【データで実証】職歴なしの正社員就職は「29歳」が限界【30歳から急激に難化】

【データで実証】職歴なしの正社員就職は「29歳」が限界

数年前は職歴なしのアラサーでしたが、そこから5回連続で正社員として就職しているKiryuです。

今回は職歴の無い人が正社員になるのは何歳が限界なのかという疑問に答えます。

職歴が無いまま年齢を重ねていくと、「今から就活したところで正社員にはなれないかも」と不安になってしまいますよね。

私自身、28歳で生まれて初めて本格的な就職活動を始めたとき、そう感じていました。

正社員の求人に応募しつつも「年齢的に無理なのでは? だとしたら応募してもムダなのでは?」と悩んでいたのです。

今の私なら「28歳なら無理なわけがない」ことが分かりますし、「本当に無理になるのは何歳くらいなのか」も分かります。

でも、社会経験のない当時の私には知りえないことでした。

そこでこの記事では「職歴なしで正社員として就職するのは何歳まで可能か」「上限を超えた場合はどうすればいいか」を率直にお伝えし、あなたの今後の就活に役立てていただきたいと思います。

なお、単なる私の思い込みでないことを示すために、きちんとデータに基づいて話します。安心して読み進めていってくださいね。

スポンサーリンク

職歴なしで正社員になるのは29歳が限界

結論から言うと、職歴の無い人がはじめて就職活動を行って正社員になろうとすると、29歳が限界です。

つまり「20代前半・中盤ならまだまだ余裕」ですし、「20代後半に差し掛かってもまだ何とかなる、大丈夫」です。

その一方、29歳を超えて30歳になると、正社員就職の難易度は一気に上がります。

なぜそのように言えるのかを以下で説明していきます。

【データ】正社員就職支援サービスの対象年齢

職歴なしの正社員就職が何歳まで可能かを知るには、「正社員への就職をサポートしてくれるサービスの対象年齢」を見れば簡単に分かります。

代表的な就職支援サービスの対象者をチェックしてみましょう。

ハタラクティブのサービス対象者
主に18歳から29歳の男性・女性で、フリーター、ニート、既卒者、第二新卒者など。その他、転職を考えている社会人経験のない人(高卒OK)
第二新卒エージェントneoのサービス対象者
29歳までの第二新卒・既卒やフリーター。中卒・高卒、高校中退、大学中退といった経歴でも登録可
キャリアスタートのサービス対象者
29歳までの第二新卒、既卒、就職浪人、大学中退、フリーター、ニートなど

※上記の3つのサービスは、職歴の無いニート・フリーターや既卒・高卒の人に正社員求人を紹介していて、かつ全国展開しているという条件で選んでいます。

赤字で強調した「年齢」について、以下で考察を進めます。

20代の正社員就職は余裕

上のデータから分かるように、職歴のない20代の人にとって、正社員就職は完全に「射程距離内」です。

というのも、上記の大手3サービスはいずれも、20代の人を対象年齢に含めています。

仮に上記以外の就職支援サービスを使うとしても、20代を対象にしないということはほとんどありません。

あなたが20代後半の人なら「もう30歳に近い上に職歴もないから、自分は社会に必要とされていないんじゃないか…」と思うこともあったのではないでしょうか。

ですが、実際には全くそんなことはないんです。

たとえ20代後半であっても、市場のニーズは潤沢。まだまだ正社員就職は狙えます。

30代は一気に難易度が上昇

職歴のない人が正社員就職を狙う場合、「30歳になった途端、難易度が急激に上がる」と認識しておいたほうがいいでしょう。

なぜそう言えるかというと、最初に出した3つのサービスの対象年齢を見てください。

30代を対象に入れている会社はありません。

しかも、30代を対象にしないのはこの3社に限ったことではないんです。

つまり、ほとんどの就職支援サービスが対象年齢を29歳までに制限しているのが実情です。

30代になると社会的ニーズが下がってしまうという現実が、はっきりと表れています。

30歳以上はどうしたらいい?

では、すでに29歳を過ぎて30歳以上になっている場合は、どうすればいいのでしょうか。

安心してください。

30歳以上になると正社員として就職する道が全く途絶えてしまうのかというと、必ずしもそうではありません。

ごく少数ではありますが、30代を対象に含めた正社員就職支援サービスが存在しています。

正社員就職応援プロジェクト・東京しごと塾
30歳から54歳で、正社員として働いた経験が浅いか、または経験が無い方。1日5,000円の支援金を受け取りながら、都内での正社員就職を目指す意思のある方
ジェイックのサービス対象者
主に18歳から39歳までの男性・女性で、既卒者、第二新卒者、高卒、大学中退、大卒の人。また、フリーター・契約社員・派遣社員といった非正規の就業経験のみの人、正社員経験3年未満の人など

上記の就職支援サービスを利用することで、正社員就職のチャンスをつかめます。

諦めずに行動を起こし、内定獲得に向けてやるべきことをやり、前進していきましょう。

おわりに:アラサーは今すぐ就活を始めよう

今回は職歴の無い人が正社員として就職したい場合、何歳が限界なのかというテーマでお話ししてきました。

結論は以下の通りです。

  • 20代前半はもちろん、20代後半でも、職歴なしからの正社員就職は可能
  • 30代になると、正社員就職は全く不可能ではないものの、難易度が一気に上がる

上記の主張を裏付ける根拠として、全国展開している大手正社員就職支援サービスの対象年齢データを示しました。

上記の通りなので、もしあなたが20代前半から後半の年齢の人なら、安心してください。きちんと就職活動をすれば、正社員就職は必ずできます。

私にだってできましたし、あなたにもできるはず。ぜひ自信を持って行動していきましょう。

ただし、20代が終わってしまうと一気に苦しくなりますので、できるだけ早めに活動を開始してください。

また、あなたが30歳を超えてしまっていても、不可能と決まったわけではありません。

すぐにでも「30代が利用できる就職支援サービス」に登録して、動き始めましょう。

時間が経てばたつほど、事態は悪化してしまいます。

今の年齢でも使える支援サービスを今日から最大限に活用し、内定獲得に向けて取り組んでください。

* * *

このブログでは、「職歴なしのアラサー」の方々に向けて、就職して人生を変えていく方法をお伝えしています。

たとえば、私自身がどのようにして人生を逆転してきたのかは、次の記事に詳しく書きました。

職歴なしのアラサーはどうすればいい?私が人生を逆転できた方法【再現性あり】
20代後半から30代前半のフリーターやニートのあなたへ。この先の人生どうすればいいのかと悩んでいませんか。私が無職アラサーから逆転できた方法をまとめました。あなたの人生でも再現可能ですので、ぜひ取り組んでください。

興味を持たれた方は、ぜひそちらも読んでいただけると嬉しいです。

この記事を書いた人
Kiryu

福岡市在住。取得済みの資格は宅地建物取引士管理業務主任者日商簿記2級TOEIC890点Excel VBA Expertなど。Windows使用歴約20年。職歴なしアラサーを脱し、5社での正社員勤務(不動産会社・IT企業等)と副業(翻訳)を経て、2020年よりフリーランスとして独立。[プロフィール詳細]

Kiryuをフォローする
職歴なしの20代・30代におすすめの就職支援サービス4選

職歴なしの20代・30代におすすめできる就職支援サービス(無料)を厳選して紹介しています。

最初の一歩を踏み出すきっかけになるはずです。チャンスは最大限活用して、今日から少しずつ未来を変えていきましょう。

スポンサーリンク
職歴なしアラサーの就職
キリュログ