インデックス登録リクエストが少し楽になるブックマークレット

インデックス登録リクエストが少し楽になるブックマークレット

ブログ運営歴がもうすぐ7年目になるKiryuです。

新しく書いた記事を公開したり既存記事の内容を更新したりしたときにはGoogle Search ConsoleでURL検査・インデックス登録リクエスト(Fetch as Google)をしますが、毎回同じ操作を繰り返すのは面倒です。

そこで少しでも効率化するために開いているページのURLをクリップボードにコピーして新規タブでSearch Consoleを開くブックマークレットを作成しました。ちょっとだけ楽ができるコードです。せっかくなので公開します。

2022年2月追記:Ver.2を公開しました。

スポンサーリンク

インデックス登録リクエストが少し楽になるブックマークレット Ver.1

インデックス登録リクエストが少し楽になるブックマークレットのコードは次の通りです。

javascript: void((function () {
  let site_url = 'https://example.com/'; /* ←自分のウェブサイトのURLに置き換える */
  let site_url_replaced = site_url.replace(/\:/g, '%3A').replace(/\//g, '%2F');

  const element = document.createElement('input');
  element.value = location.href;
  document.body.appendChild(element);
  element.select();
  document.execCommand('copy');
  document.body.removeChild(element);

  let search_url = 'https://search.google.com/u/0/search-console/performance/search-analytics?resource_id=' + site_url_replaced;
  window.open(search_url, 'newtab');
})())

2行目の https://example.com/ のところはSearch Consoleに登録してある自分のウェブサイトのURLに置き換えてください。置き換え後、コード全体をブラウザにブックマークレットとして登録します。

使い方は次の通り。

  1. インデックス登録リクエストをしたいページを開く
  2. ブックマークレットを実行する→自動でURLがクリップボードにコピーされ、新規タブでSearch Consoleが開く
  3. Search Consoleの入力フォームにURLを貼り付けてURL検査・インデックス登録リクエストを申請(この手順は手動)

本当は手順3もブックマークレットの動作に組み込めたら良いのですが、Javascriptの同一オリジン制限にひっかかるため不可です。ご了承ください。

インデックス登録リクエストが少し楽になるブックマークレット Ver.2

Ver.1では複数サイトを管理している場合にサイトごとにブックマークレットを登録する必要があり煩雑でした。Ver.2では1つのブックマークレットで複数サイトに対応できるようにしています。

javascript: void((function () {
  let site_url = window.location.origin + '/';
  let site_url_replaced = site_url.replace(/\:/g, '%3A').replace(/\//g, '%2F');

  const element = document.createElement('input');
  element.value = location.href;
  document.body.appendChild(element);
  element.select();
  document.execCommand('copy');
  document.body.removeChild(element);

  let search_url = 'https://search.google.com/u/0/search-console/performance/search-analytics?resource_id=' + site_url_replaced;
  window.open(search_url, 'newtab');
})())

自分のウェブサイトのURLをスクリプト内に記述するのではなく、開いているページのURL情報をもとにGoogle Search Consoleのプロパティを開くように改良しました。

使い方はVer.1と同じです。

  1. インデックス登録リクエストをしたいページを開く
  2. ブックマークレットを実行する→自動でURLがクリップボードにコピーされ、新規タブでSearch Consoleが開く
  3. Search Consoleの入力フォームにURLを貼り付けてURL検査・インデックス登録リクエストを申請(この手順は手動)

この記事のまとめ

今回は自作したインデックス登録リクエストが少し楽になるブックマークレットを紹介しました。私も実際に使っており、本当に少しだけですがインデックス登録リクエストの作業を省力化できています。

作成にあたり次の記事に記載されているコードを使わせていただきました。ありがとうございます。

SEO調査が少しだけラクになる。10種類のブックマークレット|悠生@SEO|note
はじめまして、中澤悠生(@Yuki_inhouseSeo)と申します。 2年前まで法人向けのSEOコンサルをしていて、現在はエイチームフィナジーという会社でSEOを担当しています。 SEO施策を進めるにあたって事前の調査は必須ですが、 ・SearchConsoleで流入クエリを調べたり ・Google検索で上位...
【JavaScript】URLをコピーするボタンを作る - Qiita
概要 URLをコピーするボタンをJavaScriptで実装する。 実装はとっても簡単なのでサクッと書きます。 実装(html) <button onclick="copyUrl()">Copy URL</...

以上、参考になれば嬉しいです。

次の記事もよく読まれています
リンク作成が楽になるブックマークレット3種
開いているページのURLとタイトルから<a href="URL">タイトル</a>のようなリンク作成用文字列を作るブックマークレットを紹介します。
タイトルとURLをコピーしました