騙されるな!フォーサイト宅建講座の口コミ評判12件を検証した結果

騙されるな!フォーサイト宅建講座の口コミ評判12件を検証した結果

フォーサイト宅建士講座を受講した経験がある宅建士Kiryuです(*^o^*)

今回はフォーサイト宅建士講座の口コミ・評判12件を紹介しつつ、それらの内容を検証していきます。

というのも、ネットでフォーサイト宅建士講座の良い評価をよく見かけるのですが、その賛辞には事実とは異なる点(つまり、ウソ)が含まれていることがあるからです。

逆に悪い評価が書かれていることもありますが、やはり内容が妥当でない場合があり、「何も知らない受験生を騙そうとしているのか?」とすら感じます。

そこでこの記事では、フォーサイト宅建士講座(教材:バリューセット2)を実際に受講した私が、良い口コミ・評判と悪い口コミ・評判の両方を取り上げて「真実はどうなのか?」を検証しました。

フォーサイト宅建士講座をこれから検討する人も、購入に迷いを感じている人も、以下の内容をぜひお読みください。

妥当な判断ができるようになることを、お約束します。

スポンサーリンク

宅建

フォーサイト宅建士講座の歴史と特徴

本題に入る前に、そもそも「フォーサイト」「フォーサイト宅建士講座」とは何なのかを軽く説明します。

フォーサイトとは?

「フォーサイト」は、資格・検定試験の受験対策講座です。

1993年に設立され、25年以上に渡って支持されてきた長い歴史があります。

当初はビルのフロアを貸し切って受講生に生講義を行う「予備校・通学」のスタイルでしたが、現在は通信講座に特化しています。

それにより格安な受講料が実現し、全国の多くの受験生が受講するようになりました。

フォーサイト宅建士講座とは?

「フォーサイト宅建士講座」はフォーサイトの設立当初から開講されている受験対策講座です。

独自の合格ノウハウを積み上げた結果、2018年・2019年にはオリコンの宅建通信講座ランキングで1位を獲得しました。

フォーサイト宅建士講座は次の3つの特徴で良く知られています。

  1. 充実した教材
  2. 高い合格率
  3. 便利過ぎるアプリ

「充実した教材」については、当ブログ管理人が実際に使用した際のレビュー記事にて、画像付きで詳しく紹介しています。

フォーサイト宅建士講座を受講した感想【バリューセット2】
【宅建士合格ブログ】フォーサイト宅建士講座「バリューセット2」を実際に使ってみた私の感想+レビューです。画像も30枚掲載中。教材の特徴や料金に見合うかどうかを詳しく解説しています。

「高い合格率」については、フォーサイトの合格率の変遷まとめ記事を参照してみてください。

フォーサイト宅建士講座の「合格率」は何パーセント?驚きの数値とその理由を公開。信頼性も検証してみた!
【宅建士合格ブログ】フォーサイト宅建士は驚きの合格率!「信頼できるの?」「そんなに高い理由は?」あなたの疑問に答えます!

フォーサイトのアプリ「道場破り」は、スマートフォンでインプット学習もアウトプット学習も可能な、業界屈指の画期的なアプリです。アプリレビュー記事が参考になると思います。

フォーサイト宅建士講座のスマホアプリ「道場破り」使ってみた!
【宅建士合格ブログ】フォーサイト宅建士講座のアプリ「道場破り」とは?実際に使ってみた様子をお見せします。主な機能の解説、講座利用者の声も合わせて掲載中。試験勉強がとってもはかどるシステムです!

以上、フォーサイト宅建士講座の歴史と特徴を確認してきました。

いよいよ本題に入りましょう。

フォーサイト宅建士講座「不満の口コミ」「悪い評判」は?

ここでは、フォーサイト宅建士講座を使ってみて「良くなかった」「別の教材のほうが良かった」と思った人の口コミを確認していきます。

ネット上にはこの講座を賞賛する意見が多いので、真逆の評価を下した人達のリアルな声は貴重な資料です。

あなたが合格を賭けるかもしれない教材に一体どのようなリスクがあるのか、考えていきましょう。

合格点ギリギリを狙うのは良くない

フォーサイト宅建士講座の不満の口コミの中で、最も耳を傾けるべき指摘は次のものだと思います。

30代・男性の口コミ
30代・男性

合格点ギリギリを狙った講座なので、運が良ければ合格し、運が悪ければ落ちてしまうという「運次第」の面があると思う。試験は年に1回しかないのだから、運任せにするのは危険過ぎるので、控えるべき。

むしろ、合格点を超えて得点できる対策をしなければならないと思う。そのためには、もっとひとつひとつの論点が丁寧に解説された市販の教材を使うほうが良い。

この指摘は、「確かに…」とうなずける部分もあります。

フォーサイトは基本的に「満点を取る必要は無い。重要度の高い部分を中心に勉強し、合格点を取りましょう」という「合格点主義」の通信講座です。

フォーサイトのテキスト・合格点主義

合格点を取れるレベルになっただけでは危険である、というのは私も同意します。

というのも、「合格点を(おそらく)取れるレベル」であれば、たとえば「その年の出題内容が少し苦手分野に偏っていた」とか、「当日の体調がたまたま優れなかった」といった事情で、不合格になる可能性が残ってしまうんです。

受験する以上、不合格は避けたいですよね。

しかし理解しておきたいのは、どんな宅建試験対策講座も「合格点を大きく超えて点数を取りましょう」というスタイルはとっていないということです。

なぜなら、宅建試験の場合、そもそも「合格点を取れるレベルに達する」こと自体が、多くの学習者にとってとても難しいから。意外と難関レベルの試験なんです。

とすれば、「合格レベルに到達することにまずは全力を注ぐ」というのは、方法論として全く間違ってはいないと言えます。

さらに言うなら、フォーサイトは「短期間のうちに合格点を取れるレベルに達する」というゴールに対しては、十分に最適化された教材になっています。

「そんなの分からないでしょ」と思うかもしれませんが、私はフォーサイトだけでなく、スタディングやユーキャンなど複数の宅建士講座を実際に使ってみたうえで、そう実感しています。

宅建士の通信講座をレビュー【実際に購入・受講して比較】
【宅建士合格ブログ】宅建士一発合格者の管理人が、身銭を切って通信講座を購入・受講してみました。フォーサイト・スタディング・ユーキャン・オンスク.JP・資格スクエアの5つを徹底比較。

なので、フォーサイトを使うかどうかで悩んでいる人は、安心してフォーサイトを利用して、いち早く「合格点を取れるレベル」になっていただければと思います。

フォーサイト宅建士講座を一通りやり終えて「合格点を取れるレベル」になった後は、どうすれば良いでしょうか?

私としては「もうひと工夫」してみることをおすすめします。

講座をやり終えた時点であなたの実力はかなり良いところまで上がっていますが、そこにもう少しだけ磨きをかけてあげるのです。

具体的には、試験直前期に書店等で発売される予想模試(予想問題集)を少なくとも1冊、繰り返し解いておくをおすすめします。

予想模試は、それまでの出題傾向から「今年はこれが出るはずだ」と予想された問題が詰め込まれています。

それらを解くことが非常に良いトレーニングになります。

また、予想模試に含まれている問題は、本試験にもかなり似た形で出題される(つまり、予想が的中する)ことが知られています。

予想模試の価格は1冊2,000円前後なので、コスパを考えてもかなりお得な教材です。

まとめると、次のステップで学習するのが合格の「黄金ルート」だと私は信じています。

  1. フォーサイト宅建士講座を利用し最短・最速のスピードで合格点レベルに到達する
  2. 試験直前期になったら、市販の予想模試でトレーニングし、実力に磨きをかける

より詳しくは、次の記事で。

フォーサイト宅建士講座 おすすめの勉強法と進め方。一発合格した私が解説
【宅建士合格ブログ】宅建士・管理業務主任者一発合格済みの私が、フォーサイトを購入・使用した上で、おすすめの勉強法と進め方を解説します。

講義に意味が感じられない・YouTubeの講義のほうがいい

20代・男性の口コミ
20代・男性

DVDの講義は、ただテキストを読みあげているだけのように感じた。聞く意味がどれほどあるのか、分からなかった。

YouTubeを見れば、フォーサイト以外の無料宅建士講座の動画があるから、そちらを視聴するので十分だと思う。

フォーサイト宅建士講座の講義DVDは、テキストを軸にして進んでいきます。

そのため、テキストを読み上げているシーンがかなりあることは確かです。

フォーサイト宅建・講義DVD

しかし、それは必ずしも悪いことではありません。

というのも、テキストを読みあげるシーンが目立つのは、むしろ「フォーサイト宅建士講座のテキストの完成度が高いから」なんです。

少し考えてみましょう。もしテキストの完成度が低かったら、「講師が口頭で伝える内容」ってどうしても多くなってしまいますよね。

講師がテキスト以外のことをたくさん話せば、結果的に受講生は「講義が充実している」と感じるかもしれません。

でも実際には、講師がテキスト以外のことを話すと、受講者はテキストとは別にメモを取らなければならなくなります。

これって、非常に学習効率が悪いのです。

まずメモを取る時間・労力がかかります。手書きするのって時間がかかりますし、単純に面倒です。

それに、講師がテキストに載っていないことを話している間、私たち受講生は、常に100%集中できているとは限りません。

少しの間ボーッとしていただけで、大事なことを聞き逃してしまうこともありえます。

フォーサイト宅建士講座は、テキストを高品質にすることで、そういった非効率を排除しているのです。つまりフォーサイトの場合、「必要なことは全て最初からテキストに書いてある」。

だから受講生としてはメモを取る手間が省けますし、万が一講師の言葉を聞き逃しても、テキストを見返せばそれに気づくことができます。

ということで、フォーサイトの講義においてテキストを読みあげるシーンが多いのは、テキストの完成度が高いことの現れであり、むしろ良いことだと私は感じています。

あなたはどちらが良いですか?

完成度の低いテキストを使って、講義で時間をかけてメモを取るのがいいのか。

それとも、完成度の高いテキストを使って、講義では要領よく内容を確認していくのが良いのか。

フォーサイトの「サンプルテキスト」や「サンプル講義」を見ながら、考えてみてはいかがでしょうか。

ところで、テキストの完成度が高いならば、あえてフォーサイト宅建士講座の講義DVDを視聴することにはどのような意味があるのでしょうか?

私は少なくとも2つの意味があると思います。

ひとつは、映像・音声で学んだ方が分かりやすいという点です。

テキストを一人で黙って読むだけだと、何一つ頭に入ってこないと感じる人は多いでしょう。

これに対して、学校や塾で勉強しているときのように、先生が話す言葉を聞いたり、提示された資料を見たりすれば、聴覚・視覚が刺激され、脳が活性化して勉強に集中できます。

当然、学習の効率も高まります。

もう1つは、講義を聴くほうがスピーディに「1周」できるということです。

宅建士の試験範囲は広いので、なるべく短い期間で試験範囲を一通り終わらせることが重要になってきます。

講義では、テキストの重要度の低い部分は飛ばしながら進行するため、一人でテキストを黙々と読むよりも素早くインプット学習を完了できます。

まとめると、「脳を活性化」し、「最短期間で1周する」という意味で、講義視聴には大きな意味があるのです。

講義について、もう1点。

YouTubeにアップロードされている無料の宅建講座で良いではないかという意見もあるようですが、本当にそうでしょうか…。

私もYouTubeでそれらしきものを見てみましたが、フォーサイト宅建士講座の講義に比べれば全くオススメできません。

質的にも量的にも、違いが大きすぎると思います。

一般論として、「お金がかかる教材」はそれだけクオリティも高いものになり、反対に「無料のもの」のクオリティは低いところにとどまります。

「有料教材」は作る側がお金をかけてつくれますが、「無料教材」はお金をかけられないからです。

宅建試験はご存じのように15%前後の人しか合格しない資格試験ですので、それなりのコストを払う選択をするほうが、最終的には自分自身のためになると私は思います。

この話の最後に、ヤフー知恵袋で見かけた私のお気に入りの「名言」をひとつご紹介しますね。

50代・男性の口コミ
50代・男性

ケチな人から落ちるのが宅建試験です。

テキストが薄すぎる or テキストの内容が薄すぎる

20代・女性の口コミ
20代・女性

教材が届いたが、テキストが驚くほど薄い。「これで大丈夫なのか、本当に合格できるのか」ととても不安に感じてしまう。

30代・女性の口コミ
30代・女性

テキストの「内容」が薄い!というのも、過去問を解いてみたらテキストに出ていない知識を問うものが多かった。学習者のことを考えたら、テキストをもっと濃くしてどんな問題にも対応できるようにするべきでは?

まず、「テキストそのものが薄い(厚みが無い)」という口コミについては、実際のテキストを見れば真実でないことがハッキリします。

一般的なテキスト(ユーキャンの『宅建士速習レッスン』)と比較してみました。次の画像を確認してみてください。

テキスト比較1

テキスト比較2

むしろフォーサイトのテキストのほうが厚みがあり、大きさもB4版で大きいのです。

したがって、テキスト自体が薄いというのはウソだということがハッキリします。

フォーサイト宅建士講座の口コミを探すと、「テキストが薄くて、良くも悪くも驚いた」という内容のコメントは本当によく見かけます。

なぜなのでしょうか?

以前は本当に薄かったのかもしれません。

あるいは、フォーサイト宅建士講座を使ったことが無い人が想像で書いているのかもしれないですね…

ご用心、ご用心。

次に「テキストの内容が十分ではなく、過去問を解く時に困った」という口コミについて検討します。

私の意見では、これは「宅建士勉強あるある」です。

はっきり言って、フォーサイト宅建士講座以外のテキストを使ったところで、全く同じことが起きます。

実際、私は市販の評判の良いテキストを使用して勉強した経験もあるのですが、過去問を解いてみると一度も聞いたことがない内容がちょくちょく出てきて、ショックを受けてしまった覚えがあります。

ですが、後になって分かりました。それはよくあることなのです。

実は、どんなテキストも過去に出題された論点を全てカバーしているわけではありません。

テキストで過去の論点を網羅しようとすれば、この先出題されるとは到底考えられない部分もテキストの内容に含めることになります。

それでは効率が悪く、学習者の時間をムダにするテキストになってしまいます。

そのため、テキストはどうしても「論点の取捨選択」をして製作されます。

結果的に、学習者が実際に過去問を解いたとき「あれ?これは聞いたこと無いな…」と感じることになります。非常によくあるパターンです。

思うに、テキストにとって重要なのは、網羅性ではありません。重要なのは、過去に繰り返し出題され、今後も出題が見込まれる論点を分かりやすくまとめていることではないでしょうか。

その点については、フォーサイトのテキストについては全く心配要りません。

フォーサイトの宅建士テキストは、短期間のうちに実力を引き上げるため、重要度の高い事項に焦点を絞って作られているからです。

捨てるべき論点は捨て、拾うべき論点でしっかり得点できるようになりましょう。それが、合格する力を身に付けるための第一歩です。

【後日追記】

フォーサイトが、2018年度本試験に出題された論点の何%を当該年度のテキストで取り扱っていたか(カバー率)を分析し、公表しました。参考にしてみてください。

フォーサイト宅建士講座「満足の口コミ」「良い評判」は?

続いて、フォーサイト宅建士講座について「この教材で良かった!」「自分にピッタリだった!」「合格できた!」と感じた人達の口コミを確認していきます。

フォーサイトのどんな点が学習者の心を捉えたのでしょうか?

また、どんな点が毎年の高い合格率に貢献しているのでしょうか?

それらの意見が妥当かどうかも含めて、考えていきましょう。

基礎講座の講義が丁寧。映像もきれいで見やすい

40代・男性の口コミ
40代・男性

DVDの講義がとても丁寧です。講師の方は穏やかに話していますが、折に触れて学習者に応援メッセージを投げかける場面があり、熱意が感じられました。

20代・男性の口コミ
20代・男性

他の通信講座では、通学講座用の講義をビデオに撮っただけで、画質も音声も微妙だと感じます。フォーサイトでは通信講座用にハイビジョンで収録された講義で、映像・音声がとてもクリアで満足でした。

20代・女性の口コミ
20代・女性

ある通信講座を受講したとき、ホワイトボードに手書きで書きなぐる講義だったのでとても見づらく感じました。フォーサイトはきれいな「デジタルテキスト」が画面に出てくるので見やすかった。初回は手元のテキスト無しで、「通しで見る」のがおすすめです。

フォーサイト宅建士講座の名物講師「窪田先生」の講義はとても丁寧で、しかもゆっくりと話してくれるので初心者にも適していると、かなり評判が良いです。

ときどき「噛んで」しまうときもありますが、アナウンサーでも芸人でもないので、普通に許容できるレベルかなと感じます。

DVDを視聴していると何度も励ましの声をかけてくれるのですが、それを聞くと毎回やる気が高まってくるから不思議です。

語る窪田講師

フォーサイト宅建士講座の素晴らしいところは、その映像の質だという口コミも多く聞かれました。

フォーサイトの場合、講座専用のスタジオが用意されており、プロのカメラマンが通信講座のためだけに講義を収録しています。

おかげで、DVDを再生すると終始ノイズの無い美しい映像と音声が流れ、受講者は学習に意識を集中できるんです。

さらにフォーサイト宅建士講座では、「デジタルテキスト」を映し出して講義が進んでいきます。

といっても、少しイメージが湧きにくいかもしれません。

公式サイトで8分程度のサンプル講義が提供されており、その中にデジタルテキストも出てきますので、ぜひ一度見ておいてください。

フォーサイト宅建士講座の「サンプル請求」をすると、サンプル講義DVDをもらえます。

完全に無料なので、時間の余裕のある人はサンプルを取り寄せてみると良いと思います。

私がサンプルを試したときの記録も残しています。

フォーサイト宅建士講座 資料請求してみた!無料サンプル教材を画像21枚で紹介【資料請求せずにサンプル体験できる裏技アリ】
【宅建士合格ブログ】フォーサイト宅建士講座の資料請求をしてみました。届いた無料サンプル教材を20枚以上の画像つきでご紹介します。

サンプルが届くのを待てそうにない人は、そちらで雰囲気を確認してみてください。

過去問題集と直前対策講座が得点力に直結

30代・女性の口コミ
30代・女性

講師の先生の言葉に従い、過去問題集を5回解きました。本試験では40点取れて、合格できました。本当にありがとうございます!

20代・女性の口コミ
20代・女性

過去問を繰り返し解くようにという指導が良かったと思います。本番が終わったときには手ごたえがよく分かりませんでしたが、後で自己採点したら37点取れていました。おかげさまで合格できました。

30代・男性の口コミ
30代・男性

過去問演習ノートが3冊付属していますが、それが足りなくなって別のノートを買い足してしまうくらい、過去問を何度も解きました。直前期の対策講座も2~3度回しました。結果は合格。自分が納得いくまでやり込むことが大事だと実感しました。

「宅建試験の勉強をするとき、最も重要な教材は過去問である」。そのような趣旨のことばは、あなたも一度は聞いたことがあるでしょう。

この定説の正しさを証明するかのように、フォーサイトで過去問題集に懸命に取り組んだ人々の「合格報告」が数多くあります。

フォーサイト宅建過去問題集

実際、フォーサイトの過去問題集や過去問講義の冒頭では、過去問題集を○回繰り返してくださいという指導があります。

その他にも「過去問にはこのように取り組んでください」という具体的な指示が1ページを割いて行われます。

それらの指導に素直に従って学習を進めれば、間違いなく得点力が上がり、合格する可能性が高まっていきます。

良心的な料金設定

50代・男性の口コミ
50代・男性

独学で2回落ちていたので、もうあとがありませんでした。通学講座なら10万円以上するのが通常のところ、フォーサイトの通信講座なら6万円台という手頃な価格で基礎講座・過去問講座・直前対策講座が手に入りました。

どれも内容が充実している上に、スマートフォンでの講義視聴・テキスト閲覧・過去問演習ができます。これで6万円台は本当に良心的な料金だと感じてます。

確かに「通学」講座であれば、受講料に関してはかなりの覚悟が要ると思います。

ある代表的な通学講座の初学者向けコースを確認してみましたが、15万円くらいはかかるようです。

いくら講座の内容が良かったとしても、10万円を超えるとさすがに躊躇する…というのが普通の感覚だと思います(^^;)

その点、フォーサイト宅建士講座であればインプット対策講座・アウトプット対策講座・直前対策講座のセットプランでも6万円台で購入可能です。

バリューセット2感想まとめ記事でも確認しましたが、どの教材も通信講座大手としての工夫が凝らされたものになっています。

内容と金額のバランスを考えれば、良心的という口コミには同意するほかありません。

さらに嬉しいのは、講義・テキスト・過去問をスマートフォンアプリ・タブレットアプリで閲覧したり、PCでウェブ閲覧したりすることも可能であるという点です。

フォーサイト宅建士講座 アプリで講義を視聴

勤務先で空き時間を利用したい人や、図書館などで勉強したい場合も、スマホあるいはタブレット1個を持ち歩けば事足りてしまいます。

家の中だけでなく外でも使える、つまり学習環境も自由に選べてこの価格…と考えると、むしろ「こんなに安くていいの!?」と心配になってしまうくらいです。

フォーサイト宅建士講座を「安く買う」方法まとめ記事にも、あなたにとって有益な情報がつまっています。

フォーサイト宅建士 おすすめプラン・安く買う方法・購入手順は?
【宅建士合格ブログ】フォーサイト宅建士講座を購入した私の「もっと早く知っておきたかった!」情報まとめです。おすすめプラン、安くお得に買う方法(割引クーポンなど)、具体的な購入手順をシェアします。

安く買う方法は複数あり、それらを組み合わせることも可能なので、ぜひ参考に。

ところで、フォーサイトの受講料の「安さの秘密」が気になる人は、公式サイトの「よくあるご質問」を見てみるといいかもしれません。

上のリンク先で「その他」カテゴリを選択し、「なぜこんなに安いのですか?」「なぜ、フォーサイトはそこまで安さにこだわるのですか?」のFAQを見ると、あなたの疑問は解消するはずです。

なお最新の料金については、公式サイトでも確認してくださいね。

口コミに頼り過ぎてはいけない理由

最後に、ネット上の口コミや評判を探し回っている人にぜひ読んでほしい、ちょっと冷静になれる一言をご紹介します。

フォーサイト宅建士講座を利用した合格者の方のコメントです。

30代・男性の口コミ
30代・男性

口コミを調べて読みたくなる気持ちは分かります。でも口コミをあてにし過ぎるのはどうかと思います。なぜかと言うと、合格した人は良いことばかりを書くし、不合格だった人は悪いことばかりを書いてしまうから。

結局大事なのは、その教材が「自分が好きになれる雰囲気か」「打ち込める内容になっているか」「自分の知識レベルに合っているか」です。

他人に合うものが自分に合わないこともあるし、もちろん逆もあります。

人の評価は参考程度に留めて、フォーサイトも含め気になる講座は自分で資料請求して、試して決めるのがベストではないでしょうか?

この意見には完全に同意します。

私自身、フォーサイト宅建士講座の無料サンプルを取り寄せたり、実際に購入したりしてみるまで、これほど良い教材だとは気が付いていませんでした。

通信講座の良し悪しは、12人の口コミを読むよりも、自分で触って理解するほうが、ずっと良く分かります。

この記事を読んで口コミをある程度確認したあなたが次に取るべき行動は、「資料請求をして無料サンプル教材を試してみること」です。

お金はかかりませんし、営業の電話がかかってくることもありません。

ノーリスクでフォーサイト宅建士講座を試せます。

この記事を読み終わったら、ぜひ自分の目と肌で体験する段階へと進んでくださいね。

フォーサイト宅建士講座の良い口コミ・悪い口コミのまとめ

以上、フォーサイト宅建士講座を受講した人の口コミや評判の中から、特に参考になるものを取り上げて、検証してきました。

最後にこの記事のポイントを再確認しておきます。

  • フォーサイト宅建士講座を使った人の不満として「合格点を狙う方針」「講義を聴くことの意義」「テキストの充実度」に対する指摘がある。しかしながら、よく検討してみるとそれらはむしろフォーサイトの教材の質の高さを示している
  • フォーサイト宅建士を高く評価している人は「講義の丁寧さ」「過去問題集と直前対策が得点力を高めること」「料金設定」に特に満足している。
  • 口コミ・評判はあくまで他人の見解なので、100%頼るべきではない。自分で行動を起こし、試したうえで決めることが重要

有益な情報や新しい気づきがいくつもあったのではないでしょうか。

最後になりましたが、あなたにお伝えしたいメッセージがあります。

私は、宅建合格を目指すあなたを心から応援しています。というのも、私は宅建合格で人生を変えることができた一人だからです。

かつて私は、30歳近い年齢で、職歴もほぼ無く、どこにも雇ってもらえず絶望していました。しかし宅建士の資格を手にした後は、正社員として即就職でき、希望のある人生を送れるようになりました。

あなたにもぜひ宅建を取って、色々なチャンスをつかむきっかけにしてほしいと思います。

そんな応援の気持ちをこめて、この記事を書きました。

先にも少し触れましたが、私はフォーサイトの他にもスタディング宅建士やユーキャンなど複数の通信講座を購入・受講しています。

それらの中でも、フォーサイトのクオリティは抜群です。

あなたがもしこの記事を読んで「フォーサイトって良いかも」と思ったなら、ぜひ使っていただきたいです。自信を持ってオススメしますよ(^^)

今回はこの辺で。

合格というゴールに向かって、今日からアクションを積み重ねていきましょう!

▼こちらの記事も人気です▼

フォーサイト宅建士 おすすめプラン・安く買う方法・購入手順は?
【宅建士合格ブログ】フォーサイト宅建士講座を購入した私の「もっと早く知っておきたかった!」情報まとめです。おすすめプラン、安くお得に買う方法(割引クーポンなど)、具体的な購入手順をシェアします。
フォーサイト宅建士講座を受講した感想【バリューセット2】
【宅建士合格ブログ】フォーサイト宅建士講座「バリューセット2」を実際に使ってみた私の感想+レビューです。画像も30枚掲載中。教材の特徴や料金に見合うかどうかを詳しく解説しています。
フォーサイト宅建士「全額返金保証制度」とは?魅力やメリット、利用法・注意点を解説します
【宅建士合格ブログ】フォーサイト宅建士講座で「全額返金保証制度」が始まりました!制度の利用方法や注意したいポイントを解説します。受講料返金が受けられるよう、念入りに準備しましょう。
スポンサーリンク

宅建

この記事はあなたのお役に立ちましたか? よろしければ、SNS やブログ等でご紹介をお願い致します。

情報を必要としている一人でも多くの人に読んでいただき、「良かった!」「助かった!」と思ってもらうのが私の願いです。

あなたのお力をお借りできれば嬉しく思います。

コメントや質問・要望なども励みになります。お手すきの際にお寄せくださいませ。

KiryuのTwitterはこちら ⇒ @Kiryu1984

お読みいただき、ありがとうございます(*^o^*)

フォーサイト宅建士
キリュログ

コメント

  1. アバターたけちゃん より:

    今年の試験を初めて受けまして、6月にフォーサイトの通信教育を申込みました。
    この口コミの悪い方を参考にして、やっぱり不安になりました。
    本もチラッと読んだだけだっただし、毎日やっていたのは道場破りの、アプリはよかったです。あれのおかげでほとんど本を読まずにいました。
    あとは無料のYouTube動画ですね、4人の先生のを主に見てました。
    他には、名古屋の宅建ゼミナールの短期講習を3回受けました。
    はっきり言ってフォーサイトだけでは、合格は微妙だと思います。
    合格率の良さも他にもやっている人が多いと思います。

    • アバターたけちゃん より:

      あっ。
      言い忘れましたけど、自己採点は38でしたので、マークミスがなければ、初挑戦の1発合格です

      • KiryuKiryu より:

        コメントありがとうございます!
        たけちゃんさんのコメントがすごく参考になりました。
        フォーサイトで「合格レベル」を目指しつつ、「そこからさらにもう一工夫する」のがやはり良い戦略なんだと思います。
        たけちゃんさんは短期講習を3回受けたのですね。
        そして一発合格の見込みとのこと!祝!嬉しすぎます!おめでとうございます!(^^)

タイトルとURLをコピーしました