フォーサイト宅建士受講者7人に共通の「合格できる」勉強法とは?得点力アップのカギは「反復インプット」「情報集約」にあった!

「今度の宅建士試験には絶対に合格したい」

「でも合格するためには、どんな勉強をしたらいいんだろう?」

「実際に合格していった人達は、どんな勉強をしていたんだろう?」

勉強の方法をどうすれば良いのか?という悩み、とてもよく分かります。私も受験を決めたとき、一番初めに考えたのが「合格するための勉強法」のことでした。一体何をどうすれば合格できるのか?

しかしながら「合格するための勉強法」は、自分で考えてみても正解にたどり着けるものではありません。そのような勉強法を知っているのは「実際に合格した人だけ」だからです。本当に宅建士試験に合格したいなら、自分の頭でひたすら考え続けるのではなく、合格した人に聞いてみて、それを徹底的に真似するのが一番です。

「そう言われても、合格した人が周りにいない」

「自分の周りの合格者の話はいまひとつ参考にならない」

確かにそうですよね。そう都合よく、身近に良いお手本となる人がいるとは限りません。そこで参考にしたいのが、フォーサイト宅建士講座のコンテンツ「合格者と講師の対談」です。

「合格者と講師の対談」は、フォーサイト宅建士講座の講師と、フォーサイト宅建士講座を利用して合格した人の対談企画です。合格者たちのリアルな声が、「インタビュー動画」と「インタビュー記事」という形で掲載されています。それらは、合格者の学習方法を探るための非常に貴重な資料になっていると私は考えています。

合格を手にした彼らが行っていた勉強法とはどんなものだったのか? それを明らかにするため、私は比較的最近の合格者のインタビューを数多くチェックしました。そして、彼らが実践していた学習法を抽出して、何か共通点が無いかを調べてみました。

そうしたところ、私はひとつの結論に達しました。彼ら合格者は「反復インプット学習法」「情報集約法」というべきスタイルで勉強していたのです。以下で詳しくみていきますので、是非あなたの学習計画の参考にしてほしいと思います。

この記事を読み進めていくと、あなたは次の情報を手に入れることができます。

  • フォーサイト宅建士講座を利用した合格者たちに共通する勉強法
  • 「反復インプット学習法」「情報集約法」の詳細
  • 合格者たちがそのような勉強法を実践できた理由

ぜひ最後まで読んでください。そうすれば、合格者たちが歩んだ「合格までの道のり」がどのようなものだったのか、具体的に分かります。さらに、「自分も同じ道のりを歩いてゴールに行けるんだ」と確信できることをお約束します。

合格者に学べ!基礎講座活用法

この記事では、特にフォーサイト宅建士通信講座のインプット学習部分である「基礎講座」に着目していきたいと思います。つまり、合格者が「基礎講座」をどのように利用したのかという点に焦点を絞ります。以下、合格者たちのインタビューをひとつひとつ確認しながら、リアルな証言を得ていきましょう。

そもそも「基礎講座」って何?と疑問に思う方もいるでしょう。フォーサイト宅建士講座の基礎講座は、宅建士の試験範囲をゼロから学ぶことができる質の高い教材です。主として4冊のテキストとDVD講義で構成されています。

基礎講座は、試験に関わる知識をひとまず頭に入れてみるという内容の講座であることから、このブログでは「インプット学習」用の講座であるとみなしています。講座の詳細は別記事でレビューしていますので、ぜひ読んでみてください。

フォーサイト宅建士講座を3か月間使ってみた感想!インプット・アウトプット・直前対策までカバーする「バリューセット2」は○○な人にオススメ
フォーサイト宅建士講座を検討しているあなたの疑問にお答えします!「お金を払う価値はある?」「どんな人におすすめ?」「本当に合格できる?」など。画像も19枚掲載中。個人の口コミではありますが、読んで損はさせません!
フォーサイト宅建士のテキストを使う10のメリット・2つのデメリットまとめ!通信講座選びで悩むあなたのために、徹底レビュー
通信講座の最重要教材は「テキスト」です。この記事では、フォーサイト宅建士講座のテキストを使ってみて感じたメリット・デメリットをまとめました。画像を多く交えながら詳しくレビューしています。

【1人目】「3回聞き流した」

合格者の1人目は、仕事をしながら短期合格を勝ち取った40代女性の方です。

丸山みき様 【合格者の声】 平成28年度 宅地建物取引士試験

こちらの方は、上のインタビュー動画で「講義を3回聞き流した」ということをハッキリと言っています。たとえ分からなくても聞き続け、「何となくこんな感じ」というイメージを持ってから問題集をスタートしたとのこと。インプットを反復させることで、丁寧に基礎知識を身に付けていったことが分かります。

インタビュー記事内では、実際に使用したテキストの画像が掲載されています。

余白への書き込みやインデックスラベルが数多く見えますね。講義を繰り返し聞きながらメモを取ったり、重要な情報に素早くアクセスできるようにラベルを貼るなどの工夫を重ねていたようです。「必要な情報をテキストに集約していく」という方針で学習を継続したのだと思われます。

【2人目】「5回以上は聴いた」

2人目は、50代会社員の男性の方。不動産業界に長くいらっしゃるということなので、若干のアドバンテージはあったようです。

津川祐一郎様 【合格者の声】 平成28年度 宅地建物取引士試験

動画中では基礎講座の活用法はあまり触れられていませんが、インタビュー記事中で下記のコメントがあります。

やはり仕事をしながらだと勉強時間の確保が大変でした。その時にとても助かったのがCDです。

混んだ電車や車での移動中など、テキストを開けない時でも、少しでも内容を頭に叩き込もうと、ずっと窪田講師の講義音声を聴いていました。

最初は通常速度で、慣れてきたら1.5倍速で繰り返し聴きました。おそらく5回以上は聴いたんじゃないかと思います。

通勤中のスキマ時間を利用し、講義を反復継続して聞いたという内容です。5回も繰り返して聞けば、宅建士試験の攻略に必要な知識はかなり頭に入った状態になると思います。このかたは「確固たる知識の基盤づくり」を意識していたのではないでしょうか。

ところで、仮に通勤時間中に片道20分確保できるとすると、1ヶ月でどのくらいの時間を学習に充てられるでしょうか? 答えは、20分×20日=400分。片道400分なら往復では800分で、なんと1ヶ月で13時間にものぼります。

実は、フォーサイト宅建士講座の講義時間は約13時間。ということは、1ヶ月あれば通勤時間だけで講義をフルに視聴することもできるんです。

「通勤時間中はプレイヤーが無いからCDやDVD再生が難しい」という声が聞こえてきそうです。ご心配なく!フォーサイトの場合、スマートフォンでCDと同じ講義音声を聞いたり、DVDと同じ講義映像を視聴できます。

「道場破り」というアプリを使うのですが、オンラインでストリーミング再生もできますし、予めダウンロードしておいて後で再生するのもOKです。アプリを使うことで特段の課金はありません(規定の回数を超えて講師に質問する場合を除く)。次の記事も合わせてどうぞ。

宅建士アプリ「道場破り」を使ってみた!スマホ・タブレットがあれば外出先でも勉強できる♪スキマ時間で目指せ合格!
フォーサイト宅建士講座のアプリ「道場破り」とは?実際に使ってみた様子をシェアしています。主な機能の解説、講座利用者の声も合わせて掲載中。試験勉強がとてつもなくはかどるシステムです!

【3人目】「通勤中にもずっと聞いていた」

3人目の方は、独学で3度失敗して、4度目にフォーサイト宅建士講座を利用して合格したという30代の男性です。

小栗隼様 【合格者の声】 平成28年度 宅地建物取引士試験

インタビュー動画によると、特に直前期には講義動画をダウンロードして、通勤中にもずっと聞いていたとのこと。学習初期にも講義動画を視聴したものと思いますが、直前期にも再度聞き流したということでしょう。とにかく一度覚えた知識を忘れないようにすることに努めたようです。

また、「解けなかった過去問」に関する情報をテキストに集約。

テキスト内のどの部分を間違えやすいのかを明確にし、「オリジナルのノート」として活用したと話しています。そうやって記録をとっていれば、試験当日もテキストをざっ見るだけで苦手分野を一気に総復習できそうです。とても賢い勉強法ですよね。

【4人目】「気乗りがしないときもDVDをつけた」

4人目は、育児休暇を利用して子育てをしながら短期合格を実現した30代女性の方です。

跡部絢子様 【合格者の声】 平成28年度 宅地建物取引士試験

インタビュー動画で「いつも講義DVDをプレイヤーに入れておいて、気乗りがしないときもDVDをつけるようにした。そうすると勉強の世界にすぐはいっていけた。テレビをつけるのと同じ感覚で見ることができ、敷居が低い」ということを指摘しています。

講義を「繰り返し」見たかどうかは明白とは言えませんが、折に触れてDVDを再生し、講義を聞く機会を増やしていたようです。「テレビをつけるのと同じ感覚」というコメントが面白いですね!それほどフォーサイト宅建士講座の講義が日常に溶け込んでいたということだと思います。

動画の中ではこちらの女性が使っていたテキストも出てきます。

書き込みが多く、付箋が多用されています。おそらく一通りのインプット学習が終わった後、アウトプットの段階に移ってからも、必要な情報をテキストに集めるという方針で勉強していたのでしょう。

【5人目】「講義は2回ぐらい観た」

5人目の方は、二人のお子さんを育てながら宅建士試験に合格したという30代の女性の方。

宅建の無料サンプルを見てやれそうな気がしました! 育児休暇を活用して一発合格!

動画の中で「DVD講義は2回ぐらい観ました」と率直に語っています。1度では何か不足している感覚になり、2回目を見る…というのは多くの合格者に共通の現象のようです。動画に続くインタビュー記事の中でも、同じ点に触れています。

DVDの講義は2回ぐらい観ました。窪田先生は、観ている側の私たちを応援してくれている感じがしました。(中略)

講義DVDは先生の声が中心で静かだったので、午前中、子どもが昼寝をしている間に観ることができました。夜、寝かしつけをしてからまた勉強、という形で、毎日継続して2~3時間は勉強するようにしていました。

フォーサイト宅建士講座の講義は、確かに比較的落ち着いた雰囲気で進んでいきますね。それにしても、小さなお子さんを寝かしつけてから勉強を始めるというのは、本当に大変なことだと思います。子育てに奔走しながら宅建士の資格をとっている女性の方には、敬意を表さずにはいられません。

【6人目】「テキストを何度も流し読みした」

6人目の方は、法学部の2年生で20代の男性の方です。

窪田講師の宅建メルマガに助けられました!窪田講師の激励で本気になれました!

動画中で「書いて覚えるのは苦手なので、テキストの流し読みを何回もした。イラストが頭に残るくらいになるまで読みまくった」と語っています。やはりインプットを繰り返し行うというのが重要だということでしょう。

先に紹介した人々は「講義を繰り返し見る・聞く」という人が多かったのですが、この人のように「テキストを繰り返し読む」というのも有効のようです。自分にとって「講義を視聴する」ほうが向いているのか、それとも「テキストを読む」ほうが向いているのか、適性を見極めながら学習の方針を決めていくのが良いかと思います。

【7人目】「何度も何度もCDを聞いた」

7人目は、不動産賃貸営業への転職をきっかけに宅建士の資格をとろうと決意した30代女性の方です。

DJ窪田に励まされました!宅建士目指して自分に合う勉強方法で合格出来ました

残念ながら、動画・記事中で「テキストや講義を使ってどう勉強したか」という点に関するコメントは少なめです。しかしながら、動画の中盤あたりでで「何度も何度もCDを聞いた」という発言をされています。このことから、反復的にインプットを行っていたことが推測できます。

合格者7人の共通点とは?

合格者の多くに共通する勉強法は、「反復インプット学習法」です。合格者たちは、「講義を2回聞いた」あるいは「5回聞いた」「何度も聞いた」ということを口を揃えて指摘しています。講義の代わりに「繰り返しテキストを読んだ」という人もいましたね。

彼らから次のことを吸収しましょう。1度講義を聴いたり読んだりして、分からない点がたくさん出てくるのは当たり前。それでもあきらめずに、時間が許す限り何度も講義を聞いたり、テキストを読み込んでいきましょう。

インプットを繰り返していくうちに「あ、こういうことだったんだ!」と分かってきます。というのも、最初のうちは「全てが初耳の情報」であるため、脳にかかる負担が大きすぎて、処理しきれずに終わってしまうことが多いのです。1回目で全てを理解しきれないのは自然なことです。

しかし繰り返しているうちに「既に知っていること」が増えていきます。そうすると脳の情報処理もずっと楽になり、その分、今まで理解できていなかった点が理解できるようになっていきます。インプットを繰り返せば理解が深まるというのは、必然的なプロセスなのです。

もう1つ、7人中少なくとも3人の人が実践していたのが「テキストに情報を集約する」という勉強法です。

「自分で気づいた間違えやすいポイントや重要論点を、手を動かしてテキストに刻み付ける」。そう決めて実践していくことにより、自然と学習に対する意識が高まります。また、自分自身で知識を整理してインプットするので、記憶にも残りやすくなると考えられます。

時々、送付されたテキストには一切書き込みをせず、大事にキレイに使うことを信条にしている人がいますが、それでは意味がありません。教材はコレクションではありませんし、いずれは処分するものです。テキストはできるだけ書き込んだり、マーカーで印をつけたり、付箋を貼ったりして「汚して」いくのが、オススメできる使い方です。

合格者たちの勉強法があなたにも実践できる理由

「なるほど、合格者の人達が実践していた勉強法は分かった」

「でも、勉強が苦手な私が、繰り返し講義を聞いたりテキストを読んだりするなんて、本当にできるかなぁ。すごく不安…」

確かにそう思うのもムリはありません。勉強は誰にとっても苦手意識があるものですし、あまり楽しいイメージも無く、できれば避けたい…というのが本音だと思います。実際、巷にあふれるどの宅建士教材でも「反復インプット学習法」や「情報集約法」が可能かというと、そういうわけではないでしょう。

ですが、ここは言いきっておきます。フォーサイト宅建士講座なら、合格者たちが実践していた学習法を、あなたも実践できます。

というのも、フォーサイト宅建士講座の「基礎講座」では、学習者が繰り返しインプットすることを楽しめるように、様々な工夫が取り入れられているんです。たとえば、できるだけ「コンパクトでポイントをおさえた講義」を実現していること、その講義を外出先でも利用できるようスマホアプリが提供されていること。

テキストはできるだけ文章量を削減し読みやすくしていること、色鮮やかなレイアウトで「ページをめくる楽しさ」を演出していること、等々。

インプットを反復継続しなければと考えると、何か不安感・負担感を覚えてしまいそうになります。ですが、フォーサイト宅建士講座の基礎講座は、一度始めてみるとそういうものとは無縁です。むしろ楽しい気分で、「あっ、もう少し理解を深めておきたいから、もう1回見ておこう」という明るい気持ちで学び続けることができるでしょう。

情報集約の点も同じです。フォーサイト宅建士講座のテキストは、学習者が必要な書き込みができるように、余白を多めにとってあります。書き込みを続けるうちに、自分だけのオリジナルテキストが仕上がっていき、学習の積み重ねが視覚化されて嬉しくなってしまうはずです。

基礎講座にちりばめられた学習者への配慮や工夫は、別の記事でも詳しくレビューしています。是非ご覧ください。基礎講座の全体像が分かれば、あなたも「合格者たちと同じように勉強できる!」と確信できるはずです。

フォーサイト宅建士のテキストを使う10のメリット・2つのデメリットまとめ!通信講座選びで悩むあなたのために、徹底レビュー
通信講座の最重要教材は「テキスト」です。この記事では、フォーサイト宅建士講座のテキストを使ってみて感じたメリット・デメリットをまとめました。画像を多く交えながら詳しくレビューしています。

合格者たちのインプット学習法まとめ

以上、宅建士試験合格者へのインタビュー動画・インタビュー記事をもとに、合格者に共通する勉強法を探りました。この記事のポイントをまとめると、以下のようになります。

  • フォーサイト宅建士講座を利用した合格者たちの勉強法は「反復インプット」と「情報集約」である。
  • 「反復インプット学習法」は講義やテキストを2回以上インプットすることである。「情報集約法」は、テキストに自分が間違いやすい部分などの情報を書きこんでまとめておくことである。
  • 合格者たちがそのような勉強法を実践できたのは、フォーサイト宅建士講座の「基礎講座」に工夫がこらされており、反復インプットや情報集約がしやすいからである。

ところで、ここまでお読みいただき、対談記事にも目を通したあなたなら、おそらく次のことに気が付いていると思います。それは、合格者インタビューを受けていたのは、全く特別な人達ではないということです。彼らは、宅建士試験の勉強と受験について、当初から受験直前期まで、色々な不安や疑問を抱えていた、いわば「普通の人達」なんです。

そんな彼らですが、反復インプット学習や情報集約を自然に・地道に実践しました。そして数か月の勉強の後に本試験を受験。それまでの学習成果を存分に発揮し、見事合格を勝ち取っています。

あなたにそれができない理由があるでしょうか? いいえ、そんなものは全くどこにも見当たりませんよね。あなたも合格者と同じ方法で勉強できますし、それを適切に続けることで同じように合格できるはずなんです。

「やっと納得できたかも。」

「私も合格した人達にならって、反復インプット学習法や情報集約法に挑戦してみよう。」

「フォーサイト宅建士講座なら、きっとそれができる!」

いいですね!その意気です。迷いや悩みを断ち切って学習を始めましょう。やるべきことは「合格者のやり方を徹底的に真似ること」、それだけです。本試験で勝利を得るために、今日からアクションを起こしてください。頑張りましょう!

★ ★ ★

カテゴリ「フォーサイト宅建士」は以上となります。未読の記事はありませんか?次のページでチェック!

フォーサイト宅建士通信講座の口コミ・評判が分かる10記事まとめ!
フォーサイト宅建士通勤講座が気になるあなたへ、口コミ・評判・使用感をまとめた10件の記事を贈ります!

コメント