職歴なしアラサーが不動産営業(賃貸仲介)に初就職した実体験を語る

職歴なしアラサーが不動産営業(賃貸仲介)に初就職した実体験を語る

始めて就職したのは29歳だったKiryuです。

今回はこんな疑問に答えます。

30歳女性・無職(求職中)

30歳だけど、初めて就活をしているよ。不動産業界の営業の求人をよく見かけるけど、どうなんだろう?

ハローワーク等で求人を見ていると、不動産業界の求人ってたくさんありますよね。

不動産はすごく稼げるとも言われますが、実はブラック企業が多いという話も耳にします。実際のところどうなんだろう、と疑問に思う人は多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、「職歴なしのアラサーが就職する場合、不動産の営業職ってどうなの?」という観点からお話をしてみたいと思います。

というのも、実は私は30歳目前で初めて就職したのですが、そのとき入社したところが不動産会社だったんです。

割と大きな企業で、店舗がいくつもありました。

職種は賃貸仲介の営業職。わかりやすく言うと「お部屋探しのお手伝い、ハウスアドバイザー」とも呼ばれる仕事です。

実際に不動産業界に飛び込んでわかったリアルな実情を、私の感想を交えつつお伝えします。

参考にしてみてください。

スポンサーリンク

職歴なしアラサーが不動産営業職を総括

職歴なしのアラサーの就職先として、「不動産業界の賃貸仲介営業職」という仕事はどうなのでしょうか。

私の実体験に基づいて評価すると、以下の通りとなります。

  • 就職のしやすさ:◎
  • 働きやすさ:△~×
  • 給料:○~△
  • 業界の将来性:○
  • 個人の将来性:人による

上記の評価になった理由を、以下で詳しくお伝えしていきますね。

不動産賃貸仲介の「就職のしやすさ」

まず就職のしやすさについて言うと、不動産業界の賃貸仲介営業職は、かなり就職しやすいです。

なぜかというと、「慢性的な人手不足」だから。

ではどうして慢性的な人手不足になっているのかというと、「ブラックな傾向が強いから」ということになります。

あくまで私の肌感覚ですが、入社した人が、次から次にやめていく感じです。

会社としても来るもの拒まずで受け入れて、去る者は追わず。ついてこれる人だけが残ればそれでいい、という方針をとっていることが珍しくありません。

体育会系な雰囲気になじめない人や、営業成績で詰められるのがイヤになった人が、ドンドン辞めていきます。

(私も「この仕事を年単位で続けるのは無理」と感じたので、半年で辞めました)

* * *

人の入れ替わりが激しいのがこの業界の最大の特徴です。

その分、職歴が無い人であっても、営業マンらしく明るく元気に振る舞えることをアピールできれば、採用されやすいと言えます。

私は陰キャですが、せいいっぱい陽キャの演技をしたら採用されました。笑

というか、「この人は演技も無理でしょ?」と思うくらい強烈に陰キャな人でも採用されているケースを結構見かけました。

おそらく辞める人が多すぎて人手が足りてないんですね…。

いずれにしても、不動産賃貸仲介の「就職のしやすさ」はピカイチです。

* * *

なお、資格として宅建を持っているとどうか?ということが気になる人もいると思います。

正直、宅建を持っていれば、職歴がなくてもほぼ確実に採用されると思います。

というのも、不動産賃貸の営業をやる人は勉強が苦手な人が多いです。宅建なんて絶対にとれない、という人がほとんど。

それでも、会社は一定数以上の宅建士を確保しなければ法律違反になってしまうので、宅建の資格をもった人を強く求めています。

なので、宅建を持っていれば賃貸仲介に就職するのはかなり簡単です。

不動産賃貸仲介の「働きやすさ」

次に、働きやすさについて。不動産業界の賃貸仲介営業職は、お世辞にも働きやすいとはいえません。

朝は8時前には会社に到着、夜は22時過ぎに退社、くらいのことは普通だと思ってください。

何でそんなに長時間労働なのかというと、業界の風潮として、生産性とか効率とかを上げていく気が無いんです。

その一方、年々、行政からの規制やコンプライアンス上の遵守事項が増えており、それに伴って営業担当者がやらなければならない雑多な仕事も増加しています。

そのため労働時間がどんどん伸びており、決して働きやすいとは言えない状況です。

* * *

「女性の働きやすさ」という面にも触れておきます。

同じ営業職であれば、男性だから・女性だからという理由で、どちらかが優遇されるといったことはありません。

この業界で大切なのは性別ではなく数字です。どのくらい成約させ、売上を上げることができるか。

営業成績が良ければ女性だって出世でき、店長などの役職に就くことだってできます。

実際、私の周囲には女性の店長の方が多かったです。

思うに、男性営業マンよりも女性営業マンのほうが、お客さんも安心するのではないでしょうか。だから契約が取りやすい。

その意味では、女性社員のほうが男性社員よりずっと有利かもしれません。

ただ、前述のように長時間労働で体力を奪われていく側面があります。その点に関しては明らかに女性のほうが不利です。

不動産賃貸仲介の「給料」

不動産賃貸の営業職の給料は、職歴なしの状態で就職しても、割とたくさんもらえます。

福岡市くらいの地方都市だと、正社員をした場合、手取りで20万円~20数万円というところ。

私は最初の給料で「こんなにもらえるの!?」とびっくりした覚えがあります。

* * *

ただし、注意しないといけないのは、残業制度ですね。

先にも触れたように、長時間労働になりがちです。

働いたら働いた分だけ給料にも反映されるなら良いですが、みなし残業・固定残業といった「残業代込み」の制度になっていることがほとんどだと思います。

その場合、長く働いたところで給料は1円も増えません。

私が勤めた会社もそういう給与形態だったので、勤めているうちにモチベーションがかなり下がりました。

ちなみに、営業がうまい人は契約がとれて、その分作業量も増えます。

そういう人は出勤日だけでは業務が終わらないため、休日出勤までして仕事をせざるを得ない。そんな光景をたびたび見かけました。

そして、たとえ休日出勤をしても、給料がもらえるわけではなかったようです…(これはどう考えても違法ですが、実態としてはそういうことがあります)

* * *

以上のことから、「給料はそこそこもらえるけれど、時間給に直すとそんなに良いわけではない」というケースが多いと思います。

なお、宅建の資格をもっていて、その会社の専任の宅建士として登録を済ませれば、宅建手当がつくことが多いです。

1~2万円くらいが相場、3万円あれば御の字。

私が勤めていた会社でも宅建士には2万円くらいの手当を払っていました(私は当時は宅建合格前だったので、もらっていませんでしたが)。

不動産賃貸仲介の「業界の将来性」

不動産賃貸仲介の業界は、今後も当面安定していると考えていいと思います。

IT化が急速に進行している現代では、色々な業界で変化が進んでいますよね。

たとえば、自動車業界は自動運転の普及で大きく変わると言われています。コンビニなどの小売業界も、数年後には無人レジが当たり前になっていくでしょう。

一方で不動産賃貸の業界はどうかというと… 自動化の波がやってくる!という雰囲気は全然ないです。

なぜだろう?と考えてみると、「営業マンとお客さんとの信頼関係」が、成約する上で重要になっているからかなと思っています。

部屋を借りるために不動産屋に行くと分かるのですが、営業マンが好印象の人物だと安心して契約できます。

逆に印象のよくない営業マンが自分の担当だと、不安でとても契約なんかできません。

営業マンの仕事は、実は「お客さんとの関係づくり」なんですね。

こういった部分はAI等で自動化するのが難しいので、不動産業界の営業マンは今後も必要とされる職種だと見ています。

INFO

もちろん、数十年のスパンで見たら、不動産賃貸の世界も色々な変化をしていくと思います。

ただ、今後5年・10年程度で業界が一変するとは考えにくい、ということです。

実際、私が賃貸仲介を離れてからもう5年くらい経っていますが、聞くところによれば何も変わっていない様子です。

それはそれでどうなの、という気もしますが。

不動産賃貸仲介の「個人の将来性」

不動産賃貸仲介という仕事をあなたが仮に続けたとして、個人としての将来性はどれほどのものかというと、人によってかなりの違いがありそうです。

どういうことかというと、賃貸仲介という営業職がハマる人と、そうでない人がいるのかなと。

たとえば、この仕事を始めた人の中には、「物件や地理を覚えるのが意外に楽しくて、お客さんともすぐ仲良くなって、ドンドン成約が続いてしまう」…という人がいます。

そんなふうに、良い意味で「ハマってしまった人」は、稼げます。

というのも、賃貸仲介の営業職は普通、インセンティブという売上に応じた追加支給の給料があるからです。歩合(ぶあい)とも呼ばれています。

稼げるのであれば、少しくらい大変な仕事でも、やりがいのあるものになります。

働いて、稼いで、働いで、稼いでというループを回しているうちに、副店長、店長、エリアマネージャーと昇格して、さらに給料が上がり、その先に待っているのは豊かな生活です。

人によっては会社を辞めて独立し、自分で不動産賃貸仲介事業を立ち上げていくという人もいます。

それが実現できたら、年収数千万とかも全く不可能じゃないです。

一方で、「ハマらなかった人」はどうか?

ハマらなかった人の代表は私です。

私は、自分では営業職がそこそこできると踏んで不動産業界に入ったのですが、全く営業に向いていませんでした。

お客さんとのやり取りがうまくいかず、全く契約がとれず、仕事の覚えも悪く、かなりのダメ社員っぷりでした。

そんな中で先輩社員の方々を見ていると、入社後1~2年経過しても数字が伸びない人が、上司にひどく詰められたり、居場所を無くして辞めていったりしていました。

私は「あれは数年後の自分の未来だ」と感じて恐ろしくなり、「ここは自分の居場所ではない」と判断して早期に退職することにしたのでした。

ハマれば天国、ハマらなければ地獄、というのが不動産賃貸仲介営業職という仕事なのかなと思います。

あなたはどちらになりそうですか?

おわりに:リスクを認識した上で応募しよう

今回は「職歴なしアラサーが不動産営業(賃貸仲介)に初就職した実体験を語る」というテーマでお伝えしてきました。

正直なところ、職歴なしの人が最初に就職する職業としては、おすすめしたい気持ちと、おすすめしたくない気持ちと両方あります。

「職歴を作りやすい」という意味ではおすすめできます。「その気になれば初対面の人が相手でも会話ができる」程度のコミュ力があれば、就職できますので。

1~3年くらいやってみて、ハマれば続ければ良いですし、ハマらなければ他の仕事を探せばいいでしょう。

転職を検討するときには「職歴アリのアラサー」になっていますので、選択肢は広がります。

要するに、ハマる・ハマらないのどちらに転んでも、不動産賃貸仲介の営業職を経験すれば、あなたの人生は上昇します。

一方で、「働きやすさ」や「給料」の面で言うとこの業界は良いとは言えず、むしろブラックになりがちです。

私自身、ブラックなのがイヤで半年で辞めましたので。

もし私のようにあまりに短いスパンで仕事を辞めてしまうと、それは社会的には良く思われないため、その後の転職活動でやや不利になる可能性もあります。

以上をまとめると、「それなりにリスクがあることを覚悟した上で、早めに職歴を1社作りたい、そして会社で働くという経験を積んでみたい」と考える人は、賃貸仲介営業職にチャレンジしてみると良いかなと思います。

今回は以上です。

このブログでは、私自身の経験をもとに、20代後半から30代前半くらいの人の職歴の無い人に向けて、就職活動で役立つ情報を発信しています。

たとえば「志望動機」をどのように書くかで悩む職歴なしアラサーは多いと思いますが、次の記事で示した「型」に沿っていけば、誰でも比較的簡単に志望動機を書くことができます。

志望動機を無限に作れるテンプレと職歴なしの場合の書き方例
志望動機が書けない…と悩んでいる方へ。私が開発した「志望動機テンプレ」を使ってみてください。どんな業種・職種に応募するときでも応用できます。その効果はこれまで5つの会社に入社した私が保証します。

また、職歴の無い20代・30代であっても使いやすい就職支援サービスもピックアップしています。

職歴なしの20代・30代におすすめの就職支援サービス4選
職歴が無い20代・30代であってもチャンスはつかめます。就職支援サービスからスタートし、未来を切り開いていきましょう。

気になったら、ぜひ上記の記事も読んでみてください。

この記事を書いた人
Kiryu

福岡市在住。取得済みの資格は宅地建物取引士管理業務主任者日商簿記2級TOEIC890点Excel VBA Expertなど。Windows使用歴約20年。職歴なしアラサーを脱し、5社での正社員勤務(不動産会社・IT企業等)と副業(翻訳)を経て、2020年よりフリーランスとして独立。[プロフィール詳細]

Kiryuをフォローする
職歴なしの20代・30代におすすめの就職支援サービス4選

職歴なしの20代・30代におすすめできる就職支援サービス(無料)を厳選して紹介しています。

最初の一歩を踏み出すきっかけになるはずです。チャンスは最大限活用して、今日から少しずつ未来を変えていきましょう。

スポンサーリンク
職歴なしアラサーの就職
キリュログ