【失敗談あり】職歴なしのアラサーが就活するならハローワークも使うべき【行動力が必須】

職歴なしのアラサーはハローワークも使うべき

数年前まで職歴なしのアラサーど真ん中でしたが、今では会社勤めで安定した暮らしを送っているKiryuです。

今回はこんな疑問に答えます。

定職につかないまま、もうすぐ30歳。就職したくて焦ってる…。
就職といえばハローワークだよね。ハローワークってどういう場所? 使ったほうがいいの?

ハローワークは、簡単にいうと「国が運営している就職支援サービス」です。

正式名称は公共職業安定所こうきょうしょくぎょうあんていじょ。略して職安しょくあんとも言います。

ハローワークには良いウワサも悪いウワサもあるので、「ハローワークを使うべきなのか、どうなのか…」と悩んでしまいますよね。

私自身は28歳後半に初めての就職活動をスタートしたのですが、ハローワークには何度も足を運びました。

今回はその経験をもとに、上記の疑問に答えていきます。

この記事を読むと、職歴なしのアラサーが就活する際にハローワークを使うべきかどうかが分かります。

それだけでなく、私の失敗経験を交えつつ、初めての就職活動をするにあたってるべき方針もお伝えしていきます。

ぜひ最後まで読んでみてください。

ハローワーク「も」利用しよう

私が今回一番伝えたいことを最初に言っておきます。

それは、あなたが職歴のない20代後半~30代前半の人であれば、ハローワークもぜひ利用しよう、ということです。

ハローワーク「も」利用しようということなので、ハローワーク以外の就職支援サービスも合わせて活用してほしいと思っています。

ハローワーク以外の就職支援サービスって何なのか、なぜ両方を使うべきなのかを、以下で説明していきますね。

求人情報はハローワークにだけあるのではない

まず前提として、求人情報はハローワークだけが持っているのではありません。

ハローワークは「国が運営する就職支援サービス」ですが、そのほかに「民間企業が運営している就職支援サービス」がたくさん存在しています。

そして重要なことに、「ハローワークが持っている求人情報」と「民間の就職支援サービスが持っている求人情報」はかぶらないことが多いんです。

つまり、一方で紹介してもらえる求人は他方では紹介してもらえない、ということが珍しくありません。

仕事探しを部屋探しにたとえてみる

ここであなたの仕事探しを「部屋探し」(賃貸のアパートやマンションを探すこと)に置き換えて考えてみてください。

自分が住む部屋を探すとなれば、ネットで大量の物件情報を調べますよね。加えて駅前等の不動産屋さんにも複数行ってみる人がほとんどだと思います。

なぜそうするのかと言えば、数多くの情報に触れることで、自分が満足して長く住める理想の部屋が見つかりやすくなるからです。

これと同じことが、仕事探しにも当てはまります。

できるだけ多くの求人情報に触れれば触れるほど、あなた自身の希望に近い仕事が見つかりやすくなるんです。

というのも、求人情報に目を通す作業を繰り返すことで、いろいろな業界・職種があること、給与や福利厚生もさまざまであることがわかり、情報を見る目が養われます。

そして何より、自分自身がどんな求人に魅力を感じるのかということも肌感覚でわかってきます。

納得のいく応募先を見つけるためにも、まずはどのような求人が市場に出ているのかを幅広くチェックしていくことが大切なんです。

多くの求人情報に触れるためには「行動」が重要

繰り返しになりますが、国が運営する「ハローワーク」以外にも就職支援サービスはたくさんあります。そして、一方が紹介できる求人情報を他方は持っていなかったりします。

その事実を踏まえた上で、できるだけ多くの求人情報に触れるにはどうしたらいいのでしょうか。

答えは簡単。ハローワークも民間の就職支援サービスも、両方とも利用します。

そうすることで、あなたは膨大な数の求人情報から自分に合った仕事を探すことができます。

それらの中には、自分にできる仕事内容で、しかも自分がやってみたいと思えるものがきっとあるはずです。

* * *

ここまでのことをもう少し抽象度の高い言葉で言い換えます。

日頃から「できるだけたくさんの行動を起こす」ようにしてください。

たとえばハローワークと民間の就職支援サービスという2つの選択肢があるなら、「どちらか片方を選ぶ」と考えるのではなく、より多くの行動を起こせるほう、つまり「両方選ぶ」と考えます。

行動の量を増やせば増やすほど、あなたが入手できる情報の量が増えます。そのぶん良質な求人に巡り合う可能性も高まり、結果的に良い就職に結びついていきます。

行動力不足で失敗した私の話

なぜ行動することを勧めるのかというと、私自身が以前、行動しないことによって失敗しているからです。

私は、初の就職活動をスタートした28歳の後半の頃、たくさんの求人情報に触れることの重要性を理解できていませんでした。

今考えてみれば、よく探しもせず、なんとなく求人票を眺めて、なんとなく良いと思った求人に1つずつ応募していました。

そうしていたら、意外にも早期に内定をもらうことができたので、そのままその会社に入社したんです。

ところが、その会社は見事にブラック企業でした。結局、その会社で私はすぐに心を病みそうになり、半年で辞める結果になってしまいました。

この失敗を経験してからというもの、私は「できるだけ行動して、多くの情報に触れて、その中から自分にあった仕事を慎重に選ぶ」という方針に切り替えました。

具体的に何をしたかというと、ハローワーク・転職サイト・転職エージェントなど、利用できるものは何でも利用するようにしたんです。

そうして今までに4回転職したのですが、結果として、転職するたびにより良い環境で働けるようになりました。

今では超大手企業の子会社で正社員として勤めることができています。

以上のように、私は行動力が足りていなかったため失敗し、少し遠回りをしています。

このブログ記事を読んだあなたは、そんな失敗はぜひ回避しましょう。

そのために行動の量を意識的に増やしてください。そうして、できる限り条件の良い初就職を実現していただければと思います。

おわりに:行動力を発揮して理想的な仕事に出会おう

hello

今回の話をまとめると、

「職歴がない20代後半~30代前半くらいの人が理想的な仕事に就くには、ハローワークやその他の就職支援サービスを使い倒そう」

という結論になります。

くどいようですが、行動することが重要です。自分に合った仕事を見つけるのに役立ちそうなサービスはどんどん登録して、試してください。

もちろん、色々なサービスを利用する中で「これは自分に合う」「これは合わない」というものも出てくると思います。

たとえば10個くらい使ってみて、最終的に2~3個くらいに絞ってもOKです。それでも、多種多様で十分な量の求人に触れることができます。

あなたが行動すればするほど質の高い情報が手に入り、有利な就職ができますよ。

今回お伝えしたいことは以上です。

このブログでは私の体験をもとに、20代後半~30代前半くらいの人に役立ちそうな就職・転職関連情報を発信しています。

たとえば職歴のない人でも利用できる就職支援サービスを次の記事でまとめています。

職歴なしの20代・30代におすすめの就職支援サービス4選
職歴が無い20代・30代であってもチャンスはつかめます。就職支援サービスからスタートし、未来を切り開いていきましょう。

また、具体的な就活の手順については次の記事に記しています。

職歴なしのアラサーが就職する方法を3ステップで解説【実体験から語る】
今まで一度も定職に就かずに20代後半~30代前半になってしまったあなたへ。職歴なしのアラサーでも就職して働くことは可能です。私の実体験をもとに、効率の良い方法についてお伝えします。

もし「自分に関係ありそうだな」と思えたら、ぜひ読んでいただけると嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました