フォーサイト宅建士講座の資料請求とは?届いたモノを画像付きで紹介

フォーサイト宅建士講座の資料請求とは?届いたモノを画像付きで紹介

フォーサイト宅建士講座を実際に受講した宅建士Kiryuです(*^o^*)

今回は私がフォーサイト宅建士講座の受講を検討していたときに行った「資料請求(無料サンプル教材請求)」で、どんなものが届いたのかをシェアします。

届いたものをひとつひとつ画像付きで紹介しますので、通信講座の資料請求を経験したことが無い人にも雰囲気が伝わりやすいかなと思います。

なお、資料請求で手に入る情報の多くは、フォーサイト公式サイトの色々なページを見ることで入手できるものです。

そこで、資料請求をする時間が無い人がチェックするべきページを補足としてお伝えします。

最後に資料請求の具体的な方法も確認していきます。

参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

宅建

フォーサイト宅建士講座の資料請求で届いたモノ

フォーサイト宅建士講座の資料請求(無料サンプル教材請求)では、次のものが届きました。

フォーサイト宅建士講座 赤い封筒

  • サンプルテキスト・問題集
  • サンプル講義メディア(DVD・CD)
  • 講座案内
  • 合格体験記
  • 教育支援活動の資料
  • Q&A
  • 会社案内
  • メディア掲載実績集

無料なのにかなり色々なものを送ってくれるんだな~♪という印象です。

以下で順番にご紹介していきます。

サンプルテキスト・問題集

フォーサイト宅建士講座の無料サンプル教材の中で特に重要なのが「テキスト・問題集の抜粋版」です。

フォーサイト宅建士講座「テキスト・問題集の抜粋版」

40ページほどの薄めの冊子で、そのうち約3分の2がテキストの抜粋、残りが問題集の抜粋となっていました。

フォーサイト宅建士講座 テキスト抜粋

フォーサイト宅建士講座 問題集の抜粋

実際にこちらの冊子を手にしてみて、私は次のような印象を受けました。

  • テキストのフォントはゴシック体で、楽しい気分で読み進めていける。問題集は試験本番に合わせて明朝体となっており、やや固い雰囲気となっている
  • 配色が色鮮やかで、視覚情報として頭に残りやすそう
  • 文章は簡潔明瞭でムダが無く、短時間で読み進めていける感じ

逆に分からなかったのは、「講座全体でどのくらいのボリュームがあるのか?」ということでした。

当たり前といえば当たり前ですが、30ページ程度の薄い冊子1冊のみでは、「フォーサイトの宅建講座のテキスト・問題集の実際の量」は判断できません。

この点は教材購入後にしっかりとチェックし、バリューセット2のレビュー記事に書きました。ぜひ読んでみてください。

フォーサイト宅建士講座を受講した感想【バリューセット2】
【宅建士合格ブログ】フォーサイト宅建士講座「バリューセット2」を実際に使ってみた私の感想+レビューです。画像も30枚掲載中。教材の特徴や料金に見合うかどうかを詳しく解説しています。
INFO

フォーサイト宅建士講座の公式サイトでも、フルカラーテキストと問題集のサンプルを閲覧できます。

(ページ数は資料請求で届くものより少なめです。時間がある人は資料請求でサンプルを入手することをおすすめします。)

サンプル講義メディア(DVD・CD)

フォーサイト宅建士講座の無料サンプル教材の中で次に重要度が高いのは、「講義メディア」です。

DVDとCDが届きました。

フォーサイト宅建士講座 講義メディア

※フォーサイト宅建士講座では最近CDメディアが無くなり、DVDに一本化されました。そのため、現在はサンプル請求をしてもCDは届きません。なお、正式に受講を開始すると、DVDに加えてアプリ「道場破り」で音声講座・映像講座が利用できます。

サンプルDVDを自分のPCに入れて再生してみました。すると、Windows にデフォルトで入っている Windows Media Player で再生できました。

フォーサイト宅建士講座のサンプルDVDをPCで再生

上の画像にあるように「基礎講座」「過去問講座」「講師紹介」「会社案内」「フォーサイトの歩み 社長挨拶」という5つのコンテンツが含まれていました。

フォーサイト宅建士講座の雰囲気が分かるばかりでなく、フォーサイトという会社が何を目指しているのか、社長は何を理念と考えているのかなど、いろいろなことが分かりました。

ところで、フォーサイトはPCでDVDが動作することを保証していませんので、注意してください。

「PCで再生できない」ということではなく、「PCで再生できない場合があり得る」ということです。

「なぜ?」と思われるかもしれませんが、DVDには色々な規格があること、PCのDVDドライブは知らないうちに壊れてしまう場合もあることなどが、事情として考えらえます。

PCでDVDを利用する予定の人は、サンプルDVDで動作確認をしておくのがおすすめです。

INFO

フォーサイト宅建士講座の公式ページでも、サンプル講義動画を視聴できます。

講座案内

フォーサイト宅建士講座の内容をわかりやすくまとめた「講座案内」パンフレットも同封されていました。

フォーサイト宅建士講座サンプル請求「講座案内」パンフレット

15ページくらいのカラーの冊子で、表紙のお二人が素敵な美男美女でした。

講座案内の中身はこんな感じで、フォーサイト宅建士講座の全体像が説明されていました。

フォーサイト宅建士講座サンプル請求「講座案内」パンフレットの中身

この資料を一読するだけで、「フォーサイト宅建講座を購入すると、どんな教材が手に入るのか?」「それらを使ってどんなふうに勉強すれば良いか?」といった疑問が解決しました。

INFO

「講座案内」パンフレットの内容は、フォーサイト宅建士講座公式サイトの次のページを熟読することでおおむね代えられます。

合格体験記

フォーサイト受講者へのインタビューを収めた「合格体験記」も同封されていました。

フォーサイト宅建士講座サンプル請求「合格体験記」

合格体験記をめくっていて気が付いたことがあります。それは、老若男女、さまざまな年齢や職業の人がこの講座を利用して合格しているという点です。

フォーサイト宅建士講座サンプル請求「合格体験記」の中身

20代や30代の男女はもちろん、50代の人も合格しています。

職業も不動産業界の関係者ばかりでなく、工場勤務、SE、学生や主婦と多種多様です。

このことは、フォーサイト宅建士講座が多くの人にとって使いやすく、学びやすい内容になっていることを示しています。

INFO

フォーサイト宅建士講座公式サイトで「合格者の声」を動画や文章で確認できます。

教育支援活動の資料

「教育支援活動の資料」も同封されていました。

フォーサイト宅建士講座サンプル請求「教育支援活動の資料」

「アジアの子どもたちのために、フォーサイトができること」と記してあります。

実は、フォーサイトはNPO法人アジア教育友好協会とともにアジアの国々の教育支援活動を行っています。

既に実績も上げており、学校建設の支援(ベトナム2校、ラオス3校、タイ1校)と教員研修を行ったそうです。

その結果、なんと500人以上の子どもたちが新しい学び舎で勉強できるようになりました。

フォーサイト宅建士講座サンプル請求「教育支援活動の資料」の中身

パンフレットに映っている子どもだちの笑顔が愛らしく、まぶしいです。

会社の利益を経営者や株主、従業員に還元するのは簡単で、どんな会社でもやっていることだと思いますが、こういう「グローバルな慈善的事業」はなかなかできるものではありません。

フォーサイトの教育支援活動の背景には、社長の山田浩司氏の貧しい子ども時代の体験があるようで、そのあたりの話題も冊子の中で触れられていました。

個人的には、この教育支援活動の資料が、フォーサイト宅建士講座の購入の決め手になりました。

なぜかというと、「フォーサイトの講座を購入することで、自分も発展途上国の教育振興に少しだけ協力できる」と考えたからです。

自己満足みたいなものですが、「せっかくお金を使うなら、こんな活動をしている会社から買おう」と決心できたのでした。

INFO

フォーサイト公式サイトの「平等な教育 私たちが目指すもの」やその関連ページを見ると、教育支援活動の詳細をチェックできます。

Q&A

資格試験の受験を考えている人が抱きがちな「疑問」や「悩み」を、フォーサイトが解決します!というQ&Aパンフレットが入っていました。

フォーサイト宅建士講座サンプル請求「Q&A」

内容は宅建士限定というわけではなく、資格全般の共通事項として書かれていました。

フォーサイト宅建士講座サンプル請求「Q&A」中身

「Q&A」のうち「Q」だけピックアップしてみます。

  1. 通信講座で合格できるの?
  2. 独学・通学講座のほうがいいんじゃない?
  3. 通信講座を受けたことがないのでイメージができないのですが?
  4. 果たして自分でも合格できるでしょうか?
  5. 意思が弱いので続けられるか不安です。
  6. あまりお金をかけられないのですが…。
  7. 仕事に役立つ資格がないのですが。
  8. 仕事が忙しく、勉強する時間がないのですが。
  9. どのように通信講座を選んだらいいのかわかりません。
  10. 40代ですが、今から資格をとっても意味があるでしょうか?
  11. いつかは資格の取得をしたいと考えていますが、今すぐはじめるべきでしょうか?

それぞれの「Q」に対してフォーサイトの回答が書かれているのですが、なかなかヒネりのある解答で、面白いです。

たとえば「あまりお金をかけられないのですが…」という悩みに対しては、「一番リーズナブルに勉強する方法は独学です」と言い切っていたりします。

え?通信講座を売りたいフォーサイトがその回答言っちゃうの…笑

もちろん回答はそれで終わりではありません。サンプル請求でQ&Aパンフレットを手に入れた人は、続きを読んでみてください。

会社案内

フォーサイトの会社案内パンフレットが同封されていました。

フォーサイト宅建士講座サンプル請求「会社案内」

こちらの資料には、よくある会社案内の内容以外に、受講者からはなかなか見ることができない「舞台裏」の話題が色々と盛り込まれていました。

私が最も面白いと感じたのは、教材開発から教材のパッキング・配送までの一連の流れ「フルフィルメント」を特集していた部分です。

フォーサイト宅建士講座サンプル請求「会社案内」の中身

フォーサイト特製の「袋詰め機」のことが、写真を交えて解説されています。

機械が袋詰めを担うようになり、人が行っていた頃と比べて正確かつ短時間に配送準備ができるようになったとのこと。

教材が受講者の手に届くまでのプロセスが良くわかる、読み応えのある会社案内でした。

INFO

「会社案内」相当の内容は、次のページをチェックしていただければOKです。

メディア掲載実績集

フォーサイトの「メディア掲載実績集」も入っていました。

フォーサイト宅建士講座サンプル請求「メディア掲載実績」

フォーサイトは、日経新聞社の「日経産業新聞」、英字新聞の「ジャパンタイムズ」、株式会社マイナビの「マイナビウーマン」など、色々な大手メディアで紹介されてきたそうです。

フォーサイト宅建士講座サンプル請求「メディア掲載実績」の中身

メディア掲載実績集の冒頭に、日経CNBC「時代のニューウェーブ」でフォーサイトが取り上げられたとあったので動画を探してみたところ、YouTubeで見つけることができました。

日経CNBC『時代のニューウェーブ』

この映像を見て、「さすが、通信講座製作のプロフェッショナルの仕事は違うな」と思わされました。

フォーサイトの教材開発スタッフが、毎年受講者の声を取り入れて、教材に磨きをかけているということが良く分かります。

この動画は、フォーサイトと他の講座で迷っている方にはかなり見る価値があると思います。

フォーサイトの「中の人達の思い」や、「経営者のホンネ」が垣間見え、とても良い検討材料になるはずです。

INFO

メディア掲載実績については、フォーサイト公式サイトの次のページで把握できます。

資料請求の申込方法

最後に、フォーサイト宅建士講座の資料請求(無料サンプル請求)を行う際の手順をご紹介します。

【2020年6月追記】画像を2020年の資料請求ページのものに差し替えました。

【ステップ1】資料請求ページにアクセス

まずフォーサイト宅建士講座の資料請求ページにアクセスします。

フォーサイト宅建士講座 資料請求ページ

執筆時現在、爽やかなスーツ姿の男性が目印です。

【ステップ2】住所等の情報を入力

画像を下にスクロールすると、住所等の入力フォームがあります。

フォーサイト宅建士講座 資料請求 住所等入力画面

資料を自宅に送付してもらうため、情報を入力していきましょう。

個人情報の保護が叫ばれる昨今ですが、フォーサイトは資格講座の大手の会社なので信頼して大丈夫です。

INFO

電話番号の入力欄はありません。

なので、資料請求後の「電話営業」は一切ありませんので、ご安心を。

「個人情報の取り扱いについて」を一読し、「同意の上、確認画面へ進む」ボタンをタップします。

フォーサイト宅建士講座 資料請求 確認画面へ進むボタン

【ステップ3】入力内容を確認して申し込み

確認画面が表示されます。

フォーサイト宅建士講座 資料請求 入力内容確認画面

問題無ければ「お申し込み」ボタンをタップして、資料請求申し込み完了です。

次のようなメールが届きます。

フォーサイト宅建士講座 資料請求 確認メール

住所等が合っているか、確認しておいてください。

数日後には資料とサンプル教材が届きますので、期待しつつ待ちましょう。

おわりに:資料請求というアクションを起こそう

フォーサイト宅建士講座 資料請求(無料サンプル請求)で届いたもの

以上、フォーサイト宅建士講座の資料請求(無料サンプル教材請求)について詳細を見てきました。

この記事のポイントをまとめておきます。

  • フォーサイト宅建士講座の資料請求で届くのは、サンプルテキスト、サンプル問題集、サンプル講義メディア、その他パンフレットである
  • フォーサイト宅建士講座の資料請求で得られる情報は、フォーサイト公式サイトでもある程度入手できる
  • 資料請求は3ステップの簡単な手順で請求できる

「これだけのモノが届くなら、面白そう。サンプル教材を取り寄せてみようかな」…そんなふうに思っていただけたでしょうか。

少しでもそう感じたなら、この後すぐにでも申し込み手続きを進めることをオススメします。

なぜかというと、宅建士合格のためには、毎日何かしらアクションを起こすことが大切だからです。

私自身は、実際に資料請求をやってみて、「これはすごく良い通信講座だ!」と確信できました。

それまでは「購入しようか、どうしようか」と悩んでいたのですが、サンプル教材を見てとても気に入りましたし、教育支援活動のことも知れたので、購入を決断できたんです。

面倒がらずに資料請求をやってみてとても良かったと思っています。

あなたも現時点では色々と迷ったり、悩んだりしているかもしれませんが、決断するのに必要な材料は、無料・ノーリスクで手に入ります。

この記事を読み終えたらアクションを起こして、サクッと結論を出してしまいましょう。

▼こちらの記事も人気です▼

フォーサイト宅建士 おすすめプラン・安く買う方法・購入手順は?
【宅建士合格ブログ】フォーサイト宅建士講座を購入した私の「もっと早く知っておきたかった!」情報まとめです。おすすめプラン、安くお得に買う方法(割引クーポンなど)、具体的な購入手順をシェアします。
フォーサイト宅建講座の口コミ・評判は?実際に受講してわかったこと
【宅建士合格ブログ】フォーサイト宅建士講座の口コミ・評判12件を紹介します。そして、その内容が正しいのかどうかを実際に受講して確かめました。詳しくは本文で。
フォーサイト宅建士講座を受講した感想【バリューセット2】
【宅建士合格ブログ】フォーサイト宅建士講座「バリューセット2」を実際に使ってみた私の感想+レビューです。画像も30枚掲載中。教材の特徴や料金に見合うかどうかを詳しく解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました