フォーサイト宅建士講座を買う前に知っておきたいポイント3つ!購入手順・おすすめプラン・安く買う方法をシェア

「フォーサイト宅建士講座の購入手続きってどんな流れなの?支払方法は?」

「いくつかのプランがあるけど、何を基準に選べば良いの?」

「料金はいくらなの?安く買う方法はある?」

宅建士の受験対策をするにあたり、初めて通信講座を購入するというかたも多いのではないでしょうか。Amazon や楽天でマンガ・DVDを買う機会はたまにありますが、通信講座となると滅多に申し込む機会は無いですよね。

この記事では、私自身がフォーサイト宅建士講座を購入したときの実際の経験をもとに、「購入前に知っておきたかった!」という情報をまとめていきます。記事を読み進めていくと、あなたには次のメリットがあります。

  • フォーサイト宅建士講座の購入の流れが分かる
  • フォーサイト宅建士講座のプランの選び方やおすすめプランが分かる
  • フォーサイト宅建士講座の料金と「安く買う方法」が分かる

ちなみに、今回私が購入したのは教材がフルで手に入る「バリューセット2・CD+DVDコース」というものです。ぶっちゃけ、「CDは要らなかったな~」と思っているので、小さいですが失敗もしています。あなたにはできるだけ失敗してほしくないので、フォーサイト宅建士講座の購入前にぜひ以下の内容を参考にしてください♪

フォーサイト宅建士講座の購入手順

はじめに、私がフォーサイト宅建士講座を購入したときの手順を、画像つきでシェアしていきます。あなたが実際に購入する際に間違えないための予習として、活用してください。

公式サイトにアクセス

フォーサイト宅建士講座の公式サイトにアクセスします。

「受講料・お申込み」をタップします。といっても、どこにそのボタンがあるのか分からないかもしれません。下の画像の矢印の先です。

タップすると、「受講料・お申込み」ページに移動します。

以下、続きます。

講座・コースを選択

「受講料・お申込み」ページで下にスクロールします。すると、「バリューセット1」の申込みボタンが現れます。

「CDコース」「DVDコース」「CD+DVDコース」の3種類あり、価格も別々になっています。しかし、後で詳しくお話しするようにバリューセット1よりも2のほうが望ましいため、ここはスルーしてさらに下へスクロールします。

「バリューセット2」の申込みボタンが現れます。こちらも「CDコース」「DVDコース」「CD+DVDコース」から選べるようになっています。今回、私はバリューセット2の「CD+DVDコース」を買うことにしていたので、該当コース下にある緑色の「お申込み」ボタンをタップしました。

選択した講座・コースの名称と、受講料金が表示されます。キャンペーンで47,000円割引とのこと。この値引きは嬉しい…♪

選択した講座が間違っていなければ「お客様情報の入力へ」をタップします。

住所・氏名・支払方法を入力

住所(教材の送り先)や氏名などの個人情報を入力します。フォーサイトは怪しい会社ではなく、大手の資格対策通信予備校なので、個人情報を送信しても問題はありません。

さらに「決済方法」(支払いの方法)を選択します。「代金引換」「クレジットカード」「銀行振込」から選べます。今回、私はクレジットカード決済を選択しました。

また、教育訓練給付金制度の利用を希望する人は上の画面で「希望する」にチェックを入れます。入力・選択が終わったら、「同意の上、確認画面へ」というボタンで次に進みます。

送料込み金額と申込内容を確認

選択した講座と送料込みの料金、住所等が表示されます。支払総額についてこの画面で改めて確認するわけです。問題無ければ「申し込む」ボタンで次に進みます。

今見たように、フォーサイト宅建士講座を購入にあたっては、講座の料金に送料が別途加算され、それがあなたの支払い額になります。

では、送料はいくらなのでしょうか? フォーサイト宅建士講座の送料は地域によって細かく分かれているので、一度公式ページを訪れて情報を確認してみてください。

上記ページの下のほうに「発送時期・送料について」とあり、地域ごとの送料の詳細が記されています。ざっくり言うと、一番安い地域で500円前後、高い地域で2,000円前後です。私自身は、購入当時は沖縄に住んでいたため、一番高い送料を支払いました(T_T)

決済・申込み

次に進むと決済情報の入力画面になります。カード番号等を入力します。

クレジットカードカード払いの場合は、12回等で分割して支払うことも可能です。分割払いの詳細は、公式ページを確認してみてください。

上記ページの下部に「お支払い方法」という項目があり、カード払いの詳細が記されています。

カード情報・支払回数を入力します。私は一括払いを選択しました。問題無ければ「申し込む」をタップします。

ここまでやったら、申込み完了です!お疲れ様でした。

申込み時に入力したメールアドレスに次のようなメールが届きます。

あとは、教材到着を待つのみ。短ければ1~2日、長くても4~5日で届くと思います。

プランを選ぶ際の考え方と、おすすめプラン

フォーサイト宅建士講座の購入を検討すると、必ずぶつかってしまう問題があります。それは、「選択肢がたくさんあるけど、どれにすれば良いの?」ということです。どんなプランがあるのかまだ知らない方は次のページをどうぞ。

私も最初どのプランを選べばよいのか分からず、「???」状態でした。ですが、少し時間をかけて考えてみると、宅建士試験に合格したい人が選ぶべきプラン・選ぶべきでないプランは明確であることが分かります。ここではそれぞれのプラン内容を簡単に説明し、あなたに必要なプランがどれかなのかを示します。

基本的な選択肢は2つ

フォーサイト宅建講座を申し込む際、最も基本的な選択肢は2つあります。「バリューセット1」と「バリューセット2」です。

バリューセット1
「基礎講座」「過去問講座」の2つで構成されているセット。
バリューセット2
「基礎講座」「過去問講座」「直前対策講座」の3つで構成されているセット。

図解すると、次のようになります。

要するに、バリューセット1は「基礎講座」と「過去問講座」のセット講座です。バリューセット2は、バリューセット1に「直前対策講座」を追加したもの、という位置づけになっています。

ここで「基礎講座」って何?という疑問が湧いてきますよね。おおよそ次の画像の内容が基礎講座です。

入門講座テキスト1冊、主要テキスト4冊と、講義メディアで構成されています。宅建士の試験範囲をゼロから学ぶことができる初心者向け基礎力養成講座です。テキストのレビュー記事も書いていますので、ぜひ読んでみてください。

フォーサイト宅建士のテキストを使う10のメリット・2つのデメリットまとめ!通信講座選びで悩むあなたのために、徹底レビュー
通信講座の最重要教材は「テキスト」です。この記事では、フォーサイト宅建士講座のテキストを使ってみて感じたメリット・デメリットをまとめました。画像を多く交えながら詳しくレビューしています。

「過去問講座」とは何でしょうか?おおよそ次の画像の内容が過去問講座です。

過去問題集5冊と、講義メディア、学習用ノートで構成されています(この他、「再現問題集」も過去問講座に含まれます)。基礎講座で身に付けた知識をもとに問題を解く力を養う「応用力養成」の講座です。過去問題集のレビュー記事もありますので、関心のある人はぜひ。

フォーサイト宅建士講座の高い合格率を支える過去問題集・過去問講座とは?メリットとデメリットをまとめて紹介
宅建士に合格するためには問題を解くしかない。でも、せっかく解くなら短い時間で知識をガンガン定着させたい。そんなあなたの思いをフォーサイトの過去問題集・過去問講座が叶えてくれます。購入者による徹底レビュー!

「直前対策講座」とは何でしょうか? おおよそ次の画像の内容が直前対策講座です。

薄めのテキスト2冊と、対応する講義DVDが含まれています。テキストの1冊目は、その年に出題される最新の法改正事項・統計事項をまとめた『法改正・統計資料対策編』です。テキストの2冊目は、直前期に復習しておきたい知識を一問一答の形式にした『択一対策編』です。この2冊を何度も解くことが、本試験での得点アップに直結していきます。

バリューセット1・2どちらが良いの?

バリューセット1と2は、どちらを選べば良いのでしょうか。私も購入するにあたって色々と考えたのですが、結論としてはその年に合格したいのなら絶対にバリューセット2を選ぶ必要があると思っています。

なぜかというと、それはバリューセット2の「直前対策講座」の中身が得点に不可欠だからです。「直前対策講座」には、次の2つの講座が含まれています。

  • 法改正・統計資料対策講座
  • 択一対策講座

特に「法改正・統計資料対策講座」に注目してください。実は、宅建士試験では「法改正に関する出題」と「統計資料に関する出題」は毎年必ずあります。法改正が1~2問、統計資料が1問ほどです。

必ず出題されると分かっており、かつその学習範囲も限定されているのですから、法改正と統計資料については深く学習し、得点源にするべきだと思います。全て正解できれば3点くらいアップしますしね!

そこで大きな力になってくれるのがバリューセット2の「直前対策講座」ということになります。講師の講義を通してその年の法改正・統計資料を学ぶことができるからです。ということで、本試験で1点でも多くとり、合格の可能性を少しでも高めたいなら、バリューセット2を選びましょう。

なお、バリューセット2のほうがバリューセット1よりもやや高額です。1万円くらいアップします。人によっては、「1万円アップは痛いから、バリューセット2は避けたい…」と思う人もいるでしょう。しかし私はそのような意見には賛成できません。

想像してみてください! その1万円をケチったことで1点・2点を取り逃し、不合格となってしまったらどうなるでしょうか。来年もまた学習計画を立て、教材を買って毎日勉強しなければならなくなります。失われる時間とお金は甚大で、1万円どころでは済みません。

宅建士試験は、取れたかもしれない1点・2点を逃がしてしまい、あえなく不合格となってしまう人が非常にたくさん出てしまう試験です。そんな1人になってしまわないよう、バリューセット2を利用して、万全を尽くすべきだと私は思います。

実際のところ、フォーサイトを受講して合格した人は、どの講座を選んでいるのでしょうか? フォーサイトが受講者から集めたアンケートのデータを提供しているので、参考にしてみましょう。

アンケート結果によれば、2017年度受講者アンケートに答えた合格者のうち、82.7%がバリューセット2を選択しているとのことです。合格したければバリューセット2を利用するのがベストであるということをデータが裏付けていると見るべきでしょう。

「そんなにバリューセット2が良いのなら、もっと早く教えてよ!もうバリューセット1を買ってしまったよ!」

そんな声が聞こえてきました(^^;) バリューセット1を購入済ということは、直前対策講座が届かないわけです。せっかくの得点源なのに、対策ができないとするともったいないですよね…。こういう場合、どうすれば良いのでしょうか?

ご心配なく!フォーサイト宅建士講座はバリューセット(セット講座)だけでなく、単科講座も販売しています。単科講座というのは、言い換えるなら講座の「バラ売り」です。

つまり、バリューセット1を購入済の人でも、直前対策講座のみを追加で購入することが可能となっています。詳細は、公式サイトの次のページの下のほうにある「単科講座 直前対策講座」を確認してみてください。

メディアを選ぼう!CD or DVD

続いて、手元に届く「メディア」を選択する段階に進みましょう。話を簡単にするために、以下ではバリューセット2に焦点を絞ることにします。バリューセット2は、さらに次の3つのコースに分かれています。

  • CDコース
  • DVDコース
  • CD+DVDコース

これら3つの違いは、講師の講義が収録されているメディアがCDなのか?DVDなのか?という点です。価格も異なっていて、CDコースが一番安く、DVDコースが中間、CD+DVDコースは最も高額になっています。

宅建士の試験対策をゼロからスタートしようという人の場合、どのコースを選ぶべきでしょうか?

絶対に言えることは、CDコースを選ぶのは割けるべきだということです。その理由は、CDコースは音声のみの講義だからということにつきます。DVDのような映像は全く見られないのです。

映像つきの講義では、今講師がどんな表情で話をしているか、学習者に対して資料のどこを見せながら話をしているか、といった視覚的情報が多く含まれるため、聞いていて分かりやすいです。反対に、そういった視覚情報が全てカットされた音声のみ講義は、かなり分かりにくくなります。学校の先生の授業を目をつぶって聞いたらどんな感じか?というのを想像してもらえれば良いと思います。

しかも残念なことに、CDコース用の講義を別途収録しているわけでもないのです。「DVDの映像つき講義」から音声を抜き出したものがCDコースとなっています。とすれば、フォーサイトの講義は映像があることを前提に進んでいくにも関わらず、CDコースでは映像を見られないのです。これでは初心者の方ほど理解が進みません。

以上のように考えると、通常はCDコースは避けておき、DVDコースまたはCD+DVDコースを選ぶことになるでしょう。

では、「DVDコース」と「CD+DVDコース」はどちらを選ぶべきでしょうか? この点は、あなたが今後とるであろう学習スタイルに合わせて選べば良いと思います。

つまり、「DVDは使うけど、CDを使う予定は無さそう」であれば、DVDコースを選ぶと良いでしょう。逆に、「CDも使うことになりそうだ」「CDがあると便利かも」という人は、CD+DVDコースを選ぶと良いでしょう。

「DVDコース」か「CD+DVDコース」かという点は人それぞれであり、どちらが良いということは特に無いと考えています。自分に合いそうコースを選んでください。

たとえば、車で通勤している人はCD+DVDコースを選ぶのが良いと思います。CDを持っていれば、運転中はCDを再生して聞き流すことができるからです。朝や夜には自室でDVDを見て学習し、通勤中はCDを聞いて復習する…というのは、かなり効率的な勉強方法だと思います。

ちなみに私の場合、車はほとんど運転しないのですが、ものは試しと「CD+DVDコース」を購入してみました。結局、CDを使う機会はほとんど無かったため、「DVDコース」にとどめておけば良かったな~と反省しています。CDを聞く時間がとれそうにない人は、「DVDコース」で十分です。

講座の料金と、安く購入する方法

ここまで、あなたが選ぶべきプランはバリューセット2の「DVDコース」または「CD+DVDコース」であると説明してきました。では、その料金はいくらなのでしょうか? また、少しでも安く手に入れる方法は無いのでしょうか? ご説明していきます。

定価

フォーサイト宅建士講座バリューセット2の定価は、「DVDコース」が約9万円、「CD+DVDコース」が約11万円となっています。フォーサイトは合格率が高い分、値段も高いという設定です(^^;) 通「学」講座よりは少し安いですが、それでも躊躇せずに買える人はあまりいないと思います。

でも、ありがたいことに安く購入する方法がいくつもあるんです。私自身、バリューセット2を購入する際にそれらを利用することでずっと安い値段で購入できました。以下、その方法をご紹介します。

随時実施の割引キャンペーンを利用する

フォーサイトでは、時期ごと・季節ごとにキャンペーンを実施しています。春のお花見キャンペーンや、夏祭りキャンペーン、本番直前キャンペーンなど。キャンペーンを利用した割引が最も割引額が大きいです。

上記はある2018年のある時点での価格です。「DVDコース」が約5.7万円、「CD+DVDコース」が約6.6万円にまで下がっています。ぶっちゃけ、ほぼ常にキャンペーンを行っているみたいです(^^) あなたもキャンペーン価格を利用できる可能性が高いと思います。

ちなみに、2018年7月下旬からは「FINALキャンペーン」が実施され、通常キャンペーンよりもさらに割引率が大きくなっていました。

なんと、「DVDコース」が約4万円…! 通常キャンペーンよりさらに1.7万円も安いという価格破壊セールです。このときはバリューセット2のほうがバリューセット1よりも安いという、意味の分からない状態になっていました(^^;)

ただし、あなた自身は「FINALキャンペーン」の利用を積極的に考えるべきではないと思います。FINALキャンペーンの実施時期は、本試験当日まで3か月を切った頃です。その時期まで待ってから通信講座の利用を開始するのでは、やや遅いという感じが否めません。

無理に激安キャンペーンを狙うのではなく、ほどほどのキャンペーン価格を利用して早めに購入し、学習を開始しましょう。早期に学習を開始してサクッと合格してしまったほうが、そうしないで不合格になってしまうよりも、トータルで見ればコストが安くなることを忘れないでください。

サンプル教材請求者限定の特別価格

私は教材購入前にサンプル教材の請求も行いました。嬉しいことに、サンプル教材が届いた何日か後、サンプル請求者限定販売価格のメールがフォーサイトから送信されてきました! 内容としては、5日間限定でバリューセット1・2がお得に買える!というものです。具体的な額は伏せますが、通常キャンペーンより安い価格になっていました。

問題は、今後もこのような特別価格での販売があるかどうかです。断言はできませんが、おそらく継続して実施されるだろうと私は予想しています。サンプル請求をした人にお得な価格を提示するというのは、買う側にも売る側にも色々なメリットがあるので、やめてしまうとは思えません。

いずれにしてもサンプル請求は完全に無料です。ぜひ一度取り寄せてみると良いと思います。サンプルを試してみて気に入ったとき、サンプル請求者限定価格のお知らせが来ていればラッキー!お得に購入しましょう。

教育訓練給付制度を利用する

フォーサイト宅建士講座は、国の「教育訓練給付制度」の指定講座になっています。教育訓練給付制度は、失業した人のうち一定の条件を満たす人を対象とする制度で、厚生労働省の指定講座を修了すると、修了までに支払った学費の20%をハローワークから支給してもらえます。

20%というのはかなり大きいですよね! 最初の支払いの時点で安いというわけではないのですが、給付額を含めて考えると実質支払額が安く済むということになります。

通常キャンペーン実施時に「DVDコース」または「CD+DVDコース」を購入した際の「講座料金」「給付額」「実質料金」を以下にまとめてみました。

バリュー2
DVDコース
バリュー2
CD+DVDコース
講座料金 56,900円 65,600円
給付額 11,380円 13,120円
講座実質料金
(料金-給付額)
45,520円 52,480円

上記はシュミレーションなので、実際にこの金額になるとは限りません。ですが、制度をうまく利用すれば1万円くらいは費用を抑えることができそうです。あなたがもし制度利用資格を持っているなら、ぜひ利用しましょう!下記で詳細を確認できます。

アンケートに答えてAmazonギフトコードをもらう

フォーサイトは例年、宅建士試験の合格発表後に、受講生に対しアンケートへの回答を求めています。そして、回答者には1,000円分の Amazon ギフトコードをプレゼントしています。

Amazon をよく使う方であれば、1,000円分のギフトコードはほとんど現金と同じ価値を持っていることが分かると思います。見方を変えれば、アンケート回答によって1,000円安く通信講座を購入できたのと同じです。合格発表後は忘れずにアンケートに解答するようにしましょう。

中古品を買ってはいけない理由

フォーサイト宅建士講座をフリマアプリやオークションで安く買えば良いのではないか? そう考えている人もいるかもしれません。ですが、私は全くおすすめしません。やめておくのが賢明です。その理由を2つ、以下に書いておきます。

第一に、フォーサイトは教材を譲渡する行為を明確に禁止しています。譲渡というのは、他人に対してお金をとって、またはとらないで教材を譲り渡す行為を言います。フォーサイトは譲渡した人に対しては今後一切の申込みを受け付けないこと、スマホアプリ「道場破り」のアカウントは無効とするなど、厳しめの規定を設けているほどです。

なぜ厳しい対応をしているのでしょうか? 教材を譲渡する行為が横行してしまうと、フォーサイトは教材で売上を上げることができなくなります。これは、会社として営業を続けていくことが困難になるということです。

そうなると、今後は高品質な学習教材を提供できなくなり、私たちがその恩恵にあずかる機会も永久に失われてしまうことでしょう。そう考えると、この禁止規定があることは理解できます。

フォーサイトの規約を見る限り、譲渡行為は禁止されている一方で、譲渡を受ける行為(つまり、中古品を購入する行為)については明文が無いようです。しかしながら、譲渡を受ける行為は禁止されている譲渡行為に協力しているわけですから、誉められたものではありません。万が一中古品の中に破損・汚損があったとしても、フォーサイトに対して良品への交換を求めることもできないでしょう。

中古品を買うべきでない理由の2つ目は、もう少し一般的な話になります。それは「宅建士試験の対策には、最新年度の教材を使うのがセオリーである」ということです。教材がフォーサイトのものであっても、そうでないものであっても、昨年のものやそれ以上前のものを使うのは望ましくありません。

その理由は、宅建士試験が法律知識を問う試験であることに関係しています。不動産取引に関係する法律は、毎年何かしらの改正が行われます。1年前の中古品を利用すると、当然改正前の内容で学習することになり、身に付ける知識が古いものになってしまいます。本試験では法律の改正点についても必ず問われていますので、古い教材を使って学ぶことは本番で絶対に解けない問題を自ら作っているのと同じなのです。

以上のことから、フォーサイトの教材を利用したい人は、新品をフォーサイト公式サイトで購入することをおすすめします。フリマアプリやオークション等で中古品を買ってみても、何も良いことはありません。品質の高い教材を提供しているフォーサイトに対しては、正当な対価を支払いましょう。それにより講座を気持ち良く利用することができるばかりでなく、フォーサイトの今後の事業運営を応援することにもなります。

この記事のまとめ

以上、フォーサイト宅建士講座の購入に関係する情報をお伝えしてきました。この記事のポイントを以下にまとめます。

  • フォーサイト宅建士講座の購入はインターネット上で行う。支払い方法として「代金引換」「クレジットカード」「銀行振込」が選べる
  • フォーサイト宅建士講座は「バリューセット2」を選択するべきである。「CDコース」は避け、「DVDコース」または「CD+DVDコース」のどちらかを選ぶのが良い
  • フォーサイト宅建士講座「バリューセット2」の価格は、キャンペーン利用により6万円前後である。安く購入する方法が他にもいくつかあるので、賢く利用すると良い

最後にもう少しだけ。通信講座の購入は、一種の「賭け」であると感じてしまう人が多いようです。数万円払って買ってみても、もしかしたら自分に合わない教材かもしれず、結局役に立たなかったらどうしよう…と不安に感じてしまうのです。私自身、モノを買うときには必要以上に慎重になるタイプなので、そのような気持ちは良く分かります。

ですが、先にも少し紹介した「フォーサイト受講者アンケート」の結果を見てみると、そういう心配はほとんど不要であることが分かります。下の画像は2017年度受講者のものです。「非常に満足」「満足」を合わせて83.6%にも達しています。大多数の受講者がフォーサイト宅建士講座を好意的に評価しているのです。

反対に、「不満」「非常に不満」を選んでいる人を足しても、3%程度です。全体から見ればごくわずかな数字です。私は、この3%の人達の多くはフォーサイト宅建士講座のことをあまり調べずに購入してしまったのだろうと思っています。調べていない人は自分に合う・合わないが事前に分かりませんから、ミスマッチを感じて低い評価をしてしまうのは納得できます。

一方のあなたはどうでしょうか。このブログのレビュー記事を読み込んだのではないでしょうか。その上でなんとなく「自分に合っていそうだ」と感じているのではないでしょうか。

そうだとすれば、あなたは「しっかり調べた人」の一人になれています。フォーサイト宅建士講座を利用したならば、「非常に満足」「満足」と感じる8割の人の一人になれることでしょう。フォーサイト宅建士講座の購入は、実はあなたにとってかなり勝ち目の高い「賭け」のようです。

ということで、「賭け」に例えて考えてみました。最後に「賭け」に関する名言を一つご紹介して、この記事の結びにしたいと思います。『仕事は楽しいかね?』という自己啓発書を著した米国の実業家デイル・ドーテンの言葉です。

一か八かの賭けをしないなら、チャンスなど一つもない。

コメント