宅建士アプリ「道場破り」を使ってみた!スマホ・タブレットがあれば外出先でも勉強できる♪スキマ時間で目指せ合格!

「フォーサイト宅建士のスマホアプリがあるって本当?」

「道場破り、っていう名前らしいけど、一体何ができるの?」

「道場破りを使ったことがある人の感想や評判は?」

「道場破り」通信講座フォーサイト独自のEラーニングシステムです。Eラーニングというと難しく聞こえますが、要は従来の紙のテキストの代わりにスマートフォンなどのデジタル端末で学習するシステムだと考えてください。スマホのアプリ(iPhoneアプリ, Androidアプリ)で利用できるほか、ウェブサイトもあるのでPCやタブレットでも簡単に利用できます。

「道場破り」はフォーサイト宅建士講座のとても便利な教材のひとつなのですが、それほど知られていないように思います。インターネット上にもあまり情報が無いですね。無料サンプル請求の際にも使うことができないので、「どんなものなのかイメージが湧かないな~」と思っている人も少なくないのではないでしょうか。

そこでこの記事では、フォーサイト宅建士通信講座を購入して利用している私が、「道場破り」を実際に使った時の様子をシェアし、レビューしていきます。私個人の意見では不足する面もあると思うので、他の人達の感想も取り上げています。この記事を読み進めていくと、あなたに以下のメリットがあります。

  • フォーサイト宅建士講座をスマートフォン・タブレットで利用したときの雰囲気が分かる
  • 「道場破り」の各種機能の概要を把握できる
  • 「道場破り」を利用した合格者たちの声が分かる

以下の内容をぜひ読んでみてください。「道場破り」の全容が分かる内容になっているはずです。宅建士の通信講座を選ぶ際に役立つ情報になっていることを、お約束します!

何はともあれ「道場破り」を実際に使ってみた!

色々と説明するよりも、まずは実際に使っているところをお見せしたいと思います。次の3枚の画像は、通勤のバス車内で講義を視聴しているところです。窪田講師が何か話しているのがお分かりいただけると思います。

普段ぼ~っとしてしまいがちな通勤中の時間ですが、「道場破り」があるとこのように講義を視聴する時間に充てることができます。もちろん、周りに講義の音声を響かせるわけにはいかないので、イヤホンを使用しています。少し話が横道に逸れてしまいますが、私が使用しているイヤホンはこちらです。

無線機能を利用できる「Bluetoothイヤホン」です。コードが邪魔にならないのが便利。接続もとても簡単なので、通勤時間を使って学習したいと考えている人にはとってもオススメです。

話を元に戻します。仕事を終えて自宅に帰った後は体も心も疲れていて、勉強のために机に向かうのは少ししんどいですね。そこでリビングのテーブルの上にタブレット端末を置いて「道場破り」を使ってみました。iPad でデジタルテキストを表示して、読み込んでいきます。

紙のテキストを持ってきてしまうと「勉強している感」がとても強く出てしまいますが、タブレットで見ているならそれほどでもないですよね。リビングでテレビドラマをチラ見したり、家族との時間を過ごしたりしながら、インプットをしていきます。あまり根(こん)を詰め過ぎないのも勉強を継続するコツなんです。

ある休日の日。「休みの日はどこかへ外出したい!」「でも勉強もしなきゃ…」資格をとろうとする人は、マジメな人であればあるほどそんなジレンマを感じてしまいます。でも道場破りがあれば、両方の望みをかなえることができるんです。この日私はパートナーと無印良品の店舗へ出かけたのですが、彼女がゆっくりと買物をしている間、私は椅子に腰掛けて○×形式の練習問題を解いていました。

パートナーには「ゆっくり時間をかけて商品を見ていいよ」と言ってあります。パートナーがそうしている間、私は平日とは違う雰囲気の中でアウトプット学習。休日の気分転換と学習時間を自分なりに組み合わせているのですが、それが実現できるのもアプリ「道場破り」があるからこそです。

以上見てきたように、スマートフォンまたはタブレット端末で「道場破り」を利用すると、日々の色々な時間を「学びの機会」に変えていくことができるんです。「自分の受験勉強にも使えるかも…」というイメージを持っていただけたでしょうか? 以下で、もう少し詳しく「道場破り」をご紹介していきます!

「道場破り」を使うと得られるメリット3つ

スマートフォンやタブレット端末で講義を視聴したり、テキストなどを閲覧できる「道場破り」。この機能があることで、どんな学習上のメリットがあるのでしょうか? ここでは、特に重要と思われる3つのメリットを紹介します。

【メリット1】スキマ時間で勉強できる!

資格をとろうと考えたとき、多くの人にとって悩みの種になるのが、学習時間の確保に関することです。フルタイムで働いている人は、もちろん毎日すごく忙しいですよね。比較的時間の余裕があると思われがちな主婦の方だって、夫や子どものお弁当作りに始まり、炊事洗濯掃除から日用品の買物まで、やることは盛りだくさん。学生さんだって、授業やゼミ、部活動やアルバイトなど、予定がギッシリつまっているはずです。

「毎日やることがありすぎて、勉強のための時間を思うようにとることができない!」そんなあなたの頼もしい味方が「道場破り」なんです。このシステムさえあれば、通勤・通学の時間も、お昼休みの最後の10分も、ちょっとした空き時間の全てを勉強する時間に変えることができます。よく言われている「スキマ時間」の有効利用ですね。

ぜひ考えてみてください。あなたの1日にスキマ時間はどのくらいありますか?どんなに忙しい人でも、かき集めれば1~2時間くらいにはなるでしょう。毎日1~2時間を「道場破り」で学習に充てることができれば、宅建士試験に合格するという目標が、急に現実味を増してきますよね!

【メリット2】ゲーム感覚で勉強できる!

「道場破り」は紙のテキストや問題集をスマホやタブレット端末で使えるようにしただけではありません! 学習者が少しでも楽しみながら学べるように、ゲーム的な要素が取り入れられています。その最たるものが、テキストの重要ポイントが理解できているかどうかをチェックする「確認テスト」です。画像を3枚どうぞ。

「確認テスト」をゲームモードで実行すると、上の画像のように「相撲取り」が戦って勝利をおさめ、成長していくというゲームが始まります。正解すればするほど番付が上がり、レベルアップしていくのです。相撲取りを成長させるゲームに熱中していたら、いつの間にか宅建士の知識の定着までできてしまうなんて、嬉しいですよね。

後でご紹介するように、この「確認テスト」はゲームモード以外に「通常モード」が備わっています。特に相撲に興味は無い、むしろ周りの目を考えると相撲は避けたい…と感じる人もいると思います(特に女性の方)。通常モードは相撲が一切出てこないので、汗臭さの無い(?)スマートな雰囲気で確認テストを実施できますよ。

【メリット3】DVDプレイヤーは無くてもOK!

フォーサイト宅建士講座で多くの人が利用しているプランが「バリューセット」の「DVDコース」です。DVDコースは、映像付きの講義を受講できるのが良い点です。しかし、DVDプレイヤーを持っていないためにDVDコースの受講をためらってしまう…という人も多いのではないでしょうか。

ですが私が思うに、DVDプレイヤーを持っていなくても、DVDコースを選択するのは良い選択肢です!というのも、DVDコースを選択していることにより、「道場破り」で映像付きの講義を視聴できるからです。「道場破り」ではインターネット上にある講義動画を利用することになるので、ネット環境とスマホ1台があればDVD講義と同じものを視聴できます。

また、DVDプレイヤーを持っている人であっても、DVDをプレイヤーに出し入れするのは意外と面倒に感じるかもしれません。そういう人にも「道場破り」がおすすめです。DVDに触れなくても、YouTubeの動画を見るのと同じ感覚で講義を受けることができますよ。

ここで注意してほしいのは、「CDコース」を選択しようかと考えている方です。CDに収録されている講義は映像が無く、音声のみの講義となります。そのため、「CDコース」利用者が「道場破り」で利用できる講義は「音声のみ」になります。

言い換えると、「CDコース」を選択した場合は「道場破り」で映像付きの講義を見ることができないのです。フォーサイトの講義は、画面にテキストが映し出されるなど、映像付きのほうが断然分かりやすいですし、理解が深まります。迷った場合は、CDコースではなくDVDコースを選んでおくとよいと思います。

「道場破り」の主な機能

「道場破り」には多彩な機能が搭載されています。メニュー画面だけ出してみると、こんな感じです。

ここでは上記のメニューのうち、主なものを紹介していきたいと思います。既に触れたものもありますが、改めてこちらにまとめておきます。画像を多数交えてありますので、「道場破りってこんなことできるんだ~」と楽しんでもらえればと思います。

講義視聴

DVDコースを購入した人は、「道場破り」で基礎講座の講義映像を視聴したり、過去問講座の講義映像を視聴したりできます。(しつこいようですが、CDコースを選択した人は音声のみ講座を聞くことになります。)スマホ1台とネット環境があればいつでもどこでもネット受講できるというのは、「道場破り」の最大のウリです。

なお、人によっては通信料や通信速度が気になる人もいると思います。講義動画や講義音声はサイズが大きいためです。この場合、自宅の常時接続環境などで予め講義動画・音声をダウンロードしておくと、外出先等でも利用しやすいと思います。

何かおかしなことをして不正にダウンロードするのではなく、もともとダウンロード機能が用意されています。ダウンロードしたコンテンツはアプリ内で整理されるので、後で見返すのも簡単。この「道場破り」、本当に便利です!

お試しで講義を見てみたい人は、公式サイトで無料公開されている動画を見てみると良いでしょう。次のリンク先が該当ページです。

デジタルテキスト

フォーサイト宅建士講座を購入すると紙のテキストが送付されてきますが、紙のテキストと同内容の「デジタル版」を道場破りで閲覧できます。デジタルテキストはPDF形式で画質も良く、美しいテキストを楽しむことができます(下の画像は一部ボカシを入れています)。

基礎講座を購入した人は基礎講座のデジタルテキストを利用でき、過去問講座を購入した人は過去問講座のデジタルテキストを利用できます。バリューセットを購入した人は両方のデジタルテキストを閲覧できます。スマートフォンだと、画面の大きさ的にちょっと字が小さく感じられるので、タブレット端末で表示するほうが見やすいかなと思います。

フォーサイト公式サイトでデジタルテキストのサンプルを読むことができます。次のリンク先が該当ページです。

過去問題集

過去問講座を購入した人は、過去問題集をクイズ形式で解いていく機能を使うことができます。過去問講座のテキスト(過去問題集)に掲載されている問題を、アプリでより解きやすい形にしているのがこの機能です。実際に解いているときの様子をどうぞ。

問題を解いている際には、選択肢をタップすると打ち消し線が入ります。宅建士試験では、不要と判断した選択肢を消していく「消去法」のスキルを高めておく必要がありますが、その練習にもってこいの機能です。

回答後は正解・不正解が表示され、もちろん解説も読むことができます。

以上のような形で、過去問講座のテキスト5冊分の問題演習をアプリで実施できるんです。たくさん問題を解いて、最速で実力を高めましょう!道場破りなら、それができます。

確認テスト

確認テストは、先にもシェアしましたがテキストの一定範囲の理解度を試す目的で使う一問一答のクイズです。「相撲取り」を戦わせていくアレですが、「特に相撲に興味は無いし、むしろ相撲ゲームじゃないほうが良い…」という人もいるかもしれません。そういう人のために「通常版」モードも用意されています。

通常版の確認テストは、問題が出題され、○×で回答し、解説を読んでいく…というオーソドックスなドリルになっています。

20問程度の問題を解くと集計が行われ、正解率や回答履歴が表示されます。

私も何度も解いてみたのですが、感想としてはそれほど難しい内容ではなく、かといって簡単というわけでもありませんでした。テキストのポイントをおさえるという目的によくあった難易度になっています。正解率が100%になるまで取り組んで、基礎力アップを目指しましょう!

単語カード

単語カード機能は、「暗記学習用の単語帳の電子版です」とアプリ内では紹介されています。カードに書かれているちょっとした問題に答えて、知識の定着を図ろうというものです。

カードを「めくる」と、解答・解説も表示されます。

実はフォーサイト宅建士講座の「バリューセット」を購入すると、次のような「合格カード」という暗記用カードが同梱されてくるのですが、そのデジタル版だと考えると分かりやすいかもしれません。

ただ、合格カードが100枚であるのに対し、「道場破り」の単語カード機能は212枚あるといった違いもあります。いずれにしても、宅建士試験で合格するためにはある程度暗記に頼らなければならない部分が出てきますので、単語カードを活用して得点力アップにつなげていきましょう。

用語集

「用語集」は宅建士試験の専門用語まとめです。アイウエオ順で126個のキーワードが登録されています。

「譲渡担保」「成年被後見人」「責任能力」等々…やや難しめの用語とその意味が書かれています。検索機能もついているので、「あれ?このコトバってどういう意味?」と疑問に思ったときは、この用語集で探してみると良いと思います。

質問箱

フォーサイト宅建士講座では講師に質問することができます。質問は「道場破り」の質問箱機能で行います。質問を記入して登録しておくと、数日後には返信が返ってくるというシステムです。

通信講座やWEB講座は、通学講座と比較すると「講師に質問できない」ということがネックだと感じる人が多いようです。フォーサイトの場合、講師にあてて質問を送ることができるので、そういう心配はしなくて済みます。ある程度自分で調べても答えが分からない時、最後の手段として使いたい機能ですね。

購入したプランによって無料で質問できる回数が異なっていて、バリューセット2の場合は15回まで質問できます。実際に質問を15回まで使い切る人はほとんどおらず、だいたいの人が3~5回程度使うくらいで終えているようです。フォーサイトはそもそも講義やテキストの質が高いため、質問に至ること自体が少ないのでしょう。

規定の回数を超えて質問したい場合は、1問あたり500円の追加料金でさらに質問することも可能です。規定の回数を知りたい人は、下記ページの「教材内容」の「詳しく見る」ボタンを押して確認してみてください。プランごとの無料質問回数が一覧になっています。

スケジュール

スケジュール機能は、おそらく「道場破り」で最初に使いたくなる機能だと思います。自分自身の1週間のスケジュールを入力していくと、学習可能時間を抽出してくれます。それをもとに、宅建士本試験日までの学習スケジュールを自動で作成してくれるというすごい機能なんです。

この機能だけはPCで見たほうがイメージしやすいと思うので、PCの画像を掲載しています。下のような画面で、月曜日~日曜日のスケジュールを30分刻みで入力していきます。入力された内容から、システムが「学習可能時間」を拾い出してくれます。

「最適なプランを判定」というボタンを押すと、本試験日から逆算して、日々具体的に何をすれば良いのかを下の画像のように割り出してくれるのです。

カレンダー表示もできて、分かりやすい。

こうして試験日までの学習計画を半自動的に作ってくれます。資格試験や検定試験の経験があまりなく、試験日までをどのように過ごせば良いかイメージできない人も、この機能を利用すれば「何月何日の何時にこの範囲の勉強をする」というレベルで行動予定が決まります。道場破りが計画した通りに日々学習すれば、迷うことなく合格に向けて一直線に勉強できることでしょう。

「道場破り」を使った人の感想や評判は?

「道場破り」はかなり便利なシステムで、フォーサイト宅建士講座の受講者の評判もとても良いものになっています。フォーサイトが実施しているアンケートの「道場破りについてのご感想」を見てみましょう。2017年度は7割以上の人が「非常に満足」「満足」のどちらかで回答しています。

さらに合格者の人々の具体的な声を確認してみます。フォーサイト公式サイトの「合格者の声」から一部抜粋です。

eラーニング「道場破り」を使って、電子テキストも利用しました。「これってなんだったっけ」と思ったものの、子どもを抱えていて紙のテキストの場所まで動けない時など、スマホでさっと確認できて便利でした。

「道場破り」も電車の通学時間などでたくさん使いました。ゲーム感覚でできるので、楽しみながら勉強できたのが良かったです。

eラーニング「道場破り」を使って、空き時間にタブレット端末で動画を観て学習しました。確認テストも2~3回は解いて、記憶の定着に役立てました。

eラーニング「道場破り」がとても便利でした。空いた時間に動画を観て勉強できるので、通勤の際などに使っていました。

「道場破り」はめちゃめちゃ使いました。スケジュール管理が便利で、すごくうれしかったです。勉強する順番や進度が自動で設定されるのが、時間管理の目安になって助かりました。講義動画が1.5倍速で見られるのも、復習にとても便利でした。

合格者の方々は、声を揃えて「道場破りは良かった!」と言っています。便利な機能がたくさん備わっているので、それもうなずけるな~と私は思います。上記以外の声を確認してみたい人は、下記「合格者の声」ページで、「道場破り」を検索してみてください。

アプリ「道場破り」のまとめ

以上、道場破りについてご紹介してきました。ここまでの内容を3つのポイントにまとめておきます。

  • フォーサイト宅建士講座はネット接続環境で使用できるEラーニングシステムである。スマートフォンのアプリのほか、タブレット端末やPCでも利用できる。
  • 「道場破り」の主な機能として、講義視聴・デジタルテキスト・過去問題集・確認テスト・質問箱・スケジュール自動作成などがある。
  • 合格者たちの多くが「道場破り」を高く評価しており、宅建士試験合格の助けになったと感じている。

フォーサイトのEラーニングアプリ「道場破り」は、名前は少し変わっていますが、使いこなすと勉強がとてもはかどるシステムです。毎日を忙しく過ごしている人ほど、勉強の強い味方になってくれます。やはりテキスト・講義・過去問のどれもがスマホ1台で見れて、時間・場所にとらわれずに勉強できるというのは大きいです。

現状、「道場破り」は無料サンプル教材で利用することができません。お試しで体験できないのは残念ですが、その分、この記事では私が「道場破り」を利用している場面の画像を交えて、かなり詳しく紹介しました。フォーサイト公式サイトの情報も参考にしつつ、あなたの宅建士講座選びの材料にしていただければ嬉しいです!

コメント