一目でわかる!宅建合格後に必要な手続き・日数・費用の早見表。4か月・7万円以上かかることも

宅建合格後に必要な手続き・日数・費用の早見表

宅建試験に独学で一発合格した宅建士Kiryuです。

今回はこんな悩みや疑問に答えます。

費用を知りたい人

宅地建物取引士証をもらうまでに費用はいくらかかるの?

金額について疑問を持っている人

人によって必要な手続きや金額が変わるって本当?

更新費用を知りたい人

更新手続きの費用も今のうちに知っておきたい!

宅建試験に合格するだけでは、宅地建物取引士を名乗ることはできません。宅地建物取引士を名乗るためには、試験に合格した後資格登録を済ませ、宅地建物取引士証の交付を受けることが必要となっています。

これが意外に「お金」も「時間」もかかるんです。特に就職活動・転職活動をする人にとって「時間がかかる」という点はシビアな問題になってきます。応募や面接、入社等のスケジュール管理に関わってくるからです。

さらに、「実務経験の有無」や「試験合格から1年経ったかどうか」によって、必要な手続きが少しずつ変わってくるという煩雑さもあります。

あぁ、ややこしい! 宅建試験合格後、誰もが一度は混乱させられる問題ではないでしょうか。

そこでこの記事では、宅建合格後、宅地建物取引士証を入手するまでに必要な手続きと、その所要期間・費用を早見表として整理してみました。

記事を読み進めていくと、あなたは次のメリットを得られます。

  • 「実務経験の有無」に応じた手続・費用・期間が分かる
  • 「試験合格から1年経ったかどうか」に応じた手続・費用・期間が分かる
  • 5年後の「更新」に必要な手続きと費用が分かる

宅建士合格を目指す方、合格した方、ぜひ参考にしてみてください。

※ただし、必要日数と受講料・手数料は、手続きをする都道府県によって若干変わってきます。あくまで目安として考えていただければと思います。

手続きの要・不要の判断基準

早見表に入る前に、「手続きの要不要の判断基準」を大枠でつかんでおきましょう。

大前提として、新規に登録して宅地建物取引士証の交付を受けようとする場合、次の2つの手続きは全員必要です。

宅建士資格登録申請
自分の名を宅建士として都道府県に登録する手続き
宅地建物取引士証の交付申請
登録をもとに宅地建物取引士証を発行してもらう手続き

これに対して、次の2つの手続きは人によって必要かどうかが変わります。

登録実務講習の受講
実務経験が不足している人は、不足を補うために受講しなければならない
法定講習の受講
合格から時間が経ってしまった人は、法改正等の知識を補うために受講しなければならない

以上の前提知識をもとに、以下の早見表を確認していくと分かりやすいと思います。

宅建合格後の手続き・日数・費用の早見表

ご自身が次のどのパターンに該当するかを確認して、青いリンクをタップしてください。早見表に移動します。

【パターン1】「2年以上の実務経験有り」かつ「合格後1年以内」

2年以上の実務経験があり、さらに合格後1年以内という「不動産業界の中の人」のあなたは…

  • 「2年以上の実務経験」がありますので、「登録実務講習の受講」は不要です
  • 「合格後1年以内」ですので、「法定講習の受講」は不要です

手続き・費用・期間が最小になります。おめでとうございます。

早見表はこちら↓

手続き所要日数受講料・手数料
ステップ1
宅建士資格登録申請
申請から
完了まで30~60日
37,000円+α
ステップ2
宅地建物取引士証の交付申請
申請から
受領まで15~30日
4,500円+α

必要期間は長くて3か月ほど。

費用は4万円台を見込んでおけばよさそうです。

【パターン2】「2年以上の実務経験有り」かつ「合格後1年以上経過」

2年以上の実務経験がありますが、合格してから1年以上経ってしまったという「謎の経歴」を持つあなたは…

  • 「2年以上の実務経験」がありますので、「登録実務講習の受講」は不要です
  • 「合格後1年以上経過」していますので、「法定講習の受講」が必要です

早見表はこちら↓

手続き所要日数受講料・手数料
ステップ1
宅建士資格登録申請
申請から完了まで
30~60日
37,000円+α
ステップ2
法定講習の受講
1日12,000円
ステップ3
宅地建物取引士証の交付申請
申請から受領まで
15~30日
4,500円+α

必要期間は長くて3か月ほど。

費用は5万円台を見込んでおけばよさそうです。

【パターン3】「2年以上の実務経験無し」かつ「合格後1年以内」

2年以上の実務経験はありませんが、合格後1年以内という「宅建士のルーキー」のあなたは…

  • 「2年以上の実務経験」がありませんので、「登録実務講習の受講」が必要です
  • 「合格後1年以内」ですので、「法定講習の受講」は不要です

早見表はこちら↓

手続き所要日数受講料・手数料
ステップ1
登録実務講習の受講
自宅学習30日、
スクーリング2日
20,000円前後
ステップ2
宅建士資格登録申請
申請から完了まで
30~60日
37,000円+α
ステップ3
宅地建物取引士証の交付申請
申請から受領まで
15~30日
4,500円+α

必要期間は長くて4か月程。

費用は6万円台を見込んでおけばよさそうです。

【パターン4】「2年以上の実務経験無し」かつ「合格後1年以上経過」

2年以上の実務経験が無く、さらに合格から1年以上経ってしまったという「昔取ったあの資格を使うときがやってきた!」のあなたは…

  • 「2年以上の実務経験」がありませんので、「登録実務講習の受講」が必要です。
  • 「合格後1年以上経過」していますので、「法定講習の受講」が必要です。

ちょっと残念! 手続・費用・期間が最大になってしまうパターンです。

早見表はこちら↓

手続き所要日数受講料・手数料
ステップ1
登録実務講習の受講
自宅学習30日、
スクーリング2日
20,000円前後
ステップ2
宅建士資格登録申請
申請から完了まで
30~60日
37,000円+α
ステップ3
法定講習の受講
1日12,000円
ステップ4
宅地建物取引士証の交付申請
申請から受領まで
15~30日
4,500円+α

必要期間は長くて4か月程。

費用は7万円台を見込んでおけばよさそうです。

【補足1】+αについて

上記の早見表で「+α」の部分は、住民票や顔写真等、こまごまとした必要書類を準備するのにかかる少額の費用を意味しています。

余裕をみて、1万円程度と考えておけば十分かと思います。

【補足2】何もしなくても合格は一生有効

なお上記の手続きはいずれも「合格後に必ずしないといけないもの」ではありません。

「当面の間、登録はしなくていいし、宅地建物取引士証も不要」ということであれば、何もしなくても全く問題ありません。

宅建試験の合格は一生有効ですので、必要になったときに手続きを進めていけば良いと思います。

ただし、登録実務講習や法定講習は実施スケジュールや会場の場所、席数は限定されており、好きなときに好きな場所で受けられるわけではないため、注意してください。

また、合格した後、もし引越し等で受験した都道府県の外に出てしまうと、宅建士関係の手続きは難易度が上がってしまいます。

受験した地域を離れてしまうかもしれない人は、そうなる前にできる手続きを済ませてしまったほうが、あとあと楽かもしれません。

おまけ:更新の場合の早見表

ここまでの話は、「宅建試験に合格した後、資格登録を行って宅地建物取引士証を受け取るまで」のことでした。

ところで、その後の資格の維持に必要な手続きや費用はどうなっているのでしょうか。

以下の2点を理解しておきましょう。

  • 宅建試験の合格と都道府県への資格登録は、消除等の処分が無い限りずっと有効
  • その一方で、宅地建物取引士証には有効期間があり、5年と定められている

以上2点よりわかるのは、「宅地建物取引士証の有効期間満了が近づいてきて、かつ更新を希望する場合」には、何かしらアクションが必要だということです。

具体的には、「法定講習の受講」と「宅地建物取引士証の交付申請」を行います。

手続き所要日数受講料・手数料
ステップ1
法定講習の受講
1日12,000円
ステップ2
宅地建物取引士証の交付申請
受領は即日4,500円+α

法定講習の受講と宅地建物取引士証の受領は同日に行われ、1日で手続きが完了する場合が多いようです。

費用は2万円前後を見ておけばよいでしょう。

新規で登録して宅地建物取引士証の交付を受けるのに比べたら、楽チン・格安です。

都道府県別 Google検索リンク

冒頭で触れたように、手続きの詳細は都道府県ごとに異なっています。

Googleでサクッと検索して、都道府県庁等が提供している最新情報を入手しましょう。

下記リンクを利用していただければと思います。

「○○県 宅建士 登録」を検索

「○○県 宅建士 更新」を検索

この記事のまとめ

navigation

今回は、宅建士として登録し宅地建物取引士証を入手するまでに必要な手続きについて確認してきました。

ポイントをまとめておきます。

  • 都道府県に登録し宅地建物取引士証を入手したいなら、「宅建士資格登録申請」「宅地建物取引士証の交付申請」は全員必須である
  • 「登録実務講習の受講」「法定講習の受講」は必要な人とそうでない人がいる
  • 所要日数は長い人で4か月
  • 費用は多い人で7万円+α
  • 宅地建物取引士証を更新したい場合は、「法定講習の受講」「宅地建物取引士証の交付申請」を行う。所要日数は1日、費用は20,000円前後を見込んでおく

ちなみに、私自身は試験合格後【パターン3】に該当しました。

そのため、合格後は宅地建物取引士証取得までについやした費用は60,000円程。

当時、ほぼ無職だったので泣きそうになりました。

「世の中ホントお金が必要なんだなぁ…」と痛感したことをよく覚えています。笑

以上、参考になれば嬉しいです。

次の記事もよく読まれています
一発合格できた!私のおすすめ宅建独学勉強法&高得点で勝ち抜くコツ
【宅建士合格ブログ】宅建試験に独学一発合格した私が、おすすめの勉強法や反省点、高得点を取るコツを詳しくお伝えします。
フォーサイト宅建士講座を受講した感想【バリューセット2】
【宅建士合格ブログ】フォーサイト宅建士講座「バリューセット2」を実際に使ってみた私の感想+レビューです。画像も30枚掲載中。教材の特徴や料金に見合うかどうかを詳しく解説しています。
スタディング宅建士講座を使ってみた感想【動画1本と画像25枚でレビュー】
【宅建士合格ブログ】ウェブ講座のスタディング(STUDYing)を購入し、使ってみた私の感想です。この講座は良い!あまりにも気に入ったので、動画・画像を豊富に盛り込んで紹介します。
タイトルとURLをコピーしました