【失敗談を公開】職歴なしの人が就活講座を受けるべき理由

職歴なしの人が就活講座を受けるべき理由

20代後半でなんとか職歴なしを脱出したKiryuです。

今回はこんな疑問に答えます。

アラサー・職歴なし・就職希望の女性

無料の就活講座があるって聞いたんだけど、受けたほうがいいの?
身だしなみとか、ビジネスマナーとか、色々なことを教わるチャンスみたい。でも、時間を取って参加するのはちょっと面倒かも。
…受講しないでいいよね?

はじめて本格的に就職活動をしようと思い立ち、ネットで色々と調べていると「就活講座」の情報を目にすることがあります。

その道のプロの講師から就活に必要な知識を教えてもらえる機会なのですが、会場まで出かけていかないといけないですし、確かに少し面倒ですよね。

履歴書を書いたり、SPIの勉強をしたりで忙しい中、就活講座まで受講するべきかどうか。今回はこの点について私の考えをお伝えします。

以下では私の失敗経験についても詳しくお伝えしますので、あなたが就活講座を受けるかどうか、検討する材料にしていただければと思います。

職歴なしの人は就活講座を受けるべき

最初に私の考えを言っておくと、職歴なしで就活を始めようとしている人は、可能な限り就活講座を受けるべきです。

理由は簡単で、企業の採用担当者に好印象を持ってもらうためにあなたが知っておくべきことが、とてもたくさんあるから。

具体的には、ビジネスマナーとか身だしなみ、あとは履歴書・職務経歴書等の書類の書き方、といったことです。

そう言われてもいまひとつピンと来ないかもしれません。そこで、私が就活講座を受けなかったために失敗してしまった経験を一つお話ししてみたいと思います。

恥ずかしすぎる!私の就活失敗談

私は28歳の終わり頃、職歴が無い状態で人生初の本格的な就職活動をしていました。

あるとき、ある会社の書類選考を通過することができ、面接に呼ばれました。

集合時間にその会社を訪れたところ、私の他に5人くらいの応募者が集まっていました。

受付をしてくれた女性の方が、用意されている円卓のところに座って面接官を待つようにと指示してくれました。

円卓ということは、もしかして集団面接? 私にとって集団面接は初めてのことで、緊張が高まります。

各々座って、互いに特に話もせず10分ほどが経過。すると、面接官だと思われる30代くらいの男性が部屋に入ってきました。

その瞬間!私は驚きました。

なんと、私以外の応募者はみんな立ち上がったのです。

「え!? なぜ立つの!?」

と私は思いながらも、他の応募者より3秒ほど遅れて立ち上がりました(面接官から見れば、明らかに挙動不審です)。

そしてハッと気が付きました。

「そうか、部屋に面接官が入ってきたら椅子にかけたままではダメなんだ。起立して挨拶をするのがマナーなのだ」と…。

もしかすると、あなたは「そんなの当たり前だろ」と思ったかもしれませんが、私はそんなことすら分かっていなかったのです。

私は、他の応募者が皆知っているマナーを自分だけが知らなかった事実に大きなショックを受けました。

その時点で心が折れてしまったため、引き続いて行われた集団面接ではまともに受け答えできず。

後日、不採用通知を受け取って終了、となったのでした。

「就活生としての振る舞い」をいかにして学ぶか

上記のようなビジネスマナー、もう少し正確に言うと「就活の応募者としてどう振る舞うのが適切か」といったことに関する知識だけでも、実は色々なものがあります。

たとえば、お辞儀はどのくらいの角度でしたらいいか、敬語その他の言葉遣いはどうか、上座・下座の違い、ノックの回数、起立・着席をどんなタイミングでするか等。

それまで就職活動をしたことがなかった私は、そういったことを全く知らずに面接に参加し、先の失敗談でお伝えしたように撃沈したわけです。

あなたも、こういったマナーの類を知らずに面接に参加すれば、他の応募者に完全に差をつけられてしまうでしょう。

採用担当者はあなたに対して悪い印象しか持ちませんので、当然ですが不採用になります。

逆に、ビジネスマナーを知識として身に付け、さらに実践できるレベルにまで落とし込めていれば、どんな応募先でも採用担当者に良い印象を与えることができます。

ではそのようなマナーや「採用担当者に良い印象を与えるための具体的なノウハウ」は、どうやって学べば良いのでしょうか。

失敗して学ぶのは効率が悪い

私のように何も知らないままぶっつけ本番で面接会場に行き、失敗しながら覚えていくというのも良いかもしれません。

ですが、効率が悪いですよね。

面接に呼んでもらえたということは、書類選考に通過して、もしかすると採用される可能性がある、という状態です。

それなのに、マナーのマの字も知らずに飛び込んで、自ら全てをぶち壊すというのは、もはや何がしたいのか分かりません。

また、私の場合はたまたま集団面接だったので「自分は何か間違っている」と気が付くことができましたが、個人面接であればそもそも自分の間違いに気づけない可能性が高いです。

本では学べない

では、書店の就活コーナーに行って、就活対策本やビジネスマナー本を買って読む、というのはどうでしょうか。

悪くはないのですが、そういった類の本は新卒者向けのものがほとんどです。「職歴なしのアラサー」のような人向けの本は、無いんですよね。

仕方が無いので新卒者向けの本を買って勉強するのも良いですが、一人で読むだけだと頭の中にある単なる情報になってしまい、実践できるレベルまでは到達しづらいです。

無料の就活講座がベスト

ぶっつけ本番で学ぶのは効率が悪く、本で学ぶことにも難があるとすれば、一体どうしたらいいのでしょうか。

答えは、職歴なしの人に向けて無料で開講されている就活講座の利用が望ましい、ということになります。

就活講座では、就活に必要なマナーはもちろん、自己PRの仕方や履歴書・職務経歴書の書き方、面接の受け方などを教わります。

マナーや面接対策に関しては、ロールプレイなども行って実際の場面で適切に振る舞えるように訓練します。

そうすることで、あなたは就職活動で良いパフォーマンスを発揮できる応募者に生まれ変われるのです。

無料就活講座を受講できる就職支援サービス

とはいえ、職歴なしの人向けに無料の就活講座を提供している就職支援サービスは、そう多くはありません。

本来、講師が受講生に何かを教えるとすれば有料になるのが普通ですからね。

企業努力を尽くすことで就活講座を無償で提供している就職支援サービスは、私が知っている限り次の2つです。

ジェイック
対象は18歳~39歳。職歴無しの人OK。北は札幌から南は福岡まで、広いエリアで「就職カレッジ」を受講可能
東京しごと塾(正社員就職プログラム)
対象は30歳~54歳。都内で正社員就職したい人限定。働いた経験が無くてもOK。自己分析・ビジネスマナー・パソコン実践・プレゼンテーション・レポート作成などを幅広く学べる。東京都の事業として実施されており、条件を満たせば1日5,000円の就職支援金支給有り

たとえば1番目に挙げているジェイックであれば、自己分析、自己PR、ビジネスマナー、身だしなみ、履歴書、職務経歴書の書き方、企業研究の仕方、面接の受け方、といったことをプロの講師の方に教えてもらうことができます。

しかも、講座を修了した人は全員、書類選考なしで約20社の優良企業と面接できるというチャンスをもらえるんです。

何かしらの求人紹介してもらえるという点は東京しごと塾(正社員就職プログラム)も同様です。

ぜひ受講して、就活に必須の知識をしっかり身に付けてください。

おわりに:就活講座を受けてレベルアップしよう

business suit

今回は「職歴なしの人は就活講座を受けるべき」という私の考えをお伝えしてきました。

その理由は、「企業の採用担当者に好印象を持ってもらうために知っておくべきことがたくさんある」というものです。

就活をしていた当時の私は、無料の就活講座を受講できるという事実を知らなかったため、ぶっつけ本番の面接を繰り返し、何度もチャンスをムダにしてきました。

だからこそ、まさにこれから就活を始めようというあなたには私と同じような失敗をしないでほしい、と思っています。

就活講座を事前に受けておくことで、どんな企業に応募しても立派に振る舞えるようになりましょう。

そして採用担当者に「この応募者はきちんとしている!」と思ってもらい、採用の可能性を高めてください。

最後にもう1度復習すると、無料で就活講座を受講できるのは下記の就職支援サービスです。

一度上記公式ページをのぞいてみて、あなたに合っていそうだと思えたら、登録・申し込みに進みます。最初は話を聞いてみる目的でもOKです。

なるべく思い立ったら即行動して、少しずつレベルアップしていきましょう。

今回は以上です。

このブログでは、職歴なしのアラサー(20代後半~30代前半)の方向けに、就職ノウハウや人生を逆転していく方法について発信しています。

私の経験から記事を書いており、たとえば次の記事では私が得た教訓をもとに、これから就活をする皆さんに向けてメッセージを送っています。

「職歴なしだけど働きたいアラサー」に贈る3つの心構え
職歴の無いアラサーだった私が人生を変えてきた経験をもとに「心構え」を語ります。上から目線でスミマセン。でも、きっと有益です。

興味が湧いたら、ぜひ読んでみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました