高学歴な職歴なしアラサーの就活とは?厳しい現実と実体験を伝えたい

高学歴な職歴なしアラサーの就活とは?厳しい現実と実体験を伝えたい

高学歴な元・職歴なしアラサーのKiryuです。

今日はこんな疑問に答えます。

29歳男性・無職(求職中)

数年前に大学院を中退して、数年間引きこもっていたけど、就活を始めようと思う。
アラサーで職歴は無いので、内定をもらえるのか不安…
参考にしたいので、同じようなスペックの人の就活の現実を教えてほしい

高学歴だけど、社会人として定職に就いた経験がない。そういう場合、就活市場で自分がどのように評価されるのかが心配になりますよね。

実は、私は文系大学院の博士課程を中退しています。当時、年齢は28歳。修士号は持っているものの、社会人経験は皆無。

そんな状態で就職活動にのぞみましたので、高学歴で職歴の無い人が一般企業で働きたいときに経験する「リアルな現実」を知っています。

そこで今回は、高い学歴を持った職歴なしアラサーの就活がどんなものか、実体験を交えつつお伝えします。

参考にしてみてください。

高学歴な職歴なしアラサーの就活のリアル

職歴なしアラサーで高学歴な人の就活について、私がお伝えしたいことは次の3点です。

ポイント1
高学歴でも職歴なしであれば全く評価されない
ポイント2
むしろオーバースペックとされ評価が低くなるケースも
ポイント3
しかし面接でのアピール次第で高評価につながる可能性も

以下で、詳しく説明してきますね。

【ポイント1】高学歴でも職歴なしであれば全く評価されない

まず、あなたが職歴のないアラサーであれば、高学歴ということ自体が就活市場で評価されることはほぼありません。

なぜか。あなたがこれから応募するのは、中途採用枠ですよね。

中途採用において企業は「即戦力」を求めます。業務経験を最大限重視するという観点で人材を評価しますので、採用する側からすれば正直「学歴などどうでも良い」のです。

なので、あなたが応募したとしても、業務未経験ということで書類選考の段階でガンガン落とされます。覚悟したほうが良いと思います。

* * *

実際、私もいくつもの会社に書類で落とされました。

例えば、落とされた中で一番悔しかったのは予備校講師の正社員求人です。

不採用通知に「貴殿は当社の基準を満たさなかった」などと書かれていました。当時の私は「俺みたいな高学歴が基準を満たさないんなら、誰が基準を満たすんだよ!」と思いました。

…とはいえ、経営者の立場に立ってなって想像すれば、不採用の理由は分かりますよね。

30歳前後の年齢で、まともに働いた経験のない人を採用するなんて、ハイリスク以外の何物でもありません。

世間知らずな私は、「高学歴であることが高く評価されて、複数の企業から即内定をもらえてウハウハ!」なんていうことをちょっと期待していました。

でも、世の中はそう甘くなかったのです。

【ポイント2】むしろオーバースペックとされ評価が低くなるケースも

次に、あなたが職歴のないアラサーであれば、高学歴であることは逆に評価が下がる原因にすらなりえます。

なぜ学歴が高いことで評価が下がるのかというと、企業は「高卒か一般的な大学の大卒くらいの人物であれば、扱いやすい」という意識を持っているからです。

大学院まで行ったような人は、変にプライドが高いかもしれない。そういう人は協調性に欠けるかもしれない。

仮に採用したとすると、我が社の課長や社長などよりもずっと学歴が高いことになる。心理的に扱いにくく、マネジメントに失敗するかもしれない。

だから、採りたくない。そういう結論になります。

* * *

私自身、複数の企業の面接で「ずいぶん学歴が高いみたいだけど… うちで雇うにはちょっと高すぎだねぇ」という流れになったことが何度もあります。

要するに、大卒を超えた学歴を持っている人はスペックが高すぎ(オーバースペック)であり、敬遠されてしまうんですよね。

高い授業料を払って大学院に通ったのに、社会に出てそんな評価をされてしまうなんて悲しすぎます。

でも、現実にはそういうこともあるのだと認識しておく必要があるでしょう。

【ポイント3】しかし面接でのアピール次第で高評価につながる可能性も

一方で、面接でうまく自分をアピールできれば、アラサー・職歴なしの高学歴の人であっても一気に評価を高められることがあります。

どういうことかというと、面接の場で企業が怖れている次のような懸念や不安を払拭してあげれば良いのです。

  • 高学歴でプライドも高く、仕事を教えても覚えようとせず、何でも自己流でやろうとするのではないか
  • 高学歴で職歴もないということは、いわゆる頭でっかちであり、机上の空論を振り回しがちで、実務をこなせないのではないか
  • 高学歴であるがゆえに上司のことをバカにして、刃向かったり、指揮命令を無視したりするのではないか、等々

つまり、相手は「この人を雇うリスク」を強く意識するので、それを軽減していく戦略をとればOK。

「リスクはそれほどでもない」ということを分かってもらえれば、高学歴なあなたは基本的には頭が良く、人並み以上の処理能力を持っていると推定してもらえるはずですから、一気に採用に傾いていきます。

* * *

でも、短い面接の時間でどうすれば上記のリスク意識を払拭できるでしょうか?

私のアドバイスは、とにかく笑顔を絶やさず、爽やかに振る舞い、コミュニケーション能力高めであることをアピールすることです。

面接官だって人間。応募者がにこやかに、快活に話す人物であれば、不安な気持ちが和らいでいきます。

加えて、あなた自身がどんな人物であるかを知ってもらえるよう、積極的に自己開示をしていってください。応募者のことを知れば知るほど、面接官は安心感を抱きやすくなります。

安心してもらえたらどうなるか? 当初あまりにも高学歴であることから警戒していた分、あなたへの評価は「むしろかなり魅力的」というものに転換していくのです。

(心理学の言葉で言うと、ハロー効果+ゲイン効果です)

* * *

抽象的な話ばかりになってしまったので、一つ具体的な話を挙げます。私が初めて採用に至ったときの面接で、普通の応募者はやらないようなことを意図的にやりました。

それは、その会社のコマーシャルソングを歌うということです。笑

というのも、面接官に「当社のことで知っていることを話してもらえますか?」と聞かれたので、「昔からよく存じています!たとえばCMで流れているあの歌です。○○○○~♪○○○○~♪」

割と大きい声で10秒くらい歌いました。

面接官は爆笑…というよりは苦笑という感じでしたが、歌を歌ったことで面接のムードはかなり和やかなものになりました。

そして「ちょっと変なやつだけど、明るく元気な雰囲気だし、警戒は不要。面白い人材かも」と思ってもらえて、採用に至ったのでした。

* * *

私はそんな経験をしたのですが、もちろん、あなたが今後受けるどんな面接でもCMソングを歌うべきだと言いたいのではありません。

あなたが明るく好ましい人物であるということを何かしらの手段で伝えられれば、高い評価につながっていく、ということを知っておいてほしいんです。

「書類選考で落とされて面接に至らない」を回避する方法

「でも、今の話って書類選考に通って面接に呼ばれたときの話でしょ?」

「書類選考で落とされまくって面接に進めない場合は、使えないじゃん…」

あなたはもしかするとそんなふうに思ったかもしれません。

確かに、その通りです。面接にたどり着かなければ、自己アピールもへったくれもありません。

ですので、面接の機会を得るために「書類の質を改善する」ということにまずは全力を尽くしましょう。

書類選考に通りやすい履歴書の書き方は、別の記事で書いています。

職歴なしアラサーの受からない履歴書を劇的に改善する思考法
「書類選考の段階で全く受からない」と悩んでいる20代後半から30代前半のあなたへ。漠然と書類作成をしていませんか? 通過率が上がる「良質な履歴書・職務経歴書作成のための思考法」をお伝えします。

ぜひそちらも読んでいただき、参考にしてみてください。

また、職歴の無い20代・30代の人向けの転職支援サービスを利用し、専門のコンサルタントからアドバイスを受けるというのも有効です。

職歴なしの20代・30代におすすめの就職支援サービス4選
職歴が無い20代・30代であってもチャンスはつかめます。就職支援サービスからスタートし、未来を切り開いていきましょう。

上の記事で紹介しているサービスは無料で使えますので、可能な限り活用しましょう。

おわりに:楽観も悲観もせず、淡々と就活しよう

education

今回は職歴なしアラサーで高学歴な人の就活について、私の実体験を交えつつ解説してきました。

要点を復習すると、次の通りです。

ポイント1
高学歴でも職歴なしであれば全く評価されない
ポイント2
むしろオーバースペックとされ評価が低くなるケースも
ポイント3
しかし面接でのアピール次第で高評価につながる可能性も

総じていえば「高学歴だからといって楽観視はできないが、逆に極端に悲観することもない」というところです。

高学歴であることにより、有利な面も不利な面もどちらもあります。

そういうものなんだと受け入れて、淡々と求人への応募を続けましょう。

少しくらい不採用になっても、めげてはいけません。

あなたの人材価値を認めて採用と判断する会社は、必ずありますから。

最後に、努力と挑戦を続けた偉大な発明家トーマス・エジソンの言葉をあなたに贈ります。

私たちの最大の弱点は諦めることにある。成功するのに最も確実な方法は、常にもう一回だけ試してみることだ。

以上、参考になれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました