スタディング ローン分割払いの手順・注意点と支払額節約法

スタディング ローン分割払いの手順・注意点と支払額節約法

オンライン通信講座スタディングを実際に受講してレビューしている宅建士Kiryuです。

スタディング分割払いに対応しています。受講料を何か月かに分けて支払えるので、手元にまとまったお金がなくても試験対策を開始できて便利です。スタディングで使える分割払いは2種類あります。

ローンを使った分割払い
信販会社のローンを活用した分割払い。決済額が税別4万円以上の場合のみ可。信販会社の審査要。本記事で手順・注意点を解説
クレジットカードを使った分割払い
クレカの分割払い機能を使った分割払い。VISA、MasterCard、JCBなどのカードを使う。別記事で手順・注意点を解説

前者の「ローンを使った分割払い」(以下「ローン分割払い」と表記)では信販会社が申込者に代わって代金を一括で支払います。その後、申込者は信販会社に対し代金と手数料を月1回のペースで支払っていきます。

高額な講座の購入時には特に役立つでしょう。ローン分割払いを利用すれば「クレカを持っていない人」や「クレカを持っているけど使いたくない人」も分割払いが可能です。

とはいえローン分割払いに馴染みが無い人の場合、手続きの詳細がわからず不安に感じてしまうと思います。そこで今回は私がスタディングでローン分割払いをしたときのスクリーンショット(画像)を示しつつ、手続きの流れを解説していきたいと思います。

記事の後半では分割払いの注意点総支払い額の節約法についても触れます。スタディングで受講申し込みをする際はぜひ参考にしてください。

\最新の割引情報を毎日更新!/

STUDYing 全講座の
割引情報まとめ記事を確認する

ローン分割払いの利用の流れ

ローン分割払いを利用したいときは次の2ステップで手続きを進めます。

  1. スタディングで受講申し込み
  2. 信販会社JACCS(ジャックス)のサイトでローン申し込み

以下で詳しく見ていきましょう。

スタディングで受講申し込み

はじめにスタディングで受講申し込みをする際の手順を解説します。前半はどの支払い方法でも共通の流れですが、後半はローン分割払い特有の作業がありますので注意してください。

  1. スタディング ローン分割払いの手順 「コース一覧・購入」ページ

    購入したい講座の「コース一覧・購入」ページにアクセスします。
    [各講座のコース一覧・購入ページはここをタップ]

  2. スタディング ローン分割払いの手順 「ご購入ページへ」ボタンをタップ

    コース一覧ページに掲載されている希望のコースをタップして進み「ご購入ページへ」ボタンをタップします。

  3. スタディング ローン分割払いの手順 「講座のカスタマイズ」画面

    購入手続き画面の第1ステップ「講座のカスタマイズ」画面が表示されます。内容を確認しつつ次へ次へと進みます。

  4. スタディング ローン分割払いの手順 「お支払い情報入力」画面

    購入手続き画面の第4ステップ「お支払い情報入力」画面が表示されたら「ローン(分割払い)」を選択して「次へ進む」ボタンをタップします。
    ※「ローン(分割払い)」は税抜4万円以上の場合のみ表示されます。

  5. スタディング ローン分割払いの手順 チェックを入れて「次へ進む」ボタンをタップ

    ローン申し込みに必要な事項を入力します。「ローン申し込みのため個人情報をJACCSに提供することに同意します。」にチェックを入れて「次へ進む」ボタンをタップします。

  6. スタディング ローン分割払いの手順 「ご注文確認」画面

    購入手続き画面の第5ステップ「ご注文確認」画面が表示されたら内容を確認します。手持ちの割引クーポンを利用する場合は「クーポンを使う」ボタンを押してクーポンを選択します。「次へ進む」をタップします。

  7. スタディング ローン分割払いの手順 スタディングでの手続きはここまで

    「お申込みはまだ完了していません。以下のボタンからジャックスショッピングクレジットのお手続きにお進みください。」と表示されます。

スタディングで受講を申し込む手順は以上です。続いてJACCSのローンの申し込みを行います。その手順を次のセクションで説明します。

ログイン画面が表示されたら

上記の手順を進めていると途中でログイン画面が表示されることがあります。その場合はそのままログインすると手続きを再開できます。事前にログインしておきたい場合はスタディングのトップページよりログインしてください。

まだ登録していない方は先に無料登録無料お試しを済ませましょう。初回登録時は5%OFFクーポンをもらえることが多いのでお得です。

信販会社のサイトでローン申し込み

スタディングのサイト上で受講申し込みが終わったので、次は信販会社JACCSのウェブサイトでローン申し込みを行います。

  1. スタディング ローン分割払いの手順 「引き続きJACCSで手続きを行う」ボタンをタップ

    「引き続きJACCSで手続きを行う」ボタンをタップします。

  2. スタディング ローン分割払いの手順 ジャックスにログイン

    「ジャックス WeBByクレジットのお申込み」画面が表示されます。下方向にスクロールして「次へ」をタップします。

  3. スタディング ローン分割払いの手順 ジャックスの手続きの流れ

    以降は「同意事項確認」「お支払い方法入力」「お支払い方法確認」「お客様情報入力」「最終確認」の順で手続きを進めます。住所・氏名・電話番号のほか、職業・年収・家族の状況などを入力します。希望する支払い回数を指定すると分割払いに必要な手数料も表示されます。

  4. スタディング ローン分割払いの手順 引落用口座をインターネットで登録するか口座振替依頼書の郵送で登録するか

    手続きの中で「引落用口座をインターネットで登録するか口座振替依頼書の郵送で登録するか」を選択します。月々の支払いが口座振替(=銀行口座からの引落し)になるためです。
    (ネット銀行を使っていない場合やどちらが良いかわからない場合は「口座振替依頼書(郵送)」を選んでおくことをお勧めします。後日、依頼書が郵送で届くので、口座情報を記入し返送してください。)

  5. スタディング ローン分割払いの手順 「申込む」をタップ

    手続きの最後に「ご希望の連絡先と連絡時間」を入力して「申込む」をタップします。

  6. スタディング ローン分割払いの手順 審査中の画面

    「クレジットお申し込み完了(審査中)」の画面が表示されます。しばらくそのまま待ちます。

  7. スタディング ローン分割払いの手順 「クレジット契約完了」画面

    審査が完了した場合は「クレジット契約完了」画面が表示されます(ここで審査が完了せず、電話確認等が必要になる場合もあると思います)。「クレジット契約完了」ボタンをタップします。

  8. スタディング ローン分割払いの手順 「お申込み完了のご案内」画面

    スタディングの画面に戻り「お申込み完了のご案内」画面が表示されます。

  9. スタディング ローン分割払いの手順 メールが複数届く

    スタディングとJACCSからメールが複数届きますので確認しましょう。特にJACCSの「支払口座登録手続き」の案内メールが届いている場合は内容をよく確認して口座登録の手続きを進めるようにします。

JACCSのサイトでローンを申し込む手順は以上です。早ければその日のうちにJACCSがスタディングに対して受講料全額の支払いを行い、受講が開始します。以降、申込者はローン(受講料+手数料)を月に1回のペースで返済していく流れとなります。

口振依頼書の郵送を選択した場合

お支払口座登録方法にて「口座振替依頼書の郵送」を選択した場合は後日、JACCSから口座振替依頼書が届きます。

試しに別の機会に「口座振替依頼書の郵送」を選択してみました。すると次のような往復ハガキが届きました。

JACCSから届いた往復はがき

このハガキに口座振替依頼書と記入要領がついています。

JACCSの口座振替依頼書(往復はがきに付属)

記入要領に従って引落用口座の情報を記入してください。その後はキリトリ線に沿って口座振替依頼書を切り離し、切手不要で投函・返送すれば完了です。

この依頼書に書いて登録した口座から月々の支払額が引き落としされることになります。

コース一覧ページ

申し込み手続きの最初にアクセスする「コース一覧・購入」ページは講座ごとに異なります。以下で一覧にしていますので希望の講座をタップして進んでいただければと思います。

ローン分割払いを利用する際の注意点

スタディングの受講料をローン分割払いを利用する際はいくつか気を付けたい点があります。

審査に通らない場合がある

ローン分割払いを利用する際の注意点の1つめは審査に通らない場合があることです。

ローン分割払いを利用する際は申込者に分割払いをする能力があるかどうかが審査されます。一般的に会社勤めの方で月々の収入があれば審査を通過しやすいです。いずれにしても最終的には申し込んでみなければわかりませんので、まずはトライしてみましょう。

INFO

JACCSでローンを申し込むにあたり、次のいずれかに該当する場合は連帯保証人をつける必要があります。

  • 申込者が未成年
  • 申込者が無職

連帯保証人がつけられないときは他の支払い方法による支払いを検討しましょう。

また次のいずれかに該当する場合は残念ながらローン分割払いができません。

  • 申込者が18歳未満
  • 申込者が高校生

上記に該当する場合も他の支払い方法による支払いを検討しましょう。

分割手数料(金利)がかかる

ローン分割払いを利用する際の注意点の2つめは分割手数料(金利)がかかることです。

分割手数料は分割回数によって変わります。ローン申し込みの手続きを進める中で具体的な金額が表示されますので、必ず確認するようにしましょう。

INFO

分割手数料の目安はスタディング公式サイトのローン案内ページで一覧表の形で確認できます。

詳細にシミュレーションしたい場合はJACCSの次のページを利用してみてください。

受講開始までは若干のタイムラグがある

ローン分割払いを利用する際の注意点の3つめは受講開始までは若干のタイムラグがあることです。

ローン分割払いを利用する場合、申し込み後に信販会社が審査を行い、その結果をスタディングが確認してから受講開始となります。

私の場合はローン申し込みと同時に審査が完了し、すぐに受講開始となりました。一方でスタディング公式サイトによるとローン申し込みから受講開始までの目安は「2営業日~1週間程度」とのことです。

いずれにしても「ローン申し込み完了後、即受講開始とはならない可能性がある」ことを覚えておきましょう。

総支払い額を節約する方法

スタディングの講座を分割払いで購入するときは以下に示している総支払い額の節約法をぜひ実践してください。

分割回数をできるだけ少なくする

支払い額を節約する方法の1つめは分割回数をできるだけ少なくすることです。

分割払いは「第三者からお金を借りて商品代に充て、その借りたお金を分割で返済する行為」です。分割回数が多ければ多いほど「お金を借りている期間」が長くなりますので、自然と手数料(金利)が増えていきます。

逆に言うと分割回数が少なければ少ないほど手数料が少額になるので、総支払い額を抑制できると言えます。そこで分割払いをする際はむやみに分割するのではなく、必要最小限の分割回数にとどめると良いでしょう。

たとえば「12回払いのほうが支払は楽だけど、10回払いでも大丈夫そう」というときは10回払いで申し込みます。そうすることで手数料を節約できます。

豊富な割引制度を利用する

支払い額を節約する方法の2つめは豊富な割引制度を利用することです。スタディングには割引制度がいくつもあり、それを利用することで受講料を安くできます。

特に割引キャンペーンはタイミングさえ合えば誰でも割引対象になりますので使い勝手が良いです。

スタディングの割引については割引情報まとめ記事で随時発信していますので、ときどきチェックしてみてください。

【毎日更新】スタディング キャンペーン・クーポン一覧
2022年11月の最新キャンペーン・クーポン情報とその他の割引をまとめています。安い時期も講座別に掲載。

この記事のまとめ

今回はスタディングの受講料をローン分割払いで支払うための手続きと注意点、そして総支払い額を節約する方法についてお伝えしました。内容を復習しましょう。

ローン分割払いを利用する際の受講申し込みの手順は次の2ステップです。

  1. スタディングで受講申し込み
  2. 信販会社JACCS(ジャックス)のサイトでローン申し込み

分割払い利用時の注意点は次の3点です。

審査に通らない場合がある
審査を通過するかどうかはやってみないとわからないので、まずは申し込む
分割手数料がかかる
ローン申し込みの手続きを進める中で具体的な金額を確認する
受講開始までは若干のタイムラグがある
スタディング側で審査結果を確認できてから受講開始となる

支払い額を節約する方法は次の2つです。

分割回数をできるだけ少なくする
分割回数が少ないほど分割手数料も少額で済むので、月々支払える額を検討して最小の分割回数を選ぶ
豊富な割引制度を利用する
特にキャンペーンはタイミングさえ合えば誰でも割引の適用を受けられる

分割払いをする際はぜひこの記事に書いてあるポイントを押さえて、できるだけ自分自身の経済的負担が小さくなるように購入しましょう。

以上、参考になれば嬉しいです。

次の記事もよく読まれています
【毎日更新】スタディング キャンペーン・クーポン一覧
2022年11月の最新キャンペーン・クーポン情報とその他の割引をまとめています。安い時期も講座別に掲載。
スタディングのクーポンを獲得する4つの方法と3つの注意点
スタディングの割引クーポンの種類と獲得方法、手持ちのクーポンの確認・使用方法を紹介します。注意点も解説。

スタディング ローン
公式ページを見る

タイトルとURLをコピーしました