再受験で落ちた人に伝えたい「宅建試験の勉強法」の話。

再受験で落ちた人に伝えたい「宅建試験の勉強法」の話

宅建試験一発合格済みの宅建士Kiryuです(*^o^*)

今回は再受験で落ちてしまった人に伝えたい「宅建試験の勉強法」の話をしたいと思います。

この記事を読んでいるあなたは、「宅建試験を再度受験したが、また落ちてしまった人」の一人でしょうか。

そうだとすれば、一つ断言できることがあります。

あなたはあなた自身の勉強法を根本的に見直す必要があります。そうしないと、絶対に合格できません。

そう言われても納得できないかもしれませんね。それに、具体的にどうすれば良いのかという疑問もあるでしょう。

そこでこの記事では、「宅建試験に4回落ちた後、勉強方法を見直して5回目の受験で合格した人」の話を共有します。

その体験談から、あなたの試験対策においてどのような改善が必要なのか、一緒に考えていきましょう。

スポンサーリンク

宅建

不屈の精神で合格を勝ち取った男の話

ここで取り上げるのは、私が最近知った「ある男性の受験体験談」です。

彼がどのように不合格のスパイラルに陥り、そこからどうやって這い上がり合格を勝ち取ったのかを見ていきます。

INFO

実はその男性は乗り越えるのも困難なハンディキャップを持っていたのですが、その話は記事の最後にまわすことにします。

3年連続の不合格

その男性は、宅建士の資格を取りたいと考えて2008年に最初の受験をしました。しかし、結果は不合格でした。

さらに学習を続け、翌年2009年に再び受験しました。しかしあえなく、不合格。

3度目の正直!ということで翌2010年にも受験したのですが、またしても結果は不合格となりました。

3年続けて受験したにも関わらず、全ての年で「不合格」。

その散々な結果に、さすがに心が折れてしまったのでしょう。

男性はその後数年にわたり、受験をすることなく過ごしました。

4回目の不合格

時は移り変わって、2014年。

男性はスタディング宅建士講座(旧称:通勤講座)という試験対策講座に出会いました。

提供されていた「音声講座」を繰り返し聞くことで、実力を高めていきます。

これならいける!と確信し、4度目の試験に挑みました。

テレビドラマや映画なら、今度こそ合格していたはずです。

しかし、現実は非情なものでした。彼につきつけられた結果は、またしても「不合格」だったのです。

彼は奈落の底に突き落とされ、ボロボロになってしまいました。

ふたたび月日が流れます。

勉強方法を見直して挑んだ5回目

数年が経過し、2017年。

心の傷も癒えた頃だったのでしょうか。

驚くべきことに、彼は「もう一度受験しよう」と決意したのです。

なんとしてもこの資格を取るという熱意が、再び燃え出したのでした。

彼は2014年に受講して若干の手ごたえを感じていたスタディング宅建士講座を、もう1度受講することにしました。

しかし、同じ講座を使いつつも、これまで彼が実践してきたのとは全く異なるやり方で努力を積み重ねることにしました。

そうして受験した2017年度宅地建物取引士試験。

その結果は見事、「合格」!

悲願の合格通知書を、ついに彼は手にすることができたのです。

合格につながった勉強法は?

普通の人なら、4回も受験に失敗した時点で「自分には無理だ」「センスが無かった」などと言って諦めそうなものです。

しかし、男性は「自分はやれる」という不屈の精神を持ち、投げ出すことをしませんでした。

そればかりでなく、男性は自分のそれまでの勉強法をキッパリと捨て、改めました。

このことが受験5回目の合格という結果に直結したようです。

実際のところ、どんな学習方法に切り替えたのでしょうか? 彼の言葉を引用します。

男性の口コミ
男性

2017年、スタディング宅建士講座を再受講しました。講座を一度聴き、テキストを二度読み、あとはスマート問題集とセレクト過去問集だけを繰り返し解きました。

余計なことはせずスマート問題集の○×と、セレクト過去問集の解説を何度も読みました。

その結果、今年は36点で合格することができました(5回目)。

合格できて嬉しいという気持ちもありますが、最初から過去問を繰り返して解くという継続練習ができなかったことが悔しいです。

今後の受講する皆様、講座内容を深めるためにも問題は反復継続し、セレクト過去問集を極めることができれば必ず合格します。出典

合格した年に彼が熱心に取り組んだのは、問題をとにかく繰り返し解くというアウトプット学習でした。

アウトプット学習の重要性

上記の男性の体験からもわかるように、また私自身もこのブログで繰り返し訴えているように、宅建試験攻略にとって重要なのは、本当に何よりも何よりも重要なのは、「アウトプット学習」です。

もちろん、講師による講義を集中して聞いたり、テキストを読み込んだりすることも、最初のうちは大切だと思います。

でも、それは文字通り「最初だけ」。

講義やテキストで宅建試験の全体像をおおよそつかめたら、その後は直ちにアウトプット学習に移らなくてはなりません。

つまり、「問題集を解く」「過去問を解く」といったアウトプットの訓練をしないと、ダメなんです。

アウトプット学習を勧めると、「でも、まだ解けるレベルじゃないから…」といって尻込みする人がいますが、そうじゃない。

「正解できなくて良い」んです。

というか、どれだけインプットしていようとも、アウトプットの段階になれば最初は正解できないのが普通です。

宅建試験の問題は、「解かなければ解けるようにはならない」ですし、「解けば解くほど解けるようになる」性質のものなんです。

「そう言われても納得できない」と思うかもしれませんが、実際に宅建士の勉強をして合格した私はそう確信しています。

断言しますが、テキストを30回読んでも試験問題を解けるようには絶対ならないですよ。

でも、過去問12年分を30回解いたら、試験に受かる可能性は極めて高くなります。

アウトプットが必要な理由

「それじゃあ、なぜアウトプット学習がそんなに効果あるの?理由を説明して」

という人がいるかもしれません。

アウトプット学習が効果的である理由は簡単で、宅建試験は「問題を解く」試験だからです。

短距離走にたとえて考えてみる

たとえて言えば、短距離走で勝つためには「短距離を早く走る練習」に最も重きを置くのが当然ですよね。

もちろん、本や論文を読んで「短距離走の上達法」を知ることも大切かもしれません。

でも、それは最初の数時間で済ませれば良いこと。

残りの時間は走る練習に費やすべきです。誰にでも分かる簡単な理屈だと思います。

そして、それは宅建試験も同じことなんです。

「問題を解く」試験で勝つためには、「問題を解く」練習に一番時間を割かねばならない。

アウトプットの重要性というのは、そういうことです。

九九にたとえて考えてみる

もうひとつ別のたとえを出してみます。

あなたは「かけ算」できますよね? 8×3と言われれば、答えは24だってすぐに分かると思います。

ところで、なぜあなたはかけ算の問題が解けるのでしょうか?

算数の教科書を一生懸命読んだからでしょうか? もちろん、違いますよね。

あなたがかけ算の問題を解けるのは、小学生の時に九九の暗唱を何度も何度も繰り返したからであるはずです。

宅建試験だって、それと同じなんですよ。

8×3と言われたら24、と条件反射で答えが出てくるのと同じくらいに、過去問10年分くらいの全ての選択肢について、それぞれの○×と理由がパッと言えるくらいになる必要があるんです。

そのために、繰り返し繰り返し解いて、アウトプットして、「宅建の試験問題を解く」という動作を頭と体に浸みこませないといけないんです。

「宅建と九九は違う」のか?

「いや、宅建試験と九九は違うでしょ。宅建試験では色々な肢や論点が組み合わさって1つの問になるんだから、九九みたいに条件反射で答えられるほど簡単ではないと思う」

そういう反論の声もありそうです。

でも、こう考えてみてください。より複雑なかけ算、たとえば347×792みたいなかけ算だって、それを解けるためには結局「九九ができる」ことが必要ですよね。

九九を条件反射的に正確に・スピーディに暗唱できるようになってはじめて、そしてそれによってのみ、桁の多いかけ算を解けるようになるわけです。

宅建試験の難しい問題もそれと同じこと。

肢ごとの正誤と理由づけを、条件反射レベルで脳から瞬時に引き出せるようになっておくことは、一問でも多く正解するための必須事項です。

そして、それができるようになるためにはアウトプットの訓練が欠かせません。

* * *

…まぁ、ここまで言っても、多くの人は面倒くさがって、アウトプットの訓練なんて、しないんですけどね。

アウトプット学習重視の学習スタイルは、なぜか多くの人にとってやり始めるハードルが高いようで、どんなに勧めても実際にやる人はごくわずかです。

しかし、だからこそ逆にチャンスであるという見方になります。

つまり、アウトプット学習で鍛錬を積めば、それをしなかった大多数の人々をササッと追い抜いて、合格レベルに到達できるというわけです。

実はこれこそが、宅建試験の知られざる、最も実用的な攻略法だと私は考えています。

再受験対策に適した学習法

以上の話から、宅建試験の合格のためには、アウトプット学習に最大限時間を割くことが重要なのだと、分かっていただけたと思います。

ここから先は、アウトプット学習を取り入れつつどのように試験対策を実践していけばよいのか、もう少し具体的に私の考えをお伝えします。

独学は捨てる

まず捨てて欲しいのは、「独学で合格できる」という発想です。

宅建試験で1度ならず2度・3度と落ちる人の中には、理由も無く独学にこだわっている人がいます。

あなたがそういうこだわりを持っていたら、今すぐやめてください。

たしかに、宅建試験は独学でも合格できる試験です。あなたもそう聞いたことがあるからこそ、独学を続けてきたのかもしれません。

でも、「独学で合格できる」という説には、「ただし勉強のセンスがある人に限る」という但し書きがつきます。

「勉強のセンスがある人」というのは、学校のクラスに1人か2人、やたら頭の良い人がいますよね。そういう人のことを指しています。

あなたはあなた自身を自己評価してみて、勉強のセンスがあると思うでしょうか。

もしそうは思えないということであれば、独学で試験に挑むのは、登山の装備無しで富士山に登るようなもの。

遅かれ早かれ、遭難してしまうことが目に見えています。

ではどうするべきなのか?

頂上への合格ルートをしっかり整備してくれている「通信講座」というツールに目を向けてください。

再受験者におすすめの通信講座(1)

いくつもある通信講座の中で、再受験をする人に適しているものはどれなのでしょうか?

第一に勧めたいのは、先の体験談の男性が利用していたスタディング宅建士講座です。

彼が体験談の中で語っているように、余計なことをせず講座内の問題集を解くことをひたむきに続ければ、あなたも彼が経験した合格へのルートを同じようにたどれるはず。

実際、スタディング宅建士講座の講義時間は30時間程度におさえられており、インプットの時間は必要最小限で済みます。

その後のアウトプット教材として、スタディング宅建士講座には「スマート問題集」や「セレクト過去問集」が用意されています。

スタディング宅建士講座の問題演習システムはとても良く工夫されており、繰り返しアウトプット学習を行うのに適しています。

スタディング宅建士講座には、再受験した人の合格実績が他にもあるでしょうか?

1回以上受験に失敗し、その後スタディングの受講で合格した人の口コミを、合格者の声で確認できます。

女性・不動産業の口コミ
女性・不動産業

今年2回目の挑戦、合格点ギリギリで受かりました。昨年は某予備校のDVD講座を受講したもののただ聞き流すだけになってしまい、今考えると必要最低限の知識さえ身についていなかったように思います。

その反省を踏まえ、このスタディングでは講座を聞いたらすぐ問題に取り組み、知識の整理や定着を図ることができました。出典

男性・会社員の口コミ
男性・会社員

今回3回目にして合格出来ました。過去2回は、独学で解説書や過去問題集で勉強してました。試験になると全然理解できていない事がよくわかりました。

中々まとまった時間が取れない中で、空いた時間に出来るこの講座が良いと思い利用させて頂きました。
出典

再受験者におすすめの通信講座(2)

もう1つおすすめしたい講座は、大手資格対策講座のフォーサイトが提供しているフォーサイト宅建士講座(バリューセット2)です。

この講座ではいっそうインプット講義の時間が絞られており、およそ12時間程となっています。

あとは過去問題集等を使ってアウトプット学習をするのですが、とてもありがたいことに「過去問題集に関する解説講義」が用意されています。

普通「テキスト」に対応する「解説講義」はありますが、過去問題集に対する「解説講義」はありません。

しかし学習者側からすれば、試験問題をどのように読み解き、どのように考えて答えを出せば良いのかは、分からないわけです。

その点、フォーサイトは過去問題集用の講義が約6時間分あるため、講師の指導のもとで回答力を養うことができます。

実際、過去3回受験に失敗した複数の受講生から、フォーサイトを使って合格したという声が寄せられています。

フォーサイト宅建士講座は、合格率が毎年のように6割以上を保っており、利用を検討する価値は十分すぎるくらいです。

通学はダメなの?

ここで「通学講座はダメなの?」と思った方もいるのではないでしょうか。

LECやTACなど、資格試験対策を重点的に行っている予備校もありますよね。

私の答えとしては、全然良いと思います。

このブログで通学講座を勧めていないのは、単に私が利用したことが無く、あまり多くのことを知らないからに過ぎません。

強いて言うなら、通学は通信講座よりもお金がかかる上、都市部の人にしか利用できないというデメリットがあるので、私は通信講座のほうをずっと強くお勧めしています。

※ちなみに、通学講座の受講料は10~20万円くらいは普通にかかったりします(^^;)

お金の問題が無く、都市部在住で、通学のほうがより自分に合っていそうだと思える方は、通学講座を選択してください。

もちろん、アウトプットを重視した講座かどうか調べることを、忘れないでくださいね。

この記事のまとめ

今回は再受験で落ちてしまった人に向けて、「宅建試験の勉強法」についてお話ししてきました。

この記事のポイントを以下にまとめておきます。

  • 宅建試験に繰り返し落ちた人であっても、アウトプット重視の勉強法に切り替えることで合格できる
  • アウトプットを重視しなければならない理由は、宅建試験が「問題を解く試験」だからである
  • 再受験対策に適した通信講座として、体験談の男性が利用していたスタディング宅建士講座や、過去問の解き方を解説する講義を備えたフォーサイト宅建士講座がある

最後に、5回目の受験で合格した先の男性の「ハンディキャップ」について触れておきたいと思います。

私は、彼が「乗り越えるのも困難なハンディキャップ」を持っていたと言いました。それは何だったのか。

実は、男性は「視覚障害者」なのです。しかも全盲、つまり全く目が見えません。

目が見えなくても、宅建試験を受験することは一応できます。

日本の国家試験は、何かしら体に不自由のある人が受験を希望する場合、予め申し出ることで相応の措置がとられるケースが多いです。

男性もそうやって受験したのでしょう。

そうは言っても、目が見えないことが試験対策において非常に高いハードルになることは間違いありません。

そもそも、視覚障害を持った人用の宅建の教材なんて、無いわけです。

彼はスタディングの講座を「聴く」ことで受講しました。WEBテキストや問題集は、ブラウザの「読み上げ機能」などを活用したのだと思います。

言うまでもなく、それらは「目の見える人」に最適化された教材ですので、彼にとって使いにくい点も多々あったでしょう。

男性の学習環境は、私などには想像もつかないほどの超絶ハードモードだったに違いありません。

それでも、男性は困難を乗り越えて、輝かしい「合格」の2文字を勝ち取りました。

「何度落ちても諦めない心」と、「学習法を見直すという思い切りの良さ」を見習いたいと心の底から思います。

「…自分も次こそは合格したい。だから、アウトプット学習を頑張ろう」

あなたもそう思えたのではないでしょうか。

ぜひその気持ちを忘れずに、もう一度試験勉強に取り組んでいきましょう。

あなたが不合格という結果に屈することなく、淡々と過去の失敗を克服すれば、未来の成功をきっとつかむことができる。

私はそう信じています。

▼こちらの記事も人気です▼

スタディング宅建士講座を安く買う4つの方法【クーポン・キャンペーン等】購入手順も解説
【宅建士合格ブログ】格安のスタディング宅建士講座をさらに安く買う方法4つを紹介します。購入手順やクーポンの使い方も解説。購入前に見逃せない情報満載です。
スタディング宅建講座の口コミ・評判は?実際に受講してわかったこと
【宅建士合格ブログ】スタディング宅建士講座(旧称:通勤講座)の口コミ・評判19件をまとめました。私が受講して確かめたメリット・デメリットも紹介しています。
フォーサイト宅建士 おすすめプラン・安く買う方法・購入手順は?
【宅建士合格ブログ】フォーサイト宅建士講座を購入した私の「もっと早く知っておきたかった!」情報まとめです。おすすめプラン、安くお得に買う方法(割引クーポンなど)、具体的な購入手順をシェアします。
フォーサイト宅建講座の口コミ・評判は?実際に受講してわかったこと
【宅建士合格ブログ】フォーサイト宅建士講座の口コミ・評判12件を紹介します。そして、その内容が正しいのかどうかを実際に受講して確かめました。詳しくは本文で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました