【まとめ】宅地建物取引士試験 合格率・過去問・解答速報等【平成29年度】

受験者に贈る

宅地建物取引士試験の関連情報まとめです!

試験日程、合格率や難易度、過去問の閲覧が可能なサイト、おすすめテキスト・問題集、解答速報サイト、Twitter・2ch・YouTube検索用リンク等をまとめています。

試験前後に気になる情報ばかりを集めました。この記事をシェアもしくはブックマークしていただけると、今後、同じ情報を検索する手間が省けますので効率的です。

合格を手にするその時まで、ふるってご活用ください!

(トピックが多いため、この後に出てくる「目次」を使用し、必要な情報をとっていただければと思います!)

スポンサーリンク

宅地建物取引士試験の概要と公式サイト

宅地建物取引士試験は、不動産取引に関する法律の専門家であることを証する国家資格の試験です。受験者数は毎年15万人以上。法律系資格の登竜門とも言われ、超人気の資格となっています。

宅地建物取引士として登録すると、重要事項の説明等、宅地建物取引における一定の独占業務を行うことができるようになります。

公式のサイトはこちら。

試験地や試験科目、受験資格、受験手続の方法、問い合せ先等の正確な情報は、上記公式サイトで再確認することをおすすめします。

試験日程

今年度の宅地建物取引士試験の関連スケジュールです。

実施内容実施日
本試験2017年10月15日(日)
13時~15時
合格発表2017年11月29日(水)

詳細はこちら。

合格率と難易度

過去5年分の合格率の推移を下の表にまとめました。

年度合格率
2012(平成24)16.7%
2013(平成25)15.3%
2014(平成26)17.5%
2015(平成27)15.4%
2016(平成28)15.4%

過去5年間では、合格率は15~17%台で推移しています。資格試験としてはやや難しいレベルですが、独学できるテキスト・問題集を使用して独学で合格する人も毎年大勢います。

また、宅地建物業に一定期間従事したことを証明できる場合に、試験を一部免除することができる講習制度があります。従って、不動産会社のスタッフを務めている人などは合格しやすいです。

数値の出典はこちら。

出題基準と出題形式

宅建試験は、全50問・4肢択一のマークシート形式の試験となっています。出題される分野は、主に次の通りとなっています。

  • 土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造、種別に関すること
  • 土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること
  • 土地及び建物についての法令上の制限に関すること
  • 宅地及び建物についての税に関する法令に関すること
  • 宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること
  • 宅地及び建物の価格の評定に関すること
  • 宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること

出典はこちら。

合格基準(ボーダー)

宅地建物取引士試験の合格基準点は年度ごとに変動します。

過去5年分のデータをまとめておきますので、参考にしてみてください。

年度合格基準点
2012(平成24)33点
2013(平成25)33点
2014(平成26)32点
2015(平成27)31点
2016(平成28)35点

宅建試験は50点満点ですので、毎年、満点の7割前後がボーダーとなっていることが分かります。

数値の出典はこちら。

過去問・出題例を閲覧できるサイト

公式サイトにて、直近10回分程度の過去問が公開されています。解答もあります。

その他、有志の過去問サイトがいくつもあります。次の記事でそれらをまとめています。

宅建の確実な合格のためには、過去問は100%に近い正解率で解けるようになることが必須です。過去問を利用する場合、原則としては...

宅地建物取引士試験の合格に向けて、活用しましょう!

おすすめテキスト・問題集・講座など

宅建を独学で学習する場合、テキストはユーキャンの『速習レッスン』がおすすめです。その理由は「講義形式」で書かれていること、事例に基づいた形で記述されていること、が挙げられます。詳細は別記事で語っていますので、是非ご覧ください。

宅建は人気資格なので、多くの出版社が学習用のテキストを出しています。10~20種類くらいはあるんじゃないでしょうか。選択の余地がある...
私が初学者の頃よく分かっていなかったことのひとつ。それは、宅建の学習を進めるということは、「法律の学習を進めること」だということです...

問題集は、過去問題集10年分を1冊、予想問題集を3冊、記録を取りながら繰り返し解いて、解説までしっかり頭に入れておくという学習が良いです。

宅建の攻略には、まずはテキストが重要だと言われます。私もそう思っており、テキスト選びの重要性については以前の記事で熱く論じたところで...
私が学習者のとき、基本書を読み込んでいる段階でとても気になっていたことがあります。それは、過去問10年分を初めて解いたら、自...

資金的に余裕のある方は、各資格対策予備校が実施している通信講座・通学講座を利用すると、時短で合格に近づくことができます。

解答速報サイト

宅地建物取引士試験の解答速報提供サイト、および公式の解答掲載ページをご紹介します。

LEC

資格対策予備校のLECは、宅建試験の解答速報を毎年作成・公開しています。

LECの解答速報は、下記ページに掲載されます。

フォーサイト

資格対策講座のフォーサイトは、宅建試験の解答速報を毎年作成・公開しています。

フォーサイトの解答速報は、下記ページにてご確認ください。

資格スクエア

資格対策講座の資格スクエアは、宅建試験の解答速報を毎年作成・公開しています。

資格スクエアの解答速報は、下記ページにてご確認ください。

クレアール

資格対策講座のクレアールは、宅建試験の解答速報を毎年作成・公開しています。

クレアールの解答速報は、下記ページにてご確認ください。

日建学院

資格対策予備校の日建学院は、宅建試験の解答速報を毎年作成・公開しています。

日建学院の解答速報は、下記ページに掲載されます。

住宅新報社

住宅関連の情報を扱う出版社住宅新報社は、宅建試験の解答速報を毎年作成・公開しています。

住宅新報社の解答速報は、下記ページに掲載されます。

資格の大原

資格対策講座の資格の大原は、宅建試験の解答速報を毎年作成・公開しています。

資格の大原の解答速報は、下記ページに掲載されます。

ユーキャン

資格対策講座のユーキャンは、宅建試験の解答速報を毎年作成・公開しています。

ユーキャンの解答速報は、下記ページに掲載されます。

TAC

資格対策予備校のTACは、宅建試験の解答速報を毎年作成・公開しています。

TAC の解答速報は、下記ページに掲載されます。

大栄

資格対策講座の大栄は、宅建試験の解答速報を毎年作成・公開しています。

大栄の解答速報は、下記ページに掲載されます。

九州不動産専門学院

不動産関連資格専門の対策予備校九州不動産専門学院は、宅建試験の解答速報を毎年作成・公開しています。

九州不動産専門学院の解答速報は、下記ページに掲載されます。

公式の解答

試験実施団体である不動産適正取引推進機構により、公式の解答が毎年公表されています。

下記ページをご確認ください。

Twitter・2ch・YouTube動画検索

宅地建物取引士試験に関する情報は、ツイッター2ちゃんねる、YouTubeでも手に入れることができます。

実際に受験した人の感想や、不適切問題に関する情報など、最新の話題を知りたい方は、下記のツイッター・2ちゃんねる検索用リンクを使用してみてください。

参考 Twitterで「宅建」を検索

参考 2ch(新名称:5ch)で「宅建」スレを検索

個人や企業の解説動画等を閲覧したい場合は、下記のYouTube検索用リンクを使用してみてください。

参考 YouTubeで「宅建」を検索(新着順)

参考 YouTubeで「宅建 解答速報」を検索(新着順)

予想合格点

試験後は、各予備校等が予想合格点を発表するのが恒例となっています。

平成29年度の各予備校の予想合格点をここにまとめていきます!

予備校等名予想合格基準点
日建学院34±1
LEC34±1
資格の大原10/24公開予定
TAC34±1
大栄10/16公開予定
九州不動産学院33 or 34

以下、昨年度の予想合格点を資料として掲載しています。

【平成28年度の予想合格点】

予備校等名予想合格基準点
日建学院34±1
LEC35±1
資格の大原36±1
TAC35±1
大栄35
九州不動産学院35 or 36

上記のように予想合格点が発表されました。結果としては、合格基準点は35点であり、大栄が見事にピッタリ当てました!

合格発表日・合格発表サイト

宅地建物取引士試験の合格発表日は、上記試験関連日程にてご確認ください。

合格発表の時間帯は、午前9時30分からとなっています。

下記ページに合格者の受験番号が掲載される予定です。

おわりに

以上、宅地建物取引士試験の試験関連情報まとめでした!

★次の記事もご利用ください★

私も不動産業界にしばらくいた身なので、自分以外の宅建の学習者をたくさん見てきました。一生懸命勉強していて、なんとなく受かりそ...