フォーサイトとスタディングのマン管・管業講座を比較してみた

フォーサイトとスタディングのマン管・管業講座を比較してみた

管理業務主任者試験や宅建試験に一発合格したKiryuです。

今回は「フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座」と「スタディング マンション管理士/管理業務主任者講座」を比較します。

というのも、私はこれら2つの講座を購入・受講しています。

両講座の使い勝手や相違点は、誰よりもよく把握しているつもりです。

そこでこの記事では、実際に使ってみた私だからこそお伝えできる「リアルかつ有益な情報」を共有したいと思います。

フォーサイトとスタディングのどちらにしようかと迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

フォーサイトとスタディングの比較結果

はじめに結論をお伝えすると、「フォーサイト マン管・管業講座」と「スタディング マン管/管業講座」は、「受講生が取りうる学習スタイル」の面で最も大きく異なっています。

具体的には、次のような違いがあります。

フォーサイト マン管・管業講座
紙の教材を主体として、まとまった時間を確保して自室で学習する「じっくり型」
スタディング マン管/管業講座
オンライン教材を主体として、通勤や家事などのスキマ時間を活用して勉強する「スキマ時間型」

どちらの講座も通信教育としての品質はとても高いです。

そのため「一方が他方より優れている」という見方をするよりも、「どちらの講座が自分の学習方針と合うか」という視点を持ち、より自分に合っているものを選ぶのが良いと思います。

上記「じっくり型」「スキマ時間型」について、なぜそのような違いがあると言えるのかを、以下でもう少し詳しく説明します。

フォーサイト マン管・管業講座は「じっくり型」

フォーサイト マン管・管業講座は「紙の教材を主体としている」と述べました。

実際、フォーサイト マン管・管業講座を購入すると何冊ものテキストや問題集が送られてきます。

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座 教材

これらを机の上でひろげて、読んだり、問題集の問題を解いたりしながら、地道に学習を進めていきます。

フォーサイト マン管・管業講座の紙の教材の出来栄えは、抜群です。

たとえば、テキストはこんな感じ。

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座 テキスト

フルカラーで色鮮やかな配色がなされており、分かりやすいイラスト・図表が数多く盛り込まれています。

問題集はこんな感じ。

フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座 過去問題集

解説がスッキリとした記述になっていて、初心者にも飲み込みやすい。

フォーサイトの教材は余白が多めにとられていますので、自分なりに書き込んだり、付箋を貼ったりするのも自由自在です。

* * *

なお、フォーサイト マン管・管業講座の受講を開始すると「iOS・Androidで使えるeラーニング学習アプリ」も利用できます。

次の記事でも詳しくお伝えしていますが、フォーサイトの受講生になることで「外出先でもオンラインで勉強できる仕組み」を活用できるのです。

フォーサイト マン管・管業講座のeラーニング「ManaBun」とは?実際に使ってみた【画像36枚】
フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座のeラーニング「ManaBun」を使ってみました。36枚の画像で使用感をお伝えします。

ただし、実際に使ってみるとわかるのですが、細かい点ではもう少し改善の余地があると感じます。

たとえば…

  • オンラインで閲覧できるテキスト・問題集の形式が「PDF」である。文字や色合いが美しく見えるのは嬉しいが、スマートフォンではやや扱いづらい
  • 「次の章へ進む」際や「次の問題へ進む」際の導線設計が、あまりうまくない(少し余計な手順が必要なことが多い)

この点、オンライン学習を全面に押し出している「スタディング マン管/管業講座」のアプリのほうが、はっきり言って出来が良いです。

※スタディングのオンラインテキスト・問題集はいわゆるリッチテキストで表示されているので、スマートフォンでも読みやすい(後述)。また「次の章へ進む」「次の問題へ進む」際の導線設計も秀逸

ひとことで言うなら、フォーサイトのeラーニングシステムは「補助的な位置づけ」にとどまる、というところだと思います。

つまり、フォーサイトの「メインの教材」は紙のテキスト・紙の問題集であり、「サブの教材」としてeラーニングがあると考えればわかりやすいのかなと。

* * *

以上のことから、フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座は、あくまで紙の教材主体で、自室にこもって勉強する「じっくり型」の学習を志向する人にオススメの講座だということになります。

次のような方は「じっくり型」の学習を志向することが多いです。

  • 毎日1~2時間、家で勉強する予定がある方
  • フルタイムで勤めているが、定時で帰れる、または残業少なめの仕事をしている方
  • フリーター・アルバイトの方
  • 長期休暇等の関係で、少し時間の余裕ができている大学生の方

一方で、eラーニングアプリを活用すれば、外出先など自宅以外の場所で勉強することも可能となっています。

「メインの学習は自宅で行い、日々の通勤・通学時間や待ち合わせの時間などをサブの学習時間として有効に使いたい」という人には、フォーサイト マン管・管業講座が特に適していると言えるでしょう。

INFO

フォーサイト マン管・管業講座の公式サイトで「資料請求」をすると、テキスト・問題集のサンプル教材を入手できます。また、eラーニングのお試し利用も可能です。

資料請求は無料なので、ぜひ一度試してみてください。

スタディング マン管/管業講座は「スキマ時間型」

先に、スタディング マン管/管業講座は「オンラインの教材を主体としている」と述べました。

具体的にどういうことかと言うと、スタディング マン管/管業講座は自分の手元のスマートフォンやタブレット、またはPC(Windows・MacどちらもOK)を使って受講します。

スタディング マンション管理士/管理業務主任者講座 スマホとタブレット

オンラインの講義動画やウェブテキスト、問題演習システムにアクセスし、それらを活用して学習を進めていくんです。

いつもカバンに入れているスマホ1つで全ての教材が利用できるので、スキマ時間を見つけたその瞬間に、自分がどこにいても試験対策ができる、というのがポイントです。

* * *

ちなみに、スタディング マン管/管業講座のオンライン教材は、いずれもスマホやタブレットでの学習に最適化されています。

たとえば講義動画はとてもスムーズに再生されますし、適度な長さに分割されているので、スキマ時間でも学習しやすい。

スタディング マンション管理士/管理業務主任者講座 講義動画

ちなみにスタディングのiOSアプリ・Androidアプリを使えば、ダウンロード再生も可能です。

そして、テキストはPDF形式ではありません。

スタディング マンション管理士/管理業務主任者講座 テキスト

リッチテキスト(HTML)で構成されているので、ちょうどウェブページを見るのと同じ感覚で読み進めることができます。

問題演習機能も非常に洗練されていて、サクサク解けます。

スタディング マンション管理士/管理業務主任者講座 スマート問題集

導線設計も良く考えられていて、たとえば問題を1問解くごとに「次の問題を解く」のか、「講義動画やテキストに戻って復習する」のかが選べます。

スタディング マンション管理士/管理業務主任者講座 次の問題を解くか復習するかを選べる

「前回間違えた問題」や「要復習にチェックした問題」をまとめて解くといった解き方もできたりして、とてつもなく便利です。

スタディング マンション管理士/管理業務主任者講座 「前回間違えた問題」「要復習にチェックした問題」をまとめて解く

スタディングのオンライン学習システムは、全体的にフォーサイトのeラーニングシステムよりも使いやすい構成になっていると感じます。

* * *

一方で、スタディング マン管/管業講座には紙のテキスト・問題集といったものが一切なく、この点がフォーサイトと比べて弱い部分です。

オンライン学習を中心にすると言っても、やっぱり何かしら冊子タイプの教材が欲しい。そう感じる方も多いのではないでしょうか。

事実、スタディングの「宅建士講座」の場合は「冊子版オプション」が用意されていて、希望に応じて紙のテキストを購入できます。

しかしスタディングの「マン管/管業講座」のほうはそういったオプションはありません。

どうしても紙の教材が欲しい場合は、他社が製作している市販のテキスト等を利用する必要があるでしょう。

* * *

以上のことから、スタディング マン管/管業講座は、そもそも自宅で何時間も勉強する時間がとれないため、移動中やちょっとした空き時間を使って勉強する「スキマ時間型」の学習を志向する人に向いていると言えます。

次のような方は「スキマ時間型」の学習を志向することが多いです。

  • フルタイムで勤めていて残業もあり、仕事が遅くなりやすい方
  • 何人もの家族の世話をしなければならない専業・兼業主婦の方
  • そもそも自宅で机に向かうことを好まない方

スマートフォン1つで学習が完結するというのは、資格の勉強をする上では大きな強みになります。

勉強机の前に腰かけて重々しく教科書を開く、なんていう行動が要りません。

その気になれば、職場の昼食時間やトイレでも、自宅のソファやベッドの上でも、公園やカフェや図書館でも、ありとあらゆる場所と時間を学習の機会に変えられます。

忙しい日々を送りながらも少しずつ自分を向上させたい。そう願う人には、スタディング マン管/管業講座はピッタリの講座です。

INFO

スタディング マン管/管業講座の公式サイトでお試し講座に申し込むと、講義動画やウェブテキスト、スマート問題集・セレクト問題集を体験利用できます。

お試し講座の申し込みは無料です。初めて利用する場合は、割引クーポンをもらえることもあります。

ぜひ一度試してみてください。

ここまでの比較のまとめ

「フォーサイト マン管・管業講座」と「スタディング マン管/管業講座」が、それぞれどんな学習スタイルを想定しているのかおわかりいただけたと思います。

復習すると以下の通りです。

フォーサイト マン管・管業講座
紙の教材を主体として、まとまった時間を確保して自室で学習する「じっくり型」
スタディング マン管/管業講座
オンライン教材を主体として、通勤中や家事中に勉強する「スキマ時間型」

以上のような違いがありますので、もしあなたがフォーサイトとスタディングのどちらにしようか悩んでいるのなら、

自分の性格や生活スタイルに照らしてどちらの学習スタイルを採るのがよいのかを決め、そのスタイルに合うほうの講座を選ぶ

のが良いと思います。

* * *

では、「学習スタイルにそこまでこだわりが無い」という場合は、どのような基準で比較検討すればよいのでしょうか。

以下で私の考えをお伝えしていきます。

学習スタイルにこだわりが無い場合

「フォーサイト マン管・管業講座」と「スタディング マン管/管業講座」を学習スタイル以外の観点で比較したい場合は、「受講料」と「教材の充実度」に注目すると、違いが明確になります。

以下で比較していきます。

受講料で比較

「フォーサイト マン管・管業講座」と「スタディング マン管/管業講座」を受講料の面で比較すると、スタディングのほうが明らかに安価です。

2つの講座の料金を表にまとめてみました(2021年3月末時点)。

フォーサイト
マン管・管業講座
(バリューセット1)
スタディング
マン管・管業講座
62,800円
(税込・送料別)
39,600円
(税込)

違いはおよそ20,000円で、スタディングのほうが安いです。

さらに追加で知っておいてほしいのですが、スタディングには「合格お祝い制度」があります。

スタディング マン管/管業講座を受講して試験に合格し一定の条件を満たすことにより、最大で1万円分のAmazonギフト券がもらえます(金額は2021年2月末現在)。

合格後、Amazonギフト券を受け取れば、実質的に費用が1万円安くなります。

そう考えると、実はスタディングのほうがフォーサイトに比べて最大約30,000円もお得に受講できるのです。

これだけ差があれば、スタディングのほうがリーズナブルであるという結論はもはや揺るぎません。

もしあなたが資格をとる費用を少しでも抑えたいのであれば、スタディング マン管/管業講座を選んでおくことをオススメします。

教材の充実度で比較

学習スタイルも受講料も決め手にならない…という人は、「教材の充実度」という視点を持つと良いでしょう。

フォーサイト マン管・管業講座は、教材が充実しています。インプット学習用のテキストだけでも4冊あります。

フォーサイト マンション管理士/管理業務主任者講座 テキスト

さらに「マンション管理士試験の過去問題集5冊」「管理業務主任者試験の過去問題集4冊」「再現問題」「模擬試験」「択一対策」「アプリで実施する確認テスト」など、本当に盛りだくさんです。

全てを地道にこなすことができれば、相当な実力がつきます。

おそらく、フォーサイト マン管・管業講座を受講した人の合格率が高いのも、教材の充実度のおかげでしょう。

フォーサイト マン管・管業講座の合格率は?過去8年まとめ
フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座の過去8年の合格率(2013年~2020年)をまとめました。

以上のことから、「教材は充実していればしているほど良い」と考える人は、断然フォーサイト マン管・管業講座のほうがおすすめです。

INFO

ではスタディング マン管/管業講座はどうなのかというと、真逆です。

スタディングは受講生が取り組むべき教材をかなり絞り込んでいます。

テキストは市販テキスト1冊分くらいの分量です。

その他に「スマート問題集」という練習問題と、「セレクト過去問集」という過去問がありますが、どちらも、フォーサイトの問題集や市販の問題集よりもずっと少ない分量におさえられています。

詳しくは次の記事で解説していますので、気になる方は読んでみてください。

スタディング マン管/管業講座の料金は?コスパは良い?市販独学用教材と比較してみた
スタディング マンション管理士/管理業務主任者講座の受講料は本当に安いと言えるのでしょうか? 市販の独学用教材を揃える場合の費用と比較して検証しました。

そんなに少ない内容で、本当に合格できるの?と心配になる人もいるでしょう。

しかしながら、スタディングは事実として多くの合格者を輩出しています。

教材が多い少ないということも大切ですが、それと同じくらい、「ゴールを見据えて毎日少しずつ取り組めるかどうか」が大切なポイントなのだと思います。

ということで、「合格に本当に必要な部分のみを効率良く学べるならば、教材の充実度は必須でない」と考える方には、スタディング マン管/管業講座がオススメです。

この記事のまとめ

今回は「フォーサイトとスタディングのマン管・管業講座を比較した結果」というテーマでお伝えしてきました。

まとめると、2つの講座のどちらを選ぶか決めがたいときは、まずは「学習スタイル」について考えてみてください。

フォーサイト マン管・管業講座は、まとまった時間をとって自室で勉強する「じっくり型」の学習スタイルを取りたい方に最適です。

他方、スタディング マン管/管業講座は、忙しい中の合間を縫うような「スキマ時間型」の学習をしたい方に最適です。

* * *

学習スタイルにこだわりが無い場合は、費用と教材の充実度の観点で考えてみてください。

「費用の安さ」を重視したい人は、スタディング マン管/管業講座を選ぶことにより、最大30,000円分お得に受講できます。

「教材の充実度」を優先したい場合は、フォーサイト マン管・管業講座を選ぶことで、かなり充実したテキスト・問題集等を入手できます。

* * *

2つの講座の特徴が見えてくると、おのずと自分に必要なものがどちらなのか、見えてきたのではないでしょうか。

今回は以上です。

あなたが資格試験に合格し、一段と良い未来を切り開いていくことを応援しています!

▼こちらの記事も人気です▼

【2021年7月最新版】フォーサイト 割引クーポン・キャンペーン・お得な情報一覧
フォーサイトの割引制度を全て掲載。クーポン・キャンペーン・全額返金保証・教育訓練給付制度・合格祝い・ダブルライセンス割引制度など。教材購入前にチェックして、受講料を安く済ませましょう。
【2021年7月最新版】スタディング キャンペーン・割引クーポン・おトクな情報一覧
スタディング(STUDYing、通勤講座)のキャンペーン・クーポンや割引情報を探している人はこちら。合格お祝い制度やキャンペーン・クーポンの時期も掲載しています。
フォーサイト マン管・管業講座を安く受講する9つの方法
フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座の受講料を安く済ませる方法(割引やクーポン等)をまとめました。実際に購入した私だからこそ知っているおトクな情報を載せています。サッと一読して費用をおさえましょう。
スタディング マン管/管業講座を安く購入する4つの方法【クーポン・キャンペーン・更新版・お祝い金】
スタディング マンション管理士/管理業務主任者講座は、定価よりも安い料金で受講可能です。割引クーポンやキャンペーン、更新版、合格お祝い制度を活用しましょう。
フォーサイト マン管・管業講座の評判は?口コミ19件まとめ
フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座はどのように評価されているのでしょうか?メリット・デメリット等について受講生の意見を取り上げつつ、実際に受講して検証します。
スタディング マン管/管業 合格者の口コミ評判16件まとめ
スタディング マンション管理士/管理業務主任者講座を受講した合格者たちの評価とは?リアルな口コミ・評判16件を整理すると、この講座の真実が浮かび上がってきました。