【実体験】職歴なしアラサーが大手企業に就職するための合理的方法【落とし穴注意】

職歴なしのアラサーを脱出し、現在はホワイト大手企業で勤めているKiryuです(*^o^*)

今回はこんな疑問に答えます。

31歳男性・無職

職歴なしのフリーターだけど、就活をしようと思う。せっかく就職するなら大手企業がいいなあ。でもこの年齢だともう無理だよね…

フリーターの状態から、いきなり大手企業に就職したい。虫が良い考え方だとは分かっていても、やっぱりそれが本音ですよね。

実際には、あなたも考えている通り「いきなり大手企業に入社!」というのは現実的ではありません。

ですが、近い将来(たとえば数年後)に大手企業へ就職する、ということであれば十分に実現可能です。

というのも、事実として、28歳のとき「職歴なしのアラサー」だった私がその4年半後には「ホワイトな大手企業」に入社することができています。

そして、私のこれまでの取り組みは、振り返って考えてみるとそれなりに筋が通った合理的な手順になっており、あなた自身も今後実践できるものです。

ということで、今回は私の体験に基づいて「職歴なしアラサーが大手企業へ就職する方法」についてお伝えしていきます。

なお、私自身はこういったステップをすっ飛ばして大手企業を狙った経験もあり、それにより大きな落とし穴にはまってしまいました。

そのことも合わせてお伝えします。

職歴なしアラサーが大手企業へ就職する方法

職歴なしアラサーの大手企業就職は、段階を踏むことで実現可能になります。

段階を踏むということが具体的にどういうことかというと、次の通りです。

ステップ1
まずは「弱小企業」に就職して職歴を作る
ステップ2
次に「中堅企業」へ転職して、自分なりの実績を作る
ステップ3
実績をアピールすることで大手企業に採用してもらう

実際に、私は上記の手順によって「メーカー系の大手企業」と、「人材系の大手企業」に就職できました。

この段階的方法について、以下でもう少し詳しく説明していきます。

【前提事項】最初から大手企業を目指しても無理

まず認識してほしいのは、いきなり大手企業に応募したところで、まともなところに採用される可能性はゼロだということです。

なぜかというと、大手企業は人気がありますから、求人募集を出せばいくらでも応募があります。

多くの人が応募してきますので、当然、応募者の中から一番優秀で実績のある人を採用します。

ここで考えてみてほしいのですが、あなたは他のどんな応募者にも勝てるようなすごい実績を持っているでしょうか?

おそらく、何も持っていないと思います(職歴が無いのですから、そこは仕方がありません)。

とすれば、大手企業に応募したところで競争に勝つことができず、徒労に終わってしまうことでしょう。

そうすると、順番として、まずは大企業にもアピールできるような「仕事をする上での実績」を用意しておく必要があるわけです。

しかも、大企業でアピールできるような実績であるためには、中堅以上の企業で作った実績である必要があります。

ということで、当面の目標は「中堅以上の企業で何かしら実績を作ること」になります。

【ステップ1】「弱小企業」に就職して職歴を作る

そこで、最初のステップとして、まずは弱小企業で良いので入社します。

「え!? 中堅企業に入社するんじゃないの?」と思われたかもしれませんが、そうではありません。

なぜなら、中堅企業の求人募集でもそれなりに優秀な人材が集まってくるからです。

職歴なしの無職アラサーが戦っても勝てませんので、最初に応募する会社として中堅企業は不適切です。

もう一段階下げて、弱小企業を狙います。

弱小企業というのは、具体的には資本金が300万円以下で、ワンマン社長がやっていて、従業員が20人以内、というような会社です。

こういう企業では、求人募集をかけたところで大した人材は来ないので、無職・職歴なしでも採用される可能性は大いにあります。

まずは職歴を作るということを主な目的として、こういう会社に採用してもらえるように就職活動を進めましょう。

入社できたら、その後はマジメに働きつつ、働くということそのものについて、経験値を貯めていきます。

【ステップ2】「中堅企業」へ転職して、自分なりの実績を作る

弱小企業で職歴を作れたら、次のステップとして中堅企業へ転職します。

弱小企業であっても働いた経験が何かしらあれば、中堅の企業への転職はそれほど難しいことではありません。

もちろん、前職でどういった成果があったかとか、どんな仕事上の経験をしたかとか、今どんな資格を持っているかといった点は、中堅企業の採用プロセスの中ではよくチェックされる部分です。

弱小企業で働いている間に、しっかり準備をしておきましょう。

さて、中堅企業というのは、資本金が1,000万円~3,000万円前後で、従業員は50~100人くらい、創業後10年以上経っている、くらいが目安です。

こういった会社に採用してもらって、1~2年かけて何かしらの実績を作るようにします。

私の場合は、IT系の中堅企業に入社しました。その会社で私がどんな実績を作ったかというと、主力製品のマニュアルやチュートリアルの充実化です。

せっかく良いシステムを作っていたのに、ユーザー向けの資料類が不足していることに気づいた私は、それらを充実させるということを自分から発案し、作成しました。

別に大した実績じゃないじゃん、と思われたかもしれません。

その通りです。大した実績でなくて構いません。ですが、とにかく何かしら自分が主体となって提起・推進したという実績を作るようにしましょう。

この実績が、大手企業に転職活動をする際の「武器」となり、他の応募者との差別化の材料になります。しっかり取り組んでください。

自分だけの実績が出来上がったら、大手企業にアタックをかけていきます。

【ステップ3】実績をアピールすることで大手企業に採用してもらう

いよいよ大手企業に応募するのですが、その際は中堅企業で作った実績を猛烈にアピールします。

(ちなみに最初の「アラサー・職歴なし」だった頃とは全く違う状況ですよね。ここまでくれば、他の応募者とも対等に戦える状況であり、勝算が出てきています。)

実績をアピールする際には、何かしら見える形で提示するというのがオススメです。

私の場合、実績として挙げたマニュアル・チュートリアルはウェブ上に公開されていましたので、職務経歴書にURLを記載して「これを私が作りましたので見てください!」とアピールしました。

何なら印刷して応募書類に添付しても良かったかもしれません。

見えるモノとして提示するのが難しい場合は、数字で提示するというのも効果的です。

売上○百万円を達成したとか、コスト削減を提案・実施して利益率がこれだけ良くなった、等。

このとき意識してほしいのは、「私はこんなにも仕事ができます。私を雇わないと損ですよ?」というくらいの気持ちでアピールすることです。

強気で自分を売り込んでこそ、相手に「この人を雇わないのは我が社にとって機会損失だ」と思ってもらえます。

そう思わせることができれば、大手企業の採用担当者に採用の判断をしてもらえます。

【落とし穴注意】順番を飛ばして最初から大手企業に入社すると…

「3ステップもあるなんで、メンドくさいな…どうにか最初から大手企業に入ることはできないの?」

…そう思う人もいると思います。

実を言うと、1ステップで大手に就職することも一応可能です。というか、私は実を言うとそういう経験をしています。

どういうことかというと、私がアラサー・職歴なしの状態から最初に飛び込んだのは、かなり名前の知れた大手企業だったんです。

なので、最初はとても嬉しかったことを覚えています。給料もそここそ良かったですし、「アラサー・職歴なしでも大手に一発入社できるんだ!」と喜んだものです。

ですが、働いてみるとすぐに分かりました。その企業は超ブラック企業だったのです。大手でもブラック企業ということは、普通にあるんですよね…

私は精神的にも肉体的にも疲れ果てて、半年で退職してしまいました。

今考えてみれば、職歴もなくトシだけとっている私が「ホワイトな大手」に採用されるわけないんですよね。当時はそこまで考えが至りませんでした。

この手痛い失敗を反省した私は、もう決してブラック企業では働くまいと決意しました。

そして、職歴がほぼ無い自分でも働ける非ブラックの弱小企業からスタートし、その後中堅企業、ホワイト大手というステップを踏んでいったのです。

ということで、アラサー・職歴なしから大手企業に入社することはやろうと思えば可能です。

ですが、「自分に競争力が無いはずなのに勝ててしまう」ということは、その会社はブラックであることを示唆します。そのことを忘れないでください。

この記事のまとめ

今回は「職歴なしアラサーが大手企業に就職するための合理的方法」というテーマでお話ししてきました。

その手順を復習すると、以下の通りとなります。

ステップ1
まずは「弱小企業」に就職して職歴を作る
ステップ2
次に「中堅企業」へ転職して、自分なりの実績を作る
ステップ3
実績をアピールすることで大手企業に採用してもらう

上記の段階的なキャリアアップは、多少時間はかかりますが、考え方に無理がなく筋が通った手順になっていると思います。

もしあなたが本気で大手企業に就職したいのであれば、3つのステップを着実に実行してください。あなたの希望がきっと実現するはずです。

今回は以上となります。

このブログでは、職歴なしのアラサーという絶望的状態からの抜け出し方に焦点をあてて発信しています。

例えば、私個人が無職の状態からどのような職歴を経たのか、もっと具体的な情報を知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

アラサー職歴なしだった私の末路とは?少しずつ前進し好転できた理由【ブラックからホワイトへの道】
職歴の無いまま20台後半~30代前半を迎えた人の末路が気になっていますか。元・アラサー職歴なしの私が、自分自身の過去と現在について書いてみました。現状を少しずつ変えていきたいならぜひ参考に。

あなた自身が就職活動を始める際の具体的方法についても、次の記事で3ステップで解説しています。

職歴なしのアラサーが就職する方法を3ステップで解説【実体験から語る】
今まで一度も定職に就かずに20代後半~30代前半になってしまったあなたへ。職歴なしのアラサーでも就職して働くことは可能です。私の実体験をもとに、効率の良い方法についてお伝えします。

ぜひ参考にしてみてください。

おすすめ就職支援サービス①

20代向けのおすすめ就職支援サービスは「ハタラクティブ」と「第二新卒エージェントneo」です。

* * *

ハタラクティブは、18~29歳のフリーター、ニート、中卒、高卒、既卒、第二新卒、大学中退者のための就職支援サービス(無料)。

「完全に未経験でも正社員として就職できる求人」がメイン。利用者の40%以上は社会人経験なし。

東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、栃木県、愛知県、大阪府、兵庫県、福岡県で展開中。申し込み後は0120-979-185から確認の電話があります。

* * *

第二新卒エージェントneoは、29歳までの第二新卒・既卒やフリーター向け転職支援サービス(無料)。

就業経験の無い人や、中卒・高卒、高校中退、大学中退といった経歴でも登録可。

10代・20代が選ぶ就職転職満足度No.1、面接対策満足度No.1、就職転職相談しやすさNo.1。就職支援実績22,500人。

全国の求人に対応。ただし原則として東京・大阪・名古屋・福岡のいずれかの拠点を訪問し、キャリア相談要。

おすすめ就職支援サービス②

30代向けのおすすめ就職支援サービスは「東京しごと塾」と「ジェイック」です。

* * *

東京しごと塾(正社員就職プログラム)は、30歳から54歳の方に向けた就職支援プログラム(無料)。

2ヶ月の職務実習を通じて都内で正社員就職を目指します。東京都の事業なので安心できるだけでなく、1日5,000円の就活支援金を受給可能。

働いたことがない人も参加OK。

* * *

ジェイックは、18~39歳の既卒者、第二新卒者、大学中退者向けの就職支援サービス。

フリーターや、契約社員・派遣社員といった非正規の就業経験しかなくても、正社員就職を目指せます。

5日間の就職講座に参加した後、2日間に渡って優良企業約20社との面接会に参加可能。就職支援実績20,000人以上、就職成功率81.1%。

厚生労働省から「職業紹介優良事業者」として認定済み。

職歴なしアラサーの就職
キリュログ

コメント