宅建試験の試験日はいつ?地域ごとに異なるの?情報まとめ

宅建試験の試験日は?関連情報まとめ

宅建試験に一発合格済みの宅建士Kiryuです(*^o^*)

今回は人気資格「宅建(宅建士)」の試験日についてまとめます。

例年の試験日や今年の試験日はもちろん、来年以降の試験日もお伝えします。

さらに「試験日までの日数の確認方法は?」「試験日に解答を知る方法はある?」といったよくある質問にも回答していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

宅建の試験日

宅建試験は例年、10月の第3日曜日に実施されています。

試験日は全国共通です。

なので、札幌、仙台、東京、大阪、京都、名古屋、広島、福岡、熊本、鹿児島、沖縄など、どの地域でも同じ日に試験が行われます。

2020年度の試験日

2020年度(令和2年度)の宅建試験日は、2020年10月18日(日)です。

ただし、現在の社会情勢の影響により試験会場が不足したため、例外的にもう1日試験日が設けられることになりました。

2020年度(令和2年度)の追加試験日は、2020年12月27日(日)です。

2021年度の試験日

2021年度(令和3年度)の宅建試験日は、2021年10月17日(日)になると予想されます。

2022年度の試験日

2022年度(令和4年度)の宅建試験日は、2022年10月16日(日)になると予想されます。

試験日に関するよくある質問

試験日に関係するよくある質問に回答します。

試験日は年に何回?

宅建試験の試験日は、年に1回です。

しかしながら、2020年度に関しては社会情勢の影響により試験会場が不足したため、例外的に年2回の実施となりました。

2021年度からは、よほどのことが無い限り従来通り年1回ペースの実施体制に戻ると思います。

試験日まであと何日?

試験日までの残り日数については、カウントダウンをやっているサイトをチェックするのが便利です。

お好きなほうをどうぞ。

試験日までに必要な勉強時間は?

宅建試験に合格するには、試験日までに300時間くらい勉強する必要があると言われています。

ゼロから学習を始めた私の体感としても、最低限それくらいは必要だと思います。

なお私の場合は1回の受験で確実に合格したいという気持ちが強かったので、追加で100時間(合計400時間)勉強して、一発合格しました。

どういう勉強をしたのか気になる方は、次の記事を読んでみてください。

一発合格できた!私のおすすめ宅建独学勉強法&高得点で勝ち抜くコツ
【宅建士合格ブログ】宅建試験に独学一発合格した私が、おすすめの勉強法や反省点、高得点を取るコツを詳しくお伝えします。

試験日当日の試験会場はどこ?

試験日当日の試験会場は、あらかじめ自分の受験票で確認しましょう。

それが一番確実です。

試験日が延期・変更になる可能性は?

宅建の試験日が延期・変更になるというのはほとんど前例がないことです。

万が一延期・変更になった際は、試験実施団体RETIOの公式サイトで発表がなされると思いますので、時々チェックしておきましょう。

試験日の持ち物は?

試験当日の持ち物は次の通りです。

  • 受験票
  • BかHBの黒鉛筆又はシャープペンシル
  • プラスチック製の消しゴム
  • 鉛筆削り(任意)
  • 腕時計

試験日に解答を知る方法はある?

宅建の試験当日に解答を知りたい場合は、ネットで「解答速報」をチェックしましょう。

というのも、大手の資格対策予備校は例年、試験当日の夕方から夜にかけて自社独自の模範解答を公表しているんです。

模範解答はインターネット上で提供され、一般的には「解答速報」と呼ばれています。

受験が終わった後、帰宅して一息ついたら、ぜひ「解答速報」を確認してみてください。

速報関連の情報は次の記事で詳しくお伝えしています。

宅建試験の「速報」とは? 2020年度解答速報サイト等まとめ
【宅建士合格ブログ】宅建試験の3種類の「速報」を解説します。試験後間もなく配信される「解答速報」「予想合格ライン」「解説・講評」について把握し、情報収集に役立てましょう。Twitter・5chの便利なリンクも。

試験日に難易度を知る方法はある?

宅建試験の受験が終わった後、できるだけ早く試験の難易度がどうだったのかを知りたい場合は、2つの方法があります。

1つめは、Twitterをチェックしてみることです。

試験終了後は、たくさんの受験生が宅建試験について何かしらつぶやいているはずでしょう。「難しかった」「簡単だった」「去年と比べて○○だった」など。

そういったツイートを参考にするというのが最も早い方法です。

難易度を知るための2つめの方法は、資格対策予備校が出す「試験講評」です。

試験講評は、予備校の宅建試験の講師が、その年の宅建試験の難易度やポイントを分析し、解説するものです。

試験講評は、早いものであれば試験当日に発表されますが、後日になってしまう場合も多いです。

それでも難易度に関して有益な情報が多く得られますので、ぜひ読んでみてください。

この記事のまとめ

今回は人気資格「宅建(宅建士)」の試験日についてお伝えしてきました。

内容を復習しておきましょう。

  • 宅建試験は例年、10月の第3日曜日に実施される
  • 2020年度(令和2年度)の宅建試験日は、10月18日(日)である
  • 2020年度は例外的に12月27日(日)に追加試験が実施される

以上、参考になれば嬉しいです。

▼こちらの記事も人気です▼

宅建試験の合格率は?【60年間の推移と現在】
【宅建士合格ブログ】宅建試験の合格率をグラフ・表でわかりやすく示しています。昭和・平成から令和にかけての合格率の推移や、各種講座の合格率、5問免除対象者の合格率、女性の合格率なども紹介。
フォーサイト宅建士講座を受講した感想【バリューセット2】
【宅建士合格ブログ】フォーサイト宅建士講座「バリューセット2」を実際に使ってみた私の感想+レビューです。画像も30枚掲載中。教材の特徴や料金に見合うかどうかを詳しく解説しています。
スタディング宅建士講座を使ってみた感想【動画1本と画像25枚でレビュー】
【宅建士合格ブログ】ウェブ講座のスタディング(STUDYing)を購入し、使ってみた私の感想です。この講座は良い!あまりにも気に入ったので、動画・画像を豊富に盛り込んで紹介します。

コメント