未経験でも在宅翻訳者の仕事を初受注できた!約半年の取り組みまとめ【会社員からフリーランスへ】

未経験でも在宅翻訳者としてデビューできた!

会社員からフリーランスへの転換を進めているKiryuです(*^o^*)

私は去年の夏頃、「フリーランスの在宅翻訳者」という仕事に興味を持ちました。

翻訳の経験は全く無いのですが、英語の読み書きは多少できるので、「なんとかこの仕事でお金を稼いでいけないか?」と考えました。

そうしてこの半年少しずつ取り組んだところ、先日初めてお仕事を受注でき、無事納品まで完了できたんです。(やった!)

そこで今回は、「私が在宅翻訳の仕事を受注するためにどのように取り組んだのか」を振り返ってまとめておきたいと思います。

これから在宅翻訳者を目指している方は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

【2019年8月】フリー在宅翻訳者という働き方を知る

8月頃、同居しているパートナーから「在宅翻訳者」という働き方があると教えてもらい、興味を持ちました。

さっそく情報収集!ということで、実川元子『翻訳というおしごと』(アルク)を購入、読了。

翻訳の分野(実務翻訳・映像翻訳・出版翻訳)や翻訳業界の構造、翻訳者として働くということがどういうことなのかなど、ざっくり理解できました。

そして、自分がやるなら「実務翻訳」で、中でも興味を持ってできるのは IT や法務関係だということも分かりました。

次に、「翻訳の実践に関する入門的な本」を読もうと決めました。

というのも、私は翻訳の勉強や実務経験が一切ないため、どのような翻訳が良くてどんなものがダメなのかというのも、全く分からないからです。

少し調べたところ、岡田信弘『翻訳の布石と定石』(三省堂)が実務翻訳の入門書として評判が良いと分かり、購入して読みました。

こちらの本は、使われている例文が化学とか工業関連のものが多く、私には馴染みがなくて難しいと感じました。

ただ、英語を日本語に訳する作業自体は、別に難しそうとは思いませんでした。

「これなら自分にもできるんじゃないか?」

この本を読んでそう思いました。

【2019年9月】人生初トライアル&アメリア入会

9月の前半は、さらに情報収集と翻訳の勉強をしました。

まず、パートナーが『産業翻訳パーフェクトガイド』というムックをプレゼントしてくれました。

この本、かなり良かったです。産業翻訳(=実務翻訳)の仕事の取り方や稼ぎ方について、突っ込んだ情報を得ることができました。

さらに、最近翻訳者になった方々のブログをネットで読みまくりました。

特に参考になったブログはフリーランス在宅翻訳者になる方法がわかるブログまとめ記事に書いています。

厳選!フリーランス在宅翻訳者になる方法がわかるブログ3つ。プラスアルファで読んでおくべきその他のブログも紹介
フリーランスの在宅翻訳者になりたいあなたへ。既に活躍されている翻訳者の皆さんが「自分はどうやって翻訳者になったか」を発信してくれています。特に参考になるブログ記事を厳選してまとめました。

続けて、法律・契約書分野の知識が欲しいと思い、寺村淳著『はじめての英文契約書の読み方』を購入。

こちらの本は、結局11月くらいまでかけてゆっくり読んだのですが、とても良い入門書でした。この後受けることになるトライアルでも、こちらの本に載っている表現がほとんど同じような形で出ており、非常に助かりました。

* * *

9月後半は、5~6年ぶりに TOEIC を受験しました。

というのも、フリーランス在宅翻訳者としては TOEIC のスコアが少なくとも800点、できれば900点以上欲しいところ、私のスコアは700点台だったからです。

実はこの受験のときまで1か月半ほど TOEIC の勉強にも取り組んでおり、その上で臨みました。

とはいえ、スコアが出るのは1カ月後です。

* * *

TOEIC 受験後は少し時間の余裕があったので、ここらで一度「トライアル」を受けてみようと決めました。

トライアルというのは、翻訳会社がフリーランス翻訳者に課す選抜試験のようなものです。

翻訳会社にフリーの翻訳者としての登録を申し込むと、その会社から翻訳の課題が送られてきますので、解いて返送します。

トライアルの採点・審査結果が、その会社が希望する水準を満たしていれば、晴れてその会社の登録翻訳者になれます。

今回は、インターネットで探した「A社」のフリーランス在宅翻訳者求人に応募しました。

先方から送られてきたトライアルを翻訳して、提出。

結果待ちとなりました。

* * *

この月の最後に、翻訳者ネットワーク「アメリア」(Amelia)に入会しました。

私は普段、有料の会員サービスを利用することはほぼないのですが、アメリアに関しては検討の末、年会費を払って入会することにしました。

というのも、インターネットで未経験可のフリーランス翻訳者求人を探しても、上記の「A社」以外はあまり見つからなかったんですね。

ですが、アメリアであれば未経験可求人が常時掲載されていると聞いていました。

そこで、「未経験可求人の情報が欲しい」というのを主な動機として、入会しました。

結果的にこれが大正解で、この後、私の初受注につながっていきます。

【2019年10月】トライアル不合格。めげずに次へ

10月前半は、アメリアに掲載されている未経験可求人を全てチェックしました。

そして、その中の1つだった「B社」のフリーランス在宅翻訳者求人(未経験可)のトライアルを受けて、結果待ちとなりました。

* * *

10月後半。

前月に受けた「A社」のトライアル結果通知がありました。

残念ながら水準に満たないとのことで不合格、登録不可となりました。

残念…(^^;)

* * *

1社落ちたくらいでめげてはいられません。

再度アメリアの求人をチェックし、「C社」のフリーランス在宅翻訳者求人(未経験可)のトライアルを受けて、結果待ちとなりました。

この時点でB社・C社の結果を待っていることになります。

* * *

最後に、前月に受験した TOEIC の結果が分かりました。870点でした。

800点台が取れたのは良かったのですが、900点欲しいな、もう1回受験しようか、どうしようか…と迷いを残す結果となりました。

【2019年11月】2社のトライアルに合格

11月前半は特に何も無く。

11月後半になって、トライアル結果待ちだった「B社」「C社」から合格の通知が来ました。やった!

アメリア経由で、一気に2社の登録翻訳者になることができてしまいました(*^o^*)

いつ仕事が来ても良いようにと、翻訳支援ソフトの業界スタンダード Trados を購入しました。

【2019年12月】現職の退職申し出→引き留め

前月に2社のトライアルに合格したことで、以前からあった「会社員を辞めてフリーランスになりたい」という気持ちがいっそう強くなりました。

そこで、12月の前半に思い切って会社に退職を申し出ました。

もう、フリーランス一本でやりたいと。

しかし、引き止められました。

私自身も、いきなり会社員としての収入が完全に途絶えるのは避けたいと考えるようになったため、今回は引き留めに応じることにしました。

そんなことがありつつ、TOEIC を再受験して、12月の前半は終わりです。

* * *

12月後半は、会社と話し合いました。

結局1月いっぱいは通常勤務、2月からは勤務日数を大幅に減らすというところで合意となりました。

翻訳会社からの案件依頼は、無し。

登録翻訳者ではあるものの、仕事につなげることができないまま、年末を迎えました。

【2020年1月】TOEIC890点

1月の前半に TOEIC の結果が分かりました。890点。

前回より20点アップ!

でも、900点台に乗せることはできず、またもモヤモヤの残る結果に…笑

後半は特に動き無し。翻訳案件の依頼も無かったです。

※といっても、この月まで普通にフルタイムの会社員だったため、翻訳の仕事が来たところで引き受けられない可能性も大きかったです。

【2020年2月】営業メール→初受注→初納品

2月に入り、予定通り会社員としての勤務日数をかなり少なくした生活に入りました。

時間の余裕ができたので、11月にトライアルに受かっていたB社とC社に営業メールを送りました。

「今月から週○時間稼働できます。案件があればください」という趣旨のものです。

さらに、アメリアで見つけたD社のフリーランス在宅翻訳者求人(未経験可)に応募し、トライアルを受けました。

こちらは現在も結果待ちです。

* * *

2月も後半となり、「今月も受注無しで終わるかな…」と思っていた矢先。

営業メールを送っておいたC社から、翻訳案件の依頼が飛び込んできました!

初心者向けの小型案件です。しかし、納期に思いのほか余裕がありません。

「果たして自分の能力でこの日までにできるのか?」と不安を感じました。

「でも、ここでやらないと一生できない!」と思い直し、「ぜひやらせてください!」と引き受けました。

必死に取り組んでみたところ、無事、納期1日前に納品できました(*^o^*)

こうして現在に至ります。

おわりに:未経験でも在宅フリーの仕事は受注できる

今回は、私が翻訳者という仕事に興味を持った2019年の夏から、初受注・納品ができた2020年2月までを振り返ってみました。

完全な未経験・知識無しの状態からのスタートでしたが、約半年で初仕事にこぎつけた形です。

やればできるものですね。

特に、思い切って翻訳者ネットワーク「アメリア」に入会したことが、初受注のタイミングをグンと早めてくれたと感じています。

受注までの各ステップやアメリアの利用方法について、もっと詳しくお伝えできることもあるので、また別の記事にまとめていけたらと思っています。

今回はこの辺で。

▼こちらの記事も人気です▼

翻訳のアメリア 入会金・年会費を安くする6つの方法【割引・キャンペーン】
翻訳者ネットワーク「アメリア」の入会金・年会費は、割引・キャンペーンの利用で安く済ませることができます。5つの方法をまとめました。入会検討中の方、必見!

コメント

タイトルとURLをコピーしました