宅建の無料教材のおすすめは?合格者が厳選した8つを紹介【講義動画・テキスト・過去問アプリ・予想模試】

宅建の無料教材のおすすめは?合格者が厳選した8つを紹介

宅建試験に独学で一発合格した宅建士Kiryuです(*^o^*)

今回は宅建の無料教材を厳選して8件紹介します。

というのも、「独学用のテキストや問題集を買いたいけど、どうしてもお金が無い…」という人もいると思うんです。

私自身、宅建を受験した当時は失業していて全くお金が無かったので、その気持ちはよくわかります。

そこでこの記事では、インターネットで無料で手に入る教材の中から、特に優良なものを厳選してまとめることにしました。

講義動画・テキスト・過去問アプリ・予想模試の4種類から各2つ、合計8件紹介しています。

ここで取り上げるものは、いずれも「無料教材としては最高の品質を備えていて、自信を持ってオススメできる」ものです。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

無料の講義動画2選

はじめに、宅建試験対策用に収録された無料の講義動画を厳選して紹介します。

資格対策の講義(授業)を無料で見れるなんて、こんなにありがたいことはないですね。

講師の厚意に甘えて、たくさん勉強させてもらいましょう。

あこ課長の宅建講座

無料講義動画の1つめは、あこ課長の宅建講座です。

あこ課長の宅建講座
不動産会社で働く宅建士がお届けする【宅建士講座】チャンネルです。 2020年1月に「そうだ、YouTubeやってみよ」という軽いノリで始めましたが、がんばっているみなさんの姿を見て、「なんとしても合格していただきたい!」と必死で動画を作ってます。 2021年は大きな法律改正はありませんが、もっとクオリティの高いもの...

不動産会社に15年以上勤務し新人教育を担当している「あこ課長」が、YouTubeで講義を配信しています。

最大の特徴は「1回あたり約10分という視聴しやすさ」「可愛らしく耳になじむ声」「スライド形式の専用テキストを概要欄から無料ダウンロードできる」といった圧倒的親切さです。

2020年1月からYouTubeを開始したというあこ課長は、1年間で約230の動画を投稿しました。

宅建業法・権利関係といった主要科目の解説から、学習方法・ごろあわせ・不動産実務の紹介まで、かゆいところに手が届くラインナップになっています。

ぜひ一度聞いてみてください。

INFO

あこ課長はなぜ無料で講義動画を配信しているのでしょうか?

明記されていないのでわかりませんが、「撮影した講義動画を社内向けの研修資料として使っているのではないか?」と推測しています。

というのも、あこ課長は新人教育を担当しているとのこと。そして、不動産会社は新しい従業員に宅建資格をとってもらうため、研修を行うことが珍しくないからです。

タキザワ宅建予備校

無料講義動画の2つめは、タキザワ宅建予備校です。

WEBスクール「タキザワ宅建予備校」の無料公開動画で、2時間×24回=合計48時間という充実の講座となっています。

講義の回数は次の通り。

科目名回数
権利関係全10回
法令上の制限全5回
税その他全3回
宅建業法全6回

一流・ベテラン講師であるの瀧澤先生のわかりやすい講義が全部タダで聞けるというのは、お得感バツグンです。

デジタルテキストを画面に映し出しながら話を進めていくので、テキスト(別売)が手元になくても大きな問題なく視聴できます。

最初の3回は登録無しで、次のサイト内で視聴可能です。

その後は無料登録をして視聴することになっています。

ですが…実は登録しなくてもYouTubeを検索すれば見れないこともありません(^^;)

といいつつ、無料登録をしておくとサイト内で動画の目次(リンク)が見れるので、登録したほうが楽に見れます。

タキザワ宅建予備校 目次

講義で使用しているテキストを持っておきたい場合は、Amazonで購入するのが簡単なので、検討してみてください。

INFO

瀧澤先生はなぜ無料で講義動画を配信しているのでしょうか?

調べてみたところ、まずタキザワ宅建予備校では「インプットよりもアウトプットを重視している」とのこと。

そして、「インプット講座を無料公開するので、気に入ったらその後のアウトプット講座(過去問特訓講座・直前特訓講座・民法ブラッシュアップ講座など)を有料で利用してね!」というスタンスのようです。

無料のテキスト2選

次に、宅建試験対策用に作成された無料のテキストを厳選して紹介します。

ダウンロードして印刷するのは面倒なので、スマホで読めるもの限定です。

幸せに宅建に合格する方法

無料テキストの1つめは、幸せに宅建に合格する方法 宅建解説です。

幸せに宅建に合格する方法

「幸せに宅建に合格する方法」はかなり昔からあるサイトですが、最近リニューアルして見やすくなりました。

宅建試験に関係する情報が膨大に載っていて、無料テキストはその一部という位置づけです。

無料テキストの特徴は次の通り。

  • 宅建試験の全範囲をわかりやすい言葉で丁寧に解説している
  • 重要部分は太文字や赤文字で記してあり、メリハリがきいている
  • 1ページ読むと、下部に関連する過去問が掲載されており、本試験でどのように出題されるのかがつかみやすい

文章・記述内容のクオリティが市販の有料テキストにも劣らない水準を保っています。

頭の良い人は、本当にこのテキストのみでもインプット学習は十分、ということになってしまいそうです。

1点不足を感じるのは、図表・イラストがほとんど無いため、視覚的に理解するのがやや難しいということです。

さすがに無料テキストで過大な期待することはできませんが、その点以外は本当に市販テキストと同じくらいハイクオリティだと言って良いと思います。

「幸せに宅建に合格する方法」の無料テキストはこちらからどうぞ。

科目別のリンクはこちら。

INFO

「幸せに宅建に合格する方法」のテキストはなぜ無料公開されているのでしょうか?

調べたところ、テキストを含めサイトの内容が気に入ったら「宅建合格インプリンティング」というオリジナル教材を買ってくださいね、というスタンスで無料公開をしているようです。

LETOS

無料テキストの2つめは、LETOSの無料テキストです。

LETOSの無料テキスト

LETOSは小野一輝氏が運営する宅建講座で、その一部として無料テキストを提供しています。

(こちらの先生は動画も出しているので視聴したのですが、若くてハツラツとした感じの爽やかな先生でした。)

無料テキストの特徴は次の通りです。

  • 宅建試験の全範囲を論点別に解説している
  • 1ページが簡潔に短く書かれており、スキマ時間を利用して勉強するのに適している
  • イラスト・図表が適度に盛り込まれている

こちらのテキストの強みは、イラスト等の視覚要素が要所要所で使われていること。

たとえば民法の「本人」「相手方」「第三者」など一度に関係者が多数出てくる場合は、やはりイラストの有る無しで理解のしやすさが大きく変わってきます。

LETOSのようなイラストを交えた解説は、他の無料テキストではなかなか見ることができません。

テキストを読みたい場合は下記からどうぞ。

一応上記のページがテキストのトップページなのですが、配下のページがどこにあるのかがいまひとつ分かりづらいです。

各科目の目次ページへリンクを貼っておきます。

INFO

小野一輝氏はなぜテキストを無料公開しているのでしょうか?

調べてみたところ、テキストを含め無料公開しているコンテンツが気に入ったら、有料版の「LETOS 個別指導プログラム プレミアムVer」を買ってくださいね!というスタンスのようです。

無料の過去問アプリ2選

続いて、宅建試験対策用に作成された無料の過去問アプリを厳選して紹介します。

トリップス合同会社の「宅建 過去問」

無料過去問アプリの2つめは、合同会社トリップスの「宅建 過去問」アプリ【iOS】【Android】です。

トリップス合同会社の「宅建 過去問」アプリ

Appleのアプリストアで1万件以上の評価が付いている大人気のアプリとなっています。

評価スコアも4.8と、かなりの高評価です。

メニュー画面はこんな感じ。

トリップス合同会社の「宅建 過去問」メニュー画面

アプリの特徴は次の通り。

  • 過去問10年分を分野別・年度別に解ける
  • 分野別の出題形式は初心者向けの「一問一答」と中上級者向けの「四択問題」から選べる
  • 苦手な問題をまとめて解くための「チェック機能」つき

実際に使ってみると、サクサク問題が解けて使いやすいです。

ただ、画面下で広告が動いているのが若干目ざわりに感じてしまい、それが難点かなと思いました。

とはいえその点を含めて考えても、無料とは思えないほど宅建対策に役立つアプリになっています。

INFO

合同会社トリップスはなぜ過去問アプリを無料提供しているのでしょうか?

トリップスは、アプリを無料とする代わりに広告をつけて、広告料で必要なお金をまかなっているようです。

アプリが気に入ったら、興味のある広告をタップしてあげると良いかもしれません(^^)

スタケンの「宅建過去問題集」

無料過去問アプリの1つめは、スタケンの「宅建過去問題集」アプリです。

スタケン

INFO

本アプリは2020年度まで無料で提供されてきましたが、2021年度から有料化するようです。残念…!

とはいえ、料金は370円と格安です。より良い無料アプリが見つかるまでは、当記事に掲載しておきたいと思います。

有料ウェブ講座「スタケン」用に開発されたアプリですが、スタケンを購入していなくても、誰でも無料でスマホにインストールして利用できます。

過去問10年分、約2,000問が利用可能です。

アプリの特徴は次の通り。

  • 「権利関係」「宅建業法」「法令制限」「税法その他」それぞれの分野ごとに解ける
  • 一問一答、四肢択一、過去問年度別、弱点攻略、ランダム出題など、自分に合った解き方を選べる
  • 住宅新報社監修の模試が2回分含まれている

私も実際に使ってみたのですが、かなり使いやすいです。

問題を解く作業がサクサク進み、解説の量もさっと読める絶妙な量に調整されていると感じました。

メニュー画面だけお見せすると、こんな感じです。

スタケン 過去問アプリのメニュー

デザインも洗練されていてセンスが良く、私は一目で好きになりました。

アプリダウンロードは次のページのメニュー「アプリ」からどうぞ。

INFO

スタケンは、アプリは無料で誰でも使えるのですが、先にも触れた通り講座としては有料です。

具体的には、講義動画・テキスト・学習マニュアルといった部分が有料の範囲となっています。

有料講座としてはかなり安いほうなので、アプリが気に入ったらスタケン本体を購入・利用してみるとよいでしょう。

無料の予想模試2選

最後に、宅建試験対策用に作成された無料の予想模試を厳選して紹介します。

他の記事でも何度もお伝えしていますが、宅建試験の対策として予想模試を解いておくことは非常に重要です。

そして、予想模試すらも無料で提供されているものがあります。ありがたく利用しましょう。

資格スクエアの「未来問」

無料予想模試の1つめは、資格スクエアのAI予想模試『未来問』です。

資格スクエアの「未来問」

資格対策講座の資格スクエアは、AIを使って出題を予想し、その内容を予想模試「未来問」として提供しています。

資格スクエアによると、的中率は次の通り。

  • 平成元年~平成28年の過去問データをもとに平成29年宅建試験の出題を予想したところ、カテゴリー的中率は約70%
  • 平成元年~平成29年の過去問データをもとに平成30年宅建試験の出題を予想したところ、カテゴリー的中率は78%
  • 平成元年~平成30年の過去問データをもとに平成30年宅建試験の出題を予想したところ、カテゴリー的中率は74%

高い的中率を維持しているようです。

例年、未来問は第1回(試験1回分)が無料、第2回以降が有料という形で提供されています。

解答や解説講義も第1回分は無料で提供されるのが通例です。

ぜひ利用しましょう。

INFO

資格スクエアはなぜ未来問を無料で提供しているのでしょうか?

理由は、資格対策講座なので言うまでもないかもしれませんが、この機会に無料で資格スクエアを試してもらい、今後の受講生の獲得を目指しているものと思われます。

もちろん、有料受講生になる・ならないは自由なので、安心して未来問を利用してくださいね。

LECの「0円模試」

無料予想模試の2つめは、LECの0円模試です。

LECの「0円模試」

LECは例年、試験1回分50問の模試を無料で提供しています。

自宅受験・会場受験のどちらかを選んで受験できます。

LECによると、0円模試の特徴は次の4点です。

  • 全国規模で実施
  • 新作オリジナル問題を出題
  • 成績処理あり
  • 有料の模試と同じクオリティ

厳密に言うと「予想模試」ではなくただの「模擬試験」なので、出題予想という側面に大きな期待はできません。

それでも、大手資格対策予備校LECが作成した模試を試験の直前期に受けることで、得点力の向上が図れることは間違いないでしょう。

INFO

LECはなぜ0円模試を無料で提供しているのでしょうか?

先の資格スクエア同様、LECもこの機会に無料で試してもらい、今後の受講生の獲得を目指しているものと思われます。

もちろん、有料受講生になる・ならないは自由です。安心して0円模試を利用してくださいね。

この記事のまとめ

今回は宅建の無料教材を厳選して8件紹介してきました。

8件を下に再掲します。

インプット教材としては「講義動画」「テキスト」が、アウトプット教材としては「過去問アプリ」「予想模試」がそろっていますので、1円もかけずに独学をすることも可能です。

ただし、提供元がバラバラであるため、当然ながら教材の方針は一貫しているとは言えません。

この場合、教材間の相乗効果は期待しにくい面があるので、そこを理解した上で利用するようにしましょう。

なお、もし今後「少しお金をかけもいいから、教材がそろっていて合格実績のある講座で学習したい」と思い直したら、当ブログではフォーサイト宅建士講座スタディング宅建士講座を特にオススメしているので、思い出していただければと思います。

私が実際に購入・受講してレビュー記事を書いていますので、そちらも参考に。

フォーサイト宅建士講座を受講した感想【バリューセット2】
【宅建士合格ブログ】フォーサイト宅建士講座「バリューセット2」を実際に使ってみた私の感想+レビューです。画像も30枚掲載中。教材の特徴や料金に見合うかどうかを詳しく解説しています。
スタディング宅建士講座を使ってみた感想【動画1本と画像25枚でレビュー】
【宅建士合格ブログ】ウェブ講座のスタディング(STUDYing)を購入し、使ってみた私の感想です。この講座は良い!あまりにも気に入ったので、動画・画像を豊富に盛り込んで紹介します。

どちらの講座も「無料お試し」が用意されています。興味が出てきたら使い勝手を体験してみてください。

以上、参考になれば嬉しいです。

▼こちらの記事も人気です▼

一発合格できた!私のおすすめ宅建独学勉強法&高得点で勝ち抜くコツ
【宅建士合格ブログ】宅建試験に独学一発合格した私が、おすすめの勉強法や反省点、高得点を取るコツを詳しくお伝えします。
フォーサイト宅建士講座を受講した感想【バリューセット2】
【宅建士合格ブログ】フォーサイト宅建士講座「バリューセット2」を実際に使ってみた私の感想+レビューです。画像も30枚掲載中。教材の特徴や料金に見合うかどうかを詳しく解説しています。
スタディング宅建士講座を使ってみた感想【動画1本と画像25枚でレビュー】
【宅建士合格ブログ】ウェブ講座のスタディング(STUDYing)を購入し、使ってみた私の感想です。この講座は良い!あまりにも気に入ったので、動画・画像を豊富に盛り込んで紹介します。

コメント