宅建試験の合格はすごい?すごくない?それぞれの理由と、独学一発合格した私の意見

宅建試験の合格はすごい?すごくない?それぞれの理由を解説

宅建試験一発合格済みの宅建士Kiryuです(*^o^*)

今回は「宅建試験の合格はすごいのか?」という疑問に答えます。

具体的には「宅建試験の合格がすごいと言われる理由」「宅建試験の合格がすごくないと言われる理由」を解説します。

最後に、既に宅建試験に合格した私がどう感じているかをお話しします。

宅建を詳しく知らない人にも伝わるよう、わかりやすく書きました。

ぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

宅建試験合格がすごい理由

宅建試験に合格するのがすごいと言われている理由は、次の3つです。

  • 合格率が約15%だからすごい
  • 国家資格だからすごい
  • 独占業務ができるからすごい

以下で詳しく見ていきましょう。

合格率が約15%だからすごい

宅建試験の合格率はおおよそ15%くらい。このハードルを越えて合格できるのはすごいです。

合格率15%ということは、10人試験を受けたら8人か9人は不合格になります。

大部分の人が落ちてしまう試験に合格できるというのは、素直に考えてすごいですよね。

ちなみに、合格率15%というのは、宅建試験を受けた人のうち上位15%という意味でもあります。

これを別の視点で考えてみましょう。

英語のリスニング・リーディングの能力を測る試験で「TOEIC L&Rテスト」ってありますよね。

TOEICを受ける人の上位15%は何点くらいのスコアなのかご存じでしょうか。

答えは、おおよそ800点以上です。

TOEIC800点というと、なかなかスゴいですよね。

新卒で外資に入社する人で800点も取っていたら、かなり立派だと思います。

宅建試験合格のレベル感をTOEICでたとえると、上記のような感じです。

国家資格だからすごい

宅建試験は「国家資格のための試験」なので、合格できるのはすごいです。

宅建試験に合格すれば、日本という国から、不動産取引に関する諸法令の専門的知識を持っていることを認めてもらえます。

これって、単純にすごいことですよね。

「あなたは宅建士として十分な知識と能力を持っているよ!」って国に証明してもらえるわけですから。

ちなみに、日本の国家機関紙として「官報」というものがあります。

昔は、宅建試験の合格者の氏名は官報に掲載されていました。

国の機関誌に国家試験の合格者として名前が載るなんて、名誉なことですよね。

ただし、プライバシーに配慮する観点から、官報への氏名掲載は2013年に取りやめとなり、受験番号のみが公告されることとなりました。

時代の流れからいってそうなるべきだと思いますが、ちょっと残念な感じもしますね(^^)

独占業務ができるからすごい

宅建資格には「独占業務」というものがあり、それができるようになるという意味で、宅建試験に合格できるのはすごいです。

独占業務とは、特定の資格を持った人にしかできない仕事を指します。

宅建資格の独占業務は次の3点。

  • 重要事項説明
  • 重要事項説明書(35条書面)への記名・押印
  • 契約書(37条書面)への記名・押印

不動産屋で賃貸の部屋を借りる際、重要事項説明を受けたことがある人もいると思いますが、あれは法律で義務付けられた説明で、かつ宅建士にしかできない仕事なんです。

重要事項説明を省略したり、宅建士以外の人がやったりすると、不動産屋は法律違反となり、罰則もあります。

このように、不動産取引の世界では一定の人にしか実施できない重要な業務があり、それができるのは宅建試験に合格して資格登録を済ませた人だけです。

誰にでもできるわけではない仕事ができようになるので、宅建試験の合格はすごいと言えます。

宅建試験の合格がすごくない理由

次に、宅建試験の合格がすごくない理由についても3点見ていきましょう。

  • 難易度が中くらいだからすごくない
  • 5点免除制度があるからすごくない
  • マークシートだからすごくない

以下で詳細を述べていきます。

難易度が中くらいだからすごくない

宅建試験の難易度は、他の国家試験と比較すると「中くらい」なので、合格してもそれほどすごくないです。

資格難易度ランキングの記事でお伝えしたように、宅建試験より難しい国家試験はたくさんあります。

宅建試験の難易度は?資格ランキングと私の受験経験をもとに3つのポイントを解説
【宅建士合格ブログ】宅建試験の難易度を把握できる3つのポイントをお伝えします。客観的なデータを挙げることはもちろん、私の実体験に基づいた考察も盛り込んで、わかりやすく伝えることを重視しました。

逆に宅建試験よりもやさしい試験も、もちろんあります。

宅建試験の難易度は国家資格全体で見れば、「中くらい」なんですね。

そういう意味では、宅建試験の合格はすごいとまでは言えません。

5点免除制度があるからすごくない

宅建試験には「5点免除制度」があり、少し時間とお金を使えばラクできる道があるので、合格してもそれほどすごくないです。

宅建試験は1問1点、合計50問50点満点の試験です。

合格点は例年35点前後で、合格点以上の点数を取るために毎年シレツな闘いが繰り広げられます。

ところが、5点免除制度の記事で紹介したように、20,000円前後のお金を払って講習を受けることで本試験で5問分が免除され、5点丸々もらえたのと同じ効果が得られます。

宅建試験の5点免除(5問免除)って何?登録講習の内容は?料金節約法やスクーリングが1日だけの講習も紹介
【宅建士合格ブログ】宅建試験の5点免除(5問免除)制度について解説します。費用を安く抑える方法や、1日でスクーリングを終える方法も公開!

もちろん、5点免除は誰でも利用できるというものではなく、いくつかの要件を満たす必要はあります。

とはいえ、そんな「チート」な制度を利用して合格に近づけるという事実を考えると、宅建試験の合格はすごくないという感じがします。

マークシートだからすごくない

宅建試験は完全マークシート方式の試験なので、合格したとしてもすごくないです。

宅建試験は4つの選択肢から1つを選ぶ「四肢択一」形式の試験で、マークシートで回答します。

マークシートで回答するということは、「適当に塗りつぶしても当たる場合がある」ということですよね。

実力だけなら合格点に届かなかったところを、勘で塗りつぶした問題が運よく正解して合格点がとれた!なんてことも普通にありえます。

国家試験でそんなまぐれ合格を許していいのか!という気もしますが、実態としてはそういうことも許されているわけです。

ちなみに、宅建試験と比較されることの多い「行政書士」や「司法書士」といった資格はマークシートだけでなく「記述式」の出題を取り入れており、配点もそれなりに大きいものとなっています。

運の良さで合格することがありえるという意味で、宅建試験の合格はすごくないんです。

* * *

以上、宅建試験の合格がすごいとされる理由と、すごくないとされる理由を、それぞれ3つずつ確認してきました。

すごい派・すごくない派、どちらも納得できる意見がありますよね。

では、宅建試験に合格した私の意見はどうかというところを、最後にお話ししたいと思います。

独学一発合格した私の意見

宅建試験に独学一発合格した私はこんなふうに思っています。

  • 宅建試験の合格は、別にすごいというほどのものではない
  • とはいえ、実際に合格するのはそれなりに大変
  • でもそのぶん、合格したら人生を変えるほどのパワーが得られる!

以下でもう少し説明します。

すごいというほどではない

宅建試験は、やはり他の法律系国家資格と比べればやさしい試験ですので、合格したところですごいというほどのものではないかな、というのが正直な感想です。

宅建試験は300時間程度勉強すれば合格できると言われています。

その一方、司法書士や不動産鑑定士といった資格の試験は、10倍の3000時間もの勉強が必要なんです。

司法書士・不動産鑑定士といったレベルの試験の合格なら「すごい!」と言い切れますが、その比較で言うと、やはり宅建はすごいというほどのものではないかな、と思っています。

合格するのは大変

とはいえ、宅建試験に合格するのはそれりに大変で、簡単にできるものではないということも実感しています。

私の場合、確実に一発合格したいという気持ちがあったこともあり、結果的に400時間ほどかけて勉強しました。

仕事を続けながら、毎日少なくとも1時間、休日には少なくとも3~4時間といったペースで半年くらい毎日勉強するのは、なかなか骨が折れることでした。

他のやりたいことを何カ月も我慢して勉強しなければなりませんので、一定の覚悟と忍耐がなければ達成できない。

それが宅建試験合格の大変なところだと思います。

試験合格は人生を変えるパワーがある

私自身は宅建試験に合格した後、人生を大きく変えることができましたので、試験合格に大きな力を感じています。

簡単に言うと、私が宅建試験を受験した当時は、次のような状態でした。

  • 年齢は30歳目前
  • 職歴は1社のみ。しかもたった半年だけ勤めて、退社済み
  • 無職になって2ヶ月経過。貯金もどんどん減っていく

割と人生詰んでいますよね。

再就職のために就活をしていましたが、上記のような経歴の私を選考に通してくれるところは無く、私は途方に暮れていました。

そんな中でしたが、コツコツ続けていた受験勉強の成果が実って、見事合格。

宅建試験の合格が評価され、すぐに不動産管理会社へ正社員として就職することが決まりました。

その後は中堅のIT企業や大手メーカーなどにも転職でき、正社員として勤めてきました。

詰みかけていた私の人生は、宅建試験の合格をきっかけに大きく変わったんです。

上記のような経験から、宅建試験の合格がもっている影響力の大きさというものも、私自身は強く感じています。

この記事のまとめ

今回は「宅建試験の合格はすごいのか」というテーマでお伝えしてきました。

宅建試験の合格がすごい理由として、次の3点を指摘しました。

  • 合格率が約15%だからすごい
  • 国家資格だからすごい
  • 独占業務ができるからすごい

宅建試験の合格がすごくない理由として、次の3点を取り上げました。

  • 難易度が中くらいだからすごくない
  • 5点免除制度があるからすごくない
  • マークシートだからすごくない

上記を踏まえて、宅建試験に一発合格した私が感じていることも3点、お話しさせていただきました。

  • 宅建試験の合格は、別にすごいというほどのものではない
  • とはいえ、実際に合格するのはそれなりに大変
  • でもそのぶん、合格したら人生を変えるほどのパワーが得られる!

以上、参考になれば嬉しいです。

▼こちらの記事も人気です▼

一発合格できた!私のおすすめ宅建独学勉強法&高得点で勝ち抜くコツ
【宅建士合格ブログ】宅建試験に独学一発合格した私が、おすすめの勉強法や反省点、高得点を取るコツを詳しくお伝えします。
フォーサイト宅建士講座の口コミ・評判は?実際に受講してわかったこと
【宅建士合格ブログ】フォーサイト宅建士講座の口コミ・評判17件を紹介します。そして、その内容が正しいのかどうかを実際に受講して確かめました。詳しくは本文で。
スタディング宅建士講座を使ってみた感想【動画1本と画像25枚でレビュー】
【宅建士合格ブログ】ウェブ講座のスタディング(STUDYing)を購入し、使ってみた私の感想です。この講座は良い!あまりにも気に入ったので、動画・画像を豊富に盛り込んで紹介します。

コメント