度について解説

フォーサイトの講座を実際に購入・受講してレビューしている宅建士Kiryuです。

資格試験の中には難関試験も多くあります。たとえ合格実績が優れているフォーサイトを受講したとしても「想像以上に本試験が難化した」「苦手な問題ばかりが多数出題された」等の理由で不合格の結果になることはあり得ますよね。

「1回の受験では受からない可能性もあるから、あらかじめ再受講を視野に入れたい」「落ちてしまったからもう1度、最新の教材で勉強したい」。そう願う人の声にこたえて、フォーサイトでは再受講を支援する3つの制度を用意しています。

  • 再受講キャンペーン
  • ダブルライセンス割引制度
  • 全額返金保証制度

いずれもフォーサイトで再受講する際の受講料負担を軽減できるお得な制度です。この記事ではこれら3つの再受講支援制度について解説します。

フォーサイトを何度か受講する可能性がある方はぜひ参考にしてみてください。

再受講支援① 再受講キャンペーン

フォーサイトの再受講支援制度の1つめは再受講キャンペーンです。

再受講キャンペーンは本試験日以降に受講生限定で通知されるキャンペーンです。たとえば私は直近で2022年度のフォーサイト宅建士講座を受講したのですが、本試験日に次のようなメルマガが届いていました。

フォーサイト 再受講キャンペーン

※名称は「再受講キャンペーン」「再受講応援キャンペーン」「再受講リトライキャンペーン」と年度によって少し異なります。その一方、趣旨や対象者は毎年変わりません。

案内の内容は「今年度の受講生には翌年度版を特別割引価格で提供します(期間限定)」というものです。通常のキャンペーンよりもずっと安い料金設定になっていました。

これまで宅建士講座以外にマンション管理士・管理業務主任者講座でも毎年、再受講キャンペーンが実施されていることを確認しています。他のメジャーな資格の対策講座(行政書士講座や社労士講座など)でも同様に実施されているはずです。

フォーサイトを受講する方は本試験後にメルマガで再受講キャンペーンの案内が届く可能性があることを覚えておきましょう。

INFO

「メルマガを解除してしまった!」という方は次のことをやっておくと案内を受け取れるかもしれません。

残念ながら案内を受け取れなかった場合は、この後解説するダブルライセンス割引制度の利用を検討してください。

ダブルライセンス割引制度を使う場合、割引額は再受講キャンペーンほどではありません。でも通常のキャンペーンよりは安いですし、しかも期間の縛りがなく常時利用できます。使い勝手が良いのでお勧めです。

再受講支援② ダブルライセンス割引制度

フォーサイトの再受講支援制度の2つめはダブルライセンス割引制度です。

ダブルライセンス割引制度は「フォーサイトを受講して1つめの資格を取った人が、ダブルライセンスを実現するためにフォーサイトを改めて受講する場合に割引価格で受講できる」といった意味合いの制度です。

この制度を利用すると次の講座を通常のキャンペーンよりも安い価格で受講できます。

行政書士講座
バリューセット1・2・3
社会保険労務士講座
バリューセット1・2・3
宅建士講座
バリューセット1・2・3
FP講座
バリューセット1・2
簿記講座
バリューセット1・2
マンション管理士・管理業務主任者講座
バリューセット1・2
通関士講座
スピード合格講座
中小企業診断士講座
バリューセット1・2
司法書士講座
バリューセット

ここで注目したいのは「実はダブルライセンス割引制度の利用条件はかなり緩く設定されている」ことです。

具体的には、ダブルライセンス割引制度の利用条件は「過去5年以内にフォーサイトの一定の講座を個人で受講した」ことのみ。つまり1つめの資格を取った・取らなかった、2つめの資格を取る・取らないといったことは無関係となっています。

このことから同一講座を再受講するときでもダブルライセンス割引制度を使えることがわかります。例えば「2022年度のフォーサイト宅建士講座を受講したけど合格できなかった人が2023年度のフォーサイト宅建士講座をダブルライセンス割引価格で受講できる」のです。

実際に私はダブルライセンス割引制度を利用して宅建士講座を繰り返し購入してきました。また、制度をそのように利用しても問題が無いことをフォーサイトの問い合わせ窓口に確認済みです。

フォーサイトを過去に受講した方は「ダブルライセンス割引制度で再受講の費用を抑えられるかもしれない」ことを覚えておきましょう。

再受講支援③ 全額返金保証制度

フォーサイトの再受講支援制度の2つめは全額返金保証制度です。

全額返金保証制度とは「対象講座を受講し、一定の要件を満たしたが不合格の結果となった人」に対し受講料が全額返金される制度です。フォーサイト行政書士講座、社労士講座、宅建士講座、マン管・管業講座で実施されています。

フォーサイトは全額返金保証制度を再受講支援制度の1つとして運用しているわけではありません。ですが受講生からすると返金された受講料を再受講の費用に充てることができますので、その意味で再受講支援の1つとみなせます。

なお実際に全額返金を受けるためには複数の条件をクリアしなければなりません。その中でも学力要件(フォーサイト独自のテストで好成績を納める等)は達成が簡単でないため、入念な準備が必要です。

それでも1度支払った受講料の全額が返金され、それをもって再受講の費用をほぼ100%カバーできるインパクトは大きいと言えます。ぜひ全額返金保証制度を再受講のために活用しましょう。

この記事のまとめ

今回はフォーサイト宅建士講座の再受講支援制度についてお伝えしてきました。3つの再受講支援制度について復習すると次の通りです。

再受講キャンペーン
本試験日以降、受講生に限りメルマガで通知される特別な割引キャンペーン
ダブルライセンス割引制度
過去5年以内にフォーサイトの一定の講座を受講した履歴がある場合、特別割引価格で同制度の対象講座を受講できる制度
全額返金保証制度
対象講座を受講し、学力要件等を満たしたが不合格の結果となった受講生に対し受講料が全額返金される制度

再受講支援制度を活用してフォーサイトでもう1度学び、合格に向けて着実に前進しましょう。

以上、参考になれば嬉しいです。

次の記事もよく読まれています
【毎日更新】フォーサイト キャンペーン・クーポン一覧
2022年11月の最新キャンペーン・クーポン情報と安い時期、その他のお得な割引情報を網羅的に解説しています。
フォーサイトで教育訓練給付制度を利用する手順と3つの注意点
教育訓練給付制度を利用するには制度に関する正しい理解と手続きが必要です。フォーサイトでの利用手順・注意するべき点について解説します。
フォーサイトの新eラーニングManaBunとは?徹底レビュー
通信教育フォーサイトのeラーニング ManaBun を紹介します。インプット学習からアウトプット学習までスマホ1つで完結してしまう神アプリ、爆誕!

フォーサイト
公式サイトを見る

タイトルとURLをコピーしました