【注意喚起】フォーサイト宅建士講座で教育訓練給付制度を使う方へ

【注意喚起】フォーサイト宅建士講座で教育訓練給付制度を使う方へ

フォーサイト宅建士講座を購入してレビューしている宅建士Kiryuです(*^o^*)

この記事は、フォーサイト宅建士講座で教育訓練給付制度を使おうと考えている人への注意喚起です。

なぜ注意喚起が必要かと言うと、理由は次の通り。

  • いくつもある講座の中で教育訓練給付金の対象講座は2つだけであり、その他は対象外だから
  • 対象講座2つのうち、合格する人が選ぶべき講座は1つしかないから(もう片方は選んではいけない)

教育訓練給付制度を使う場合は、上記2点に気を付けないと失敗してしまうかもしれません。

以下で詳しくお伝えしますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

INFO

この記事では、「教育訓練給付制度とは何か?」「具体的な手続き方法は?」といったことは扱いません。

そういうことは、公式サイトを参照するのが最も正確ですので、そちらに目を通していただければと思います。

また、今回の記事は2020年3月現在の情報をもとにしています。

今後、制度詳細や対象講座が変更になる可能性もありますので、公式サイトの最新情報も確認することをお勧めします。

スポンサーリンク

宅建

教育訓練給付制度 注意喚起の要点

最初に、注意喚起の要点だけをお伝えしますね。

  • 教育訓練給付金の対象講座は「バリューセット1」「バリューセット2」のみ
  • 過去の受講生の多くが「バリューセット2」で合格しているので、合格したいなら「バリューセット2」を選ぶべき

以上のことから、教育訓練給付制度を使うなら、バリューセット2を選んでおけば間違いがないです。

そう言われても要点だけでは納得できないと思いますので、以下でさらに詳しくお伝えします。

フォーサイト宅建士講座が提供している講座の種類とは

そもそもフォーサイト宅建士講座はいくつもの講座を提供しています。

その中には、教育訓練給付金の対象になるものと、そうでないものがあります。

基礎講座

まず、フォーサイト宅建士講座は「基礎講座」を提供しています。

フォーサイト宅建士講座 基礎講座

こちらは、宅建試験の合格に必要な基礎知識を身に付けるための講座です。

講座に含まれている教材は色々あるのですが、メインは「テキスト」と「講義DVD」です。

そして、重要なことですが、「基礎講座」は教育訓練給付金の対象講座ではありません。

過去問講座

次に、フォーサイト宅建士講座は「過去問講座」を提供しています。

フォーサイト宅建士講座 過去問講座

こちらは、過去の本試験問題13年分くらいを実際に解く(問題演習をする)ための講座です。

こちらも教材は色々ありますが、メインは「過去問題集」と「過去問講座DVD」です。

そして、何と「過去問講座」も教育訓練給付金の対象講座ではありません。

直前対策講座

さらに、フォーサイト宅建士講座は「直前対策講座」も提供しています。

フォーサイト宅建士講座 直前対策講座

こちらは3つのプランに分かれていますが、いずれも試験直前期におさえておきたいポイントを習得するための講座になっています。

そして、悲しいことに3つの「直前対策講座」はどれも教育訓練給付金の対象講座ではありません。

* * *

ここまで、教育訓練給付金の対象でない講座ばかりでした。

「じゃあ対象の講座はどれなんだ!」と叫びたくなりますよね(^^;)

次に来るものは対象講座ですので、ご安心を。

バリューセット

フォーサイト宅建士講座が提供している講座の中で教育訓練給付制度の対象になっているのは、「バリューセット1」および「バリューセット2」です。

フォーサイト宅建士講座 バリューセット1

フォーサイト宅建士講座 バリューセット2

上の画像からわかるように、バリューセット1は「基礎講座」と「過去問講座」のセット販売となっています。

また、バリューセット2は「基礎講座」と「過去問講座」と「直前対策講座」のセット販売となっています。

つまり、教育訓練給付制度の適用を受けるためには、セットタイプの講座を買う必要があるんです。

「えぇ~そうなの?セットを買うとは思っていなかったよ…」という人もいるかもしれませんね。

その気持ちも分かります。

でも、フォーサイトの受講生の大多数は、バリューセット1かバリューセット2を使用しているんですよ。

フォーサイト宅建士講座 バリューセットを利用している受講生の割合

上の画像は、フォーサイトが2019年度の受講生にアンケート回答を求めたときの結果です。

基礎講座の利用者は0.4%、過去問講座の利用者も0.4%で、直前対策講座の利用者はゼロ。

一方で、バリューセット1の利用が10.9%、バリューセット2の利用が88.3%、合わせて約99%がバリューセットを利用しています。

フォーサイト宅建士講座を利用する場合は、セットタイプの講座を使うのがとても普通のことなんです。

バリューセット1と2どちらが良いの?

ところで、先のアンケート結果の画像を見て、鋭い人はこう思ったかもしれません。

「バリューセット2の利用者のほうが、バリューセット1よりもずっと多いんだなぁ…」と。

その通りです。2019年度は、バリューセット2を選んだ人は、バリューセット1を選んだ人の8~9倍くらいでした。

でも、上記のアンケートは「フォーサイト宅建士講座の受講生」に対するものですので、実際には「残念ながら不合格になってしまった人」も数に入っています。

では、「合格者だけ」だとどうでしょうか? 公表されている数字を見てみます。

フォーサイト宅建士講座 バリューセット2を利用した合格者の割合

こちらの画像の通りで、合格者だけに絞っても、やはりバリューセット2を使用している人が大多数(88.7%)なんです。

そして、この傾向は毎年同じです。

以上のことから、もしあなたが宅建試験を受験して合格したいなら「バリューセット2」を選んで学習を進めるべきだと言えます。

おわりに:宅建合格で再就職をつかもう

今回は「注意喚起 フォーサイト宅建士講座で教育訓練給付制度を使う方へ」というテーマでお伝えしてきました。

教育訓練給付制度を検討しているあなたは、色々な事情で最近失業してしまい、再就職に向けて少しずつアクションを起こしている方だと思います。

そんなあなたが失敗してしまわないよう、特に注意してほしいことをこの記事に記しました。

注意喚起の要点は、以下の2つです。

  • 教育訓練給付金の対象講座は「バリューセット1」「バリューセット2」のみ
  • 過去の受講生の多くが「バリューセット2」で合格しているので、合格したいなら「バリューセット2」を選ぶべき

ところで…実は、私も宅建試験を受験したときはちょうど失業中だったんですよ。

当時、私は失意の底にいました。

でも宅建試験に合格してからは、トントン拍子に不動産管理会社への就職が決まり、再び希望の持てる人生を送れるようになりました。

宅建士という資格は、それくらいのパワーを秘めている素晴らしい資格です。

あなたにもぜひ宅建試験に合格して、今の状況を挽回してほしいと思っています。

あなたの宅建受験を心から応援しています!

▼こちらの記事も人気です▼

フォーサイト宅建士 おすすめプラン・安く買う方法・購入手順は?
【宅建士合格ブログ】フォーサイト宅建士講座を購入した私の「もっと早く知っておきたかった!」情報まとめです。おすすめプラン、安くお得に買う方法(割引クーポンなど)、具体的な購入手順をシェアします。
フォーサイト宅建講座の口コミ・評判は?実際に受講してわかったこと
【宅建士合格ブログ】フォーサイト宅建士講座の口コミ・評判12件を紹介します。そして、その内容が正しいのかどうかを実際に受講して確かめました。詳しくは本文で。
フォーサイト宅建士講座を受講した感想【バリューセット2】
【宅建士合格ブログ】フォーサイト宅建士講座「バリューセット2」を実際に使ってみた私の感想+レビューです。画像も30枚掲載中。教材の特徴や料金に見合うかどうかを詳しく解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました