「宅建士 通勤講座」を選ぶ理由やメリットは?合格者達の意見を集約

宅建士 通勤講座を買ってみたら、その魅力に取りつかれてしまったKiryuです。

先日通勤講座「宅建士」の無料講座を試してみたKiryuです!先日の記事はこちら。今回は上記の改訂新版です。お...

今回は通勤講座「宅建士」を選ぶ理由やメリットについてまとめていきたいと思います。

特に、「通勤講座を利用して合格したよ!」という人々の意見(合格者の声)に目を通し、彼らが注目しているポイントを整理してみました。

次のような疑問に答える記事となっています!

  • 合格した人々は、通勤講座のどんなところに魅力を感じたの?
  • 他の教材ではなく通勤講座を選んだ理由は?
  • 通勤講座のメリットは何?

是非ご一読ください♪

やっぱり竹原講師の「ビデオ講座」が一番!

「合格者の声」で最も熱い想いが注がれているな~と思ったのが、やはりビデオ講座ですね!

とにかく自分の都合のよい時間にビデオ講座を繰り返し見る事ができるというのは、とても心強かった。

竹原先生のアドバイス通りに勉強を進めていくことにより、試験の全体像・キーポイントとなるところ・きっぱり捨てるところの見極めがついた。

通勤講座「宅建士」では、約40の全てのレッスンで「竹原健先生」が動画で講義をしてくれます。

「講義」というと堅苦しいかもしれませんが、「ポイントをおさえるための授業」といった感じです。

上で引用した方が指摘するように、ビデオは何回でも、繰り返し・好きなだけ見ることができます。

通学による生講義だと、そういうメリットが得られないこともありますが、そこはWEB講座の良いところですね!

ビデオ講座は宅建初心者の自分には取っ掛かり易くて非常に有り難く感じました。

試験の概要や勉強の進め方などが解説されていたので不安も随分と払拭されてようやく勉強に打ち込めるようになった次第です。

動画を見ていると、竹原講師が「試験に出る・出ない」を簡潔明瞭に指摘している箇所に何度も出くわします。

ただ講義するのではなく、試験との関係を常に意識して話してくれるんです!受講生としては、とにかくありがたい!

およそ10年ぶりにリベンジを果たしました。竹原講師の講義が何度も受けられるのが楽しくてしょうがありませんでした。

竹原講師、大人気ですね。分かります。私も実際に動画を見てみて、「この人の話分かりやすいなぁ。やっぱりプロは違うな・・・!」と思いましたもん。

講義も1コマが負担になるような時間設定ではないので無理なく学習を続けられることができました。

わかりやすい講義動画は非常に視覚的でかつ、コンパクト。

講義は、どれも30~60分程度の動画としてアップされています。

さらに、どの動画も10~20分程度で「分割」されているんです。次の画像の1~4をみていただけると分かりやすいと思います。

「分割」されていることにより、通勤時間が短い人や、乗り換えがちょくちょくある人でも、勉強の「キリの良いところ」を見つけやすいというメリットにつながっています。

ちなみに、ビデオ講座は全体でおよそ30時間。連休を使えば4日で全て終えることも可能です!

宅建士 通勤講座にハマっているKiryuです!通勤講座といえば、スマホやタブレット・PCで閲覧できる「ビデオ講座」が良い!そ...

ところで、講義を聞いて勉強をしたら、実際のところ何点くらいとれるようになるのでしょうか? 気になるところですが、こんな声がありました。

特に動画の講義は特にわかりやすくて深く掘り下げ勉強する所しない所を明確化していたので本試験でも取れる問題を取りこぼさないようにできました!

35点を目標に勉強しましたが、38点取ることができました^ ^ この通勤講座で十分に合格できます!

38点といったら、宅建士試験ではかなりの高得点。

しかも、ほぼ確実にボーダーより上となる安全圏です。試験後もリラックスして合格発表を待つことができます。

もちろん、本試験で点数を取るには問題集でのアウトプット学習も必要になりますが、その基礎づくりとして、通勤講座のビデオ講義はかなり役立ちます。

講義はとても分かりやすく、講義を受けてからテキストを復習すれば、苦手だった権利関係の分野も理解が出来て勉強がとても楽しく感じました。本当に皆様にお勧めしたいです。

宅建士試験の重要範囲「権利関係」は、人によっては強い苦手意識を持つことがあります。

確かに、「不動産の二重売買と登記の関係」とか「法定地上権」みたいな込み入った話題になってくると、もうワケが分からなってきます。私がそうでした。笑

でも竹原講師の講義は、学習内容がややこしい局面に入っても、それを噛み砕いて説明してくれます。たとえば下記のシーン。

二重売買のケースでは、「どのタイミングで契約したのかは分からないわけでしょ?ですから契約をしたタイミングではなく、登記をしたタイミングで勝ち負けを決めるんです」と話しています。

安心して楽しみながら聴き続けられる、受講生に優しい講座です。

1.5倍速機能はとても便利でした。 音声ファイルダウンロードもありがたく、歩きながらでも勉強ができました。

そうそう、ビデオ講座には倍速機能が搭載されています。

竹原講師は、自分では「早口」だと評することもありますが、実際には比較的控えめのスピードで、滑舌よく話す感じです。

慣れてくると、少し早回しで聞いても理解に支障はありません。私も1.25倍くらいがちょうど良いなと思って聞いています。

ゲーム感覚でのめり込む「問題集」!

問題集もスキマ時間でささっと確認できるような通勤問題集と、実力試しを本試験と同レベルの問題で確認できるセレクト問題集に分かれており、シチュエーション毎に効果的に学ぶことができました。

通勤講座には、「通勤問題集」「セレクト過去問集」という問題集が含まれています。

「通勤問題集」は、一問一答、○×形式でリズム良く問題を解いていく論点ドリル。

「セレクト過去問集」は、本試験に実際に出題された問題を、四肢択一でじっくりと解いていくスタイルです。

もちろん、スマホ1台で回答・採点・解説まで完結します。

最近、ちょっとしたクイズを解くスマホアプリが人気だったりしますが、あんな感じですね!

過去問はよく考えられてセレクトされており、これを理解しながら繰り返し解くことにより自然に身に付いた。

まず最初は何も理解できないので動画をみて過去問を繰り返しますといつか過去問を暗記している状態になります。(中略)そこまでいくと後は応用で考えれば解けます。

「セレクト過去問集」では、過去問の中でも特に重要なものがピックアップされています。それらを繰り返し解くことが、試験突破の鍵なんです。

特に良かったのは、過去問題が入っているセレクト問題集で、その解説がわかり易く、とても良かったです。

セレクト問題集の解説は、確かに充実しています。一肢ずつ、丁寧。それでいて長すぎないので、最短時間で実力アップを期待できます。

講義後に行う過去問もゲーム感覚で行うことができ、知識の定着に役立ちました。

一番強調したいのが、これ!!大事ですよね、「ゲーム感覚」

まるでゲームをするかのような感覚になれれば、勉強といってもいくらでも時間を注ぎ込めるようになります。

実際、通勤講座の問題集には、ゲームのように楽しく問題を解ける工夫がいくつも見られます。問題を解いたら「正解!」「不正解!」とパッと見で分かりやすく表示されますし、

採点結果もまとめてくれます。

問題を解いていくアウトプット学習は、試験合格にとって絶対に欠かせない。この点を通勤講座はよく理解しているからこそ、「取り組みやすい問題集」を作るのにかなり力を入れているみたいです。

「安さ」は何にも代えがたい!

通勤講座「宅建士」のおそらく最大の魅力は、やはり価格面。

私は通勤講座コスパの高さを魅力的に感じて利用しました。

(通勤講座を選んだ)理由は、講師の講義もわかりやすく、隙間時間で勉強できること、手頃な価格、という点です。

価格も大変リーズナブルな上、他の教材は一切不要でスマホ一つで学べる通勤講座を受講して本当に正解でした。

価格面での評価は本当に多いです。何といっても2万円かからないですからね。

「でも、そんなに安くて大丈夫なの? 落ちたら意味無いけど・・・」

そう思うのも、無理はないです。それくらい安い。

実際、次の人も不安に感じていたようですが、利用開始後、その不安は払拭されたようです。

Web講座の中でも通勤講座は価格が安いですし、また、大手専門学校の講座料金に比べると比べ物にならないくらい安いので、通勤講座だけでは合格出来るかどうか不安に思い、他に参考書を1冊買ってしまいましたが、通勤講座を利用してみると、内容が充実しており良い意味で驚きました。

通勤講座の場合、「安かろう悪かろう」ではないんですよね!

「安いけどスゲーいい」というのが私の率直な感想です。これ、通勤講座で合格した多くの人に同意してもらえると思います。

でも安いのにはどんな秘密があるんだろう?

通勤講座の徹底したコスト削減を図っていただいた結果の非常にリーズナブルな価格も背中を押してくれた一因です。

「徹底したコスト削減」とありますよね。どこでコスト削減をしているのかは、購入検討をされている方は理解しておいて損は無いと思います。通勤講座でコストカットしているのは次の点です。

  • 教室コスト(賃料や水道光熱費)
  • 講師コスト(大勢の講師を抱えることによる人件費)
  • 出版コスト(印刷・配送代)

(上記は通勤講座トップページより)

確かに、WEBでの講座配信に注力するなら、上記はいずれもかかりません。では、浮いたお金をどうするか?というと、講座を安くすることで受講者に還元しよう!というのが通勤講座の理念なんです。

本当、どこまでも学習者のことを第一に考えてくれる良い講座だなぁと思います。

持ち運べる!スキマ時間を活用できる!

(上記は私がミスドで通勤講座を使った時の写真です。w)

スマホとかでいつでもどこでも勉強出来るスタイルであると言う所にも惹かれました。

通勤講座を選ぶ理由として、やはり「どこでも学習できる」という点を重視する方は多いです。

どこでも勉強できるのは非常に強みになっています。仕事柄上出張が多いのですが、新幹線の車内で講義を聞くことができるのは書籍にはない強みだと思っています。

昨年も受験しましたが、勉強時間が確保できずに不合格となりました。そこで、勉強時間の確保のためには空き時間を費やすしかないと思い、そのために最適なツールとして通勤講座を選びました。

通勤の電車の中、待ち合わせの時の待ち時間、お昼休みの余った時間、ほか弁を注文した後の待ち時間、デートで彼女がトイレに行っている間、等々・・・ かき集めてみれば、スキマ時間は膨大です。

そのすべてを宅建の学習に充てられるとしたら、誰でも合格に近づけるはずなんです。

また、重々しいテキストや問題集を持ち運びたくない!というニーズを、通勤講座はサクッと満たしてくれます。

通勤講座なら、勉強を進める上で私が一番懸念していたことである「テキストや問題集など重たい荷物を持ち歩きたくない」という部分がすべて解消されることを知り、「これは私にうってつけ!」と勇んで受講申し込みをしました。

重いテキストを持ち歩かなくて済み、ノートやペンを使うスペースが無くても勉強できるのは魅力でした。おかげさまで一回目の受験で合格出来ました。ありがとうございました。

特に女性の場合、男性に比べて持ち物が多くなりがちです。

ただでさえバッグの中にモノが多いのに、さらにぶ厚い本を持ち歩かないといけないって考えると、それだけで勉強する意欲を無くしてしまいますよね。。。

でも、通勤講座はスマホだけあればOK。スマホはいずれにしても持って歩くものですから、全く負担になりません。

それでいて動画・テキスト・問題集など学習に必要な全てが揃っているという・・・ コスパが良すぎる!(≧▽≦)

女性といえば、子育て中の女性からの支持も、やはり厚いものとなっています。

仕事も家事も子育てもしながらの勉強は大変でしたが、朝と帰りの通勤時間に勉強ができて、お昼の休憩時間も動画視聴したり、ちょっとした時間に勉強が出来て、すごい良かったです。おかげさまで合格できました。ありがとうございました。

小さい子どもがおり、家ではなかなか学習できないため、通勤時間を主に利用しておりました。(中略)重い参考書を持ち歩かなくて良いので、いつも持ち歩いているスマホでスキマ時間に学習できたことが、忙しいながら合格できた秘訣だと思います。

自宅に帰ると、子どもの相手をしないといけない。子どものご飯を、子どもの服の洗濯を、子どもの散らかした部屋を・・・となってしまい、宅建の勉強どころではない!

そんな悩みを持つ女性はとてもたくさんいらっしゃいます。

通勤講座は、忙しくても勉強したいと願う女性たちに、学ぶ機会をもたらしてくれてるんですね~!

通勤講座にはそんな「女性の頼もしい味方」という側面もあったりします。

学習範囲は最小限!

通勤講座を選ぶ理由のひとつとして、「学習量が少なくて済むこと」を挙げている人もいます。

最も重要であるのが学習コンテンツの量の少なさと考えています。

(中略)私は、公認会計士資格も保有しているのですが、資格試験に落ちる理由で最も多い理由は、「学習教材の量が多すぎて全て終わらなかった」という事だと思います。

(中略)KIYOラーニング(通勤講座)では合格に必要な最小範囲に絞ったコンテンツが用意されているため、例えば範囲が広すぎる民法などは手を広げすぎず、重要な宅建業法に学習時間を集中させる事が出来ました。

この教材だけを使い、全て学習範囲が終われば最短合格出来ると思います。

なるほど!確かに、試験範囲が広いからといって、コンテンツの量まで多くなってしまっては、学習者からすると良いことがないですよね。

学習に時間がかかる上、「やってもやっても終わらない感」が出てしまって、継続する意欲をなくしてしまいます。

通勤講座は、合格に必要な学習量がどれだけなのかを検討し、合格までの階段を可能な限り短くしてくれています。

ホントにこの通勤講座だけで合格できるとは思っても見ませんでした。

他の参考書や問題集は一切やっていません。通勤時間の往復一時間のみの勉強です。

さすがに一週間前は自宅でも多少は勉強しましたが、ほとんど通勤時間のみです。

自信を持ってこの通勤講座はおすすめできます。

こちらの方は、「通勤講座だけで受かるわけない」と思っていたようです。

コンテンツの量だけ見れば潤沢とは言えないので、むしろ「ダメモト」の気分で試してみたんでしょうね。

しかし、通勤時間のみを学習にあてて継続した結果、見事合格!予想はしていなかったみたいですが…

きっと、すごく嬉しかったのではないでしょうか!

学習サポート機能が充実!

通勤講座は、学習の時間・受講回数や進捗率を記録してくれる機能や、間違えた問題だけを繰り返し解く「復習モード」など、モチベーションと実力をアップするサポート機能が充実しています。

(上の画像は「学習レポート機能」の画面です。サボっている日がバレるww)

それらをおすすめポイントとして挙げている声がありましたので、ご紹介します。

解説ビデオの視聴回数、基本問題やセレクト問題の取り組み回数が記録として残ることも大いに励みになったように思います。

こんな感じで記録されます!

こういう数値を見ていると、「あ、俺頑張ったな・・・明日も頑張ろう」って思えて、やる気が湧いてきます。

WEB講座って基本、孤独ですからね。自分で自分を誉めていかないと、やってられませんw 学習記録は「自分誉め」をサポートする機能だと私は理解しています。w

この講座の良いところは、復習機能が充実しているところだと思いました。

(中略)復習機能は、間違ったところをチェックして後日またチャレンジして解けるようになっているか確認するといった反復での流れの学習を効率よく進めることができたので、勉強時間があまり確保出来ない私でも、今回の合格に繋がったのだと思います。

「復習機能」というのは、通勤問題集やセレクト過去問集の「復習モード」のことを言っているものと思います。

これ、本当良いんですよ!

自分が苦手を感じていて「要チェック」とした問題や、不正解になってしまった問題だけを取り上げて、再度解くことができるんです。

この機能、試験当日が迫ってくればくるほど、絶対にはずせない重要な機能になってきます。

他にも、2018年4月からは「勉強仲間機能」というSNS機能がリリースされています!

その詳細はここでは割愛しますので、是非使って体験してみてください。結構楽しいです(≧▽≦)

ということで、モチベーションを高く保ちつつ、楽しく学習に取り組める工夫が、通勤講座にはいっぱいあるよ!というお話でした。

終わりに:通勤講座を使い倒そう!

以上、通勤講座「宅建士」を選ぶ理由やメリットについて、合格者の皆さんの声を引用しながらご紹介してきました。

ビデオ講座や問題集、学習記録や勉強仲間機能などは、どれも無料お試し版で体験することが可能です。ぜひ使ってみてください!

無料版を試して気に入ったら、思い切って購入して使い倒しましょう。

そうすれば宅建合格は、もう目の前!

★無料版お試しレビュー、有料版購入レビュー、その他関連記事はこちら★

宅建士合格者のKiryuです!「スマホで学べる通勤講座」の宅建士 通勤講座を使ってみたところ、とっても良くできた宅建士講座で...