宅建試験の難易度は?資格ランキングと私の受験経験をもとに3つのポイントを解説

宅建の難易度は?資格ランキングと私の受験経験をもとに解説

宅建試験一発合格済みの宅建士Kiryuです(*^o^*)

今回は宅建試験の難易度に関するさまざまな情報と私の考えをお伝えします。

取り上げる具体的な話題は「国家試験を初めて受ける人が感じる体感の難易度」「宅建試験の難易度と他資格の難易度比較」「独学の難易度」「科目ごとの難易度」などです。

可能な限り、私が宅建試験の受験を経験する中で得た感想も含めます。

ここでしか読めない情報になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

宅建試験の難易度に関する結論3点

宅建試験の難易度に関する結論を先にお伝えすると、次の通りです。

  • 初めて国家試験を受ける人の場合、慣れない勉強を毎日続けて受験生全体の上位15%に入るのは、かなり大変
  • その一方、難易度ランキングを参考に他の資格と比較した場合、宅建試験の難易度は「中くらい」
  • 宅建試験の難易度は年々上がっているので、できるだけ早く受かっておくのがお勧め

以下で詳しくお伝えします。

初めて国家試験を受験するの人の体感難易度

宅建試験が自分にとって初めての国家試験の受験になる場合、難易度はかなり高く感じます。

宅建が初の国家試験への挑戦になるという人は多いです。実は私もそうでした。

国家試験の受験経験が無い人は、だいたどのくらいの勉強をすればいいのか、どのくらい深刻に考えればいいのかといったことについて、あまりイメージが湧かないですよね。

学習時間をもとに考えてみましょう。

宅建試験の場合、合格するためには最低300時間勉強する必要があると言われます。

300時間がどのくらいかというと、「毎日欠かさず2時間ずつ勉強するとしたら、それを150日間(5か月)続ける」ことでやっと達成できます。

フルタイムで勤めている人からすると、毎日2時間なんてよほど頑張らなければ確保できない、と思うことでしょう。

実際、真剣に合格を狙っている学習者は必死に時間を捻出して勉強しています。

たとえば私の場合、毎朝早起きして1時間くらい勉強していました。

それだけだと勉強時間が足りませんので、休日になるたび3~4時間を学習に充てていました。

合格するまでは、テレビドラマやYouTubeを見たり、友達と遊びに行ったりするのはやめて、なるべく勉強時間を確保する。私もそうでしたし、それくらいは普通です。

上記のような生活を5か月とか半年とか、人によっては1年近く続けます。

ただし、そういう生活をしたからといって、必ず合格できるわけではありません。

合格率は「15%」という狭き門ですから。

以上のように想像すると、なかなか大変そうだと感じるのではないでしょうか。

実際に受験勉強をした私としても、合格できるかどうかわからない中で日々机に向かって勉強をする毎日というのは、なかなか精神にこたえるものがありました(^^;)

INFO

その分、合格したときはとても嬉しかったです。

また、宅建という資格はその後の私の人生に計り知れないほど良い影響を与えてくれました(*^o^*)

なので少々つらかったり苦しかったりしても、宅建試験の合格を本気で取りに行く価値は十分あると私は思います。

資格難易度ランキングと宅建の難易度

国家試験初受験の人にとってはそれなりに難しさを感じる宅建試験ですが、他の資格との比較では「中くらい」の難易度です。

今回、他の資格試験との比較を行うため、独自に資格難易度ランキングを作成しました。

ランキング作成の基準は簡潔明瞭。次の2点でランク付けしました。

  • 合格するのに必要とされる学習時間が長いものを、より難易度が高い資格とみなす
  • 学習時間が同じだった場合は、合格率の低いものをより難易度が高い資格とみなす

上記の基準で、宅建と比較されることが多い主な国家資格・公的資格のランキングを作ると、次の通りとなりました。

順位資格名必要な学習時間(時間)合格率(%)
1司法書士30003
2不動産鑑定士30005
31級建築士150010
4中小企業診断士10005
5社労士10006
6行政書士8009
7マンション管理士7008
82級建築士70025
9FP1級60010
10ケアマネ40010
11通関士35015
12宅建30015
12旅行業務取扱管理者(総合)30015
14管理業務主任者30020
15簿記2級30025
16FP2級30040
17基本情報技術者20020
18貸金業務取扱主任者20030
19旅行業務取扱管理者(国内)20035
20簿記3級15050
21賃貸不動産経営管理士10040
22FP3級10070

※標準学習時間と合格率は通常は幅がありますが、ここでは話を簡単にするため幅の無いざっくりとした値を使っています。

宅建試験がほぼ中央の順位となっていることがわかると思います。

宅建試験は、他の資格との比較においては「超難関」なレベルでもなく、かといって「やさしい」というレベルでもない、真ん中くらいの位置づけなのです。

要は「テキトーに勉強したら落ちるのは間違いない」「でも、きちんと努力すれば合格できる可能性がわりとある」というレベルだと理解していただければと思います。

宅建の難易度の推移

宅建試験の難易度は年々上がっていると言われています。そのため、先延ばしにせず早めに宅建試験に合格しておくのがオススメです。

宅建試験の難易度の上昇については少なくとも2つの根拠があります。

1点目。客観的な指標として次のことを指摘できます。

  • 平成20年以降、いわゆる「個数問題」が増加傾向である
  • 平成20年以降、いわゆる「組み合わせ問題」「判例問題」が定番化している

「個数問題」「組み合わせ問題」「判例問題」がどんなものかはまた別の機会に解説しますが、要は「小難しい出題が増える流れになっている」ということです。

難易度の上昇についてもう1点お伝えできるのは、受験勉強をしていた頃の私のある経験です。

過去問題集を一生懸命解いていたのですが、「古い年度の問題ほど正解が多くなりやすい」という明確な傾向がありました。

「新しい年度から順番に解いて、古い年度では解くのに慣れたから正解が多くなったのでは?」と思われるかもしれませんが、そうではありません。

古い年度から順番に解いたのに、古い年度のほうが良く正解していたのです。

これは、古い年度よりも新しい年度のほうが相対的に難しくなっていることを示しています。

上記2点から、宅建試験の難易度は年々上がってきていると結論できます。

* * *

では、宅建試験が難化した原因・理由は何でしょうか?

私はインターネットの普及が主な要因だと考えています。

インターネットが普及するにつれ、ひと昔前は考えられなかったほど、情報の発信とアクセスが容易になりました。

私のような合格者がネットで「宅建試験の勉強法」を発信するようになりましたし、これから受験する人がそういう情報を探すことも一般的になっています。

そうなると何が起こるかというと、従来はスクールや通信講座にしか蓄積していなかった学習ノウハウがネット上に蓄積するようになり、その情報を参考にする人が増え、結果的に「受験生の実力が年々底上げされる」のです。

実力が底上げされれば合格者がどんどん増えそうなものですが、合格率の記事でお伝えしたように、宅建試験の合格率・合格者数は政策的配慮により一定範囲に抑えることになっています。

受験生全体の実力が上がっている中で合格者を絞り込むために、宅建試験の出題レベルが引き上げられていった、というわけです。

* * *

上記のストーリーには私の推測が多分に含まれていますが、そんなに間違ってもいないだろうと思っています。

とすれば、今後もネット上でのノウハウ蓄積は進む一方であり、受験生の実力もまた高まっていきます。したがって宅建試験も一段と難化していくことが予想されます。

以上より、宅建合格は先延ばしにすればするほど実現困難になっていくと言えるでしょう。

可能な限り早い年度で受験して、なるべく一発合格しておく、という意識のもと行動していただければと思います。

【補足】大学入試の偏差値に置き換えるのは無意味

「宅建って大学入試の偏差値でいうと60くらいなんでしょ?」と聞かれることがあったり、そういう情報をインターネット上で見かけたりすることがありますが、はっきり言って「宅建の難易度を偏差値で表すのは無意味」です。

なぜ無意味だといえるかというと、理由は簡単で「根拠がない」から。

実際、宅建の難易度を大学入試の偏差値で表すというのは、そもそもどのようなデータに基づいて、どのように計算したものなのでしょうか?

大学入試の偏差値は、当然ですが根拠があります。受験生の模試等のデータを集めて、統計的な処理を経て偏差値を求めています。

これに対して、宅建試験の難易度を大学入試の偏差値に置き換えるとは、一体???

高校生が受ける模試のデータを使おうにも、大学入試の内容と宅建試験の内容は全く異なりますので、使えるはずがありません。

では他にどのような根拠があるのか?そう思って調べてみても、私は何一つ根拠となるものを見つけることができませんでした。

「大学入試の偏差値でいうと○○」というのは、根拠が示されていない限りデタラメですので、信じないようにしましょう。

INFO

では、実のところどのくらいの学力が宅建合格に必要なのでしょうか。

私の経験と見聞に基づいてお伝えすると、一般的な高校生くらいの読解力と、一般的な中学生くらいの算数・数学の能力があれば十分です。

そのくらいの学力をベースに宅建の学習を300時間ほど積めば、合格する可能性はそこそこ出てきます。

事実、私の知人で周囲から「バカ」だと評されていたある高卒の方は、見事に宅建試験に合格して周囲の人を見返しました。この話は次の記事で詳しく伝えています。

高卒のあなたが宅建を取るべき理由と、合格できる勉強法
【宅建士合格ブログ】高卒の知人が合格したエピソードを中心に、高卒者が宅建を取るべき理由と、高卒者にとって最適な勉強方法について語ります。

さらに、宅建試験の最年少合格者が中学生であることも珍しくありません。

例えば2019年度の最年少合格者は茨城県の中学生でした。

宅建試験 2019年度の最年少合格者

また、次の動画の男の子は2017年度の合格者です。

佐竹遥斗様 【合格者の声】 2017年度 宅地建物取引士試験

惜しくも最年少ではなかったのですが、わずか14歳で合格しています。

上記のような人々の存在を前提にすると、偏差値がどうとかいう根拠のない言説は脇に置き、まずは「高卒者はもちろん中学生までもが合格している」という事実を真摯に受け止めるのがよさそうです。

よくある質問

宅建試験の難易度に関するよくある質問に答えます。

独学の難易度は?

独学で一発合格した私の実感としてお伝えすると、宅建試験の難易度は「400時間」の学習時間を確保することの難易度とほぼ同じです。

宅建の試験日までに400時間楽勝で確保できる人は、宅建試験の合格はそう難しいものではありません。

逆に、400時間は不可能だという場合には、時間が短くなるぶんだけ宅建試験の合格は難しくなるでしょう。

「どういうこと?必要な学習時間は300時間じゃないの?」

確かに、標準的な学習時間は300時間だと言われていますが、300時間で達成できるのは「合格ライン前後の点数がたぶんとれる」くらいの意味合いに過ぎません。

なので、300時間しか学習していないのであれば、実際に合格できるかどうかは運にゆだねる部分も大きいです。

合格できるかどうかを運ではなく実力にゆだねるには、400時間の学習をして「合格ラインを大きく超えた8割以上の得点(50点満点中40点以上)を目指す」のがオススメです。

実際に400時間を学習に使った私の勉強法は次の記事でお伝えしています。

一発合格できた!私のおすすめ宅建独学勉強法&高得点で勝ち抜くコツ
【宅建士合格ブログ】宅建試験に独学一発合格した私が、おすすめの勉強法や反省点、高得点を取るコツを詳しくお伝えします。

400時間の確保は、フルタイムで働くサラリーマンにはなかなか難しいです。半年間、毎日欠かさずに2時間ずつ勉強しても足りないくらいですので。

しかし困難だからこそ、達成できればライバルを出し抜くような圧倒的高得点が可能になり、合格に結びついていきます。

ストイックにならざるを得ませんが、きちんと計画すればできないものではありません。ぜひ頑張ってやってみてください。

INFO

「いやいや、自分にはそこまで綿密で長大な計画は立てられそうにないし、立てても実行できない…」

そう思う方は、素直に独学ではなく通信講座や通学講座を利用するのが良いと思います。

講座を利用すれば、合格実績のある高品質な教材を利用してスムーズかつ効率的な学習ができ、独学よりうんと楽な道のりになるはずです。

特に、フォーサイト宅建士講座の受講生だと、eラーニングアプリで宅建試験当日までの学習計画を自動で作成できるので、誰でも計画的な勉強ができます。

アプリの詳細や学習計画自動作成機能について知りたい方は、次の記事もチェックしてみてください。

フォーサイトの新eラーニングManaBunとは?徹底レビュー
通信教育フォーサイトのeラーニング ManaBun を紹介します。インプット学習からアウトプット学習までスマホ1つで完結してしまう神アプリ、爆誕!

科目ごとの難易度は?

宅建試験は一般的に4科目に分かれていると言われます。

内訳は「宅建業法」「権利関係」「法令上の制限」「税その他」です。

ここでは4科目の難易度を私の経験からお伝えします。

わかりやすく「高」「中」「低」の3段階でいきましょう。

* * *

「宅建業法」の難易度は「中」です。

宅建業法の出題数は20問。宅地建物取引業法という法律から出題されます。

宅建試験の全問題数の40%を占める最重要科目ですが、基本的な知識を問う出題がほとんどです。

テキストの知識をインプットして過去問を繰り返し解いておけば、まあ正解できる。

学習していく中では「不動産業界や不動産取引のルールってこういうものなんだ!」という驚き・発見が多々あり、楽しめる科目でもあります。

* * *

「権利関係」の難易度は「高」です。

権利関係の出題数は14問。民法から10問、借地借家法・区分所有法・不動産登記法から計4問出ます。

権利関係は圧倒的に出題範囲が広く、「全体像をとらえる」という最初のステップがまず大変です。

テーマだけでも20くらいあります。

  1. 制限行為能力者
  2. 意思表示
  3. 代理
  4. 時効
  5. 不動産物権変動
  6. 物権関係
  7. 抵当権
  8. 保証・連帯保証
  9. 連帯債務
  10. 債権譲渡
  11. 債務不履行と解除
  12. 弁済・相殺
  13. 売買
  14. 賃貸借
  15. 委任・請負・その他の契約
  16. 不法行為
  17. 相続
  18. 借地借家法 借地関係
  19. 借地借家法 借家関係
  20. 区分所有法
  21. 不動産登記法

テーマごとに概略を理解して、専門用語の意味を覚えるだけでもかなりの工数がかかります。

それだけでなく、出題される問題も暗記だけでは太刀打ちできません。権利関係の原理原則をきちんと理解できているかを問う深い出題が多いためです。

しっかり得点するには「インプットした知識を、思考力を掛け合わせてアウトプットする」というトレーニングが必須となります。

なので、難易度高めです。

INFO

とはいえ、権利関係には独特の面白さもあります。「制度趣旨と条文とを組み合わせてパズルを解いていく知的ゲーム」のようにとらえることができれば、結構ハマります。

実際、私は宅建試験を受験した後、民法への関心が継続し、受験する予定もない司法試験の民法の参考書を買って読んでしまったくらい。

論理ゲーム・推理ゲームのような頭を使うゲームが好きな人は、意外とのめり込む可能性もあるのが権利関係という科目です。

* * *

「法令上の制限」の難易度は「中」です。

法令上の制限の出題数は8問。主に次の法令から出題されます。

  • 都市計画法
  • 建築基準法
  • 宅地造成等規制法
  • 土地区画整理法
  • 農地法
  • 国土利用計画法

土地の使い方や建物の建て方には、想像もしないようないろんな制限があるんだな…というのことがわかるのがこの分野です。

原理原則に基づいて思考力で解いていくというよりも、細かい数値や決まりをどのくらい正確に暗記しているかによって得点が変わってきます。

簡単に言えば「暗記勝負」の科目であり、暗記が得意か苦手かで難しさの印象が変わるかなと。

私自身は暗記は得意なほうではありません。

ですが、過去問を繰り返ししつこく解いていくと、自然と記憶のシナプスが強くなって覚えている状態になりますので、心配しなくて大丈夫です。

法令上の制限には難問はあまり無く、やり込んだぶん得点アップを狙いやすいのがこの科目の良いところだと思っています。

* * *

「税その他」の難易度は「低」です。

税その他は8問出題されます。内訳は「税」分野が3問、「その他」分野が5問です。

「税」分野は、法令上の制限以上に暗記力勝負です。

基本的な税の種類と税率、あとは不動産鑑定評価の手法を頭に入れて、過去問を繰り返して知識を定着させます。

問題数も少ないですし、範囲も狭いです。難問はたまに出ますが、誰も解けないので気にしなくてOK。

あまり面白みのない分野ですが、心を無にして淡々と処理しましょう。

「その他」分野は、いわゆる5問免除の対象です。

不動産業に従事していて登録講習を受けるチャンスのある方は、この制度をぜひ利用しましょう。

少しのお金と時間で5点が買えると思えば、本当に安いものです。

(私は登録講習を受けようと思えば受けられたにも関わらず「こんなもの受けなくても自力で合格する!」と見栄を張って受けませんでした。後でマジで後悔しました…)

登録講習を受けない方・受けられない方は、地道に勉強していきましょう。

「その他」分野は住宅金融支援機構・景品表示法・土地・建物・統計というテーマから出題されます。

この科目も基本的に暗記勝負です。

テキストの知識を頭に入れて、過去問を繰り返して知識を定着させるという王道の学習法で勝負します。

注意しないといけないのは「統計」です。試験実施年の6月くらいまでに出た最新の統計資料から出題されるため、テキスト(基本書)には情報が載っていないと思ってください。

ではどうすればいいのかという話ですが、おすすめの勉強法は「予想模試」の統計特集を使うことです。

予想模試は試験の直前期に発売されます。予想模試の巻頭に、最新の統計情報が特集されているはずです。

そこに出ている数値を頭に入れます。その上で予想模試に収録されている統計の問題を解けばOK。

今お伝えしたような勉強法がわかってさえいれば、「その他」分野の難易度は高くありません。むしろやさしいです。

難易度を速報で確認できる?

自分が受験する年度の難易度は、宅建試験関連の速報のひとつである「講評」の中で確認できます。

試験講評において、平年並みだったとか、難化したとか易化したといった分析がなされますので、チェックしてみるといいでしょう。

宅建試験の速報については次の記事を読んでください。

宅建試験の「速報」とは? 2020年度解答速報サイト等まとめ
【宅建士合格ブログ】宅建試験の3種類の「速報」を解説します。試験後間もなく配信される「解答速報」「予想合格ライン」「解説・講評」について把握し、情報収集に役立てましょう。Twitter・5chの便利なリンクも。

この記事のまとめ

今回は宅建試験の難易度について、私の考えを交えつつにさまざまな情報をお伝えしてきました。

内容を復習しておきましょう。ポイントは次の3点です。

  • 初めて国家試験を受ける人の場合、慣れない勉強を毎日続けて受験生全体の上位15%に入るのは、かなり大変
  • その一方、難易度ランキングを参考に他の資格と比較した場合、宅建試験の難易度は「中くらい」
  • 宅建試験の難易度は年々上がっているので、できるだけ早く受かっておくのがお勧め

以上、参考になれば嬉しいです。

▼こちらの記事も人気です▼

一発合格できた!私のおすすめ宅建独学勉強法&高得点で勝ち抜くコツ
【宅建士合格ブログ】宅建試験に独学一発合格した私が、おすすめの勉強法や反省点、高得点を取るコツを詳しくお伝えします。
フォーサイト宅建士講座を受講した感想【バリューセット2】
【宅建士合格ブログ】フォーサイト宅建士講座「バリューセット2」を実際に使ってみた私の感想+レビューです。画像も30枚掲載中。教材の特徴や料金に見合うかどうかを詳しく解説しています。
スタディング宅建士講座を使ってみた感想【動画1本と画像25枚でレビュー】
【宅建士合格ブログ】ウェブ講座のスタディング(STUDYing)を購入し、使ってみた私の感想です。この講座は良い!あまりにも気に入ったので、動画・画像を豊富に盛り込んで紹介します。

コメント