資格スクエア行政書士講座の評判&実際に受講してレビュー

資格スクエア行政書士講座の評判&実際に受講してレビュー

2018年・2021年にも資格スクエアの講座を購入・受講したKiryuです。

今回は資格スクエア行政書士講座「森Tの4ヵ月合格講座」を実際に購入・受講してレビューします。さらに他社の行政書士講座との比較や資格スクエアを受講するメリットデメリットTwitterでの評判良い口コミ悪い口コミ)を取り上げます。

終盤では最安値で購入し受講する方法にも言及します。時間が無い人はそこだけでもチェックしていただくと費用を節約して受講できるはずです。

先にこの記事の結論をお伝えします。資格スクエア行政書士講座「短期合格を目指す方」や「低価格帯で講義重視の講座を探している方」におすすめです。

以下では行政書士試験の対策講座を資格スクエアにするべきかどうか悩んでいる方に向けて、実体験に基づく良質な情報をお伝えできるよう努めました。ぜひ参考にしてみてください。

※今回受講したのは「資格スクエア行政書士 森Tの4ヵ月合格講座」です。

\最新の割引情報を毎日更新!/

資格スクエア 割引情報の
まとめ記事を確認する

資格スクエア行政書士講座の概要

資格スクエア行政書士講座 教材一式

はじめに資格スクエア行政書士講座の概要を解説します。

2022年度にフルリニューアル

資格スクエア行政書士講座は2014年に開講された講座です。2020年までは行政書士の大内容子氏によって教鞭がとられ、リーズナブルな受講料で合格を目指せる講座として人気がありました。

諸般の事情により2021年度は休講となりましたが、2022年度には新しい講師を迎えて再始動。「森Tの4ヵ月合格講座」としてフルリニューアルしています。

実力派講師

新たに講師となった森広志氏(@lawyermori、通称森Tもりティー)は講師歴20年以上のベテラン講師です。経歴は以下の通り。

資格スクエア 行政書士講座 森広志講師

2000年
大手学習塾で大学受験の指導を開始。担当科目は国語
2004年
3か月の学習期間を経て受験した平成15年度行政書士試験に一発合格(合格率2.89%)。さらに宅地建物取引主任者試験(現在の宅地建物取引士試験)を受験し合格
2005年
資格の大原で行政書士試験の受験指導を開始
2008年
日本行政書士会登録
2015年頃
伊藤塾に移籍し行政書士試験の受験指導を継続
2022年
資格スクエアに移籍し行政書士試験の受験指導を継続

当初は学習塾で国語の講師をしていた森氏ですが、2005年からは行政書士試験対策講座の講師として活躍しています。最近まで在籍していた伊藤塾の講師の中では塾生からの人気が特に高い講師として知られていました。

短期合格を目指せるカリキュラム

資格スクエア行政書士講座「森Tの4ヵ月合格講座」の最大の特徴は短期合格を目指せることです。

森講師は長年にわたり行政書士試験の受験指導を続けてきました。その結果「次の行政書士試験でどの論点が問われやすいか・問われにくいかが見えている」とのこと。これを活かして講義では今年の本試験に出やすいポイントに絞って解説しています。

厳選した事項のみを取り上げることで受講生の学習期間を圧縮し、それにより短期合格を実現しようとするのが「森Tの4ヵ月合格講座」なんです。

資格スクエア行政書士講座を受講してレビュー

資格スクエア行政書士講座「森Tの4ヵ月合格講座」を実際に受講してレビューします。

インプット講座

資格スクエア行政書士講座「森Tの4ヵ月合格講座」のインプット講座をひとことで言い換えるとスピーディに要点をつかみ、かつ安心して学べる基本知識獲得講座です。

インプット講座は資格スクエア独自の「インプットテキスト」に基づいて進められます。私は初めてこのテキストを見たとき「えっ!」と驚きました。要点と図解を中心に記した珍しい形式のテキストだったからです。

資格スクエア行政書士講座 テキスト 見開き

一般的な行政書士講座では、テキストは文章が連なる形式をとるのが普通です。たくさんの文章で書かれたテキストは講義を聴かなくても学習を進めやすいという良い面がありますが、読むのに時間がかかるという悪い面もあります。

「読むのに時間がかかっては短期合格は実現できない」ということなのでしょう。資格スクエアのテキストは文章を大幅カットし、要点と図解で端的に仕上げています。おかげで余計な時間をかけずに重要語句や重要概念を把握できます。

人によっては「要点と図解だけだとかえってわかりにくいのでは?」と思うかもしれません。そこは安心してください。森講師が要点と図解を噛み砕いた講義を行いますので、それを聴きましょう。話し言葉による解説なので頭にスッと入ってきます。

資格スクエア行政書士講座 講義の様子

講義では上の画像のようにテキストを映し出します。テキストには重要度がBランク・Cランクの情報も含まれていますが、講義では主にAランク論点に絞ってテンポ良く学んでいきます。

ところで、森講師は「固い法律をやわらかく説明する」ことで知られている講師です。資格スクエア公式サイトにもそんなふうに書いてあります。

資格スクエア行政書士講座 森講師の講義スタイル

実際にはどんな感じなのでしょうか? 森講師はたとえば地上権という固い用語を次のように解説しています。

電力会社や携帯電話の会社は、要所要所に電線を這わすための鉄塔を立てたり基地局を設置したりしないといけませんよね。でもそれをするにあたっていちいち土地を買い取っていたら、ちょっとお金が足りないんです。キリがない。

これ、土地を借りちゃったほうが安い場合があります。だから地主さんと交渉して「ちょっと鉄塔立てるのに土地を使わせてください」なんていうお話です。こういうふうにして(地上権を設定することで)他人の土地を使えるようになります。

森講師の解説を聴くと地上権が設定される場面が具体的に想像できるようになります。「なるほど、そういうときに使われる用語なのね」と腹落ちします。以降、地上権という用語が出てきたらこの地上権設定シーンを思い返せばいいわけです。

これまで私はテキストでわからない箇所があったとき「なんか難しい…」と不安に思うだけでした。でも資格スクエア行政書士講座では森講師が固い表現をやわらかく言い換えてくれます。おかげで理解が進むので、以降は同じ固い表現でも問題を感じなくなります。

さらに「さっきまでは表現が固くてわかりにくかっただけなんだ」と気づけて、抱えていたモヤモヤもなくなります。スッキリした気分で勉強を継続できるんです。

森講師の講義ではこのような経験を何度もすることになります。私は次第に「難解なところは言い換えてもらえるから、安心して講義を聴ける」「森講師の言葉に耳を傾けていれば大丈夫」と感じるようになりました。

必要以上に身構えず、リラックスした気持ちで行政書士試験の学習を続けられる。資格スクエア行政書士講座のインプット講座はそんな講座となっています。

INFO

インプット講座は無料で体験できます。6本のサンプル講義動画を視聴できるほか、資格スクエアが提供している学習機能(主にマイレジュメ作成機能)を試用できます。次の案内ページから申し込んでください。

森Tの重要論点攻略道場(YouTubeLive)

資格スクエア行政書士講座「森Tの4ヵ月合格講座」の新企画として森Tの重要論点攻略道場が配信されています。

通常の講義では最も重要度の高いAランク論点を扱うのですが、重要論点攻略道場ではその次に重要度の高いBランク論点が扱われています。Bランク論点までおさえておけば実力はさらに確実なものとなり、合格可能性を一段と引き上げられるというわけです。

上の動画では民法の第4編「親族」における子の分類(生来嫡出子や純正嫡出子など)に関する事項が解説されています。わかりづらい重複推定・嫡出否認の訴えといった概念も森講師の手によってみるみる解きほぐされるので、十分に理解できました。

重要論点攻略道場の動画はYouTubeライブ配信のアーカイブとして残っており誰でも視聴可能です。森講師の人となり・声質・話し方などがよくわかりますので、資格スクエア行政書士講座を検討中の方はぜひ再生してみてください。

資格スクエア行政書士講座と他講座の比較

「資格スクエア行政書士講座」と「行政書士試験の対策講座を提供している競合7社」とを比較し、特徴を明確にしていきます。比較の対象となる講座の名称は次の通りです。

※各社に複数あるコースのうち「初学者向け」で「インプット学習からアウトプット学習までできる全部盛りコース」を選んでいます。

受講料の比較

はじめに資格スクエア行政書士講座の受講料を他社の行政書士講座の受講料と比較します。資格スクエアを含めた8講座の税込通常価格は次の表の通りです。

低価格帯の講座
講座受講料
スタディング59,400円
ユーキャン63,000円
東京法経学院80,300円
フォーサイト94,800円
資格スクエア99,000円
高価格帯の講座
講座受講料
伊藤塾228,000円
アガルート238,000円
LEC255,000円

行政書士試験対策講座の受講料はかなりばらつきがあります。10万円以下の「低価格帯」20万円以上の「高価格帯」に分けて考えるとわかりやすいでしょう。資格スクエア行政書士講座は低価格帯に属する講座の1つです。

一般的に受講料が高ければ高いほど講座の質も高まります。その一方、低価格帯の講座もほどよく良質な講義やテキストを備えており、受講生の努力次第で合格は十分に達成可能です。その証拠に、上に挙げたどの低価格帯の講座も毎年合格者を輩出しています。

ただし、資格スクエア行政書士講座に関しては2022年度より講師も教材も新しくなっています。リニューアル前の合格実績があるにはあるのですが、実質的には「今のところ合格実績なし」と見るべきです。

と言いつつも、最初に紹介したように新しい講師は長年第一線で行政書士の受験指導を続けている人物です。また先のレビューで見た通り高品質なインプット講座を備えています。今後の合格実績は十分に期待できると言って良いでしょう。

受講する側として気になるのは資格スクエア行政書士講座が低価格帯の講座の中では最も高いというところだと思います。果たして資格スクエアは低価格帯の講座の中で受講料に見合う優れた点があるでしょうか?

以下で受講料以外の側面を比較し、メリット・デメリット等も確認していきますので、その中で判断していただければと思います。

INFO

資格スクエア行政書士講座の受講料はキャンペーン等で変わることがあります。最新の受講料を公式の案内ページで確認しましょう。

講義時間の比較

次に資格スクエア行政書士講座の講義時間を他社の行政書士講座の講義時間と比較します。8講座の講義時間は次の表の通りです。

低価格帯の講座
講座講義時間
スタディング約83時間
ユーキャン約38時間
東京法経学院約88時間
フォーサイト約69時間
資格スクエア約100時間
高価格帯の講座
講座講義時間
伊藤塾約231時間
アガルート約335時間
LEC約210時間

資格スクエア行政書士講座の講義時間は低価格帯の講座の中では最も長いです。講義は長ければ長いほど良いというものではありませんが、講義の時間が十分に確保されている講座であればあるほど、より充実した学習ができると期待して間違いではないでしょう。

また「テキストを読み続けるのは苦手だから講義重視で学びたい」「森講師のわかりやすい講義を繰り返し聞いて知識を脳に定着させたい」と考えている人には、資格スクエア行政書士講座は最適な講座になるはずです。

合格特典の比較

最後に資格スクエア行政書士講座の合格特典を他社の行政書士講座の合格特典と比較します。8講座の合格特典は次の表の通りです。

低価格帯の講座
講座講義時間
スタディング合格お祝い金
10,000円
ユーキャン合格特典の
情報なし
東京法経学院合格特典の
情報なし
フォーサイトAmazonギフトコード
最大2,000円分
資格スクエア合格お祝い金
10,000円
高価格帯の講座
講座講義時間
伊藤塾合格特典の
情報なし
アガルート合格お祝い金5万円
または全額返金
LEC合格特典の
情報なし

低価格帯の行政書士講座は安いだけに合格特典が一切無くてもおかしくないですし、実際にユーキャンや東京法経学院は合格特典を提供していないようです。そんな中、資格スクエアはスタディングと並んで魅力的な合格お祝い金(1万円)を提示しています。

合格お祝い金は学習のしやすさに直接には関わりません。しかし合格した場合に受け取れる「ご褒美」があることにより日々の勉強のやる気が高まり、それが実力アップにつながりますので、間接的に合格する可能性を高められます。

行政書士試験の受験対策はモチベーション低下との闘いです。気分を上げる手段はあればあるほど良いでしょう。もし資格スクエアを受講すれば「令和4年度試験に合格したら1万円」という強力な武器が得られることを覚えておいてください。

INFO

実際には合格するだけで受け取れるわけではなく、その他の条件も満たす必要があります(合格体験記の執筆等)。おそらくそれほど難しくない条件になると思われますが、詳しくは公式サイトに案内が出るのを待っていただければと思います。

資格スクエア行政書士講座を選ぶ3つのメリット

資格スクエア行政書士講座を受講すると3つのメリットが得られます。

紙のテキストとPDFテキストの両方が使える

資格スクエア行政書士講座を選ぶメリットの1つめは紙のテキストとPDFテキストの両方が使えることです。

紙のテキストが使えるのは当たり前といえば当たり前かもしれません。オンラインに特化した一部の講座を除き、ほとんど全ての行政書士講座で紙のテキストが提供されています。資格スクエアも例外ではありません。

資格スクエア行政書士講座 紙のテキスト

他方、PDFテキストを提供している講座はかなり少数です。PDFテキストは受講生にとっては扱いやすくありがたい反面、容易に外部へ流出してしまうため、講座を提供する企業にとってはリスクが大きいからでしょう。

それにも関わらず、資格スクエアでは受講生の利便性を重視し、PDFテキストを提供しています。

資格スクエア行政書士講座 PDFテキスト ダウンロード画面

PDFテキストのダウンロード画面

資格スクエア行政書士講座 PDFテキストの表紙部分

PDFテキストの表紙部分

ダウンロードできますのでスマホやタブレットでの持ち運びもできますし、オフライン環境での閲覧や印刷も可能です。存分に活用しましょう。

特別な質問機能がある

資格スクエア行政書士講座を選ぶメリットの2つめは特別な質問機能があることです。

もともと資格スクエア行政書士講座「森Tの4ヵ月合格講座」は質問機能がない講座として開講されました。しかし受講生からの要望が多数あり、それに応える形で質問機能が追加された経緯があります。

元々なかった質問機能なので、質問できる回数は少なめです(月1回)。しかし回数の少なさを補い得る面白い付属機能がついています。それは他の受講生からの質問とその回答を閲覧できる機能です。

資格スクエア行政書士講座 みんなの質問機能

たとえばある論点について不明点が残ってしまったとき、すぐに質問せず「他の人が質問をしていないだろうか?」と探してみることができます。もし他の人が質問していれば、それに対する回答を読めるので自分の質問回数を消費せずに済むというわけです。

他の人が質問していなければ自分の質問回数を消費して質問するわけですが、他の受講生もその質問と回答を見ることで疑問を解消できます。受講生どうしが「お互い様」の関係で助け合える特別な質問機能が資格スクエア行政書士講座には備わっているんです。

講師と話せるZoom相談会がある

資格スクエア行政書士講座を選ぶメリットの3つめは講師と話せるZoom相談会があることです。

森Tの4ヵ月合格講座では7月から月1回のペースでフォローアップが実施されます。フォローアップは「森Tとの相談会」と位置付けられており、学習上の疑問・悩みを講師に伝え、助言をもらえるオンラインミーティングです。

資格スクエア行政書士講座 フォローアップ中の森T

従来の通信講座は講師と直接のやり取りができないことが弱点でした。「この勉強方法でいいのか?」「今のペースで進めて問題がないのか?」そう疑問に思ったとき、先生に相談できないのが通信講座の短所だったのです。

資格スクエア行政書士講座ではこの問題が完全に解消されました。相談したいことがあるときは所定のフォームで資格スクエア側に通知します。そうするとZoom相談会で森講師に優先的に回答してもらえるんです。

事前に質問が遅れなかったとしても大丈夫。Zoom相談会の最中にチャットで質問を送れば時間の許す限り森Tが回答をしてくれます。

私も参加してみたのですが、森Tの回答は明快・整然としていてました。「この先生はどうすれば受講生を合格させてあげられるかを毎日考えているのだろうな」ということも感じられました。

ちなみにZoom相談会は多人数形式です。受講生どうしで悩みを共有しつつ「森Tクラス」の一体感を楽しむ機会にもなるでしょう。ここにもモチベーションを維持・向上する仕組みが備わっていると言えそうです。

質問の具体例

フォローアップでどんな質問が取り上げられているのか知りたい人もいるでしょう。皆、疑問に思ったことを率直に質問しています。下記の具体例を参考にしてください。

  • 判例の過去問について。講座で出てきた過去問以外も解いたほうがいい?
  • 憲法・民法・行政法は覚えるまで繰り返し問題を解いたほうがいい? 森Tの講座以外勉強しなくても大丈夫?
  • Cランク問題はどう扱えばいい? 全て勉強しない場合、点数を何点落とすことになる?
  • 問題を解いた後、テキストで復習をするまでの間は期間を空けるべき?それともすぐに復習するべき?
  • 現在民法を勉強していて手一杯だが、今の段階で憲法の復習もきちんとやるべき?
  • 民法改正後、未出題の部分はどう扱えばいい?
  • おすすめの勉強パターンを教えてほしい
  • 暗記が苦手なので覚えるコツを教えてほしい。何度も書いて覚えるのが一番効率的?
  • 問題集としては講座から提供された問題集、メール問題、市販の肢別問題集、これだけをひたすら回しておけばいい?
  • 未視聴の講義がたまってしまった場合に早く学習を進める方法があれば教えてほしい

資格スクエア行政書士講座のデメリット

どんな講座にもデメリットがあります。しかしデメリットを把握した上で受講すれば「こんなはずじゃなかった!」と後悔しなくて済みます。資格スクエア行政書士講座のデメリットを把握しておきましょう。

資格スクエア行政書士講座のデメリットのは講義のアップロードが遅いことです。

森Tの4ヵ月合格講座はその名の通り短期合格を重視したカリキュラムとなっています。そのため2022年6月末頃に最初の講義がアップロードされ、9月下旬にかけて順次配信が開始するスケジュールとなりました(ちなみに本試験は11月です)。

資格スクエア行政書士講座 アップロードの予定日

受講生の中には「森講師の授業を受けたい。でも学習期間は半年以上、できれば1年くらいとって万全を期したい」と望む人もいるでしょう。しかし早期の学習開始はかなわない日程となっています。

したがって、資格スクエア行政書士講座を受講する予定の方は自分が想定している学習スケジュールと資格スクエアのアップロード予定との整合性を確認する必要があると言えます。

とはいえ、講義のアップロードが遅いのは100%デメリットなわけではありません。なぜなら、私達は時間に余裕があるとついその時間を無駄に使ってしまいがちだからです。

仮に2022年1月に最初の講義を視聴できたとします。その場合、1月から6月くらいまでの半年間はダラダラと気合いの入らない勉強をして、7月に入ってようやく本気で取り掛かる。私ならそんな経過をたどりそうですし、同じような人はたくさんいそうです。

結局本気になるのが7月なのであれば、それ以前の学習期間にはあまり実りがありません。「やってもらやなくても同じだった」ということになりかねないわけです。

それならむしろ、講義のアップロードが6月末スタートで、それによって短期集中の学習を強制的に実現できたほうが効率的で好ましいと言えます。資格スクエア行政書士講座の「デメリット」は実はムダな学習期間を削ぎ落とすのに役立つのです。

Twitterの口コミ・評判

資格スクエア行政書士講座「森Tの4ヵ月合格講座」はリリースされたばかりなので、まだ口コミや評判はほとんどありません。代わりにここでは森講師に関する口コミ・評判を中心にお伝えします。

良い口コミ・評判

Twitterでの森講師の評判はとても良いです。

森講師の講座を受講した多くの人が森講師を好意的に評価していることがわかります。

悪い口コミ・評判

Twitterではメール問題(受講生にメールで配信される練習問題)に関する若干の不満の声が見受けられました。

メール問題の1つ1つに重要度のランク表示がないため、重要な問題に限定して解くのが難しいようです。確かにランクがわからないと困ってしまうことがあるかもしれません。

とはいえ講義・テキスト・問題集といった本教材に関する悪評ではないので、講座を検討する段階でそれほど重視する必要はないように思います。

また、ランク表示を含めていないことには森講師の何かしらの意図があるのかもしれません。つまり「メール問題ではランク表示が無いほうが学習上良い」という判断なのかもしれません。

この問題については今後も状況を見守り、追加情報があれば記していきます。

5ch(2ch)の口コミ・評判

5ちゃんねる(2ちゃんねる)には「資格スクエアってどうなの?」というスレッドがありますので、気になる方はチェックしてみると良いでしょう。

ただし私が確認した限りでは参考になる口コミ・評判はありませんでした(講座がフルリニューアルしているため)。

資格スクエア行政書士講座はこんな人におすすめ

以上見てきた資格スクエア行政書士講座の特徴と口コミを踏まえて、この講座がどんな人にあっているのかを述べていきます。

短期合格を重視する方

資格スクエア行政書士講座は短期合格を重視する方におすすめできます。

行政書士試験の合格には800時間とも1000時間とも言われる長い学習時間が必要です。それだけの学習時間を確保するには通常は1年前後の学習期間をみておくことが多いでしょう。

しかし仕事や学業・生活等の都合上「そんなに長いこと行政書士試験の勉強をしている余裕がない」という方もいます。長期間学び続けることは精神的にもきついため、本音では「学習期間が半年以下ならどんなに助かるだろう」と思っている人も多いはず。

資格スクエア行政書士講座はまさにそのような人のための講座です。森講師が出題可能性の高い論点を予想し、それをもとにして学習範囲を絞り込んでいます。それゆえ4か月という短い時間でも合格レベルの実力にたどり着けるのです。

学習期間をできる限り圧縮し、短期決戦で臨みたい方はぜひ資格スクエア行政書士講座を受講しましょう。

低価格帯で講義が充実した講座を探す方

資格スクエア行政書士講座は低価格帯で講義が充実した講座を探す方におすすめできます。

受講料の比較で確認したように、主要な行政書士講座の中で資格スクエア行政書士講座は低価格帯に属しています。同時に、講義時間は比較した低価格帯の講座の中で最長です。このことは森講師による講義が同価格帯の講座の中で最も充実していることを示しています。

行政書士試験の学習をする際、インプット重視の方もアウトプット重視の方もいますが、もし「安めの受講料でインプット重視型の勉強を実施したい」と考えるなら、価格面・講義時間の面で分がある資格スクエア行政書士講座を選ぶと良いでしょう。

森講師に惚れ込んだ方

資格スクエア行政書士講座は惚れ込んだ方におすすめできます。

森広志講師に心をつかまれる人は多いようです。俳優の一人であってもおかしくない端正な顔立ちと情熱を感じる講義で、受講生の心を次々と射止めていきます。あなたも心を掴まれた一人なのではないでしょうか。

人は惚れ込んだ相手に報いようとする生き物です。「この人についていこう」「この人がこれだけ頑張ってくれるから、自分も頑張ろう」と感じます。誰かのファンになることで無限のエネルギーが湧いてくることは珍しくありません(「推し活」がその好例)。

もしあなたが森講師に惚れ込んだ、あるいは惚れ込みそうになっているなら、資格スクエア行政書士講座をぜひ受講してください。森Tに合格報告を届けるために、毎日勉強を頑張れるはずです。

最安値で受講する方法

私は2018年から資格スクエアを複数回受講しています。私が知り得る限りの最安値で受講する方法をお伝えします。

キャンペーン・セールを利用する

資格スクエアでは時折キャンペーンやセールを実施しています。キャンペーン・セールは講座ごとに行われ、対象のプランが10~30%OFFの特別価格になることが多いです。

資格スクエア行政書士講座は通常価格が99,000円。しかし2022年7月現在、リリース記念キャンペーンにより約3万円OFFの69,300円で提供されています。

このキャンペーンの終了時期は明示されていないため、いつ通常価格に戻るかわかりません。受講を決めたら早めに申し込みましょう。最新の価格は次の公式の案内ページで確認できます。

INFO

資格スクエアの最新の割引情報は割引情報まとめ記事で随時発信しています。ブックマークしてときどきチェックしていただくと安く受講するのに役立ちます。

【毎日更新】資格スクエア キャンペーン・クーポン一覧
2022年8月の最新割引情報(キャンペーン・クーポン・セール等)を紹介しています。クーポンの使用方法も解説。

無料会員登録を済ませる、資料請求をする等

資格スクエアでは次のことをすると割引クーポンをもらえることがあります。

割引クーポンがもらえるかどうかは運次第です。つまり必ずもらえるわけではありません(もらえないことも多いです)。とはいえスマホをポチポチするだけで出来ることばかりなので、まずはやってみましょう。

その上で「もらえたらラッキー」「もらえなかったらキャンペーン価格で申し込み」としていただければと思います。上の箇条書きの青い文字をタップすると資格スクエア公式サイトの該当ページへ移動できます。

この記事のまとめ

資格スクエア行政書士講座は2022年にフルリニューアルした新しい行政書士試験対策講座です。有名法律系予備校から移籍したベテラン講師が充実の講義を提供します。講師の人気ぶりについては先にTwitterの評判で確認した通りです。

もしあなたが「学習期間が短いこと」を重視するなら、資格スクエア行政書士講座が最適な講座になるでしょう。4か月間もの短期間で合格を目指せる講座は資格スクエアだけですし、料金も行政書士講座としてはリーズナブルで受講しやすいからです。

とはいえ「本当にこの講座で良いのか?」と不安もあると思います。その際はぜひ体験受講をしてください。いくつものサンプル講義を視聴できるようになっています。

資格スクエアの中に入って楽しんでみることで、自然と判断材料が集まります。そうして「この講座で大丈夫!」と決断できたら、本申し込みをして行政書士試験の対策を進めていきましょう。申し込み前には割引キャンペーンの確認もお忘れなく。

以上、参考になれば嬉しいです。

次の記事もよく読まれています
【毎日更新】資格スクエア キャンペーン・クーポン一覧
2022年8月の最新割引情報(キャンペーン・クーポン・セール等)を紹介しています。クーポンの使用方法も解説。
アガルート行政書士講座の口コミ評判&実際に受講してレビュー
アガルート行政書士試験講座を実際に購入してメリット・デメリットをレビューします。他の講座との比較や受講生の口コミ・評判も掲載。
タイトルとURLをコピーしました