タスクバーの色が突然白くなり、変更できない場合の対処方法【Windows10】

タスクバーの色が突然白くなり、変更できない場合の対処方法

Windows使用歴約20年のKiryuです。

Windows Updateの直後など、ふとした拍子に画面の下にある「タスクバー」の色が白い色(薄い灰色)になってしまうことがあります。

「タスクバー」の色が白い色(薄い灰色)になってしまった

白のままだと見慣れませんし、なんだか目が疲れてしまいそうです。

そこでタスクバーの色を元の色に変えようとして設定画面の「色」を見ると…

「スタート メニュー、タスク バー、アクション センター」がグレーアウト

なぜか「スタート メニュー、タスク バー、アクション センター」のところがグレーで薄く表示されています。

この状態ではチェックを入れられないので、色の変更ができません。

もとに戻すにはどうすればいいのでしょうか?

この記事では、Windows 10のタスクバーの色が白くなり、設定で色が変えられないときの対処法を解説します。

スポンサーリンク

タスクバーの色が白くなり、変更できない場合の対処法

白くなってしまったタスクバーの色を変更するには、次の手順を実施してみましょう。

  1. 「個人用設定」をクリック

    デスクトップで右クリックし、表示されたメニューの中から「個人用設定」をクリックします。

  2. 「色」「カスタム」「ダーク」を選択

    画面左の「色」をクリックします。
    「色を選択する」のプルダウンメニューで「カスタム」を選択します。
    「既定のWindowsモードを選択してください」のところを「ダーク」に切り替えます。

  3. タスクバーの色がデフォルトの暗い色に戻る

    以上の作業を済ませると、タスクバーの色がデフォルトの暗い色に戻ります。

  4. 「スタート メニュー、タスク バー、アクション センター」が復活

    「スタート メニュー、タスク バー、アクション センター」のところもチェックできるようになっています。必要に応じて、自分好みの色を設定します。

この記事のまとめ

今回は「Windows 10でタスクバーの色が白くなり、変更できない場合の対処方法」についてお伝えしました。

ポイントは「色を選択する」のプルダウンメニューで「カスタム」を選択して、そのすぐ下で「ダーク」を選ぶことです。

見慣れた色に変更して、快適なWindows PCライフを取り戻しましょう。