【裏技】フォルダをタスクバーにピン留めする方法【Windows10】

Windows使用歴約20年のKiryuです。

今回はフォルダをタスクバーにピン留めする方法を紹介します。

というのも、フォルダは普通のやり方だと「スタートメニュー」にしかピン留めできません。つまり、「タスクバー」にはピン留めできないんです。

でも、よく使うフォルダはタスクバーに表示して、素早くアクセスしたいですよね。

そこで、ちょっと裏技的な手法を使うことで、フォルダをタスクバーにピン留めします。

ちなみに、この方法は一般のフォルダだけでなく、「ドキュメント」や「ピクチャ」「ビデオ」「ミュージック」といった少し特殊なフォルダもタスクバーにピン留めできます。

それほど難しくはないので、試しにやってみてください。

スポンサーリンク

フォルダをタスクバーにピン留めする方法

フォルダをタスクバーにピン留めする手順は、要約すると次の通りです。

  1. はじめにショートカットを作成する。その際、フォルダのアドレスの先頭に explorer と書いておく
  2. 必要であればショートカットのアイコンを変更する
  3. タスクバーにドラッグしてピン留めする

以下でフォルダの1つである「ドキュメント」をタスクバーにピン留めする例を、画像を交えて見ていきましょう。

(普通のフォルダでも手順は同じです。)

  1. 「新規作成」「ショートカット」の順にクリック

    デスクトップで右クリックし、「新規作成」「ショートカット」の順にクリックします。

  2. 「参照」をクリック

    「ショートカットの作成」画面が表示されます。「参照」をクリックします。

  3. タスクバーにピン留めしたいフォルダを選択してOKをクリック

    タスクバーにピン留めしたいフォルダ(この例では「ドキュメント」)を選択してOKをクリックします。

  4. フォルダのアドレスが入力されている

    「ショートカットの作成」画面に戻ります。入力欄にフォルダのアドレス(この例ではC:¥Users¥(ユーザー名)¥Documents)が入力されていることを確認します。

  5. アドレスの左側にexplorerと記載

    フォルダのアドレスの先頭に explorer と書いて、アドレスとの間に半角スペースを1つ入れます。「次へ」をクリックします。

  6. ショートカットの名前を決める

    ショートカットの名前を適当に決めます(この例では「ドキュメント」としています)。完了をクリックします。

  7. デスクトップにショートカットが作成された

    デスクトップにショートカットが作成されました。

  8. アイコンを選択して右クリックし「プロパティ」をクリック

    ショートカットのアイコンを変更したい場合は、アイコンを選択して右クリックし「プロパティ」をクリックします。

  9. 「ショートカット」タブの「アイコンの変更」をクリック

    「○○のプロパティ」ウィンドウが現れます。「ショートカット」タブの「アイコンの変更」をクリックします。

  10. アイコンの変更画面(アイコン少ない)

    アイコンの変更画面が現れます。ただしアイコンの数が少ないので、増やしましょう。入力欄に C:¥windows¥system32¥imageres.dll と書いて、Enter を押します。

  11. アイコンの変更画面(アイコン多い)

    アイコンが多数現れます。好みのものを選んでOKを押します。

  12. OKをクリック

    「○○のプロパティ」ウィンドウに戻ります。OKをクリックします。

  13. ショートカットのアイコンが変更された

    ショートカットのアイコンが変更されました。

  14. ショートカットアイコンをタスクバーにドラッグしてピン留め

    最後にショートカットアイコンをタスクバーにドラッグすると、ピン留めされます。

フォルダをタスクバーにピン留めする手順は以上です。

タスクバーにピン留めされたアイコンをクリックして、思った通りのフォルダが開くかどうか確認してみてください。

問題なくフォルダが開くことを確認できたら、デスクトップに残ったショートカットアイコンは削除して大丈夫です。

スポンサーリンク

この記事のまとめ

今回はフォルダをタスクバーにピン留めする方法をお伝えしました。

手順の要点を復習しましょう。

  1. はじめにショートカットを作成する。その際、フォルダのアドレスの先頭に explorer と書いておく
  2. 必要であればショートカットのアイコンを変更する
  3. タスクバーにドラッグしてピン留めする

以上、参考になれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました