フォーサイトとスタディングのマン管・管業講座を比較してみた

フォーサイトとスタディングのマン管・管業講座を比較してみた

宅建・管理業務主任者一発合格済みのKiryuです(*^o^*)

今回はフォーサイトとスタディングの「マンション管理士・管理業務主任者講座」を比較します。

というのも、私は最近「フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座」と「スタディング マンション管理士・管理業務主任者講座」を両方とも受講したんです。

実際に使った経験に基づくことで、リアルかつ有益な情報をお届けできると考えています。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

マンション管理士

スポンサーリンク

マンション管理士

フォーサイトとスタディングの「マン管・管業講座」比較結果

はじめに結論をお伝えすると、フォーサイトとスタディングのマン管・管業講座は「講座が想定している学習スタイル」の面で最も大きく異なっています。

具体的には、次のような違いがあります。

フォーサイト マン管・管業講座
紙の教材を主体にして、まとまった時間を確保して自室で学習する「じっくり型」
スタディング マン管・管業講座
オンライン教材を主体にして、通勤中や家事中に勉強する「スキマ時間型」

どちらの講座も通信教育としての品質はとても高いです。

なので、「一方が他方より優れている」という見方をするのではなく、「どちらの講座が自分の学習方針と合うか」という視点を持っておくのが良いと思います。

上記「じっくり型」「スキマ時間型」について、なぜそのような違いがあると言えるのか、もう少し詳しく説明します。

フォーサイト マン管・管業講座は「じっくり型」

繰り返しになりますが、フォーサイト マン管・管業講座は、紙の教材を使って、机に向かって気合を入れて勉強する「じっくり型」の学習スタイルを採用しています。

実際、フォーサイト マン管・管業講座を購入すると、何冊ものテキストや問題集が送られてくるんです。

フォーサイト マン管・管業講座 教材

これらを机の上でひろげて、読んだり、問題集の問題を解いたりしながら、地道に学習を進めていきます。

「いや待ってほしい、フォーサイトにはスマホアプリもあるではないか? だから机に向かうとは限らないだろう」

そう思われる人もいるかもしれません。

確かに、フォーサイト マン管・管業講座は、iOS・Android用学習アプリや、eラーニング用ウェブサイトなど、オンラインで利用できる教材も提供しています。

それらを使って、外出先など、自宅以外の場所で勉強することも可能です。

とは言いながらも、やはりフォーサイトは紙のテキスト・紙の問題集を主体としており、オンライン教材での学習は「補助的な位置づけ」にとどまっているように私は感じています。

事実、フォーサイトのアプリで閲覧できるオンラインテキストは、PDFです。

PDFは、スマホだと少し文字が小さめに表示されてしまうため、それほど見やすいとは言えません。

eラーニングアプリで過去問などの問題演習をする場合も、細かい点での使い勝手が、後述のスタディングとの比較ではやや劣ります(実際に使ってみた感想として)。

その一方、フォーサイト マン管・管業講座の紙の教材の出来栄えは、抜群です。

フォーサイト マン管・管業講座 テキスト

フルカラーですし、分かりやすいイラスト・図表も多く盛り込まれています。

解説もスッキリした記述で飲み込みやすい。

余白も多めにとられていますので、書き込んだり、付箋を貼ったりするのも自由自在です。

以上のことから、フォーサイト マン管・管業講座は、あくまで紙の教材主体で、自室にこもって勉強する時間がとれる「じっくり型」の人にオススメの講座だということになります。

具体的には、毎日1~2時間、家で勉強する予定がある人。

あるいは残業少なめの仕事をしている方や、フリーター・アルバイトの方。

長期休暇等の関係で、少し時間の余裕ができている大学生の方など。

なお、先に触れたようにオンライン教材が皆無なのではなく、外出先で勉強できる仕組みも備わってはいます。

「メインではなくサブの学習として、日々の通勤時間や待ち合わせの時間なども有効に使いたい」という人は、それらの仕組みを合わせて活用すると良いでしょう。

スタディング マン管・管業講座は「スキマ時間型」

スタディング マン管・管業講座は、スマートフォンやタブレットで利用できるオンライン教材を使って、細切れの時間を徹底活用して忙しい中で勉強を進める「スキマ時間型」の学習スタイルを採用しています。

実際、スタディング マン管・管業講座の受講を開始しても、紙のテキスト・問題集といったものは一切送付されてきません。

必要なのは、手元のスマホ(またはタブレットやPC)だけ。

スタディング マン管・管業講座 スマホ

スマホを使って、ウェブ上に用意されている講義動画やウェブテキスト、問題演習システムにアクセスし、それらを活用して学習を進めていきます。

いつもカバンに入れているスマホで勉強ができるので、スキマ時間を見つけたその瞬間に、自分がどこにいても試験対策ができる、というのがポイントです。

ちなみに、スタディング マン管・管業講座では、講義動画・ウェブテキスト・スマート問題集・厳選過去問集といったウェブ上のメディアを利用できるのですが、どれもスマホやタブレットでの学習に最適化されています。

動画はとてもスムーズに再生されます。テキストもPDFではなく、ウェブサイトを見るのと同じ感覚で利用できます。

スタディング マン管・管業講座 テキスト

問題演習機能も非常に洗練されており、「以前不正解だった問題だけまとめて解く」というような解き方ができたりして、とてつもなく便利です。

スタディング マン管・管業講座 スマート問題集

以上のことから、スタディング マン管・管業講座は、「そもそも自宅で何時間も勉強する時間がとれない人」に向いていると言えます。

たとえば、フルタイムで勤めていて、しかも残業で仕事が遅くなりやすい人。

あるいは、家族何人もの世話をしなければならない専業・兼業主婦の方。

それから、そもそも自宅で机に向かうことを好まない人にも合っています。

勉強机の前で椅子に座って、教科書を開いただけで眠くなる…という人は多いのではないでしょうか。

私もその一人です(^^;)

そんな人がスタディング マン管・管業講座を使うなら、机に限らず、リビングのソファや寝室のベッドの上、カフェや図書館でも利用可能。

どこでも好みの場所で学びの機会を作れるので、効率よく勉強が進みます。

ここまでの比較まとめ

「フォーサイト マン管・管業講座」と「スタディング マン管・管業講座」が、それぞれどんな学習スタイルを想定しているのかおわかりいただけたと思います。

復習すると以下の通りです。

フォーサイト マン管・管業講座
紙の教材を主体にして、まとまった時間を確保して自室で学習する「じっくり型」
スタディング マン管・管業講座
オンライン教材を主体にして、通勤中や家事中に勉強する「スキマ時間型」

以上のような違いがありますので、あなたがフォーサイトとスタディングのどちらにしようか悩んでいるなら、自分の性格や生活スタイルに照らしてどちらの学習スタイルを採るのがよいのかを決め、そのスタイルに合うほうの講座を選ぶのが良いと思います。

* * *

では、「学習スタイルにそこまでこだわりが無い」という場合は、どのような基準で比較検討すればよいのでしょうか。

以下で私の考えをお伝えしていきます。

学習スタイルにこだわりが無い場合

「フォーサイト マン管・管業講座」と「スタディング マン管・管業講座」を学習スタイル以外の観点で比較したい場合は、「受講料」と「教材の充実度」に注目すると、違いが明確になります。

以下で比較していきます。

受講料で比較

「フォーサイト マン管・管業講座」と「スタディング マン管・管業講座」を受講料の面で比較すると、スタディングのほうが明らかに安価です。

2つの講座の料金を表にまとめてみました(2020年7月末時点)。

フォーサイト
マン管・管業講座
スタディング
マン管・管業講座
56,800円
(税別・送料別)
36,800円
(税別)

違いはおよそ20,000円で、スタディングのほうが安いです。。

さらに追加で知っておいてほしいのですが、スタディングには「合格お祝い制度」があります。

スタディング マン管・管業講座を受講して試験に合格し一定の条件を満たすことにより、最大で1万円分のAmazonギフト券がもらえます(金額は2020年7月末現在)。

合格後、Amazonギフト券を受け取れば、実質的に費用が1万円安くなりります。

そう考えると、実はスタディングのほうがフォーサイトに比べて最大30,000円ほどお得に受講できるのです。

これだけ差があれば、スタディングのほうがリーズナブルであるという結論はもはや揺るぎません。

もしあなたが資格をとる費用を少しで抑えたいのであれば、スタディング マン管・管業講座を選んでおくことをオススメします。

教材の充実度で比較

学習スタイルも受講料も決め手にならない…という人は、「教材の充実度」という視点を持つと良いでしょう。

フォーサイト マン管・管業講座は、教材が充実しています。インプット学習用のテキストだけでも4冊あります。

フォーサイト マン管・管業講座 テキスト

さらに管理業務主任者試験の過去問題集4冊、マンション管理士試験の過去問題集5冊、再現問題、模擬試験、択一対策、アプリで実施する確認テストなど、本当に盛りだくさんです。

全てを地道にこなすことができれば、相当な実力がつきます。

おそらく、フォーサイト マン管・管業講座を受講した人の合格率が高いのは、教材の充実度のおかげでしょう。

フォーサイト マン管・管業講座の合格率は?過去7年まとめ
フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座の過去7年の合格率(2013年~2019年)をまとめました。

以上のことから、「教材は充実していればしているほど良い」と考える人は、断然フォーサイト マン管・管業講座のほうがおすすめです。

INFO

ではスタディング マン管・管業講座はどうなのかというと、真逆です。

スタディングは受講生が取り組むべき教材をより絞り込んでいます。

テキストは市販テキスト1冊分くらいの分量です。

その他に「スマート問題集」という練習問題と、「厳選過去問集」という過去問がありますが、どちらも、フォーサイトの問題集や市販の問題集よりもずっと少ない分量におさえられています。

詳しくは次の記事で解説していますので、気になる方は読んでみてください。

スタディング マン管/管業講座の料金は?コスパは良い?市販独学用教材と比較してみた
スタディング マンション管理士/管理業務主任者講座の受講料は本当に安いと言えるのでしょうか? 市販の独学用教材を揃える場合の費用と比較して検証しました。

そんなに少ない内容で、本当に合格できるの?と心配になる人もいるでしょう。

しかしながら、スタディングは事実ベースで多くの合格者を輩出しています。

教材が多い少ないということとも大切ですが、それと同じくらい、「ゴールを見据えて毎日少しずつ取り組めるかどうか」というところが大切なポイントなのだと思います。

ということで、「合格に本当に必要な部分のみを効率良く学べるならば、教材の充実度は不要である」と考える方には、スタディング マン管・管業講座がオススメです。

この記事のまとめ

今回は「フォーサイトとスタディングのマン管・管業講座を比較した結果」というテーマでお伝えしてきました。

2つの講座のどちらを選ぶか決めがたいときは、まずは「学習スタイル」について考えてみてください。

フォーサイト マン管・管業講座は、まとまった時間をとって自室で勉強する「じっくり型」の学習スタイルを取りたい方に最適です。

他方、スタディング マン管・管業講座は、忙しい中の合間を縫うような「スキマ時間型」の学習をしたい方に最適です。

学習スタイルにこだわりが無い場合は、費用と教材の充実度の観点で考えてみてください。

「費用の安さ」を重視したい人は、スタディング マン管・管業講座を選ぶことにより、最大30,000円分お得に受講できます。

「教材の充実度」を優先したい場合は、フォーサイト マン管・管業講座を選ぶことで、かなり充実したテキスト・問題集等を入手できます。

2つの講座の特徴が見えてくると、おのずと自分に必要なものがどちらなのか、見えてきたのではないでしょうか。

今回は以上です。

あなたが資格を手に入れ、一段と良い未来を切り開いていくことを、応援しています。

▼こちらの記事も人気です▼

フォーサイト マン管・管業講座を安く受講する6つの方法
フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座の受講料を安く済ませる方法(割引やクーポン等)をまとめました。実際に購入した私だからこそ知っているおトクな情報を載せています。サッと一読して費用をおさえましょう。
スタディング マン管/管業講座を安く購入する4つの方法【クーポン・キャンペーン・更新版・お祝い金】
スタディング マンション管理士/管理業務主任者講座は、定価よりも安い料金で受講可能です。割引クーポンやキャンペーン、更新版、合格お祝い制度を活用しましょう。
フォーサイト マン管・管業講座の評判は?口コミ19件まとめ
フォーサイト マンション管理士・管理業務主任者講座はどのように評価されているのでしょうか?メリット・デメリット等について受講生の意見を取り上げつつ、実際に受講して検証します。
スタディング マン管/管業 合格者の口コミ評判16件まとめ
スタディング マンション管理士/管理業務主任者講座を受講した合格者たちの評価とは?リアルな口コミ・評判16件を整理すると、この講座の真実が浮かび上がってきました。

コメント