【宅建】40点ゲットして1発合格した私の独学勉強法を、ドヤ顔で全部公開!【高得点】

笑うドラゴン

私が宅建の学習を開始したのは、3月半ば頃でした。それまでの法律の学習経験はゼロ。

働きながら、毎日コツコツと独学を続けました。平日は1時間くらい、休日は日によりますが、3~4時間はやったと思います。

色々あって、8月いっぱいで会社を退職。それから10月の受験までは就職活動をしつつ、宅建の学習を続けました。

総学習時間は、250~300時間くらい。

結果は一発合格、しかも40点ゲット。(ドヤッ!) ケアレスミスが無ければ、42点でした。

そんな私の宅建学習法を、少し詳しめに書いてみたいと思います。今となっては反省している点もありますので、そういうのも含めてお伝えします。

スポンサーリンク

まずはテキスト学習

何はともあれ、まずはテキストを読み込んで基礎知識をつけなければなりません。

教材

繰り返し書いてきていることですが、私が使ったのは次のU-CANのテキストでした。

このテキストを選んだ理由は、講義式のスタイルが自分にあっていると思ったこと、具体例が豊富だったこと、などです。詳細は次の記事をどうぞ。

宅建は人気資格なので、多くの出版社が学習用のテキストを出しています。10~20種類くらいはあるんじゃないでしょうか。選択の余地がある...
私が初学者の頃よく分かっていなかったことのひとつ。それは、宅建の学習を進めるということは、「法律の学習を進めること」だということです...

学習法

私は同じテキストを2回読むのがイヤだったので、サブノートを作ることにしました。テキストを1章分読み終わるごとに、サブノートに要点をまとめていきます。

要点をまとめる作業は、テキストの内容を自分が本当に理解していなければできません。1ページずつ確実に理解していく作業を、自分に課したことになります。こうすることで、1回の読了でテキストを終わらせようと思ったのです。

サブノートは、Microsoft Word で取りました。つまり、PCをサブノートにしたわけですね。(プリントアウトはしません。)

そうする利点は、特定のキーワードでサブノートを素早く検索できる点です。「あの論点、どういうことだっけな?」と思ったとき、Word の検索機能を使えばすぐ該当箇所を探し出せます。これは後々役に立ちました。

反省点

サブノートを作ることで、当初の狙い通り、テキスト通読は1回で済みました。また、理解の促進と知識の定着とを図ることができました。この点はかなりの効果があったと思っています。

しかし、サブノートを取るのは激しく時間がかかりました。テキストの内容を一度インプットして、頭の中でまとめて、それをアウトプットしていく作業ですが、1章分まとめ終わるのに3時間くらいかかっていたと思います。

上記のテキストは60章あるので、単純計算で180時間をテキストに費やしたことになります。時期としては、3月半ばから開始して、終わったのが6月末頃。ちょっと時間がかかりすぎですよね。

ということで、サブノートはやめておくべきだったかもしれません。

(その反省を生かし、2015年に始めた管理業務主任者の学習では、サブノートは取りませんでした。その代わり、やはりテキストを2回通読することにはなりました。)

続いて、過去問演習

テキストを一通り学習した後は、過去問演習です。

教材

私はお金が無かったので、過去問はネットに掲載のある無料のもので何とかならないだろうか?と当初考えました。

それで、宅建スーパーWEBサイトというサイトに掲載されている過去問を利用しようと決めました。

まずは3年分と思い、プリンターで印刷して解いてみますが…

気が付いたことは、かさばる紙たちの管理がすごく面倒だということ。このため、ネット上の過去問を使うことは諦めました。

その後、宅建過去問7年分の教材を購入し、合計10年分の過去問演習をしました。

学習法

過去問10年分は、3周やりました。

宅建の本試験は2時間なので、各回を2時間以内で解くようにしました。毎回、時間を測って解いたということです。そうすることで、どのくらいのスピードで解き進めていけばいいのか、体感で分かるようになりました。

過去問10年分を3回ずつ解いたときのスコアについて、次の記事に詳しく書いておきましたので、参考にしてみてください。

私が学習者のとき、基本書を読み込んでいる段階でとても気になっていたことがあります。それは、過去問10年分を初めて解いたら、自...

反省点

まず1つは、最初から過去問10年分の問題集を購入しておけばよかった、ということです。お金がちょっと惜しかったばっかりに、過去問の教材がネットと書籍の2つに分かれてしまい、結局後々の管理の面で、面倒が増えただけでした。

問題集は、たしかに少しお金を出す必要はありますが、必要経費だと思ってちゃんと10年分を購入したほうがいいです。たとえば、次のものとか。

10年分をはじめから購入したほうが、法改正に対応した最新の解説をきちんと読むこともできますしね。

反省点の2つ目。過去問10年分を解く際に毎回必ず時間を測って解いていく必要は、あんまりなかったかな、と思っています。

時間を測ってやるのは、最初の1周目だけで十分。なんなら、最初の数回だけでもいいかも。後は、時間的には安定してきますので、あまり気にしなくて大丈夫です。(このあたりのことは、また別に記事にしていきます。)

仕上げの予想問演習

当時の私は、予備校に通う金銭的な余裕は無く、共通模試のようなものに参加するためのお金もありませんでした。

だからこそ、予備校に通って合格を狙ってくる人たちに打ち勝つには、予想問演習が絶対に不可欠だと確信していました。

また、宅建が年々難化してきているという事実からも、過去問演習だけで合格できるとは到底思えませんでした。そのことからも、予想問演習をいかにこなすかが勝負の分かれ目だと考えていました。

次の関連記事も参考にされてください。

宅建試験の攻略法として、何億回と語られたであろう、過去問の重要性。宅建は過去問10年分を暗記すれば合格可能 宅建は...

教材

私は予想問題集を3冊、計10回分やりました。次のものです。

U-CAN本で3回分、日建学院本で3回分、Wセミナー本で4回分、計10回です。

なぜ10回分も?と思われたかもしれません。理由は、確実に合格するためでした。ポイントは、「誰もこんな分量はやらない。こんだけやれば、絶対受かるだろ?」というレベルに、自分を持って行くことです。

なお、予想問題集の中には、本試験よりもやや難しく作られているものもあります。なので、やってみて「難し過ぎる!」と思ったとしても、あまり気にしなくていいと思います。

学習法

合計10回分を、丸2回ずつ解きました。本当は3回ずつやりたかったのですが、2回やった時点で、ほぼタイムリミットが来てしまったのです。

仕方がないので、3回目は、1回目や2回目に間違えた問だけを解き、時間を短縮しました。

反省点

予想問をしっかりやり込むというのは、我ながら目の付け所が良かったかなと思っています。

というのも、宅建の対策は過去問演習で十分だと一般には思われています。その中であまり人が目をつけていない「予想問」まで対策しておくことで、一歩抜きん出ることができ、合格を勝ち取れたと考えるからです。

反省すべき点としては、時間が足りなくて3周目ができなかったことでしょうか。テキストにかける時間をもう少し圧縮できていれば、よかったですね。

おわりに

以上、色々な反省もありながらの、宅建学習法でした。

教材にかけた費用は、テキスト3,000円、過去問1,700円、予想問3冊4,700円で、合計およそ1万円。金銭面だけ見れば、予備校に通うよりは、ずっと安かったですね。

ということで、あなたの学習法の参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク