アラサー・職歴なしの事務職希望者はWord・Excelが必須【カンタン習得法あり】

アラサー・職歴なしの事務職希望者はWord・Excelが必須【カンタン習得法あり】

元アラサー・職歴なしですが、WordやExcelは割と得意なKiryuです。

今回はこんな疑問に答えます。

事務職の求人に応募したい。でも募集条件に「パソコン操作」とか「ワード・エクセル」と書いてあるものがほとんどみたい。

事務職ならワードやエクセルは必須? どうやって勉強したらいいの?

ハローワークの求人やタウンワーク求人を見ていると、事務員の募集条件としてパソコンを使う能力のことがよく書いてあります。

私自身、もともとアラサー・職歴なしでしたが、現在までに2つの会社で事務系職種につきました。その経験から上記の疑問に答えてみたいと思います。

記事の後半に「Word・Excelを習得するための3ステップ」も書いておきました。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

結論:事務職希望ならWord・Excelは必須

まず結論ですが、アラサーで事務職希望者はWord・Excelの能力が不可欠です。

事務職希望でWord・Excelの能力が不問になるのは「高校卒業したての人」くらいじゃないでしょうか。

もしあなたが20代後半から30代前半くらいの人で、普通の中途採用の求人に応募するのであれば、Word・Excelの基本的な知識は当然のように求められると思ってください。

なぜそう言い切れるのかというと、会社の事務業務においてWord・Excelは100%必ず使うからです。

私が今まで事務系職種をやっていた2社でも Word・Excel は毎日バリバリに使っていました。その他の職種で勤めた3社でも、Word・Excelを使わない日よりも使う日のほうが多いくらいです。

それほどまでに、Word・Excelは社会に浸透しています。なので、あなたが事務職に応募する際に「Word・Excel初心者です」というのでは、正直言って話になりません。

でも逆の見方をするなら「Word・Excelができるだけで、応募できる求人の数がすごく増える」ということでもあります。

だとしたら、今後のためにも絶対にWord・Excelはマスターしておきたいですよね。

でも、Word・Excelをマスターするにはいったい何から始めればいいのでしょうか?

また、何を達成すれば「Word・Excelが使える」と言えるのでしょうか?

MOSの合格を目指そう

「何を達成すればWord・Excelが使えると言っていいのか」という問いに対する答えは簡単です。

マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(略してMOS)という検定試験に合格できれば、胸をはって「Word・Excelが使えます」と言えます。

MOSは、簡単に言うと Word・Excelの公式の検定試験です。公式なので、合格できればWord・Excel が使えることの証明になります。履歴書にも書けます。

私自身もMOS Word 2010 上級とMOS Excel 2010 上級に合格済みで、履歴書の資格欄に記載しています。

資格欄にMOSの記載があると、採用担当者は「この応募者は本当にWord・Excelを使える人なんだな」と認識してくれるので、選考が有利に進みます。

以上のことから、「いったい何から始めればいいのか」という問いへの答えも見えてきました。

ぜひあなたMOSに合格することを目標にして、行動を始めてください。

INFO

ちなみに、MOSには2つのレベルがあります。難易度の低いスペシャリストレベル(一般レベル)と、難易度の高いエキスパートレベル(上級レベル)です。

では2つのうちどちらを選べばいいかというと、まずはスペシャリストレベル(一般レベル)がクリアできればOKです。

エキスパートレベル(上級レベル)は結構難しいので、余裕がある場合だけチャレンジしてください。

カンタン3ステップ!Word・Excel習得法

MOSに合格するという目標が決まったら、さっそく試験対策を始めましょう。

パソコンに不慣れでも、大丈夫です。集中して勉強すれば、1週間もあれば合格レベルに到達できます。

以下では「パソコンを持っていない人がMOSに合格するための手順」を3段階に分けて解説していきます。

【ステップ1】ノートパソコンを用意する

Word・Excel習得法の第1ステップは「ノートパソコンを手に入れる」ことです。

WordやExcelはパソコンで動くソフトです。もしあなたがパソコンを持っていないのであれば、練習しようにもできませんよね。

自分だけの学習環境を作るため、思い切ってパソコンを購入しましょう。

パソコンには「デスクトップパソコン」と「ノートパソコン」がありますが、後者を選んでください。

ノートパソコンであればディスプレイ(画面)やキーボードが一体になっており、それらを本体と別に用意する必要がないからです。

* * *

さて、パソコンには性能(スペック)が高いものや低いものがあり、どの程度の性能のものを買えばいいか迷う人もいると思います。

目安として、「メモリ8GBまたはそれ以上」で「Microsoft Office付き」のものを買えばOKです。

「自分で色々考えたり決めたりする自信が無い…」という人には、次のものをオススメしておきます。

私も最近購入して毎日使っているヒューレットパッカード(HP)社のPavilionシリーズです。

上記をオススメする理由は次の通り。

  • メモリ8GB、Microsoft Office付きで、ノートPCが備えるべき機能をきちんとそろえた構成になっている
  • Windows PCにしてはオシャレで洗練されたデザイン
  • 故障の原因になりやすい「CD/DVDドライブ」が排除されている
  • アメリカ発の歴史あるメーカーが作ったパソコンなので、メルカリやセカンドストリートで売却処分するときもそれなりに高く売れる

実際に使っていてかなり快適です。

私は「Pavilionを買ってよかった!」と思っているので、ノートPC選びで迷う場合はぜひ候補に入れてください。

【ステップ2】MOSの参考書を用意する

Word・Excel習得法の第2ステップは「MOSの参考書を用意する」ことです。

FOM出版の『よくわかるマスター』シリーズをおすすめしたいと思います。

おすすめする理由は次の通りです。

  • 試験範囲をすべてカバーしており、画面キャプチャを豊富に取り入れた解説が分かりやすい
  • 付属の模擬試験プログラムを数回繰り返せば合格レベルに到達できる
  • 私自身も『よくわかるマスター』シリーズで MOS に一発合格できた
  • Amazonレビューの評価もかなり高い(みんな満足している)

なお模擬試験プログラムは本書に付いているCD-ROMに収録されているのですが、CDを使わず専用サイトからダウンロードすることもできます。

前述のHP PavilionのようにCD/DVDドライブが無いパソコンを使う場合、模擬試験プログラムはダウンロードで利用すると良いでしょう。

【ステップ3】参考書を読みつつ練習する

Word・Excel習得法の第3ステップは「実際にWord・Excelを動かす練習をする」ことです。

1日2~3時間をついやすことができれば、Word・Excel初心者であっても、1週間ほどで1冊終わるはずです。

参考書の付属CDに入っている模擬試験も、3~4周繰り返してください。

模擬試験で問題なく合格点がとれるようになったら、試験申し込みをしましょう。

ほぼ間違いなく合格できるはずです。

この記事のまとめ

今回は「アラサー・職歴なしの事務職希望者はWord・Excelが必須」というお話をしてきました。

WordもExcelもできない状態では、事務員としての仕事ができません。

思い切って自分用のパソコンや参考書を用意し、操作に慣れるようにしましょう。

少しお金はかかってしまいますが、パソコンを使う能力を身に付けておけば、選べる仕事の幅はうんと広がります。

1年、3年、5年といった長い目で考えれば、そんなに高い買い物ではないですよ。

以上、参考になれば嬉しいです。

この記事を書いた人
Kiryu

福岡市在住。取得済みの資格は宅地建物取引士管理業務主任者日商簿記2級TOEIC890点Excel VBA Expertなど。Windows使用歴約20年。職歴なしアラサーを脱し、5社での正社員勤務(不動産会社・IT企業等)と副業(翻訳)を経て、2020年よりフリーランスとして独立。[プロフィール詳細]

Kiryuをフォローする
職歴なしの20代・30代におすすめの就職支援サービス4選

職歴なしの20代・30代におすすめできる就職支援サービス(無料)を厳選して紹介しています。

最初の一歩を踏み出すきっかけになるはずです。チャンスは最大限活用して、今日から少しずつ未来を変えていきましょう。

スポンサーリンク
職歴なしアラサーの就職
キリュログ