【管理業務主任者・マンション管理士】ダブル受験のコツは?「ダブル合格者」7人の勉強法を徹底分析してみた!

【管理業務主任者・マンション管理士】ダブル受験のコツは?

管理業務主任者試験に一発合格済のKiryuです(*^o^*)

今回はマンション管理系の資格に興味のある人が絶対に一度は狙ってしまうモノについて考えていきます。

勘の良い人はお分かりですね。そう、狙ってしまうモノとは、「管理業務主任者」と「マンション管理士」の「ダブル受験・ダブル合格」です!

この2つの資格に合格してしまえば、マンション管理業界での立場は一生安泰と言っても過言ではありません。

でも、一体どうすれば実現できるのでしょうか? 管業・マン管ダブル合格のノウハウは出回っていないため、どうすれば良いのかは誰にも分からないのです…

でも、信頼できるノウハウを知り得る方法がたった1つだけあります。実際にダブル合格を達成できた人達に聞いてみればいいのです。

そんな都合よく聞いて回れたら苦労しないよ、とお思いかもしれません。

確かにそうなのですが、現代はネットの時代。ウェブ上をよくよく探してみると、ダブル合格を実現した人々の生の声をいくつも聞くことができました。

ということで、今回の記事では果敢にも管業・マン管のダブル受験に挑戦し、見事達成した7人の人々に関してレポートしていきます。

特に、彼らがどんな勉強を行い、何を重視して試験対策を行ったのかを、分かりやすくまとめたいと思います。

管理業務主任者・マンション管理士の資格をどうしても同じ年にとりたい!というあなたは必見です。お楽しみください!

データは「インタビュー動画」から

ダブル合格を達成した7人の人々のデータは、資格対策通信講座フォーサイトが提供している「インタビュー動画」から入手できました。

上記のリンク先では、フォーサイトを利用して合格した人々の生の声が動画で紹介されています。

管理業務主任者・マンション管理士の「いずれか」に合格したという人の動画も多いのですが、中には「両方」合格した受講生の動画もあります。

今回はそんなフォーサイトのインタビュー動画を全てチェックし、ダブル合格者の声をピックアップして、貴重な資料として分析しました。

ダブル合格者7人の勉強法を抽出

それでは、管業・マン管にダブル合格した人々の勉強法をチェックし、ポイントをまとめていきます。

【1人目】K.K.さん 60代男性

倉光恭三様 【合格者の声】 2017年度 マンション管理士・管理業務主任者試験
W合格のポイント
  • 管業・マン管は同時並行的に学習を進めた
  • 分からない点はインターネットを利用し自力で調べた
  • 「講師と自分を信じること」と「テキストと過去問を繰り返すこと」を実践すれば合格できる

【2人目】H.O.さん 50代男性

大越弘道様 【合格者の声】 平成28年度 マンション管理士 管理業務主任者試験
W合格のポイント
  • 学習時間を自分なりに管理し、日々の学習時間を積み上げることを意識した
  • 通勤時の電車の中でも通信講座のアプリを利用し、自分で決めた学習時間の消化に努めた
  • 人の目を気にせず、強い意志を持って学習を継続すれば合格できる

【3人目】S.T.さん 40代男性

マンション管理士と管理業務主任者。さらには今まで取得した資格を生かして独立開業
W合格のポイント
  • 往復約2時間の通勤時間中は講義を聴き、帰宅後は能動的に1時間勉強することを継続した
  • 重要な部分は反復して学習するよう努めた
  • 教材を信用して学習を続ければ合格できる

【4人目】M.T.さん 40代男性

マンション管理士・管理業務主任者W合格。お子様と笑顔のご出演!合格への手がかりは
W合格のポイント
  • 講義DVDを繰り返し10回は見た
  • スマホアプリで実施できる「確認テスト」は50回くらい解いた
  • 記憶力があまり良くなくても、反復することで「量を質に変える」ことができれば合格できる

【5人目】M.K.さん 50代男性

定年後のライフワークにできる仕事の足掛かりにと、資格取得を決意。
W合格のポイント
  • 平日は隙間時間だけで勉強すると割り切り、休日に図書館へ行って集中して勉強するようにした
  • 問題集を解く際は正解・不正解の記録を取り、自分が間違えやすい部分を見つけやすくした
  • 問題集を繰り返し(5回くらい)解いて、正誤の根拠を理解・記憶すれば合格できる

【6人目】K.M.さん 60代男性

通信教育のフォーサイト
W合格のポイント
  • 繰り返し過去問を解き、確実な知識を1つでも多く増やした
  • スキマ時間を徹底利用したほか、「目標を達成したら自分にご褒美をあげる」ということを実践した
  • 記憶力が低下していても、自分なりに工夫し克服すれば合格できる

【7人目】Y.K.さん 40代男性

通信教育のフォーサイト マンション管理士・管理業務主任者 合格者の声 2013年試験
W合格のポイント
  • 早い段階で学習を開始し、ゆとりのある時期に講義DVD視聴を済ませた
  • 問題集メインで学習した
  • 問題集を10回以上繰り返し、丁寧に解説を読みこめば合格できる

ダブル合格した人々に共通の勉強法とは?

以上、7人のダブル受験・ダブル合格者のインタビュー動画から、彼らの学習のポイントをまとめてきました。

一見、7人それぞれの方法でダブル合格を実現しているようにも見えます。しかし注意深く観察すると、彼らに共通の思考・行動が見て取れます。

以下で、彼らに共通している点を確認しましょう。

反復と継続

ダブル合格を達成した人々に最も共通していることは、「反復・継続」の重視です。

「反復」とは、テキストを繰り返し読み、講義を繰り返し聞き、問題集を繰り返し解くこと。

特に、彼らにとって問題演習の重要性は非常に高いようです。

私自身、宅建と管理業務主任者試験に合格した経験がありますが、どちらも過去問・予想問を繰り返し解くことで記憶を定着させました。なので、反復が重要であるという見解にはとても共感します。

管理業務主任者・マンション管理士のダブル受験を狙う場合、いっそう徹底して反復学習をやり込むことが重要のようですね。

また、「継続」を重視していることもダブル合格者に共通しています。

「継続」とは、合格に向けて毎日欠かさずに勉強し、前に進み続けるということ。

受験勉強を進める中では、仕事が忙しくてどうしても学習時間の確保が難しい時期や、やる気が今一つ湧いてこない時期もあります。

そんな時でも、1日30分でも良いから勉強する。まとまった時間でなくても良いので、スキマ時間を利用して少しずつ勉強に取り組むのです。

毎日同じようなことをコツコツと続けることは、相当に地道な作業になります。

しかしながら、管業・マン管のダブル合格がゴールなのであれば、日々の前進を怠らない精神が最重要…ということなのでしょう。

講師・教材を信じること

講師や教材を信じよう、というのもダブル合格者に共通したメッセージとなっていました。

管業・マン管両方の学習をするわけですから、解くべき過去問の量も多く、なかなか勉強が進まないように感じます。そのことから、「本当にこれで良いのか」「果たして合格できるのか」と不安でいっぱいになってしまっても、不思議はありません。

しかし、だからといって講師・教材を疑ってみたところで、意味が無いということです。

最悪なのは、講座そのものを途中で変更してしまうこと。講座を変えると、今までやってきたことをフリダシに戻して、異なる教材でゼロからのスタートすることになります。これはあまりにも非効率的です。

考えておくべきなのは、自分が選んだ講座には実績があるということ。つまり、その講座を利用して、管業・マン管の合格を達成できた人が何人もいたという事実を忘れてはいけないということです。

(※もちろん、中には実績の無い通信講座もあると思いますが、少なくとも今回の7人が利用した講座には実績があったのです)

他人にできて自分にできない理由はありません。講師や教材を信頼し、「この講座で合格できるんだ!頑張ろう!」と自分を鼓舞し、学習を進めること。ストイックに、着々とやるべきことをやること。

大切なのは信じて行動することであると、ダブル合格者たちは語っています。

年齢は関係ない

最後に指摘したいのは、年齢は関係無いということです。

これはダブル合格者たちが直接そう語っているわけではありませんが、7人の年齢構成を見ればハッキリしています。

  • 60代:2名
  • 50代:2名
  • 40代:3名

一般的には、50代・60代にもなれば記憶力・集中力が衰え、試験対策上は不利になると言われます。

資格試験の受験において、20代・30代のほうが有利であるというのは、ほとんど「常識」と言っても差し支えないでしょう。

ですが、少なくとも今回見たフォーサイトのインタビュー動画に関して言えば、ダブル受験・ダブル合格者は50代・60代で半数以上を占めているのです。

逆に、20代や30代はいません。

管業試験・マン管試験において、50代・60代のほうが特に有利ということはないと思います。どうしても記憶力や集中力は若い人に比べれば劣りますが、それをカバーするために多大な工夫をすることで、若い人に打ち勝っているという結果なのでしょう。

また、年齢を重ねたことで得た様々な知見・人生経験を、学習項目に結び付けやすいということもあるかもしれません。

いずれにしても、管業・マン管のダブル受験・ダブル合格に関しては、自分が歳をとっていることは言い訳にはならないということです。

自分がもし50代・60代であっても、絶対にダブル合格はできる。今回の7人の年齢構成からは、そんな頼もしい学びを読み取ることができます。

まとめ:ダブル合格者7人が利用した講座とは?

今回は、管理業務主任者・マンション管理士のダブル受験に挑戦し、見事ダブル合格に成功した7人の学習法を分析してきました。

彼らから得られた教訓を簡潔にまとめると、以下の3つのポイントになります。

  • 反復せよ、継続せよ
  • 講師・教材を信じよ
  • 年齢は関係ない

やはり実際にダブル受験・ダブル合格した人々の言葉には、重みがありますよね。

あなたも彼らの言葉を参考に、ゴールに向かって試験対策を開始していただければと思います。

ところで、ダブル合格者のメッセージの中には「教材・講師を信じよ」というものがあったわけですが、彼らが信じたのは通信講座のフォーサイトという教材でした。

フォーサイトの講座は、管業またはマン管を個別に対策するために使用することもできますが、それよりもむしろダブル受験に最適化された教材です。このことは「バリューセット」レビュー記事で書きました。

【購入レビュー】フォーサイト管業・マン管講座バリューセットとは?ダブルライセンスも狙える強力な布陣をシェア【画像40枚】
フォーサイト管理業務主任者講座・マンション管理士講座の「バリューセット」を購入しました!画像約40枚を交えつつご紹介していきます。ダブルライセンスを狙い撃ちできる強力な教材です。

フォーサイトの講座が優秀であることは、全国の合格率と比較して2~3倍の合格率をたたき出していることからも分かります。合格率まとめ記事をどうぞ。

フォーサイト管業・マン管講座の合格率とは?過去6年の変遷まとめ
フォーサイト管理業務主任者講座・マンション管理士講座の合格率を探していますか? 2013年からの年次のデータを表にまとめました。全国の合格率の何倍になっているのか一目で分かります。通信講座を検討しているなら、必見。

※ちなみに、合格率を公表している管業・マン管講座はフォーサイト以外にはほぼありません。

テキストや問題集、学習支援アプリも充実しており、マンション管理系資格を目指す人にはぜひ使ってほしい対策講座です。(テキストのレビュー記事問題集のレビュー記事学習支援アプリのレビュー記事を参照。)

でも、そんなにいい講座ならさぞ高額なんでしょ…?と思われるかもしれませんが、通学講座などに比べれば半分くらいの価格で受講できますし、キャンペーンやクーポン利用によりお得に購入することもできます。

【割引・クーポン】フォーサイト管業・マン管講座の受講料を節約する6つの方法【給付金・ギフト券】
フォーサイト管理業務主任者講座・マンション管理士講座の料金を安くする方法(割引やクーポン等)をまとめました。実際に購入した私だからこそ知っているおトクな情報を載せています。サッと一読して費用をおさえましょう♪

私も実際に購入して使ってみましたが「コレは良い講座だ!」という確信を得ましたので、自信を持ってオススメしています。

7人のダブル合格者たちも信頼を置いているフォーサイト管業・マン管講座。これから受験するあなたが合格可能性を少しでも上げるためには、実績のある講座を利用し、できるだけ早期に学習を始めることが大切です。

ぜひスピーディに行動し、売り切れる前に入手してくださいね。

それでは、今回はこの辺で!

この記事はあなたのお役に立ちましたか? よろしければ、SNS やブログ等でご紹介をお願い致します。

情報を必要としている一人でも多くの人に読んでいただき、「良かった!」「助かった!」と思ってもらうのが私の願いです。

あなたのお力をお借りできれば嬉しく思います。

コメントや質問・要望なども励みになりますので、お手すきの際にお寄せくださいませ。

お読みいただき、ありがとうございます(*^o^*)

フォーサイト管業・マン管管業・マン管コラム
Kiryuをフォローする
キリュログ

コメント