宅建の正式名称は?履歴書への書き方と英語名も解説

宅建試験一発合格済みの宅建士Kiryuです(*^o^*)

今回は宅建の正式名称をお伝えします。

具体的には、宅建試験の正式名称、宅建資格の正式名称、そしてそれらの英語バージョンも示していきます。

履歴書に書くときのシンプルな書き方も提示しました。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

宅建の正式名称(日本語)

はじめに、日本語を書くときの宅建の正式名称を見ていきましょう。

試験名と読み方

宅建試験の正式名称は、

宅地建物取引士資格試験

です。

「たくちたてものとりひきし しかくしけん」と読みます。

資格名と読み方

宅建という資格を言い表す場合の正式名称は

宅地建物取引士

です。

「たくちたてものとりひきし」と読みます。

履歴書に書くときの書き方

履歴書の資格欄に書く場合は、次のような感じでOKです。

試験合格済みだが未登録の場合
宅地建物取引士試験 合格
都道府県に登録済みの場合
宅地建物取引士
または
宅地建物取引士(○○県 登録済)

「登録実務講習 受講中」とか「宅地建物取引士証 発行待ち」とかを書くべきだという意見もあるようですが、個人的にはそこまで書かなくていいと思っています。

履歴書はシンプルに分かりやすくしておくのが良いからです。

実際、私は余計なことは書いたことないですし、書かなかったからといって何か言われたこともないです。

書いてない点については、面接などで聞かれたときに答えればいいかなと。

INFO

書き添える「年と月」で悩む場合は、下記を参考にしてください。

試験合格済みだが未登録の場合
合格発表日の年と月。または、合格証書に記載のある年と月
都道府県に登録済みの場合
資格登録申請をした後に届く「登録通知書」に記載された年と月。取引士証が手元にある場合は、取引士証に記載のある年と月

宅建の正式名称(英語)

最近はグローバル化も進み、外資へ応募する人も増えているので、英語バージョンも示しておきます。

試験名

宅建試験の英語名は、カッチリとした正式名なものがないようです。

差し当たり、

Real Estate Transaction Agent Qualification Examination

で良いと思います。

資格名

宅建資格については正式とされる英語名が一応あり、

Real Estate Transaction Agent

と言います。

その根拠は、国土交通省が出している不動産事業者のための国際対応実務マニュアルです。

不動産事業者のための国際対応実務マニュアルから「宅地建物取引士」記載部分を引用

57ページから抜粋しました。参考までに。

履歴書に書くときの書き方

履歴書に書く際は、こういった書き方で良いと思います。

試験合格済みの場合
Real Estate Transaction Agent Qualification Examination of Japan
登録済みの場合
Real Estate Transaction Agent of Japan

※of Japan は省略してもいいです。

実際に英文レジュメ(英語の履歴書)書いた経験はないのですが、色々調べた結果、上記で良いという結論に至りました(つまり自分が書くとしたら上記のように書きます)。

ちなみに私はTOEIC890点なので、ある程度は信頼していただいていいかなと思います。

この記事のまとめ

今回は宅建の正式名称を取り上げて、日本語バージョンと英語バージョンを示しました。

参考になれば幸いです。

▼こちらの記事も人気です▼

一発合格できた!私のおすすめ宅建独学勉強法&高得点で勝ち抜くコツ
【宅建士合格ブログ】宅建試験に独学一発合格した私が、おすすめの勉強法や反省点、高得点を取るコツを詳しくお伝えします。
フォーサイト宅建士講座の口コミ・評判は?実際に受講してわかったこと
【宅建士合格ブログ】フォーサイト宅建士講座の口コミ・評判17件を紹介します。そして、その内容が正しいのかどうかを実際に受講して確かめました。詳しくは本文で。
スタディング宅建士講座を使ってみた感想【動画1本と画像25枚でレビュー】
【宅建士合格ブログ】ウェブ講座のスタディング(STUDYing)を購入し、使ってみた私の感想です。この講座は良い!あまりにも気に入ったので、動画・画像を豊富に盛り込んで紹介します。

コメント